「東野圭吾」とは?

関連ニュース

ダンディーじゃなく!? 大谷亮平「僕もダンデーな男になりたいです」 - 11月14日(火)22:00 

完成されたルックスと佇まいで、ドラマ界に彗星の如く現れたこの人。スポーツでの挫折。韓国でのキャリア。“大谷亮平ができるまで”を伺います。 23歳の時に韓国で出演した『ダンキンドーナツ』のCMが反響を呼び、以降11年間、韓国でモデルや俳優として活躍。’16年からは日本でも活動を始め、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』や『奪い愛、冬』など、話題作に立て続けに出演。30代後半を迎えた今、生まれ育った日本の芸能界でも“逆輸入型俳優”として脚光を浴びている。偶然にも取材当日は、大谷さんの37回目の誕生日だった。 ――お誕生日おめでとうございます! 今日で37歳ですね。 大谷:ありがとうございます。でも、小さい頃に思い描いてた37歳と今の自分があまりにも違いすぎて。いざなってみたら、37歳ってこんなに子供なんだなってびっくりしています。 ――昔思い描いてた“大人の男”はどんなイメージでした? 大谷:完璧な男。何事にも動じず、何を聞いても的確な答えをくれるイメージ。どんなアトラクションにも乗れ、おばけ屋敷も怖くない、みたいな(笑)。でも、全然そんなことないっていうのが、今ならよくわかります。 ――大谷さんは自分を大人の男だと思いますか? 大谷:いや、まったく。 ――でも、すごく落ち着いた雰囲気で、“大人の男”という表現がぴったりですけど。 大谷:そのギャップがすごく歯がゆいんです。顔も濃いし、大学...more
カテゴリー:

45回目のバースデーを迎えた木村拓哉に祝福のメッセージが殺到!!【視聴熱】11/13デイリーランキング - 11月14日(火)19:26 

Webサイト「ザテレビジョン」では、11月13日の「視聴熱(※)」デイリーランキングを発表した。 【画像を見る】11月13日放送の「民衆の敵―」は、前田敦子とトレンディエンジェル・斎藤司の副音声解説も話題に ■ 人物ランキング ドラマ、映画と主演作を続々と控える木村拓哉が45歳の誕生日 1位 木村拓哉/2位 嵐/3位 東方神起 木村拓哉…11月13日に誕生日を迎えた木村拓哉に、多数の祝福コメントがSNSにあふれている。この日で45歳に。2018年1月には自身初となるボディーガード役に扮(ふん)する主演ドラマ「BG~身辺警護人~(仮)」(テレビ朝日系)がスタート。また、映画は二宮和也と共演する「検察側の罪人」の公開が2018年に控える他、東野圭吾の人気小説を映画化する「マスカレード・ホテル」の公開が2019年に予定されている。 ■ ドラマランキング 「民衆の敵」第4話がトップ! 前田敦子&トレエン・斎藤の副音声解説も話題 1位 民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~/2位 陸王/3位 おんな城主 直虎 民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~…第4話が11月13日にフジ系にて放送。初めての議員報酬が支払われ、その額に驚嘆する智子(篠原涼子)と公平(田中圭)。その頃、あおば市では新しい港の建設、ニューポート計画の中止を河原田晶子市長(余貴美子)が宣言。ニューポート計画を推進する犬...more
カテゴリー:

【美人女優】広瀬すずは美人?それともかわいい? 20~30代男性の3割は「美人派」 - 11月08日(水)10:02  mnewsplus

広瀬すずは美人? それともかわいい? 国民の共通見解は… https://sirabee.com/2017/11/08/20161345089/ 姉・アリスと仲良し! 高校在学中から映画主演が相次ぎ、整ったかわいい顔だちからハーフと勘違いされる彼女はかわいい?美人? 10代ながら、これまでに多くの映画で主演を務めてきている女優・広瀬すず。若い世代を中心に絶大な人気を誇り、演技力はもちろんのこと、声の良さに対する評価も高い。 最近、ぐっと大人っぽくなった印象もある彼女だが、世の人々は「美人」か「かわいい」ならどちらがより相応しいと考えて...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】“主題歌の女王”JUJU(年齢非公表)の新曲、映画「新参者」シリーズ完結編で15度目エンディングに - 11月02日(木)06:32  mnewsplus

歌手のJUJU(年齢非公表)の新曲(タイトル、発売日未定)が、映画「祈りの幕が下りる時」(福澤克雄監督、来年1月27日公開)の主題歌に起用されたことが1日、分かった。 映画は東野圭吾氏の小説を原作に、阿部寛(53)主演の「新参者」シリーズの完結編。JUJUは12年1月公開の「麒麟の翼~劇場版・新参者~」でも主題歌を務めていた。 「再び主題歌を担当できることを非常にうれしく思っています。完結編の主題歌という大役の期待にお応えできるように」と喜んだ。 “主題歌の女王”として、映画のエンディングを彩...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】キムタクの太っ腹伝説 - 10月23日(月)13:44  mnewsplus

 SNSも取りこんで、本格的に“新しい地図”を描きはじめた元SMAP・稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾と異なり、役者1本に絞りはじめた木村拓哉。今年下半期は大きな動きが見られないが、来年1月期にはテレビ朝日系連続ドラマ『BG~身辺警護人~』(仮)の主演が決定。初のボディガード役だ。「現在、米倉涼子主演の高視聴率ドラマ『ドクターX』が放送されている枠です。満を持してのキムタク登場となれば、同じく、平均視聴率20%前後を期待されてしかるべきでしょうから、背負うプレッシャーはハンパじゃないはず。主演映画を控えている身でも...
»続きを読む
カテゴリー:

『GODZILLA 怪獣惑星』角川文庫とスペシャルコラボ! 豪華プレゼント企画も - 11月14日(火)19:45 

 11月17日公開の映画『GODZILLA 怪獣惑星』と角川文庫がコラボレーションしたスペシャル企画「カドフェス最強決定戦2017」が全国の書店で開催されることが分かった。読者や書店員を対象にしたアンケートにより選ばれたお気に入りの作品が発表され、さらに、豪華賞品が当たるプレゼントキャンペーンも行われる。【関連】『GODZILLA 怪獣惑星』完成披舞台挨拶フォトギャリー 映画『GODZILLA 怪獣惑星』は、近未来のゴジラと人類の戦いをアニメーションで描くSF作品。20世紀終盤から半世紀にわたり続いた怪獣との戦争の末、地球脱出を計画した人類。2048年、恒星間移民船・アラトラム号に乗り「くじら座タウ星e」を目指した人類だったが、生存可能な環境と呼べるものではなく、ふたたび地球へと帰還。そこで見たのはゴジラを頂点とした生態系による未知の世界だった…。 角川文庫とのコラボレーションを記念したポスターでは、巨大なゴジラと角川文庫のキャラクター・ハッケンくんが対峙。メインのアンケート企画では、上橋菜穂子の『鹿の王』が総合1位に輝き、東野圭吾が好きな作家1位、著書『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で書店員1位のダブル受賞。読書量をグラフで記録・管理できるWEBサービスレビュー数ランキングでは、1位に森見登美彦の『夜は短し歩けよ 乙女』が選ばれている。 また、「カドフェス最強決定戦2017」の帯についてい...more
カテゴリー:

SECRET GUYZ吉原シュート“ジェンダー”テーマのWOWOWドラマに今夜出演 - 11月11日(土)18:00 

FtMの3人組アイドルユニット・SECRET GUYZの吉原シュートが、本日11月11日(土)22:00より放送されるWOWOW「連続ドラマW 東野圭吾『片想い』」第4話に出演することが発表された。
カテゴリー:

広瀬すずは美人? それともかわいい? 国民の共通見解は… - 11月08日(水)06:00 

©sirabee.com10代ながら、これまでに多くの映画で主演を務めてきている女優・広瀬すず。若い世代を中心に絶大な人気を誇り、演技力はもちろんのこと、声の良さに対する評価も高い。最近、ぐっと大人っぽくなった印象もある彼女だが、世の人々は「美人」か「かわいい」ならどちらがより相応しいと考えているのだろうか。■想像通り? 「かわいい派」の圧勝©sirabee.comしらべぇ編集部が全国の広瀬すずを知っている男女1109名を対象に「広瀬すずは『美人』と『かわいい』なら、どちらがより相応しいと思う?」と尋ねたところ、「美人」が20.6%で、「かわいい」が79.4%に。かの大女優、オードリー・ヘップバーンに似ているという声も時折あがるほど整った顔立ちの彼女だが、19歳という年齢から「かわいい派」が多いようだ。 ベネチアの写真達を少しずつ。 公式上映が終わり、裏に行ってやっと、一息、深く呼吸出来たとき。めちゃめちゃ猫背。ははん。ふと気が抜けました…。ふあーー。 Photo by @masaharu_fukuyama_officialA post shared by 広瀬すず (@suzu.hirose.official) on Sep 7, 2017 at 10:58pm PDT■20~30代男性の3割は「美人派」©sirabee.comしかし、それでも年齢の...more
カテゴリー:

【ドラマ】「好きな宮藤官九郎ドラマ TOP10」…10~60代3,664名に調査! - 10月31日(火)20:26  mnewsplus

2017-10-31 ■「好きな宮藤官九郎ドラマランキング」TOP10 1位 あまちゃん(2013年) 2位 流星の絆(2008年) 3位 木更津キャッツアイ(2002年) 4位 池袋ウエストゲートパーク(2000年) 5位 タイガー&ドラゴン(2005年) 6位 ゆとりですがなにか(2016年) 7位 ごめんね青春!(2014年) 8位 吾輩は主婦である(2006年) 9位 11人もいる!(2011年) 10位 ロケット・ボーイ(2001年) 調査方法:10~60代の男女を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計。 有効回答者数:3,664...
»続きを読む
カテゴリー:

「東野圭吾」の画像

もっと見る

「東野圭吾」の動画

Wikipedia

東野 圭吾(ひがしの けいご、1958年2月4日 - )は、日本小説家大阪府大阪市生野区生まれ(本籍は東区玉造・現中央区)。本名同じ。

略歴 学生時代

1958年、大阪市生野区に生まれる。当時の街が1999年に刊行された白夜行浪花少年探偵団シリーズの舞台となっているなど、作品には自身の体験が幅広く取り入れられている。また、東野という名字は、最初は「とうの」と読んでいたが、圭吾の父親が「ひがしの」と読み方を変えたらしい。以来その地で育ち、大阪市立小路小学校大阪市立東生野中学校に進学。この頃の体験などを綴った自身のエッセイあの頃僕らはアホでしたなどによる...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる