「東貴博」とは?

関連ニュース

はなわ、音信不通だった義父と初対面 新曲「お義父さん」がきっかけ - 05月28日(日)14:48 

 お笑いタレント・はなわ(40)が28日、都内で13年ぶりとなるシングル「お義父さん」(24日発売)のリリース記念イベントを開いた。イベント終了後の囲み取材では妻・智子さんが2歳のときから音信不通だった義父と同曲がきっかけで初対面したことを明かした。 【写真】13年ぶりのシングル「お義父さん」を熱唱するはなわ  昨年3月の智子さんの誕生日にサプライズプレゼントした「お義父さん」は、義理の父に宛てたメッセージソング。今年3月にYouTubeで公開した直後から「泣ける!」と大きな話題になり、「伝説の男~ビバ・ガッツ~」以来、13年ぶりのシングルとして発売されることとなった。  最後に「孫を見に来ませんか」と呼びかけるのが印象的な曲とあって、囲み取材では実際に会えたのかという質問が飛んだ。はなわは「実は(サプライズの)1週間前に親戚から『お父さんが末期がんで、智子に会いたがっている』と連絡が来た。うちの嫁も悩んだけど(はなわに)迷惑がかかるからと、お断りしたんです。そして、その1週間後に何にも知らない僕から『お義父さん』を歌われた。『会いに行けってことなのかな』と言って、会いに行きました」とドラマのような出来事があったことを明かした。  はなわにとって初、智子さんにとって2歳以来となる対面は昨年5月、義父の住む福岡だったという。「お義父さんが『迷惑かけたね』と言うと、うちの嫁も『...more
カテゴリー:

はるな愛、学ラン姿で明石家さんまにキスをする写真を公開 - 05月20日(土)17:53 

タレントのはるな愛(44)が、お笑いタレントの明石家さんま(61)にキスをする写真をブログで公開している。 はるなは、5月30日放送のバラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演。この日のテーマは「男子校VS女子校」で、出演したゲストたちは男子校、女子高ならではのエピソードを紹介する。 はるなは、男子校出身者として出演。学ラン姿で、お笑いコンビ・サンドウィッチマン、お笑いタレントの東貴博(47)、タレントのYOU(52)とさんまで撮影した集合写真を2枚掲載。1枚目の写真で、はるなはさんまの頬にキスをして、さんまの手ははるなの胸元に置かれている。これについてはるなは、 「さんまさんにキス(笑)さんまさんの手が。。(笑)踊るさんま御殿男子校女子校スペシャル!わたしは。。。 楽しい収録でした!YOUさん。東MAX。サンドウィッチマン。さんまさんの楽屋にて」 と幸せそうにつづっている。 同企画ではるなは、男性だった「大西賢示」時代のエピソードを紹介。女子高に憧れを持っていたというが、男子校は周囲が男子ばかりでパラダイスのような日々を過ごしていたなど、当時の思い出を話している。 【関連記事】 ・「さんまさんにキス」(はるな愛オフィシャルブログ) ・はるな愛 すっぴんの平野ノラと2ショット公開「かわいいよ」 ・結婚詐欺!?はるな愛の匂わせブログにネットからは非難...more
カテゴリー:

三宅裕司の「東京喜劇」は爆笑の連続! 毎年5万人動員の人気公演を見に行こう - 05月24日(水)15:29 

戦前から戦後にかけて、東京ではエノケン(榎本健一)、ロッパ(古川緑波)に代表される"軽演劇"が一世を風靡しました。年配の人から若い人まで、あらゆる年代の人達が一緒に笑える大衆的なお笑いを目指し、やがて東京喜劇と呼ばれるジャンルを確立していったのです。その伝統を受け継ぐ三宅裕司が率いる『熱海五郎一座』の新橋演舞場公演が今年もやってきます。 由来は「伊東」の手前で「四朗」の次 この一座は、伊東四朗と三宅裕司を中心に結成された『伊東四朗一座』がベースとなっています。伊東四朗が参加できなかった回に『熱海五郎一座』と銘打ち公演を行ったことがきっかけとなって、三宅裕司が率いる場合は『熱海五郎一座』と称するようになりました。ちなみに、名前の由来は、伊東の手前が熱海で、四朗の次は五郎、ということだそうです。 新橋演舞場で公演を行うようになって今年で4回目。今では毎年5万人以上を動員する人気公演に成長しました。 三宅が常にこだわっているのは東京喜劇。万人に受け入れられるお笑いに徹し、時には歌やダンスなども取り入れた、娯楽性の高い舞台を目指しています。冒頭のシーンから休憩を挟んで2幕のエピローグまで爆笑の連続で、ラストにはホロリとさせられるという物語構成は今回も変わらないはずです。 今年の物語はミステリー 夫婦デュオのボーカルとして活動していた京香は、類まれなる美貌の持ち主。相方の不祥事で...more
カテゴリー:

「東貴博」の画像

もっと見る

「東貴博」の動画

Wikipedia

東 貴博(あずま たかひろ、1969年12月31日 - )は、日本お笑いタレント。お笑いコンビ・Take2のボケ担当。一部番組では、東MAX(アズマックス)名義で出演している。本名、飛田 貴博(ひだ たかひろ)。

東京都台東区浅草出身。佐藤企画所属。血液型はO型。専修大学附属高等学校卒業。コメディアンの東八郎の次男(五人兄弟)。弟はピン芸人で太田プロダクション所属の東朋宏。通称「東MAX」、「下町のプリンス」と呼ばれる。

経歴
  • 1988年、18歳の時に父・東八郎が急逝。父の一番弟子で親交の深かった萩本欽一の勧めで欽塾へ弟子入り。その後、同塾の後身として結成された欽ちゃん劇団へと移り、劇団...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる