「東証1部」とは?

関連ニュース

【株式市場】材料株など個別に買われ日経平均は続落だがマザーズ指数やJASDAQ平均は高い - 08月17日(木)16:37 

◆日経平均の終値は1万9702円63銭(26円65銭安)、TOPIXは1614.82ポイント(1.18ポイント安)、出来高概算(東証1部)は14億3619万株 17日後場の東京株式市場は、米国の米7月鉱工業生産指数やフィラデルフィア連銀による8月の製造業景況感指数などの発表があり、円相場の動向が読みきれないとされて様子見の姿勢があり、材料株や好業績株が個別に人気化した。
カテゴリー:

【株式市場】円高気味のため日経平均は上値重いが貿易収支など好感し鉄鋼、海運など高い - 08月17日(木)12:37 

◆日経平均の前引けは1万9713円62銭(15円66銭安)、TOPIXは1615.91ポイント(0.09ポイント安)、出来高概算(東証1部)は7億2671万株 17日(木)前場の東京株式市場は、米FOMC議事録公開などを受けて円相場が早朝から円高気味になったことなどが影響し、日経平均は取引開始後に49円91銭安(1万9679円37銭)まで軟化した。
カテゴリー:

【銘柄フラッシュ】Jホールディングスなど急伸し極洋は完全養殖クロマグロが好感され活況高 - 08月16日(水)16:47 

16日は、株価ひとケタの銘柄を除く東証1部の値上がり率1位がペッパーフードサービス(東1)の12.9%高となり、7月の月次既存店売上高がレストラン事業10.2%増加、いきなり!ステーキ事業27.1%増加(各前年同月比)となるなど好調だったことなどが好感された。
カテゴリー:

日経平均は小反落、利益確定売りが優勢 売買代金2兆円割れ - 08月16日(水)15:28 

[東京 16日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は小幅に反落した。為替は1ドル110円台後半とやや円安に振れたものの、前日に大幅高となった反動で利益確定売りも目立ち、終日方向感のない値動きだった。日中値幅は57円にとどまった。好業績株や材料性のある銘柄の個別物色は見られたが、北朝鮮情勢への警戒感は払しょくできず、大引けにかけて上値が重くなった。東証1部の売買代金は1兆8757億円と低水準で、7月25日以来の2兆円割れとなった。
カテゴリー:

前場の日経平均は小幅続伸、薄商いで方向感のない値動き - 08月16日(水)12:03 

[東京 16日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前日比3円46銭高の1万9756円77銭となり、小幅続伸した。為替は1ドル=110円台後半とやや円安に振れたものの、前日に大幅高となった反動で利益確定売りが目立った。個別銘柄の物色は見られたが、全体相場の方向感は出ず、前日の終値を挟んだ小幅な値動きに終始した。東証1部の売買代金は8865億円で1兆円に届かず、商いは薄かった。
カテゴリー:

日経平均26円安 盆休みのため売買が低調 8/17 16:18更新 - 08月17日(木)16:18 

17日の東京株式市場で日経平均株価は値を下げ、終値は前日比26円65銭安の1万9702円63銭。今週は盆休みのため取引への参加者が少なく全体的に売買が低調で、東証1部の売買代金は概算で1兆8060億円と市場活況の目安となる2兆円を下回った。
カテゴリー:

日東電工:男性提訴へ 交通事故で障害、復職認めず  - 08月16日(水)21:36 

 交通事故で身体障害を負った後に会社が復職を認めなかったのは不当だとして、電子部品大手「日東電工」(大阪市、東証1部)の元主任研究員の男性(43)=神戸市=が17日、同社に社員としての地位確認と慰謝料100万円などを求めて大阪地裁に提訴する。
カテゴリー:

【株式市場】材料株や好業績株の一本釣り相場となり日経平均は小反落するがマザーズ指数などは高い - 08月16日(水)15:47 

◆日経平均の終値は1万9729円28銭(24円03銭安)、TOPIXは1616.00ポイント(0.21ポイント安)、出来高概算(東証1部)は14億3539万株 16日後場の東京株式市場は、日本時間の17日早朝までに米FOMC(連邦公開市場委員会)の議事録要旨の発表が予定され、円相場への影響が見渡せないとの声があり、前場に続いて材料株や好業績株の一本釣り相場となった。
カテゴリー:

【東京市場】株、夏枯れ閑散の8月に売買代金2兆円超続く 相場の下支えに - 08月16日(水)14:36  newsplus

16日午前の東京株式市場で日経平均株価は小幅に続伸した。午前の終値は前日比3円(0.02%)高の1万9756円だった。8月は夏休みに入る市場参加者が増える時期で、閑散な相場となりやすい。 ところが7月26日から8月15日まで東証1部の売買代金は14営業日連続で活況の目安とされる2兆円の大台を上回る。16日午前も売買代金は8865億円と、大台維持に期待が持てる状況だ。夏枯れを感じさせない売買代金の大… 続く 配信2017/8/16 12:42 日本経済新聞 続きは会員登録をしてお読みいただけます http://www.nikkei.com/article/DGXLA...
»続きを読む
カテゴリー:

【株式市場】引き続き北朝鮮を巡る地政学リスクが意識され日経平均は小動きだが好業績株など強い - 08月16日(水)12:02 

◆日経平均の前引けは1万9756円77銭(3円46銭高)、TOPIXは1617.54ポイント(1.33ポイント高)、出来高概算(東証1部)は6億8643万株 16日(水)前場の東京株式市場は、引き続き北朝鮮を巡る地政学リスクが意識され、NYダウも小幅高にとどまったため方向感が定まらない相場になり、日経平均は取引開始後の34円23銭安(1万9719円08銭)を下値に23円55銭高(1万9776円86銭)の間で小動きとなった。
カテゴリー:

もっと見る

「東証1部」の画像

もっと見る

「東証1部」の動画

Wikipedia

  • redirect東京証券取引所...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる