「東海道新幹線」とは?

関連ニュース

鉄道の日、JR車両基地で親子見学会 - 10月14日(土)15:00 

 10月14日は「鉄道の日」です。JR東海は、東海道新幹線の車両基地でドクターイエローなどの見学会を行いました。
カテゴリー:

「JR東海鉄道倶楽部」通販サイトOPEN! 新幹線700系の座席に乗務員用時計も - 10月12日(木)16:13 

JR東海は11日、鉄道用品販売サイト「JR東海鉄道倶楽部」の開設を発表した。10月12日から商品の販売を開始。サイト開設時には、東海道新幹線で活躍した700系の運転台椅子(8万円)、グリーン車座席(8万円)、行先表示器字幕(4万5,000円)といった車両部品のほか、運転士や車掌が常務時に使用した乗務員用腕時計(1万5,000円)などが販売される。
カテゴリー:

【神鋼改ざん問題】新幹線の台車の一部、基準に届かずー広がる影響 - 10月11日(水)22:14  newsplus

 神戸製鋼所がアルミニウム製品の性能データを改ざんしていた問題で、JR東海は11日、東海道新幹線の車両「N700A」の台車に使っている製品の一部の強度について、同社の仕入れの基準として準用している日本工業規格(JIS)の基準を下回っていたことを明らかにした。  JR東海によると、問題のアルミ製品は、車輪を円滑に回すベアリングを支える軸箱体(じくばこたい)やそのふたに使用してきた。  神戸製鋼が残していた過去5年分のデータをJR東海が確認したところ、軸箱体(じくばこたい)やそのふたに使っている...
»続きを読む
カテゴリー:

JR東海、鉄道部品のネット販売を開始 グリーン車座席は8万円 - 10月11日(水)20:58 

JR東海は、鉄道用品の販売を行うウェブサイト「JR東海鉄道倶楽部」を、10月12日正午に開設する。 サイト開設時には、東海道新幹線で活躍した後に引退した700系車両の部品や、JR東海の運転士や車掌が乗務時に実際に使用した時計などを販売する。商品は順次追加する。商品ごとの販売個数には限りがあり、なくなり次第終了となる。 商品の一例は、運転台椅子は8万円、グリーン車座席は8万円、車掌室回転椅子は1万5,000円、行先表示器字幕は4万5,000円、乗務員用腕時計は1万5,000円、普通席テーブルは5,000円、社内搭載ハンドメガホンは5,000円。いずれも消費税と送料込みとなる。
カテゴリー:

新幹線台車の一部、JIS基準に届かず 神鋼改ざん問題 - 10月11日(水)19:53 

 神戸製鋼所がアルミニウム製品の性能データを改ざんしていた問題で、JR東海は11日、東海道新幹線の車両「N700A」の台車に使っている製品の一部について、強度が日本工業規格(JIS)の基準に届いていな…
カテゴリー:

「JR東海鉄道倶楽部」通販サイトOPEN! 新幹線700系の座席に乗務員用時計も - 10月12日(木)16:13 

JR東海は11日、鉄道用品販売サイト「JR東海鉄道倶楽部」の開設を発表した。10月12日から商品の販売を開始。サイト開設時には、東海道新幹線で活躍した700系の運転台椅子(8万円)、グリーン車座席(8万円)、行先表示器字幕(4万5,000円)といった車両部品のほか、運転士や車掌が常務時に使用した乗務員用腕時計(1万5,000円)などが販売される。
カテゴリー:

【鉄道】日本車両製造、鉄道グッズから撤退 他社参入や本業不振で採算悪化……販売終了まで在庫処分セール - 10月12日(木)00:40  newsplus

 JR東海の子会社で新幹線車両をてがける日本車両製造(名古屋市)は11日、「日車夢工房」と名付けて展開してきた鉄道グッズの製造販売を原則として年末で打ち切ると発表した。鉄道ファンに広く知られるが、不採算や本業の不振を背景に撤退する。  一部商品を除きインターネットでの販売受け付けは12月31日深夜まで、電話での販売は同25日夕まで。販売終了まで在庫品処分セールを断続的に行う。  「日車夢工房」の事業は日本車両の知名度を上げるため1999年からスタート。東海道新幹線の初代車両「0(ゼロ)系」の...
»続きを読む
カテゴリー:

【キタ━(゚∀゚)━!】神戸製鋼 新幹線台車でJIS規格以下の強度部品。年次点検の際に順次交換予定。 - 10月11日(水)21:39  news

新幹線の台車の一部、基準に届かず 神鋼改ざん問題 10/11(水) 19:53配信 神戸製鋼所がアルミニウム製品の性能データを改ざんしていた問題で、JR東海は11日、東海道新幹線の車両「N700A」の台車に使っている製品の一部の強度について、 同社の仕入れの基準として準用している日本工業規格(JIS)の基準を下回っていたことを明らかにした。 JR東海によると、問題のアルミ製品は、車輪を円滑に回すベアリングを支える軸箱体(じくばこたい)やそのふたに使用してきた。 神戸製鋼が残していた過去5年分のデータをJ...
»続きを読む
カテゴリー:

【JR東海】新幹線のイス、方向幕など出品 鉄道用品販売サイトを開設 オープン時は700系部品を販売 - 10月11日(水)19:55  newsplus

 JR東海は2017年10月11日(水)、鉄道用品などを販売するウェブサイト「JR東海鉄道倶楽部」を12日(木)正午に開設すると発表しました。 「JR東海鉄道倶楽部」での取扱商品の一例(画像:JR東海)。  オープン時には、東海道・山陽新幹線で使われた700系の部品や、JR東海の運転士・車掌が乗務時に実際に使用した時計などを販売。一例として、700系の運転台イス(8万円)や行先表示器字幕(4万5000円)、車外銘板(1万円~1万2000円)をはじめ、新幹線乗務員用腕時計(1万5000円)、車内搭載ハンドメガホン(5000円)などが用意さ...
»続きを読む
カテゴリー:

神戸製鋼の改ざん製品、ミサイルや装甲車でも使っていた模様 - 10月10日(火)22:31  news

 神戸製鋼所が性能データを改ざんして出荷したアルミニウム・銅製品は、車や新幹線、航空機など公共性の高い製品を中心に、 幅広く使われていた実態が明らかになった。対象はロケットや防衛装備品にも及び、メーカーや関係省庁は確認に追われている。  問題の製品を納めた直接の取引先は約200社だが、神鋼は企業名を明かしていない。取引先が加工して転売しているケース もあり、最終製品として消費者に届けられている規模は「多くてわからない」(幹部)という。  トヨタ自動車、日産自動車、ホンダ、スズキ、マツダ、三...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「東海道新幹線」の画像

もっと見る

「東海道新幹線」の動画

Wikipedia

10-2-2ダイヤ。2017年3月4日ダイヤ改正から現在までのダイヤパターンである。

この改正での大きな特徴は以下の通りである - 東海旅客鉄道ニュースリリース 2016年12月16日。

  • 全ての定期「のぞみ」「ひかり」をN700系に統一したことにより、「のぞみ」28本、「ひかり」23本が東京駅 - 新大阪駅間において3分短縮。
  • 早朝の「のぞみ」2本を東京駅 - 新大阪駅間において3分短縮。

以下に示す時刻・運転区間などは昼間時間帯の平均的なパターンで、早朝・深夜は若干異なる。

凡例

  • ●:停車、▲:この駅のうち0 - 2駅に停車、→:通過、◆:臨時列車または臨時延長(臨時列車は時間帯によっては定期列車となる場合がある)
  • (N) :全列車N700系(これ以外の全ての列車でN700系が使用される場合がある)。
  • ※56分:東京下り毎時20分発「のぞみ」が運行されない場合、N700系を使用した一部列車が53分着となる。
現行の号数の振り方

2014年3月15日からのもの。

  • のぞみ
    • 東京駅 - 新大阪駅間
      • 定期列車は200 - 265号台
      • 臨時列車は290号台・300 - 390号台・400 - 420号台で列車番号に9000台が冠される
    • 東京駅 - 岡山駅・広島駅間:100 - 140号台(135号・102号は東京 - 姫路間、早朝の100号は西明石発東京行き)
    • 東京駅 - 博多駅間
      • 定期列車は1 - 70号台
      • 臨時列車は150 - 190号台で列車番号に6000台および7000台が冠される
    • 品川駅・名古屋駅 - 博多駅間:8...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる