「東樺太海流」とは?

「東樺太海流」の画像

もっと見る

「東樺太海流」の動画

Wikipedia

東樺太海流(ひがしからふとかいりゅう、)はオホーツク海西部・樺太の東側を南下する海流東樺太海流のベールを剥ぐ,北海道大学低温科学研究所東樺太海流と海氷,大島慶一郎,北海道大学低温科学研究所北海道周辺の海流 第一管区海上保安本部。

かつては、オホーツク海の循環については、系統だった調査は行われてきておらず、経験的なものから得られた情報が、日本・ロシアの古い文献などに描かれている程度しか判明していなかった。しかし、冷戦の終結に伴い、調査が行いやすくなり、1990年代後半以降、実態が解明されるようになってきた。

この海流は2つの流れからなっていることが、明らかとなっている海洋物理からみたオホーツク海の特徴 海洋物理からみたオホーツク海の特徴,若土正曉,北海道大学低温科学研究所。一つは樺太沿岸を南下し、北海道沖を直撃して知床半島に至る。もう一つは東に向かい、千島列島付近で時計回りの方向にいくつもの渦を巻き起こす。海流の流量は、樺太東側の北緯53°付近で、700m/sにも達し、海流の幅は約150km、深さは最大1000mにも及ぶ。対馬暖流の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる