「東平安名岬」とは?

「東平安名岬」の画像

もっと見る

「東平安名岬」の動画

Wikipedia

東平安名岬(ひがしへんなざき)は、沖縄県宮古島市城辺字保良に位置し、太平洋及び東シナ海に面する。北緯24度43分7秒、東経125度28分9秒。宮古島の南東端で、同島を代表する観光地。東平安名とも書く。

主に沖縄方言で東のことを「あがり(太陽が上がる)」と呼ぶことから、「あがりへんなざき」とも読む。また、宮古方言では「あがりぴゃうなざき」と呼ばれている城辺町教育委員会 東平安名崎の植物、2004年。

概要

宮古島の南東端から南東方向に突き出た、長さ約2キロメートル、幅最大160メートル、標高約20メートルの細長い半島で、隆起サンゴ礁石灰岩から成り立つ。

半島上は平坦だが海岸は断崖で、強風が吹き寄せている。このため、テンノウメや...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる