「東前頭」とは?

関連ニュース

大相撲4横綱時代、ガチンコ平幕力士の目の色変わる - 03月24日(金)07:00 

 支度部屋で“あいつら”の気合が違う──ある協会関係者はそんな言い方をした。新横綱・稀勢の里のお披露目となった春場所は、モンゴル3横綱に序盤から土がついた。盛り上がりの立役者は、誰に対しても手加減しないガチンコ力士たちだ。 「たとえば、6日目(3月17日)の結びの一番で横綱・鶴竜と対戦した東前頭3枚目の松鳳山。支度部屋ではとにかく突っ張りからの立ち合いの稽古を入念に繰り返し、土俵に向かう頃には全身が紅潮していたほどです。土俵上でも鋭い突っ張りで相手を下がらせ、見事に金星をあげました」  稀勢の里の露払いを務める松鳳山は、対戦相手を負傷休場に追い込むほど本気でぶつかる“壊し屋”として知られる。春場所の土俵を面白くしているのが松鳳山らガチンコ平幕たちである。 「彼らの活躍には、17年ぶり4横綱時代到来の影響があるでしょう。場所前からガチンコ平幕たちは稽古場で“金星のチャンスが4度もある”と言い合って目の色を変えていました。金星1個につき、場所ごとに支給される報奨金が4万円上がるわけですから気合も入ります」(担当記者)  通算勝ち越し数や金星に応じて力士に支給される報奨金は、引退するまで加算されていく。上位陣との取組に常に死力を尽くすガチンコ勢にとっては、“稼ぎ時”の大チャンスが到来したわけだ。  その“ニンジン”のおかげか、10日目までで金星配給は5つを数えた。松鳳山に加え、蒼国来(3...more
in English
カテゴリー:

千代皇が休場=大相撲春場所 - 03月22日(水)09:17 

 大相撲の東前頭15枚目の千代皇(25)=本名基王代仁、鹿児島県出身、九重部屋=が春場所11日目の22日に休場を届け出た。10日目まで3勝7敗だった。11日目の対戦相手、貴景勝は不戦勝。 千代皇の休場は2014年九州場所以来、通算2度目。 [時事通信社]
in English
カテゴリー:

魁聖が途中出場へ=大相撲春場所 - 03月16日(木)13:07 

 大相撲の東前頭8枚目の魁聖(30)=本名菅野リカルド、ブラジル出身、友綱部屋=が、春場所6日目の17日から途中出場することが16日決まった。右膝の前十字靱帯(じんたい)断裂などで約3カ月の加療を要すると診断され、初日から休場していたが、碧山戦が組まれた。 [時事通信社]
in English
カテゴリー:

【相撲】貴景勝 デブから力士に… 「強くなれば結構モテますよ」 - 03月02日(木)08:42 

お笑い芸人「林檎人形」の富士に腕をもまれて、思わず照れ笑いする幕内貴景勝 大相撲の東前頭13枚目の貴景勝(20=貴乃花)が1日、大阪市内でトークショーを行った。 兵庫県芦屋市出身の関取は地元とあって話術が巧み。 埼玉栄高時代を振り返って 「関西弁をよく怒られていました。『ここは関東だから関西弁を使うな。モテたいんか』と。 実際、関西弁は結構ウケがいいんですよ」と笑わせた。 また、力士になって得したことを聞かれると 「強くなれば結構モテます。高校のときは『デブや』と言われていましたが、強く...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

大相撲:稀勢の里全勝守り、単独トップに - 03月22日(水)20:06 

 大相撲春場所11日目は22日、大阪・エディオンアリーナ大阪で行われ、稀勢の里は嘉風に辛勝して全勝を守り、単独トップに立った。高安は鶴竜に敗れて今場所初黒星。他に1敗は荒鷲を退けた照ノ富士と、取り直しの末に千代の国を破った平幕・栃煌山。大関復帰を目指す琴奨菊は勢に屈して4敗目を喫した。東前頭15枚目・千代皇(25)は「右母趾(ぼし)末節骨骨折」で加療約1カ月と診断されて休場した。
in English
カテゴリー:

大相撲春場所:ケガで休場の魁聖が復帰 - 03月16日(木)13:09 

 大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)6日目の取組が16日発表され、右膝のケガで初日から休場していた東前頭8枚目の魁聖(30)=友綱部屋=が、6日目から出場することになった。
in English
カテゴリー:

宇良、幕内初勝利 大相撲春場所 千代皇は黒星 - 03月12日(日)16:58 

 大相撲春場所は12日、エディオンアリーナ大阪で初日を迎えた。中部農林高校出の東前頭15枚目、千代皇(九重、鹿児島県与論町出身)は、徳勝龍に寄り切られ、黒星スタートとなった。初入幕となった西前頭12枚目の宇良(木瀬)は佐田の海と対戦。立ち合いから低い姿勢で当たり、相手の下に体を入れると、まわしを...
in English
カテゴリー:

【相撲】横綱・稀勢の里が大相撲トーナメントで優勝 決勝で貴ノ岩を下す - 02月05日(日)17:30 

スポーツ報知 2/5(日) 17:18配信 稀勢の里が横綱初トーナメントで優勝…決勝で貴ノ岩を下す 横綱土俵入りをする新横綱稀勢の里 ◆大相撲トーナメント決勝○稀勢の里(突き落とし)貴ノ岩●(5日・両国国技館)  初場所後に第72代横綱に昇進した稀勢の里(30)=田子ノ浦=が、昇進後初の土俵となる大相撲トーナメントに出場し、決勝で東前頭10枚目(初場所番付)・貴ノ岩(貴乃花)を突き落とし、優勝を飾った。  稀勢の里はトーナメントで、宝富士、勢、臥牙丸、玉鷲を退け決勝に勝ち上がった。トーナメント前には、国技...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「東前頭」の画像

もっと見る

「東前頭」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる