「東出昌大」とは?

関連ニュース

女子、土俵を降りない。禁断の女相撲でDV被害者や元遊女がガチの取り組み! - 04月23日(月)08:00 

2010年に公開され数々の映画賞に輝いた『ヘヴンズ ストーリー』以来8 年ぶりに瀬々敬久監督が自主企画で完成させた、アナーキーな青春群像劇『菊とギロチン』が7月7日(土)より公開される。今回、本作の重要なテーマのひとつである“女相撲”に取り組む女性たちを捉えた劇中写真が解禁された。 【写真を見る】タブーに挑む…土俵入りする女力士たちの艶姿をみよ!/[c]2018 「菊とギロチン」合同製作舎 本作の舞台は大正末期、関東大震災直後の日本。登場するのは、かつて実際に全国で興行されていた女相撲の一座と、実在したアナキスト・グループ「ギロチン社」の青年たちだ。 女相撲一座「玉岩興行」には、元遊女の十勝川(韓英恵)や家出娘など、ワケありの娘たちが集まっており、そのなかに主人公の新人力士・花菊(木竜麻生)の姿もあった。彼女は貧しい農家の嫁だったが、夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲に加わっていたのだ。「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」と願う花菊は、周囲の人々から奇異の目で見られながらも、厳しい練習を重ねていく。「ギロチン社」の中心メンバーである中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛一郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられ、彼女たちと行動を共にするようになるのだ。 様々な過去を背負った女性たちが、“社会を変えたい”という大きな夢を持った若者たちと運命的に出会い、立場は違えど「自由な世界に生きるこ...more
カテゴリー:

長澤まさみ、中国人美術品バイヤーに変身!『コンフィデンスマンJP』第3話 - 04月23日(月)05:00 

長澤まさみ主演の連続ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)第3話が、4月23日に放送。今回は、長澤演じる主人公のダー子が、美術品バイヤーの中国人に変装する。本作は、一見平凡で善良そうな姿をしたダー子(長澤)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)といった3人の信用詐欺師たちが、毎回華やかな世界を舞台に、欲望にまみれた人間たちから壮大かつ奇想天外な計画で大金を騙し取る、痛快エンターテインメントコメディ作品。今回のターゲットは、高名な美術評論家・城ケ崎善三(石黒賢)。貧しい家庭に生まれ育った彼は、画家だった父が才能に恵まれないにもかかわらず気位だけは高かったため、母と共に苦労してきたという。美術評論家になったのも、父のような画家に引導を渡すためだった。独学で古今東西のあらゆる芸術作品を学んだ城ケ崎は、バブル崩壊後に行方不明になっていたいくつかの名画を発掘して名を馳せ、今では美術品を鑑定する冠番組まで持っていた。しかしその本性は、女癖が悪い上に、持ち込まれた美術品の真贋を偽って安く買い上げ、裏社会の顧客に密かに売却して大儲けしている、欲と金にまみれた男だった。そこでダー子は、中国人バイヤーに化けて城ケ崎のオークションハウスに潜入し、金に糸目をつけずに大量の作品を買い上げることで彼の信頼を得ることに。さらに、旧知の贋作画家で、あらゆる時代の有名画家...more
カテゴリー:

大杉漣さんお別れの会、草なぎ剛の出席伝えず「テレビ局の忖度がひどい」 - 04月22日(日)21:00 

『デイリー新潮』(新潮社)が22日、地上波のワイドショーにおける「大杉漣さんのお別れの会」の取り上げ方について分析を行った結果、テレビ局がジャニーズ事務所への忖度を行っているのではないかと報じている。 14日に開かれたお別れの会には、大杉が世に広く知られるきっかけを使った北野武(71)や、亡くなる直前まで撮影していた『バイプレイヤーズ』(テレビ東京系)の共演者など関係者約700人が出席し、故人の人柄が伝わるものだった。 大勢の出席者の中には草なぎ剛(43)の姿もあり、「こうやってこんな風に、まさか漣さんにお話しするなんて思ってなかったです。何言っていいか分からないじゃないですか」と、突然いなくなったことにとまどい、残念な思いを表す弔辞を読んだ。 草なぎは大杉さんと『僕の生きる道』(フジテレビ系)や『銭の戦争』(フジテレビ系)など多数のドラマで共演しており、最も親交の深い人物と言えよう。 ◆地上波のワイドショーはほぼ黙殺? しかし、新潮がお別れの会の翌日に放送を確認したところによると、早朝の情報番組『はやドキ!』(TBS系)、『あさチャン!』(TBS系)と、関西の読売テレビ制作の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)の3本のみだという。 さらに『あさチャン!』と『ミヤネ屋』は、弔辞の内容をテロップで流し、アナウンサーがその内容を読み上げた程度だったという。 ほとんどのワイドショーで...more
カテゴリー:

ゲス極・川谷「あのことを美しい経験にしたくない」ネットでは「何言ってんの」呆れ声 - 04月22日(日)19:00 

ゲスの極み乙女のヴォーカリスト、川谷絵音がネットメディアでインタビューを受け、”あの騒動”に対しての発言が話題だ。 インタビューは、平成30年に30歳を迎える「黄金世代」の半生とともに時代を振り返る、と言ったシリーズ連載。 第一回に選ばれたのが、川谷絵音だ。   川谷は同インタビューで、自身がアーティストになろうと思った経緯や、作詞作曲に対する姿勢などを語っている。 バンドがブレイクし、紅白への出場を果たし、更なる飛躍へと勢いづいている時にベッキーとの不倫騒動が週刊文春に報じられたわけだが…。   その騒動について川谷は「良いか悪いかでいえば悪いことなんだけど、できない経験をしたんだなと。」「これを美しい経験にしたくない、ですね。職業柄、糧になる出来事でしょうけど、美化するのとは違うなと最近気づいたっていうか。」と語る。   この発言に対し、ネット上では呆れとも取れる声が多数上がっている。 ◆ネットでは「何言ってんだこいつ」状態 ネット掲示板『ガールズちゃんねる』では、川谷の発言に対し以下のようは声が挙がっている。 「意味不明」 「最近まで美化してたんかい、あんな叩かれてたのに」 「なに言ってんだこいつ。」 「ちょっと何言ってるかわかんない」 「何?美しい経験ってそんなものあった?!」 「いえいえ、汚点でしかないのに何ズレた事を… 」 騒動の発端は、ベッキーとの熱愛発覚と同時に...more
カテゴリー:

『翔んで埼玉』がGACKTなら『ポーの一族』は?実写化してほしい耽美漫画とキャストを妄想 - 04月21日(土)15:45 

 魔夜峰央の地方ディス漫画『翔んで埼玉』の実写映画化が発表されました。美少年を演じる二階堂ふみと、40代でありながら高校生を演じるGACKTのW主演が話題になっています。この作品、原作はナチュラルにBL設定なんですよね。   魔夜峰央作品しかり、70~80年代の少女漫画では「耽美」「少年愛」が多く描かれ、漫画史に残る名作も多数生まれました。もし当時の名作が実写化されたら……美少年たちは誰が演じるのでしょう?  そこで今回は「名作漫画の美少年を誰に演じてほしい?」というテーマで、少女漫画コンシェルジュの和久井香菜子さん、そして少女漫画好きの30代女性3名と一緒に妄想してみました! 原作と見比べながらご覧ください。 ◆萩尾望都『ポーの一族』エドガー&アラン  不老不死の吸血鬼「ポーの一族」として、少年の姿のまま生き続ける哀しい主人公がエドガー。貿易商会の一人息子アランとともに、時空を超えて旅を続けます。そんな2人を演じてほしい有名人は……? 和久井さん「エドガー:佐藤勝利、アラン:ゆうたろう。難しいですね……勝利くんは目力で選びました。ゆうたろうは、モノマネの方ではなく、美少年の方です!」 K実さん(39歳)「エドガー:神木隆之介、アラン:本郷奏多。エドガーを表現できるのは神木隆之介しかいない! 人ならぬ者であるために永遠に続く孤独、見た目は少年でも中身は老成している複雑な...more
カテゴリー:

コンフィデンスマンJP、「仮面ライダー」キャスト共演にファン歓喜! - 04月23日(月)07:00 

 4月16日、月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)の第2話が放送。『仮面ライダーエグゼイド』(テレビ朝日系)のキャストが共演を果たし、ライダーファンの間で話題となった。  このドラマは、ダー子(長澤まさみ/30)、ボクちゃん(東出昌大/30)、リチャード(小日向文世/64)という3人の詐欺師が、悪どい金の亡者たちから大金を巻き上げていくという物語。  第2話でダー子たちは、大手ホテルチェーンを経営する桜田しず子社長(吉瀬美智子/43)をターゲットに選ぶ。しず子は、経営難の旅館やリゾート施設を買収して復活させ、業界では“救世主”と呼ばれる人物だが、その裏では収賄や談合、地上げなど、悪質な手口を駆使し、日本の観光業界を牛耳ろうとしていた。  ダー子はしず子に接近し、カジノを中心とした統合型リゾート開発のための場所として、個人所有の無人島を買い取らせるよう仕向ける。そして、ボクちゃんが無人島の所有者になりすまし、しず子と売買契約を結ぶことに。  しかしそのとき、しず子の用心棒を務める五十嵐(小手伸也/44)が、無人島の本当の所有者であるコマツタケオ(小野塚勇人/24)を見つけ、しず子の前に連れてくる。これによりボクちゃんがついていたウソは全部しず子にバレてしまい、しず子は本当の所有者であるタケオと契約を交わす。  だが、この五十嵐やコマツタケオは、実は...more
カテゴリー:

六角精児の「嫌いな俳優」は誰?ネットで憶測飛び交う - 04月22日(日)21:00 

俳優・六角精児(55)が、今月20日に放送された『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演した。 自身の「クズっぷり」に焦点を当てたエピソードを披露した六角。3回の離婚経験や、ギャンブルに関するトークでダウンタウン、坂上忍(50)など出演者と共に番組を盛り上げた。 番組では六角に対し坂上が「嫌いな役者は?」と質問するシーンも。規制音がかかり、放送はされなかったものの実名で告白した。 六角は「肉体派で、イケイケで、1つも共通点はないし、話したいと思うことはない。自分のことすごい好き、って感じするもん」と直球で語った。 坂上が「バラエティーにすごい協力的な人じゃないですか」とフォローするも、「バラエティーにそんなに協力的なの?あんま面白くないだろ!」と一蹴。出演者の笑いを誘った。 ◆「高橋克典?」「伊藤英明?」憶測飛び交う 六角が嫌いとする「肉体派・イケイケ・バラエティーに協力的」な俳優とは、一体誰なのか。ネットでは様々な憶測が飛び交っている。 女性向け掲示板「ガールズちゃんねる」では、様々な俳優の名が飛び交っていた。 「伊藤英明かとおもった」 「高橋克典かな?」 「竹内涼真は流石にないか」 「六角さんの方が性格悪そう(笑)」 「高橋克典かな?わたしは好きだけど……」 「まあ、俳優なんて自分のこと好きな人ばかりでしょ」 「バラエティ張り切る人かぁ、誰だろう」 「金子賢?...more
カテゴリー:

指原莉乃が文春砲パイオニア発言!「何にでも自分アピール 」と呆れ声 - 04月22日(日)20:00 

 HKT48・指原莉乃が、21日放送の『王様のブランチ』(TBS系)の人気コーナー「買い物の達人」に出演。19歳のときの熱愛スキャンダルを振り返った。 指原の身にスキャンダルが降りかかったのは6年前の2012年。その年、「第4回AKB48選抜総選挙」で4位にランクインし、自身初の「神7入り」を果たした。  だがその1週間後、知らない番号から電話がかかってきたのだという。指原は、「出たら“文春”だったんですよ」と、それが「週刊文春」だったと明かし、「めっちゃ怖くないですか?」と回顧。 また指原は、「今でさえ色々なタレントさんが文春砲、文春砲って言われてますけど、マジで私がパイオニアだなって思って」と自虐。 さらに「自慢できることじゃなく、恥ずかしいことなんですけど今考えたら私が一番手」と続け、「しかも私の号、めちゃめちゃ売れたらしいで」と畳みかけ、この日の「買い物の達人」レポーター・高柳愛実をさらに笑わせていた。 ◆指原のスキャンダル自虐ネタに「何にでも自分アピール」の声 指原のスキャンダル自虐ネタにネット掲示板「ガールズちゃんねる」では批判が相次いだ。 「でしゃばりだな 」 「なにが パイオニアよ!偉そうに 」 「何にでも自分アピール 」 「いやベッキーだと思う 」 「スキャンダルは自慢にならないよ 」 「あの時にそのまま潰れたら良かったのに! この厚かましさ! 」 「改めて...more
カテゴリー:

東出昌大が音痴を告白!「地声が何か音痴だもんね」と痛烈批判 - 04月22日(日)19:00 

俳優の東出昌大(30)が、18日放送のフジテレビ系バラエティ番組『TOKIOカケル』で、歌が苦手であることを告白した。  番組の冒頭では、街頭インタビューをもとに、東出の「これ絶対しなさそう」というイメージ調査を実施。その結果について、東出が真か否かを答えた。  このなかで、「カラオケでは盛り上げ役をやってなさそう」という声があった。 これについて東出は「僕はタンバリンをめちゃくちゃ叩きます」として、「盛り上げ役をする」と回答した。その理由は「歌が下手なんです」。 「歌が下手だからカラオケに行くと歌いたくないからタンバリンをまずとって、(太ももが)内出血するぐらいやる」と話した。 ◆東出の音痴告白に「地声が何か音痴だもんね」と痛烈批判 東出の音痴告白にネット掲示板「ガールズちゃんねる」では痛烈な批判が集まった。 「大丈夫だよ、知ってたから。 」 「地声が何か音痴だもんね。」 「演技も下手やん」 「まず演技力をなんとかしてくれ 」 「月9見たけど演技は本当に残念だよね まず声がよくない 」 「東出くんはモデルが天職だったのに俳優に手出してしまったからなぁ…」 「めっちゃ棒歌唱なのが想像つく。」 「話すときも抑揚がないよね 」 「台詞回しや話している声を聞いていてもリズム感ないのわかる。」 東出と言えば2018年4月スタートのフジテレビ系月9ドラマ「コンフィデンスマンJP 」で...more
カテゴリー:

今期月9は、長澤まさみ×ルパン三世×ナインティナイン!?「コンフィデンスマンJP」秘話 - 04月21日(土)11:30 

「リーガル・ハイ」シリーズ(2012年ほかフジテレビ系)、「デート~恋とはどんなものかしら~」(2015年フジテレビ系)などでも知られる人気脚本家・古沢良太氏が描くドラマ「コンフィデンスマンJP」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)。日本ではあまり馴染みのない“詐欺師”が主演の異色ドラマで、巧妙に仕掛けられたトリックと笑いの伏線、大胆な展開にハマる視聴者が続出中だ。 【写真を見る】妖艶なチャイナドレス姿も…長澤まさみがダマす!/(C)フジテレビ そんな「コンフィデンスマンJP」はどんな思いで作られているのか。「見る人もだますつもりで書いた」という古沢氏への取材を交え、作品制作の裏側に迫る! ■ 「ルパン三世」のように自由な時間軸で! 3人の詐欺師・ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)が華麗なるだましのテクニックを使い、悪人から大金を巻き上げていくさまをコミカルに描く本作。時間軸にも縛られたくなかったとのこと。 「詐欺師の話ですので、とにかく“明るく痛快”にすると決めました。『○○編』ということにしたのは、連続ドラマですが一話一話が単独の話として、前後の話に相関関係がないようにしたかったんです。第1話、2話、3話…という放送順と作中の出来事の順番が、必ずしも同じではないという含みを持たせたかった。『あれ?これはいつ起こったことなんだろう』と...more
カテゴリー:

もっと見る

「東出昌大」の画像

もっと見る

「東出昌大」の動画

Wikipedia

東出 昌大(ひがしで まさひろ、1988年2月1日 - )は、日本俳優ファッションモデル埼玉県出身。ギグマネジメントジャパンを経て現在はユマニテ所属。身長189cm、体重72kg。妻は女優の杏。

来歴

高校時代に第19回メンズノンノ専属モデルオーディショングランプリを獲得しデビュー。高校卒業後は大学進学するも中退し、宝飾デザイナーを目指してジュエリーの専門学校に進む。

2006年から2011年までパリ・コレクションにも出演。ZUCCaやヨウジヤマモトなどのモデルとして活躍。

2012年、映画桐島、部活やめるってよで...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる