「東京電力福島」とは?

関連ニュース

母の不安、母が和らげる 伊達のNPOが放射性物質検査事業 - 04月21日(土)14:47 

東京電力福島第1原発事故の避難者支援などに取り組む伊達市のNPO法人「りょうぜん里山がっこう」は、身の回りの食品や土壌などの放射性物質濃度の検査事業を始めた。「安心して子育てをしたい」といった母親らの
カテゴリー:

<Jヴィレッジ>再開100日前イベント「日本サッカー強くなるために大事な施設」  - 04月21日(土)10:36 

東京電力福島第1原発事故の対応拠点になったサッカー施設Jヴィレッジ(福島県楢葉町、広野町)の一部再開の100日前イベントが19日、JR郡山駅前であり、元日本代表が7月28日の再始動に期待した。 トーク
カテゴリー:

【ただちに影】群馬のタラノメから基準超え放射性物質 同じ場所でとれたタラノメ122パックを既に販売済み - 04月20日(金)20:40  newsplus

今月、吉岡町でとれた山菜の「タラノメ」から国の基準値を超える放射性物質が検出され、県は吉岡町に対して、出荷の自粛を要請しました。 県によりますと、今月9日に吉岡町の直売所で野生の「タラノメ」から、国の基準値の2倍にあたる、1キログラムあたり200ベクレルの放射性セシウムが検出されたと厚生労働省から県に連絡がありました。 これを受けて県が今月17日、吉岡町でタラノメを採取して検査したところ、基準値を超える放射性セシウムが検出され、県は20日、吉岡町に対して野生の「タラノメ」の出荷を自粛するよう要...
»続きを読む
カテゴリー:

<帰還困難区域>葛尾-浪江間の県道通行が再開 二輪車は通行禁止 - 04月20日(金)09:20 

東京電力福島第1原発事故に伴う帰還困難区域内の福島県道浪江三春線の葛尾村−浪江町間で19日、一般車の通行が再開された。 再開されたのは、浪江町内の国道114号へとつながる10キロ区間。葛尾村葛尾では午
カテゴリー:

【福島第一】実習生に除染作業、郡山の会社も ベトナム人3人、事前説明なく - 04月19日(木)23:44  newsplus

外国人技能実習生として来日したベトナム人男性が、東京電力福島第1原発事故に伴う県内の除染作業に従事していた問題で、郡山市の建設会社でもベトナム人実習生の男性3人に除染作業をさせていたことが18日、関係者への取材で分かった。技能実習制度の趣旨にそぐわない除染の事例が他にもある可能性があり、法務省入国管理局が実態調査している。  実習生を支援する全統一労働組合(東京)によると、3人は2015(平成27)年7月に来日。郡山市の建設会社で実習生として、16~18年に同市や本宮市で除染作業に当たった。契約した作業内容は...
»続きを読む
カテゴリー:

<汚染廃棄物>来月末から住民説明会 大崎市、試験焼却実施判断 - 04月21日(土)10:52 

東京電力福島第1原発事故で生じた国の基準(1キログラム当たり8000ベクレル)以下の汚染廃棄物の試験焼却に関連し、大崎市は、5月末から6月上旬に市民を対象にした住民説明会を開く方向で検討に入った。説明
カテゴリー:

<復興拠点>飯舘・長泥の計画認定 農地に除染土再利用 - 04月21日(土)09:40 

東京電力福島第1原発事故の帰還困難区域に設ける「特定復興再生拠点区域」(復興拠点)について、安倍晋三首相は20日、福島県飯舘村の整備計画を認定した。長泥地区の186ヘクタールが対象。2023年春までに
カテゴリー:

サッカースタジアム、7月再開へ 福島のJヴィレッジ、復旧順調 - 04月20日(金)12:04 

東京電力福島第1原発事故の対応拠点となったサッカー施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、広野町)の運営会社は20日ま...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

Jヴィレッジ再始動100日前 郡山駅前でイベント - 04月20日(金)07:27 

 Jヴィレッジ再始動100日前イベントが19日、福島・JR郡山駅前で開催され、出席した元日本代表FW鈴木隆行氏は「日本サッカーの聖地になってほしい」と期待を込めた。  11年東日本大震災後は東京電力福島第1原発事故の影響で活動休止してき…
カテゴリー:

「しっかり進め信頼を」=廃炉責任者に就任、東電・小野氏 - 04月19日(木)17:12 

 東京電力福島第1原発の廃炉作業で責任者を務める小野明氏(58)が19日までに、インタビューに応じた。小野氏は4月1日付で東電福島第1廃炉推進カンパニーの代表に就任。周辺自治体で避難指示の解除が進む中、避難した住民らから福島第1原発の安全性に不安の声が上がる状況に対し、「廃炉をしっかりと進めて信頼を勝ち取る」と述べた。 小野氏は山梨県出身。東京大工学部を卒業し、1983年に東電に入社した。2013年6月から16年7月まで福島第1原発で所長を務めた後、原子力損害賠償・廃炉等支援機構に出向していた。 小野氏は廃炉作業の現状について、これまでは放射能汚染水への対応など「課題がどんどん降ってくる状態だった」と指摘。作業環境の改善によって「少し現場が落ち着いてきている」と述べ、「少し先を見て、戦略的に仕事を進める段階だ」との認識を示した。 汚染水対策の「切り札」と期待された凍土遮水壁は年十数億円の維持費がかかり、費用対効果を疑問視する意見も根強い。小野氏は「もともと考えていた(他の対策と合わせた)重層的な対策という観点からみると、しっかりと効果は出ている」と強調した。 東電は炉心溶融(メルトダウン)を起こした1~3号機のいずれかについて、19年度中に溶け落ちた核燃料の取り出し方法を決める方針。現在は取り出しに向けた技術を研究している段階で、小野氏は「その成果も踏まえて決めたい」と話した。 【...more
カテゴリー:

もっと見る

「東京電力福島」の画像

もっと見る

「東京電力福島」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる