「東京電力ホールディングス」とは?

関連ニュース

東電、10月に保育所設置 長期雇用へ社員働きやすく - 01月17日(水)16:43 

 東京電力ホールディングスは17日、企業内保育所を東京・浜松町で10月に設置すると発表した。働きやすい環境を整え、長期雇用につなげる狙い。利用状況を踏まえ、他の地域での増設を検討する。
カテゴリー:

関電の使用済み核燃料、青森・むつ市に集約案浮上 地元は反発  - 01月12日(金)16:36 

 関西電力が福井県の自社原発内に保管する使用済み核燃料の搬出先選定の動きが本格化している。政府内では東京電力ホールディングス(HD)と日本原子力発電が青森県むつ市に建設した「中間貯蔵施設」に集約する案が浮上。再処理して再び燃料として使う「核燃料サイクル」の実現まで一時的に保管する見込みだが、地元は市民感情を理由に反発している。関電は平成30年中に候補地を示す方針で、選定は曲折が予想される。
カテゴリー:

自分たちの首を絞める? EV普及で実は大変なコトがわかった電力業界の懸念 - 01月10日(水)11:36 

 「(EVで)ポイントをためられるのが楽しい」。平成29年12月に東京電力ホールディングスが実施した実証試験に参加した同社の社員はこう声を弾ませたという。
カテゴリー:

東電、原発検査で提携検討 共同実施で効率化 他電力に呼び掛け - 01月09日(火)05:00 

 東京電力ホールディングスが、他の電力会社と原発の定期検査(定検)で提携を検討していることが分かった。現在は各電力で行っているが、共同で実施して人員やノウハウを補完し合うことで作業を効率化する狙い。経営再建計画で掲げた、原子力分野の再編統合に向けた取り組みの一環。原子炉の型が同じ電力会社を中心に呼び掛ける見通しだ。
カテゴリー:

【社会】関西電力保管の使用済み核燃料、青森・むつ市に中間貯蔵検討[18/01/07] - 01月07日(日)03:10  newsplus

関電保管の使用済み核燃料、青森・むつ市に中間貯蔵検討 1/7(日) 2:59配信 朝日新聞デジタル https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00000001-asahi-soci 関西電力が福井県に持つ3カ所の自社原発で保管している使用済み核燃料を、東京電力ホールディングス(HD)と日本原子力発電が青森県むつ市に建設した一時保管のための「中間貯蔵施設」に移す方向で検討していることが6日わかった。福井県から県外へ移すよう迫られており、関電の岩根茂樹社長は2018年中に搬出先を示すとしていた。 関係者によると、関電はほか...
»続きを読む
カテゴリー:

東京電力HDなど、サウジアラビア王国で電気自動車の実証事業を4月より実施 - 01月17日(水)13:53 

東京電力ホールディングス(以下、東京電力HD)は、サウジ電力、中東日産(以下、日産)、東光高岳とともに、サウジアラビア王国において、電気自動車の実証事業を2018年4月より実施することを発表した。
カテゴリー:

新潟県知事「検証が優先」 柏崎刈羽原発の再稼働で東電社長に協力求める - 01月10日(水)13:47 

 東京電力ホールディングスの小早川智明社長が9日、県庁を訪れ、柏崎刈羽原発6、7号機(柏崎市、刈羽村)が昨年12月末、新規制基準に基づく原子力規制委員会の安全審査に正式合格後、初めて米山隆一知事と会談した。再稼働について、小早川社長は「安全最優先と地元の理解が不可欠。知事が掲げる原発事故の検証は何より重要で、全面的に協力する」と述べ、検証作業に引き続き全面協力する考えを強調した。柏崎市の桜井雅浩市長と刈羽村の品田宏夫村長とも、それぞれの地元で会談した。
カテゴリー:

【毎日新聞・川口雅浩】経団連は政治献金と引き換えに、国益を考え大所高所から政府首脳に直言する役割も求められている - 01月10日(水)07:17  seijinewsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180109-00000095-mai-bus_all  経団連の次期会長は日立製作所会長の中西宏明氏に内定したが、榊原定征会長は遅くとも昨夏ごろから中西氏を次期会長の本命候補に絞り込んでいた。中西氏は9日、記者団に「(政治とは)いがみあったらおかしいが、立場が違うため意見の違いは出る。それははっきり言えばよい」と述べた。5月末に発足する中西次期経団連が安倍政権とどんな関係を築くのか注目される。 (略)  ◇政界との距離感が課題  中西氏は5月末に次期経団連会長に正式に就任するが、政...
»続きを読む
カテゴリー:

【原発】使用済み核燃料 関電、青森で貯蔵検討 - 01月07日(日)13:48  bizplus

 関西電力が福井県の原子力発電所から出た使用済み核燃料の中間貯蔵について、東京電力ホールディングスと日本原子力発電が持つ青森県むつ市の施設を利用する方向で検討に入ったことが分かった。福井県の要請を受け2018年中に具体的な計画を示すとしていた。懸案だった貯蔵先を確保し原発の長期運転にめどをつけたい意向だ。 関電は、東電が8割、日本原電が2割出資する「リサイクル燃料貯蔵」が持つむつ市の中間貯蔵施設の一部を有償で利用する方向で同社と交渉に入った。ただ、原発に慎重な世論もあり、地元の青森県などとの調整は...
»続きを読む
カテゴリー:

関電保管の使用済み核燃料、青森・むつ市に中間貯蔵検討 - 01月07日(日)02:59 

 関西電力が福井県に持つ3カ所の自社原発で保管している使用済み核燃料を、東京電力ホールディングス(HD)と日本原子力発電が青森県むつ市に建設した一時保管のための「中間貯蔵施設」に移す方向で検討している…
カテゴリー:

もっと見る

「東京電力ホールディングス」の画像

もっと見る

「東京電力ホールディングス」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる