「東京電力ホールディングス」とは?

関連ニュース

東電とリクシル、省エネ住宅普及で新会社 新築時の太陽光導入支援 - 09月22日(金)05:50 

 東京電力ホールディングス(HD)傘下の販売子会社と住宅設備のLIXIL(リクシル)は21日、省エネ住宅の普及を促進するための新会社を設立したと発表した。新築時に太陽光発電の導入費を抑えられるサービスを10月に関東から始め、全国に拡大する予定だ。
カテゴリー:

東電、最先端の石炭火力公開 勿来発電所 CO2排出量15%削減 - 09月21日(木)06:05 

 東京電力ホールディングス(HD)は20日、勿来(なこそ)発電所(福島県)にある最先端の石炭火力発電設備「IGCC」を報道陣に公開した。発電効率を上げ、従来型に比べて二酸化炭素(CO2)排出量を約15%削減。東電HDなどは2020年9月により高効率の新型機の運転開始を目指しており、最先端技術を生かした海外展開も視野に入れる。
カテゴリー:

柏崎刈羽原発、再稼働「合格」が一転見送りでどうなる東電? - inside Enterprise - 09月19日(火)05:03 

変わりやすいのは、秋の空だけではないらしい。9月13日、原子力規制委員会(規制委)は東京電力ホールディングスの柏崎刈羽原子力発電所6、7号機の再稼働の前提となる審査で、事実上の合格証に当たる「審査書案」を取りまとめる予定を、一転して見送った。
カテゴリー:

【原発】「トモダチ作戦」157人が米国で東電を提訴、放射能被爆で 50億ドル基金要求★7 - 08月25日(金)13:14  newsplus

[東京 24日 ロイター] - 東京電力ホールディングス(9501.T)は24日、2011年3月の福島第1原発事故発生後の米軍による被災地支援活動、いわゆる「トモダチ作戦」に従事したという米国居住の157人が、放射能被ばくによる被害を受けたとして、50億ドル(約5450億円)の基金の創設や損害賠償を求めて米国の裁判所に提訴したと発表した。 東電によると、157人は今月18日、米カリフォルニア州南部地区連邦裁判所で提訴。損害賠償の請求金額は訴状には記載されていないという。 同社は、2013年3月15日付で...
»続きを読む
カテゴリー:

省エネ住宅促進で新会社 - 09月21日(木)19:31 

LIXILグループと東京電力ホールディングスは21日、省エネ住宅の普及を促進する新会社「LIXIL TEPCO スマートパートナーズ」(東京)を設立したと発表した=東京都内
カテゴリー:

充電池の大本命「リチウム硫黄電池」を生んだ東電マンの苦節25年 - ものつくるひと - 09月21日(木)05:08 

2016年6月、二次電池の研究に関わる事業者や研究者なら誰もが驚く新型二次電池「リチウム硫黄電池」が、東京電力ホールディングス経営技術戦略研究所の地下にある小さな研究室で生まれた。生みの親は道畑日出夫。新卒で電力会社に入社したものの、一貫して電池の研究を続けてきた、“電力マン”ならぬ“電池マン”である。
カテゴリー:

東電、タクシー4000台を活用したIoT見守りサービスを提供 - 09月08日(金)11:30 

JapanTaxi、otta、東京電力ホールディングス(以下、東電HD)は、東電HDが提供するIoT見守りサービス「tepcotta(テプコッタ)」の「動く基地局」としてタクシーを活用するシステムを開発し、同日より東京都渋谷区を中心に本格運用を開始したと発表した。
カテゴリー:

【原発】「トモダチ作戦」157人が米国で東電を提訴、放射能被爆で 50億ドル基金要求★6 - 08月25日(金)03:25  newsplus

[東京 24日 ロイター] - 東京電力ホールディングス(9501.T)は24日、2011年3月の福島第1原発事故発生後の米軍による被災地支援活動、いわゆる「トモダチ作戦」に従事したという米国居住の157人が、放射能被ばくによる被害を受けたとして、50億ドル(約5450億円)の基金の創設や損害賠償を求めて米国の裁判所に提訴したと発表した。 東電によると、157人は今月18日、米カリフォルニア州南部地区連邦裁判所で提訴。損害賠償の請求金額は訴状には記載されていないという。 同社は、2013年3月15日付で...
»続きを読む
カテゴリー:

「東京電力ホールディングス」の画像

もっと見る

「東京電力ホールディングス」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる