「東京電力」とは?

関連ニュース

「しっかり進め信頼を」=廃炉責任者に就任、東電・小野氏 - 04月19日(木)17:12 

 東京電力福島第1原発の廃炉作業で責任者を務める小野明氏(58)が19日までに、インタビューに応じた。小野氏は4月1日付で東電福島第1廃炉推進カンパニーの代表に就任。周辺自治体で避難指示の解除が進む中、避難した住民らから福島第1原発の安全性に不安の声が上がる状況に対し、「廃炉をしっかりと進めて信頼を勝ち取る」と述べた。 小野氏は山梨県出身。東京大工学部を卒業し、1983年に東電に入社した。2013年6月から16年7月まで福島第1原発で所長を務めた後、原子力損害賠償・廃炉等支援機構に出向していた。 小野氏は廃炉作業の現状について、これまでは放射能汚染水への対応など「課題がどんどん降ってくる状態だった」と指摘。作業環境の改善によって「少し現場が落ち着いてきている」と述べ、「少し先を見て、戦略的に仕事を進める段階だ」との認識を示した。 汚染水対策の「切り札」と期待された凍土遮水壁は年十数億円の維持費がかかり、費用対効果を疑問視する意見も根強い。小野氏は「もともと考えていた(他の対策と合わせた)重層的な対策という観点からみると、しっかりと効果は出ている」と強調した。 東電は炉心溶融(メルトダウン)を起こした1~3号機のいずれかについて、19年度中に溶け落ちた核燃料の取り出し方法を決める方針。現在は取り出しに向けた技術を研究している段階で、小野氏は「その成果も踏まえて決めたい」と話した。 【...more
カテゴリー:

柏崎刈羽、再稼働の行方は 辞職の新潟知事は慎重に検証 - 04月19日(木)11:00 

 新潟県の米山隆一知事(50)の辞職表明を受け、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機の再稼働について、関係者の間には不安と期待が交錯する。 柏崎刈羽6、7号機は昨年12月に原子力規制委員会で新規制基準への適…
カテゴリー:

<汚染廃>牧草すき込み開始 減容化実験で1トン 宮城・色麻町 - 04月19日(木)09:48 

宮城県色麻町は18日、東京電力福島第1原発事故で生じた国の基準(1キログラム当たり8000ベクレル)以下の汚染廃棄物について、すき込みによる減容化実験を始めた。 原発事故後、放牧を休止している平沢放牧
カテゴリー:

<福島第1>EVバス、廃炉へ発進 自動運転で移動効率化 - 04月19日(木)06:05 

東京電力は18日、福島第1原発構内で自動運転による電気バス(EVバス)の運用を始めた。1日当たり5000人に上る作業員の移動の効率化や利便性向上につなげる。自動運転EVバスを日常業務で実用化するのは国
カテゴリー:

電力10社 6月家庭向け料金値上げへ - 04月19日(木)05:00 

 電力大手全10社が、6月の家庭向け電気料金を5月よりも値上げする見通しであることが18日、分かった。火力発電の燃料となる液化天然ガス(LNG)価格が上昇したのが要因。LNGを原料とする主要都市ガス全4社の料金も上がり、4カ月連続で計14社がそろって値上げする見込みだ。標準的な家庭の月額電気料金の上げ幅は、中部電力の49円程度が最も大きく、次いで東京電力の42円、関西電力の31円、東北電力の21円の順。さらに九州電力の18円、中国電力の13円、沖縄電力の7円、四国電力の5円、北海道電力の4円、北陸電力の3円が続く。ガス料金は大阪ガスが36円、東邦ガスが33円、東京ガスが32円、西部ガスが24円…
カテゴリー:

福島の現状伝え47都道府県へ歌の旅 郡山の夫婦デュオ、6年掛け達成 - 04月19日(木)12:16 

郡山市の夫婦デュオ「IN THE WIND」が、歌と語りで福島の現状を全国に伝え続けている。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故後の2011年7月、全国ツアーをスタート。47都道府県の公演を昨年11
カテゴリー:

芥川賞作家・柳美里が本屋はじめました!「自分の本をお客さんが買う瞬間に立ち会えるのが楽しみ」 - 04月19日(木)10:00 

「大入り満員」の願いを込めて、書店の名前は「フルハウス」。4月9日、芥川賞作家の柳美里(ゆう・みり)さんが、福島県南相馬市の自宅を改装して書店をオープンした。配る名刺の肩書は「店長」だ。 「立ち読み大歓迎。本の扉を開けば、その先には一冊ごとに別世界が広がります。学生は本を買わなくてもいいので(笑)、電車の待ち時間に立ち寄って新しい世界に出会ってほしい。地元の人だけでなく、遠方の人も気軽に立ち寄れるような居心地のいい空間にしたいですね」(柳店長) お店を構えた同市小高(おだか)区は東京電力福島第一原発事故後に全住民が避難。避難指示は2016年7月に解除されたが、事故前の住民約1万3千人のうち、戻ってきた人は約2500人にとどまる。 「夜は街に人が少なく、電車も1時間から1時間半に一本しかない。最終電車が出る21時20分まではお店を開けて街に灯をともします。自分の本をお客さんが買う瞬間に立ち会えるのが楽しみ」(柳店長) 執筆の合間に接客もする。会いにいける作家の誕生だ。 (取材・文/畠山理仁 撮影/小川裕夫) 【関連記事】・紗倉まなが白目をむきながらピース・又吉と異色対談「そ...more
カテゴリー:

福島・双葉町:郡山正八幡神社、7年ぶり神楽奉納 - 04月19日(木)08:40 

 東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県双葉町郡山地区の郡山正八幡(しょうはちまん)神社で15日、避難前の2011年1月以来7年ぶりに神楽が奉納された。唄や笛、太鼓に合わせて獅子頭が舞い、避難先から訪れた住民約50人が地元ならではの風景のつかの間の復活を見守った。地区は除染廃棄物を最長30年
カテゴリー:

東電・NTT、再エネ導入支援 業務提携合意 7月に折半出資会社 - 04月19日(木)05:49 

東京電力ホールディングス(HD)とNTTは18日、再生可能エネルギーの導入支援など新規事業の創出を目指し、業務提携に合意したと発表した。7月に折半出資でTNクロ…
カテゴリー:

新潟 知事の辞職表明で候補者選び本格化へ 原発再稼働が焦点に - 04月19日(木)04:42 

新潟県の米山知事が辞職を表明したことを受けて、後任を選ぶ県知事選挙は6月上旬に投票が行われる見通しです。選挙戦では東京電力柏崎刈羽原子力発電所の再稼働への対応が焦点の一つになる見込みで、今後、各党の候補者選びが本格化するものと見られます。
カテゴリー:

もっと見る

「東京電力」の画像

もっと見る

「東京電力」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる