「東京都出身」とは?

関連ニュース

平祐奈、新川優愛をべた褒め「上から下まできれい」 - 05月21日(月)13:37 

 女優の新川優愛(24)、平祐奈(19)が21日、都内で行われた『2019ミス・ティーン・ジャパン』の開催発表会見に出席した。 【全身ショット】ガーリーワンピで登場した新川優愛&平祐奈  世界的コンテスト、ミス・ユニバース・ジャパンの妹版として開催される同コンテスト。「2019年4月1日時点で13歳以上17歳以下の女の子」を対象に実施され、締切は7月2日まで。書類選考ののち、7月から地方予選会が行われ、9月23日に東京で決勝大会が開催される予定。  昨年に引き続き、アンバサダーに就任した2人。新川が「今年で4年目。毎年刺激をもらって、初心を忘れずに頑張ろうという気持ちになる。今年も貴重な機会を頂けたので、精一杯務めたい」と笑顔で語ると、平は「メンタルが大事。もし選ばれなくても落ち込むんじゃなく、また次を頑張ろうという気持ちを持つことが大事!」とアドバイスを送った。  会見では、平が特技の“ダジャレ”を披露するなど、和気あいあいとした雰囲気で軽快にトークを交わしていた。新川は「テレビに出ている祐奈ちゃんそのまま。世間の皆さんが抱いている元気で明るいイメージのまま」と印象を明かすと、平は「きれいだから見惚れちゃう。スタイルもいいし、笑顔もかわいいし、髪の毛もきれい。上から下まできれいで、頼れるお姉さんって感じです」とべた褒めし、お互いに照れ笑いを浮かべていた。 【関連記事】...more
カテゴリー:

松坂大輔が語った肩の痛みとの戦いと怒り「タイムマシンがあればあの日に戻りたい…」 - 05月21日(月)06:00 

奇跡の完全復活に向け、松坂大輔がゆっくりと、だが、着実に歩を進めている。 ソフトバンクに加わってからの3年間は先発登板ゼロ。だが、新天地の中日では好投を見せ、日本復帰後初の勝利も挙げた。“平成の怪物”は、長らく苦しめられてきた右肩の痛みをどう克服したのか。 その運命の瞬間をシーズン開幕前に語っていた。 * * * 1998年夏の甲子園から始まった、松坂大輔の怪物伝説ーー。西武に入団してからも、イチローとの初対決で奪った3つの三振は、その伝説の続きだったと言っていい。 WBCでは2大会連続でMVPに輝いた。2007年にレッドソックスへ入団したときの騒がれ方は、今の大谷翔平の比ではない。そして、松坂はメジャー1年目にワールドシリーズを制覇してチャンピオンリングを手にする。“平成の怪物”こと松坂大輔は、ずっと「一番」であり続けた。 あれから20年。 松坂はいつしか「一番」ではなくなっていた。ピッチャーが30代の後半に差しかかれば、力が衰え、一番でなくなったとしても不思議なことではない。しかし、松坂自身は力が衰えたとは思っていなかった。彼が一番であり続けられなくなった理由は、右肩の痛みが彼を襲っていたからだ。松...more
カテゴリー:

朝丘雪路さん死去=女優、日本舞踊家、82歳 - 05月20日(日)12:35 

 女優で日本舞踊家の朝丘雪路(あさおか・ゆきじ、本名加藤雪江=かとう・ゆきえ)さんが4月27日に東京都内の自宅で死去したことが20日、分かった。82歳だった。東京都出身。アルツハイマー病で闘病していた。葬儀は家族で済ませた。後日お別れの会を開く予定。 宝塚歌劇団を経て女優となり、数々の映画やドラマ、舞台で活躍した。1960年代後半に深夜番組「11PM」にアシスタントとして出演し、司会の大橋巨泉さんとの掛け合いで人気を博した。歌手としても活動し、「雨がやんだら」などがヒットした。73年に俳優、映画監督の津川雅彦さんと結婚し、おしどり夫婦として知られた。日本舞踊の深水流を創設し、家元を務めた。父は日本画家の伊東深水。お嬢さまキャラクターで知られ、バラエティー番組にも多く出演した。 主な出演作に映画「極道の妻たち リベンジ」、NHK連続テレビ小説「ええにょぼ」。高畑勲監督のアニメ映画「ホーホケキョ となりの山田くん」「かぐや姫の物語」に声優として出演した。2011年旭日小綬章。 【時事通信社】
カテゴリー:

是枝監督「万引き家族」に最高賞=第71回カンヌ国際映画祭 - 05月20日(日)03:57 

 【カンヌ(フランス南部)時事】フランスで開催された第71回カンヌ国際映画祭で19日夜(日本時間20日未明)、長編コンペティション部門の審査結果が発表され、是枝裕和監督(55)の「万引き家族」が最高賞パルムドールを受賞した。日本作品の受賞は1997年の「うなぎ」(今村昌平監督)以来21年ぶり。 是枝監督は2004年に「誰も知らない」で当時14歳だった主演の柳楽優弥さんが男優賞、13年には「そして父になる」で審査員賞を受けており、3度目の受賞作で最高賞を手にした。 物語は是枝監督のオリジナル。東京・下町を舞台に、犯罪を通じてつながった「家族」を通して人間の絆とは何かを問い掛けた。両親役をリリー・フランキーさんと安藤サクラさんが演じ、樹木希林さんや松岡茉優さんらが出演した。 是枝監督は東京都出身。早大卒業後、テレビマンユニオンを経て1995年に「幻の光」で長編映画デビュー。カンヌ参加は7回(長編コンペ部門は5回)を数える常連で、ベネチアなど他の国際映画祭でも数々の受賞実績を誇る。近年の作品に「海街diary」「海よりもまだ深く」「三度目の殺人」などがある。 同部門に出品されていた浜口竜介監督の「寝ても覚めても」は受賞を逃した。 【時事通信社】
カテゴリー:

朝丘雪路さん死去、女優82歳 - 05月20日(日)00:05 

 女優、歌手、舞踊家として幅広く活躍した朝丘雪路さんが4月27日に死去していたことが19日、分かった。82歳。東京都出身。
カテゴリー:

「人気店、ぜひ継いで」 由利本荘のカフェ、市も後押し - 05月21日(月)08:22 

 店主が作るこだわりの「オムライス」と「タルト」が人気の秋田県由利本荘市岩渕下にある「カフェ・カトルセゾン」。店主の堀内憲二さん(69)=東京都出身、にかほ市在住=は高齢などを理由に引退する意向で、店…
カテゴリー:

新序出世力士12人を発表=大相撲夏場所 - 05月20日(日)16:16 

 日本相撲協会は20日、夏場所の新序出世力士12人を発表した。元関脇黒姫山の孫、田中改め田中山(東京都出身、境川部屋)らは7月の名古屋場所から番付に加わり、序ノ口で相撲を取る。 田中山は祖父が使った化粧まわしで出世披露に臨んだ。「黒姫山」の声援も浴び、「気が引き締まります。祖父がどれだけ偉大だったか知りました」と話した。田中山以外の出世力士は次の通り。(かっこ内は出身、部屋) 津志田(岩手、時津風)木下(東京、九重)川畑改め浪満(沖縄、立浪)今井改め颯雅(埼玉、二子山)川村(三重、鳴戸)向田(兵庫、鳴戸)椎森(岡山、時津風)鈴木改め朝日郷(東京、朝日山)藤島改め欧樹(青森、鳴戸)小菅改め若小菅(茨城、西岩)小山改め若小山(青森、西岩)。 [時事通信社]
カテゴリー:

朝丘雪路さん死去、アルツハイマー型認知症で療養中 - 05月20日(日)06:35 

 俳優、歌手、舞踊家とマルチに活躍した朝丘雪路(あさおか・ゆきじ)さん(本名加藤雪江=かとう・ゆきえ)が4月27日に死去していたことが19日、分かった。82歳。死因は不明。最近はアルツハイマー型認知症のため療養を続けていた。東京都出身。…
カテゴリー:

訃報:朝丘雪路さん82歳=女優、歌手、舞踊家で活躍 - 05月20日(日)00:11 

 女優、歌手、舞踊家として幅広く活躍した朝丘雪路さんが4月27日に死去していたことが19日、分かった。82歳。東京都出身。(共同)
カテゴリー:

平野紫耀はコミュ力が高い! 中田圭祐&鈴木仁だけが知っている C5男子の素顔「花のち晴れ―」一問一答インタビューその1 - 05月19日(土)06:00 

TBS系で毎週火曜夜10時から放送中の「花のち晴れ~花男 Next Season~」。 【写真を見る】ドラマを見てファンになった“一茶ガールズ”が急増中の鈴木仁。/撮影=広ミノル 神尾葉子の大ヒットコミック「花より男子」の新シリーズを杉咲花主演でドラマ化したもので、主人公の音(杉咲)と英徳学園のリーダー・晴(平野紫耀)、音の幼なじみで婚約者の天馬(中川大志)の三角関係の行方が話題に。中でも、人気急上昇中のC5の男子4人(平野、濱田龍臣、鈴木仁、中田圭祐)にお互いの印象を直撃インタビュー!第一回目は中田圭祐&鈴木仁にメンバーの印象を聞いた。 中田圭祐だけが知っている“C5男子”の素顔 ――一番モテそうなのは? 中田「うーん、紫耀ちゃん。現場でも常に面白いことを言ってるから女の子が退屈しなさそう。僕の中でも、面白い男子=モテるっていうイメージがあるんです。」 ――いい匂いがするのは? 中田「仁かな。見た目がすごく爽やかだし、ザ・好青年って感じだから。大人っぽい香りというよりは無垢でナチュラルな香りがしそう…な、イメージ(笑)。」 ――現場で面白いのは? 中田「濱田くんのツッコミは的確で面白い! 僕や紫耀ちゃんがボケたりすると、それにズバッとクールにツッコんで、それが笑いにつながることも多いです。」 鈴木仁だけが知っている“C5男子”の素顔 ――一番モテそうなのは? 鈴木「平野くん。ド...more
カテゴリー:

もっと見る

「東京都出身」の画像

もっと見る

「東京都出身」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる