「東京弁護士会」とは?

関連ニュース

【加計/最高裁木澤克之判事】国民審査で信任されるのか 木澤克之判事は加計学園元監事 - 10月21日(土)09:06  seijinewsplus

国民審査で信任されるのか 木澤克之判事は加計学園元監事 2017年10月21日 https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/215969 「×」を書くべきか迷ってしまうのが衆院選のときに行われる最高裁判所裁判官国民審査。今回の選挙では、15人いる裁判官のうち7人が審査の対象になっているが、その中で注目されているのが木澤克之氏(66)。あの加計孝太郎氏の大学の同級生なのだ。  木澤氏は1974年に立教大法学部を卒業し、77年に弁護士登録した。これまで立大法科大学院教授や東京弁護士会人事委員会委員長、法務省...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京】吉祥寺暴走事故 逮捕の85歳男 「ブレーキ踏み間違えたかも」 - 10月20日(金)22:47  newsplus

歩行者をはね、ガードレールに突っ込んだ乗用車(20日午後3時45分、東京都武蔵野市で)  20日午後2時頃、東京都武蔵野市吉祥寺本町の都道(吉祥寺通り)で、乗用車が約50メートル暴走し、横断歩道付近にいた歩行者らを次々とはねた。  警視庁武蔵野署によると、この事故で2歳の男児と30~80歳代の男女の計7人がけがをして病院に搬送されたが、いずれも命に別条はないという。  同署は、車を運転していた小金井市東町の85歳の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕した。調べに...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】アディーレ法律事務所、契約解除手続きをネットで公表 問い合わせ殺到、混乱収まらず - 10月19日(木)23:21  newsplus

顧客との契約解除手続きや今後の対応などが掲載されたアディーレ法律事務所のホームページ 事実と異なる宣伝を繰り返したとして、過払い金返還訴訟を多く手掛ける弁護士法人「アディーレ法律事務所」が東京弁護士会から業務停止2カ月の懲戒処分を受けた問題で、アディーレは19日、現在進めている顧客との契約解除の手続きと今後の対応を説明する文書をインターネットに公開した。  同会やアディーレに問い合わせが殺到したことに対する措置。業務停止期間中はサイトを閉鎖しなければならない上、契約解除を事務所側から電...
»続きを読む
カテゴリー:

アディーレ法律事務所、契約解除手続きをネットで公表 問い合わせ殺到、混乱収まらず - 10月19日(木)19:48 

 事実と異なる宣伝を繰り返したとして、過払い金返還訴訟を多く手掛ける弁護士法人「アディーレ法律事務所」が東京弁護士会から業務停止2カ月の懲戒処分を受けた問題で、アディーレは19日、現在進めている顧客との契約解除の手続きと今後の対応を説明する文書をインターネットに公開した。
カテゴリー:

【CM/テレビ】お笑いタレント起用のCMで知られるアディーレ、業務停止で広がる混乱 - 10月18日(水)21:58  mnewsplus

アディーレ業務停止、広がる混乱 弁護士に会えず途方に:朝日新聞デジタル  お笑いタレントを起用した過払い金返還請求のCMなどで知られる「アディーレ法律事務所」が 11日に東京弁護士会から業務停止2カ月の懲戒処分を受けたことで、顧客に混乱が広がっている。 同弁護士会の相談電話には3日間で計約2700件の相談が殺到した。 略  アディーレは、元代表社員の石丸幸人氏=業務停止3カ月=が2004年に設立した個人事務所が前身。 石丸氏はテレビ番組「行列のできる法律相談所」への出演でも知られ、CMで積極...
»続きを読む
カテゴリー:

アディーレ業務停止「存亡に関わる」不服申し立てへ 相談殺到、広がる混乱  - 10月21日(土)07:53 

 過払い金返還訴訟を多く手掛ける弁護士法人「アディーレ法律事務所」が、事実と異なる宣伝を繰り返したとして、東京弁護士会から業務停止2カ月の懲戒処分を受けた問題で、弁護士会の臨時相談窓口に問い合わせが殺到するなど、波紋が広がっている。アディーレ側は「存亡に関わる処分で、行為と処分の均衡を欠く」として不服申し立てをする構えで、混乱収束のめどは立っていない。
カテゴリー:

沖縄弁護士会が相談窓口開設 アディーレ法律事務所の業務停止で - 10月20日(金)14:47 

 弁護士法人アディーレ法律事務所に対し東京弁護士会が11日に業務停止2カ月の懲戒処分を決定したことを受け、沖縄弁護士会は20日、県内の同法人依頼者の不安解消を図るため臨時電話相談窓口を開設した。  同法人は県内に那覇支店と胡屋支店の2支店があり、事件処理を依頼していた県民も相当数いるという。  電...
カテゴリー:

電車の窓ガラスが破損…乗客が怪我をしたら責任はどこへ? - 10月19日(木)21:40 

昨今、電車の窓ガラスが割れる事故が頻発しています。9月21日には、午前9時にJR東海道線の川崎~品川間で、そして午後1時半頃には東急東横線菊名~妙蓮寺間で窓ガラスが割れる事故が発生しました。 幸いけが人などは出なかったようですが、かなりのスピードを出す乗り物であるうえ、電車がすれ違った場合かなりの風圧が発生することから、乗客が危険な状況にさらされることは間違いありません。 仮に電車の窓ガラスが割れ、乗客が負傷した場合、責任は誰が取るのでしょうか。治療費の請求などが可能であるかも気になります。 エジソン法律事務所の大達一賢弁護士に見解をお伺いしました。   ■電車の窓ガラスが割れ負傷した場合誰が責任を取る? 「満員電車の窓が割れると一口に言っても様々な原因が考えられると思いますので、次のとおり場合分けしてみましょう。 (1)満員電車に詰め込まれた乗客の圧力によって割れた場合 (2)線路の敷石が跳ね上げられて割れた場合 (3)投石など第三者の行為によって割れた場合 今回は(1)(2)(3)のそれぞれについて解説してみたいと思います。 まず、旅客運送に関しては、商法は590条1項で、次のように定めています。 「旅客ノ運送人ハ自己又ハ其使用人カ運送ニ関シ注意ヲ怠ラサリシコトヲ証明スルニ非サレハ旅客カ運送ノ為メニ受ケタル損害ヲ賠償スル責ヲ免ルルコトヲ得ス」 これは、鉄道などの旅客運...more
カテゴリー:

【社会】弁護士法人アディーレ業務停止1週間、相談殺到3309件 - 10月18日(水)22:01  newsplus

弁護士法人「アディーレ法律事務所」(東京)が今月11日に東京弁護士会から業務停止2か月の懲戒処分を受けた問題で、同会は18日、アディーレの依頼者らから17日までに計3309件の電話相談が寄せられたことを明らかにした。  アディーレは着手金を「1か月間無料」とうたった広告などを5年近くホームページに掲載して懲戒処分を受け、全国86事業所の業務を停止している。同会が12日に臨時電話窓口を設けると、「預けた着手金は戻ってくるのか」などの相談が殺到したという。  日本弁護士連合会は18日、全国の51...
»続きを読む
カテゴリー:

アディーレ問題、日弁連に窓口拡大要請 地方の相談殺到 - 10月18日(水)21:32 

 景品表示法違反の広告で「アディーレ法律事務所」(本店・東京)が東京弁護士会から業務停止2カ月の処分を受けた問題で、同弁護士会は18日、相談窓口を全国の弁護士会に広げるよう日本弁護士連合会に要請した。…
カテゴリー:

もっと見る

「東京弁護士会」の画像

もっと見る

「東京弁護士会」の動画

Wikipedia

東京弁護士会(とうきょうべんごしかい、''Tokyo Bar Association'')とは、日本の52ある弁護士会(単位弁護士会)の1つで、東京都にある弁護士会の1つである。略称は東弁(とうべん)。7,000人を超える日本の弁護士が所属する日本最大の弁護士会である。また、外国特別会員として、外国法事務弁護士が所属している。関東弁護士会連合会所属。

概要

東京都には、単位弁護士会として、東京弁護士会のほか、第一東京弁護士会第二東京弁護士会が存在し、所属する法律事務所が東京都内にある弁護士は、この3会のいずれか一つに所属する必要がある。

東京都のみ地方裁判所管轄区と無関係に複数の弁護士会があるのは、会のあり方をめぐる考えの違いにより分裂したためとされている弁護士会Q&A 東京弁護士会公式東京にはなぜ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる