「東京弁護士会」とは?

関連ニュース

過払い金広告で業務停止処分になってたアディーレ法律事務所が業務再開 - 12月11日(月)12:44  news

景品表示法違反の広告で東京弁護士会から業務停止2カ月の懲戒処分を受けた「アディーレ法律事務所」(本店・東京)が11日、停止期間の終了に伴い業務を再開した。 弁護士の退職などで、再開は全国86の本店・支店のうち78カ所。同事務所は「全店での再開を目指す。今まで通りの規模を維持したい」としている。 同事務所は今年10月11日、実際には着手金を継続して値引きしていたのに、広告で期間限定とうたっていたのが景品表示法違反(有利誤認)にあたるとして処分を受けた。 直後から各地の弁護士会に問い合わせが殺到...
»続きを読む
カテゴリー:

東京弁護士会から業務停止処分受けていた「アディーレ法律事務所」が業務再開 - 12月11日(月)12:09 

 弁護士法人「アディーレ法律事務所」の広告が景品表示法違反(有利誤認)に当たるとして東京弁護士会(東弁)が法人と元代表の石丸幸人弁護士を業務停止とした問題で、法人が11日、業務を再開した。
カテゴリー:

【懲戒処分】アディーレが業務再開 2カ月の処分期間終える - 12月11日(月)11:18  newsplus

 東京弁護士会から懲戒処分を受けた弁護士法人「アディーレ法律事務所」が11日、2カ月間の業務停止処分期間を終えて業務を再開した。アディーレは「依頼者や取引先に多大なご心配、ご迷惑をおかけしたことを改めて深くおわびする」と謝罪。委任契約が解除になった顧客への対応を最優先で進めるという。  処分対象となったのはアディーレのインターネット広告。過払い金返還請求の着手金無料キャンペーンを「1カ月限定」とうたったのが景品表示法違反(有利誤認)にあたるとして、2016年に消費者庁が措置命令を出した。東京弁護士会...
»続きを読む
カテゴリー:

【LGBT】メガバンク等日系大企業もLGBTを「認知」東京五輪に押され企業動く 「同性パートナー」の扱いを配偶者と同等に - 11月25日(土)18:54  newsplus

メガバンクもLGBTを「認知」五輪に押され企業動く 福利厚生から商品・サービスまで、経営トップの判断が左右 日本経済新聞 朝刊 https://style.nikkei.com/article/DGXMZO22789770X21C17A0TCJ001  企業による性的少数者(LGBT)への対応ルールが急速に進化している。社内制度にとどまらず、商品・サービスでもLGBTの当事者から「高い壁」と見られていたメガバンクが動き出した。追い風となっているのが2020年の東京五輪・パラリンピック。五輪憲章は性的指向による差別を禁じており、企業の受け入れ体制作りが一段と進みそうだ。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

アディーレが業務再開 弁護士退職、一部は開けず - 12月11日(月)12:09 

 景品表示法違反の広告で東京弁護士会から業務停止2カ月の懲戒処分を受けた「アディーレ法律事務所」(本店・東京)が11日、停止期間の終了に伴い業務を再開した。弁護士の退職などで、再開は全国86の本店・支…
カテゴリー:

「アディーレ」業務再開=契約解除、9万件以上 - 12月11日(月)12:04 

 過払い金返還請求の着手金をめぐり、事実と異なる広告を行ったとして、東京弁護士会から2カ月間の業務停止処分を受けた弁護士法人「アディーレ法律事務所」(東京都豊島区)が11日、停止期間終了に伴い業務を再開した。 同事務所によると、処分を受けて解除した委任契約は9万件以上で、大半は各地の弁護士会を通じて別の弁護士に引き継ぐなどした。期間中に所属弁護士約20人が退所したという。 【時事通信社】
カテゴリー:

依頼者9万7000人に被害 「アディーレ法律事務所への業務停止」の真相とは!? - 11月29日(水)10:00 

2017年10月11日に発表された東京弁護士会による、弁護士法人アディーレ法律事務所に対する2か月の業務停止処分に対して、業界内外で波紋が広がっています。業務停止によって、同事務所の抱えていた9万70000人超の依頼者が多大な被害を被る一方で、「処分内容が重すぎるのではないか?」といった疑問の声が、弁護士業界内から多く湧き上がりました。そこで、士業事務所向けの経営専門誌『FIVE STAR MAGAZINE』では、臨時特別号として、弁護士業界にアンケート調査を実施し、関係各者ならびに関連団体などの証言と合わせて、事態の「真相」をリポートしました。
カテゴリー:

【アディーレ法律事務所】処分1カ月、やまぬ問い合わせ 86万件 日に9万件を超える日も 顧客9万人の2割、訴訟方針未定 - 11月16日(木)15:00  newsplus

 弁護士法人「アディーレ法律事務所」が業務停止処分を受けて1カ月が経過した。9万人いる顧客のうち2割は今後の訴訟などの方針が決まらない。処分をめぐって事務所と東京弁護士会は対立し、債務整理で知名度を上げた法律事務所の混乱はなお続いている。  10月11日の処分の翌日、アディーレの全国の86本支店に計3万4千件の電話があり、契約解除通知の送付後は1日に9万件を超えることもあった。これまでに寄せられた問…※続く 配信2017/11/16付朝刊 日本経済新聞 続きは会員登録をしてお読みいただけます https://www.nikke...
»続きを読む
カテゴリー:

「東京弁護士会」の画像

もっと見る

「東京弁護士会」の動画

Wikipedia

東京弁護士会(とうきょうべんごしかい、''Tokyo Bar Association'')とは、日本の52ある弁護士会(単位弁護士会)の1つで、東京都にある弁護士会の1つである。略称は東弁(とうべん)。7,000人を超える日本の弁護士が所属する日本最大の弁護士会である。また、外国特別会員として、外国法事務弁護士が所属している。関東弁護士会連合会所属。

概要

東京都には、単位弁護士会として、東京弁護士会のほか、第一東京弁護士会第二東京弁護士会が存在し、所属する法律事務所が東京都内にある弁護士は、この3会のいずれか一つに所属する必要がある。

東京都のみ地方裁判所管轄区と無関係に複数の弁護士会があるのは、会のあり方をめぐる考えの違いにより分裂したためとされている弁護士会Q&A 東京弁護士会公式東京にはなぜ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる