「東京大学」とは?

関連ニュース

【環境】東京大学、侵略的外来種のアメリカザリガニが水草を刈り生態系を有利に改変と解明 - 12月16日(土)19:33  newsplus

http://news.mynavi.jp/article/20171214-556646/ 東京大学は、侵略的外来種であるザリガニが水中の水草を餌として摂食することなく刈り取ることで生じる環境改変の効果が、ザリガニ自身の増加を誘導する「自己促進効果」があることをメソコズム実験で実証したと発表した。 同研究は、水産研究・教育機構の西嶋翔太研究員(元東京大学大学院農学生命科学研究科特任研究員)、西川知里氏(元東京大学大学院農学生命科修士課程学生)、東京大学大学院農学生命科学研究科の宮下直教授らの研究グループによるもので、同研究成果は、12月12日...
»続きを読む
カテゴリー:

美人野菜スプラウト、食べなきゃ損なこれだけの理由 - 12月16日(土)08:45 

【ラクうま美人ごはん Vol.22】  その実力、カット野菜以上!? 「カット野菜って便利だけど、しっかり栄養があるか不安・・・」という方に、オススメしたい野菜と言えば、「スプラウト」。もやし? 豆苗? カイワレ? うーん、色々ありそうです。  そうです今回は、ワンランク上のキレイを目指して、「スプラウトをもっと食べよう!」というお話。早速「スプラウト」とは何なのか? という話をはじめましょう! ◆「スプラウト」って何? 「スプラウト」とは、穀類、豆類、野菜の種子を発芽させた「新芽」のこと。野菜のくくりでは、「発芽野菜」と呼ばれ、植物が大きく成長するために必要な栄養がたっぷり含まれています。現在様々な種類のスプラウトが野菜売り場に並んでいますが、これら多くに共通する魅力点としては、以下3つに集約されます。 1.ビタミン・ミネラルが豊富 ビタミンC、葉酸、カリウム、β-カロテン、ビタミンKなど、美容には欠かせない栄養素が豊富に含まれています。 2.低カロリー カロリーはどれも50kcal未満(100グラムあたり)。太ることを気にする必要は全くありません。 3.無農薬で栽培される 多くのスプラウトは管理された空間で水耕栽培されるため、基本的に農薬を使用しないようです。またメーカーによっては化学肥料も不使用のケースも。  また、価格も安定してリーズナブル(1パック...more
カテゴリー:

なんとびっくり 割れてもすぐ直る自己修復機能のガラスを世界で初めて開発 東大の研究グループ(動画あり) - 12月15日(金)20:38  newsplus

世界初 割れてもすぐ直るガラス開発 東大の研究グループ 12月15日 5時12分 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171215/k10011259351000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_009 割れても、断面を押しつけるだけで元どおりに修復できるガラス材料の開発に、東京大学の研究グループが世界で初めて成功しました。 割れても直るガラスは東京大学の相田卓三教授と博士課程の大学院生柳沢佑さんらの研究グループが開発しました。 研究グループは新たな接着剤の開発を進めていましたが、 偶然、固くさらさらした手触...
»続きを読む
カテゴリー:

世界初 割れてもくっつくガラス、東大グループが開発 - 12月15日(金)18:42 

 割れてもくっつくガラス材料を、世界で初めて開発したと東京大学の研究グループが発表しました。
カテゴリー:

不思議! 割れてもくっつくガラス開発 - 12月15日(金)16:40 

不思議! 割れてもくっつくガラス開発:割れた断面同士を押しつけておくだけでくっついて修復するガラスを、世界で初めて開発したと、東京大学の研究チームが発表した。...
カテゴリー:

現代の魔法使い落合陽一×小山裕己「絶対飛ばない紙飛行機や竹とんぼを飛ばす方法」 - 12月16日(土)11:00 

『情熱大陸』出演で話題沸騰、“現代の魔法使い”落合陽一が主宰する「未来教室」。『週刊プレイボーイ』で短期集中連載中、最先端の異才が集う筑波大学の最強講義を独占公開! 見たこともない奇抜な形の紙飛行機がすいすいと飛んでいく。おお入魂の職人芸か、と思わされるが、実はこれ、コンピューターにデザインを手伝わせることで「簡単に作れる」のだ。今回のゲスト、小山裕己の研究事例のひとつである。 JAXA(宇宙航空研究開発機構)や理化学研究所と同じ国立研究開発法人である産業技術総合研究所(産総研)は、今年3月にロイターが発表した「イノベーションを牽引する世界の国立研究機関ランキング」で5位になるほどの実績を誇る。小山はその産総研に所属する若き研究者で、落合陽一によると「僕の東大大学院時代のひとつ後輩で、分野がすごく近いので、今日は濃い研究の話ができると思います」とのこと。 「人前で長時間話すのに慣れていない」と言う小山の講演はしかし、ガチな研究を支えるクールな情熱と、鬱勃とほとばしるエンターテイメント性で聴衆の想像力にみやびなひっかき傷を残す。 * * * 小山 僕の研究分野はコンピューター・サイエンスでして、最近は特に「コンピューテーショナル・デザイン」と呼ばれる研究を...more
カテゴリー:

【企業】トップ6大学「就職人気企業ランキング」 - 12月15日(金)21:38  bizplus

難関大学に通う学生は、どんな企業を志望しているのか。プレジデントオンラインでは、新卒向けのリクルーティングサイト「外資就活ドットコム」の協力で、東大・京大・慶應大・早稲田大・東工大・一橋大の「トップ6大学」の学生を対象にした「人気企業ランキング150」を作成した。上位企業は全大学生を対象にしたランキングとは大きく異なる。その特徴とは――。 ベスト3は、コンサル、外資金融、三菱商事 はじめまして。ハウテレビジョン代表の音成洋介と申します。私の会社では2010年より新卒向けのリクルーティングサイト「外資就活ド...
»続きを読む
カテゴリー:

ガラスとはなんぞや? - 12月15日(金)19:06  news

東京大学の研究グループが割れても簡単に元通りになるガラスの開発に成功した。NHKの報道をリアノーボスチ通信が引用して報じた。 当初グループはゴムに似た柔らかい、新たな接着物質である「ポリエーテルチオ尿素」の開発を行っていた。ところが実験過程で 「ポリエーテルチオ尿素」は滑らかな状態に固まり、壊れても元通りになることが明らかになったことから、この特性を知った研究者らは ガラスを作ることを思い立ったという。 「ポリエーテルチオ尿素」から作られたガラスは2つに割っても接合して断面を押し付ければ10秒後...
»続きを読む
カテゴリー:

【技術】東大、割れても直るガラス開発 - 12月15日(金)17:51  bizplus

 東京大学の相田卓三教授らは割れても押しつけているとくっついて直るガラスを開発した。破断面を30秒ほど押しつけるだけでつながる。高分子にある水素原子同士が結合する働きなどによって元に戻る。既存のガラス材料に混ぜれば、自己修復機能をもつ長寿命のガラスを作れる可能性がある。 成果は米科学誌サイエンスに掲載された。  高分子の中でも柔らかいゴムやゲルの中には、破断しても押しつけることで互いの分子が絡み合い修復する材料があることが知られていた。ガラスなど硬い材料では、加熱して溶かさないと修復できないと...
»続きを読む
カテゴリー:

【快挙】東大、割れてもすぐ直るガラスを開発 - 12月15日(金)08:22  news

割れても、断面を押しつけるだけで元どおりに修復できるガラス材料の開発に、東京大学の研究グループが世界で初めて成功しました。 割れても直るガラスは東京大学の相田卓三教授と博士課程の大学院生柳沢佑さんらの研究グループが開発しました。 研究グループは新たな接着剤の開発を進めていましたが、偶然、固くさらさらした手触りの物質に自然に元どおりになる自己修復機能があることを発見しました。 この物質は「ポリエーテルチオ尿素」と呼ばれるもので、これを材料に作ったガラスは割れても数十秒間、断面を押しつければ元...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「東京大学」の画像

もっと見る

「東京大学」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる