「東京地裁判決」とは?

関連ニュース

【東京高裁】慰安婦報道で日本人の名誉が傷付いたと訴えた原告団、二審も負ける 朝日新聞勝訴★2 - 02月08日(木)22:53  newsplus

https://www.asahi.com/articles/ASL1Q5FSDL1QUTIL05K.html 朝日新聞の慰安婦に関する報道で誤った事実が世界に広まり名誉を傷つけられたなどとして、国内外に住む62人が朝日新聞社に謝罪広告の掲載などを求めた訴訟の控訴審判決が8日、東京高裁であった。阿部潤裁判長は請求を棄却した一審・東京地裁判決を支持し、原告側の控訴を棄却した。  訴えの対象とされたのは、慰安婦を強制連行したとする吉田清治氏の証言に関する記事など。米国グレンデール市近郊に住む原告らは「同市に慰安婦像が設置され、嫌がらせなど市民生活での...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京高裁】慰安婦報道で日本人の名誉が傷付いたと訴えた原告団、二審も負ける 朝日新聞勝訴 - 02月08日(木)19:33  newsplus

https://www.asahi.com/articles/ASL1Q5FSDL1QUTIL05K.html 朝日新聞の慰安婦に関する報道で誤った事実が世界に広まり名誉を傷つけられたなどとして、国内外に住む62人が朝日新聞社に謝罪広告の掲載などを求めた訴訟の控訴審判決が8日、東京高裁であった。阿部潤裁判長は請求を棄却した一審・東京地裁判決を支持し、原告側の控訴を棄却した。  訴えの対象とされたのは、慰安婦を強制連行したとする吉田清治氏の証言に関する記事など。米国グレンデール市近郊に住む原告らは「同市に慰安婦像が設置され、嫌がらせなど市民生活での...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京高裁】作家の菅野完氏、二審も敗訴=女性に迫り賠償命令 - 02月08日(木)18:35  newsplus

https://www.jiji.com/sp/article?k=2018020801078&g=soc  ベストセラー「日本会議の研究」で知られるノンフィクション作家の菅野完氏から性行為を迫られたとして、知人の30代女性が慰謝料など220万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(阿部潤裁判長)は8日、菅野氏に110万円の賠償を命じた一審東京地裁判決を支持し、同氏側の控訴を棄却した。  菅野氏側は「拒絶の意思を認識し、直ちに中止した」と主張。慰謝料の減額を求めたが、阿部裁判長は「女性が精神的苦痛を受け、仕事を辞めざるを得なかった...
»続きを読む
カテゴリー:

東京高裁:菅野完氏に二審も賠償命令 ベッドに女性倒す - 02月08日(木)17:43 

 新書「日本会議の研究」で知られる著述家、菅野完氏(43)から性的暴行を受けたとして、30代の女性が損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は8日、110万円の支払いを命じた一審東京地裁判決を支持、菅野氏の控訴を棄却した。
カテゴリー:

【テレビ】<NHK受信料>ホテル側の敗訴確定へ 客室テレビ巡り - 02月01日(木)12:52  mnewsplus

客室にテレビを設置しているのに受信契約に応じないとして、NHKがホテル運営会社(東京)に受信料の支払いを求めた訴訟で、最高裁第三小法廷(戸倉三郎裁判長)は判決期日を2月9日に指定した。 結論を見直す際に必要な弁論を開かないため、運営会社側を敗訴とし支払いを命じた一、二審判決の結論が維持される見通し。  受信料制度を巡っては、テレビがあるのに契約していない男性の訴訟で最高裁が昨年12月、制度は「合憲」と判断。NHKが裁判を起こし、勝訴が確定すれば契約が成立するとした。  一、二審判決によると、...
»続きを読む
カテゴリー:

【性犯罪】女性をベッドに押し倒した菅野完「慰謝料は5万円以下が相当だ」 →2審も賠償命令、110万円の支払いを命じる - 02月08日(木)21:21  seijinewsplus

http://www.sankei.com/affairs/news/180208/afr1802080045-n1.html  新書「日本会議の研究」で知られる著述家、菅野完氏(43)から性的暴行を受けたとして、30代の女性が損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は8日、110万円の支払いを命じた1審・東京地裁判決を支持、菅野氏の控訴を棄却した。  阿部潤裁判長は1審と同様、菅野氏が女性の意に反して性行為を求め、ベッドに押し倒したと認定。「精神的苦痛を受けて数カ月間治療を受けたことを考えれば、慰謝料が不当に高いとは言えない」と指摘した。  菅野...
»続きを読む
カテゴリー:

【モリカケ】女性に性暴行 菅野完に2審も賠償命令 菅野「ネットで拡散され社会的制裁を受けたのに」 - 02月08日(木)19:07  news

菅野完氏に2審も賠償命令 女性をベッドに押し倒す  新書「日本会議の研究」で知られる著述家、菅野完氏(43)から性的暴行を受けたとして、30代の女性が損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は8日、110万円の支払いを命じた1審・東京地裁判決を支持、菅野氏の控訴を棄却した。  阿部潤裁判長は1審と同様、菅野氏が女性の意に反して性行為を求め、ベッドに押し倒したと認定。「精神的苦痛を受けて数カ月間治療を受けたことを考えれば、慰謝料が不当に高いとは言えない」と指摘した。  菅野氏側は「この件...
»続きを読む
カテゴリー:

作家の菅野完氏、二審も敗訴=女性に迫り賠償命令-東京高裁 - 02月08日(木)18:01 

 ベストセラー「日本会議の研究」で知られるノンフィクション作家の菅野完氏から性行為を迫られたとして、知人の30代女性が慰謝料など220万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(阿部潤裁判長)は8日、菅野氏に110万円の賠償を命じた一審東京地裁判決を支持し、同氏側の控訴を棄却した。 菅野氏側は「拒絶の意思を認識し、直ちに中止した」と主張。慰謝料の減額を求めたが、阿部裁判長は「女性が精神的苦痛を受け、仕事を辞めざるを得なかったことなどを勘案すると、不当に高額とは認められない」と退けた。 【時事通信社】
カテゴリー:

【憲法9条】自衛官の安保出動拒否、東京高裁が審理差し戻し 「安保関連法、司法の黙認が許されないことを示した」 - 02月04日(日)15:12  newsplus

安全保障関連法に基づく防衛出動は憲法9条違反だとして、茨城県の陸上自衛官の男性が国を相手取って、「存立危機事態」での命令に従う義務がないことの確認を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は1月31日、訴えを却下した東京地裁判決を取り消し、審理を東京地裁に差し戻した。 報道によると、杉原則彦裁判長は、「出動命令に従わない場合、刑事罰の懲戒処分を受ける可能性があり、訴えの利益はある」と述べた。安保関連法をめぐる現役自衛官の「訴えの利益」を認めて、裁判で争えるとした判断は初めてだという。 自衛官の男性は、...
»続きを読む
カテゴリー:

「東京地裁判決」の画像

もっと見る

「東京地裁判決」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる