「東京地裁判決」とは?

関連ニュース

「記事は事実」東京高裁、週刊文春の賠償額を大幅減額 イオンへの名誉棄損で - 11月24日(金)13:53 

米穀商社が中国産米を混ぜた米を国産米として販売した問題をめぐる週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、イオンが週刊文春に対し1億6500万円の損害賠償などを求めていた訴訟で、東京高裁は2017年11月22日、約2490万円の賠償などを命じた1審東京地裁判決を変更し、大幅に減額した110万円の賠償を命じた。各メディアが報じた。
カテゴリー:

【東京高裁】「訴訟ではなく言論で対抗を」 裁判長、異例の言及 名誉毀損、二審は大幅減額 文春のイオン中国産米報道 - 11月22日(水)22:19  newsplus

米穀商社が中国産米を混ぜた米を国産米として販売していた問題をめぐり、「週刊文春」の記事で名誉を傷つけられたとして、食品販売大手「イオン」が発行元の「文芸春秋」に1億6500万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決が22日、東京高裁であった。野山宏裁判長は記事本文は真実で「問題提起をする良質の言論」だとして違法性はないと判断。名誉毀損は広告の一部のみに認め、約2490万円の賠償などを命じた1審東京地裁判決を変更、認容額を110万円に大幅減額した。  週刊文春は平成25年10月17日号に「『中国...
»続きを読む
カテゴリー:

二審は賠償を大幅減額 文春のイオン中国産米報道訴訟 東京高裁「巨額請求は言論萎縮させる」 - 11月22日(水)19:04 

 国産米使用と表示した弁当への中国産米混入を巡る週刊文春の報道が名誉毀損だとして、流通大手イオンが発行元の文芸春秋に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は22日、2492万円の支払いを命じた一審東京地裁判決を変更し、賠償額を110万円に減らした。
カテゴリー:

痴漢冤罪で自殺した原田信助さんの母、損害賠償を求めるも敗訴 - 11月17日(金)21:26  news

「痴漢冤罪で息子自殺」母親の敗訴確定 最高裁 http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20171117000123 2009年、警視庁に痴漢容疑で事情聴取された後、電車にひかれて死亡した大学職員=当時(25)=の母親(61)が、 冤罪(えんざい)なのに疑いを掛けられ自殺したとして、東京都に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(池上政幸裁判長)は、 請求を認めなかった二審判決を支持し、母親の上告を退ける決定をした。16日付。母親の敗訴が確定した。 確定判決によると、大学職員は09年12月、JR新宿駅...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京高裁】女性3人を暴行、懲役9年の判決→控訴後保釈→2週間後保釈中に強姦、2審も実刑 - 11月07日(火)00:14  newsplus

大阪市内で強姦事件を起こし、1審で実刑判決を受けた後に保釈され、2週間後に再び別の女性を暴行したとして強姦罪に問われた永井優輝被告(28)の控訴審判決で、東京高裁(青柳勤裁判長)は6日、懲役4年6月とした1審東京地裁判決を支持、被告側の控訴を棄却した。  判決によると、昨年2月15日、下着の通信販売に使う写真のモデルを募集していると偽り、東京都内のホテルに20代の女性を誘い込んで写真を撮影、その後暴行した。  被告は昨年1月、女性3人を暴行したとして大阪地裁で懲役9年の判決を受け、控訴後の2...
»続きを読む
カテゴリー:

【裁判】名誉毀損、二審は大幅減額 文春のイオン中国産米報道 - 11月23日(木)13:20  newsplus

 国産米使用と表示した弁当への中国産米混入を巡る週刊文春の報道が名誉毀損だとして、流通大手イオンが発行元の文芸春秋に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は22日、2492万円の支払いを命じた一審・東京地裁判決を変更し、賠償額を110万円に減らした。 一審は、記事に真実でない部分があるとして、イオンが名誉回復に費やした広告料などを損害と認定。高裁の野山宏裁判長は、記事の見出しは名誉を傷つけるが、本文には違法性がないと判断し、広告料は損害額に含めなかった。 イオンは総額1億6500万円の支払いを求めた...
»続きを読む
カテゴリー:

イオン名誉毀損訴訟:2審は大幅減額 文春の中国産米報道 - 11月22日(水)19:31 

 国産米使用と表示した弁当への中国産米混入を巡る週刊文春の報道が名誉毀損(きそん)だとして、流通大手イオンが発行元の文芸春秋に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は22日、2492万円の支払いを命じた1審東京地裁判決を変更し、賠償額を110万円に減らした。
カテゴリー:

文春の賠償を大幅減額=イオンへの名誉毀損-東京高裁 - 11月22日(水)18:44 

 産地偽装米をめぐる週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、イオン(千葉市)が発行元の文芸春秋に1億6500万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(野山宏裁判長)は22日、同社に110万円の賠償を命じた。約2400万円を命じた一審東京地裁判決から大幅に減額した。 判決によると、卸業者が国産と偽った中国産米がイオンの弁当に混入していた問題をめぐり、週刊文春は2013年10月17日号で「『中国猛毒米』偽装 イオンの大罪を暴く」とする記事を掲載した。 野山裁判長は、「イオンによる猛毒米の販売という誤った印象を抱かせる」と名誉毀損(きそん)を認めた。一方、反論のためイオンが新聞各社に掲載した意見広告費用の賠償については、「言論や表現を萎縮させ、好ましくない」と述べ、一審の判断を覆した。 イオンの話 判決文を精査して対応を検討する。 文芸春秋の話 記事の正当性がほぼ認められた。 【時事通信社】
カテゴリー:

ロッテ創業、重光武雄氏の解任決議 東京高裁も「有効」の判断、控訴棄却 - 11月15日(水)18:41 

 ロッテグループの創業者、重光武雄氏が、招集通知を受け取っていないのにロッテホールディングスの取締役会が開かれ、代表権がある会長を解任されたとして、解任決議の無効確認を求めた訴訟の控訴審判決が14日、東京高裁であった。斉木敏文裁判長は「重光氏への招集通知を欠いた瑕疵(かし)はあるが、重光氏が出席しても決議の結果に影響がなかった」として決議は有効と判断、請求を棄却した1審東京地裁判決を支持し、重光氏の控訴を棄却した。
カテゴリー:

富士フイルムの化粧品、特許出願前にネットで情報公開せいでDHCにパクられる - 10月30日(月)16:20  news

化粧品会社ディーエイチシー(DHC)の商品が特許権を侵害しているとして、富士フイルムが 製造販売の差し止めと1億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、知財高裁は25日、 請求を棄却した1審東京地裁判決を支持、富士フイルムの控訴を棄却した。 富士フイルムは平成19年、写真フィルムの開発技術を応用した化粧品「アスタリフトシリーズ」を発売。 同年6月に特許を出願し、24年に登録された。同社が特許権を侵害していると主張したのは、 DHCが26年3月から販売している「DHCアスタキサンチンジェル」な...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「東京地裁判決」の画像

もっと見る

「東京地裁判決」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる