「東京地裁」とは?

関連ニュース

【裁判】ダブル不倫の末、交際男性を殺害した女に懲役12年の判決 包丁の刃がほとんどが体に入るほどの勢いで刺殺 - 01月20日(土)21:57  newsplus

ダブル不倫の末、交際男性を殺害した罪に問われた女に、懲役12年の判決。 大熊成錦被告は2017年8月、東京・千代田区のマンションで、同居する不倫相手の黒部一正さん(当時45)の胸を包丁で刺し、殺害した罪に問われている。 東京地裁は、判決で「男女間のトラブルに端を発する突発的な犯行で、大熊被告の殺意も強固なものとは認められない」と指摘した。 一方で、「包丁の刃は、ほとんどが体に入るほどの勢いで突き刺していて、犯行態様は危険で悪質。 被害者は、突然に生命を絶たれ、その無念さは察するに余りある」などと述べて、...
»続きを読む
カテゴリー:

「恐ろしさ改めて感じた」=裁判終結にオウム事件遺族 - 01月19日(金)21:30 

 オウム真理教の地下鉄サリン事件で夫を亡くした高橋シズヱさん(70)が19日、元信者高橋克也被告(59)の上告棄却を受け東京都内で記者会見し、「一連の裁判に時間がかかり、多くの事件を起こしたオウム真理教の恐ろしさを改めて感じた」と振り返った。 長年にわたり裁判の傍聴を続け、東京地裁で開かれた高橋被告の裁判員裁判では、被害者参加制度を利用。法廷で直接質問する機会を得た。 遺族への思いを尋ねたところ、高橋被告は「深いところまで考えることが必要」と回答した。二審では被告人質問が行われず、シズヱさんへの返答はないままだ。「最高裁で答えを見届けたかったが、かなわなかったのが残念だ」と話した。 一連の事件では元教団幹部13人の死刑が確定しており、シズヱさんは元代表松本智津夫死刑囚(62)の早期執行を望んでいる。拘置所で米国の科学者との面会を重ね、猛毒VXなどに詳しい中川智正死刑囚(55)に対しては、「後世のために残したいことがあれば話してほしい」と求めた。 【時事通信社】
カテゴリー:

【社会】死刑執行、本格検討へ=松本死刑囚ら13人、再審請求も - 01月19日(金)19:15  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180119-00000134-jij-soci 時事通信  一連のオウム事件の裁判が全て終結することを受け、法務省は教団の代表だった松本智津夫死刑囚(62)ら元幹部13人の死刑執行について、本格的に検討を始めるもようだ。  再審請求中の元幹部も多いが、法務省は請求中は執行を控えるこれまでの「慣例」にとらわれない姿勢を見せている。  刑事訴訟法は、判決確定の日から6カ月以内の執行を定めているが、公判に証人として出廷する可能性があるため、法務省は共犯者の刑が確定するまでは執行しない運用...
»続きを読む
カテゴリー:

「中国人留学生殺害事件」で見えたもの──日本の裁判所は国際化時代に対応できていない? - 01月19日(金)11:00 

日本ではほとんど注目されていないが、2016年に東京で起きた中国人留学生同士による殺害事件が中国で社会現象となっている。 被害者となったのは女性留学生の江歌さん。彼女はルームメイトの劉シンさんと一緒に東京・東中野のアパートに住んでいた。犯人の陳世峰は劉シンさんの元恋人だったが、破局後も彼女に脅迫紛いのメールを送るなどストーカー的行為を繰り返していたという。 16年11月2日、彼女たちのアパートの外階段に潜んでいた犯人は、帰宅した江歌さんと揉み合いになった末、ナイフで彼女の頸部を刺して死亡させた。事件後、亡くなった江歌さんの母親は、犯人の死刑を求め450万人もの署名を集めるとともに、ルームメイトの劉シンさんに対してもブログで激しく非難したという。 これにより中国国内で報道が過熱し、昨年12月11日に東京地裁で開かれた初公判には中国メディアが大挙して押し寄せたのだ。 「週プレ外国人記者クラブ」第104回は、前編(東京で起きた「中国人留学生殺害事件」の狂騒)に続き、この事件を最も精力的に報道した「フェニックステレビ」東京支局長の李淼(リ・ミャオ)氏に話を聞いた。 裁判が終わった今も残る謎、そして、この事件によって浮き彫りになった様々な問題点とはーー。 ...more
カテゴリー:

【産経/阿比留瑠比】朝日新聞は優れた反面教師 都合が悪いと言論で立ち向かわずに即裁判【取材したの?】 - 01月18日(木)20:12  seijinewsplus

2018.1.18 01:00 http://www.sankei.com/premium/news/180118/prm1801180009-n1.html 言論とは、報道とは何だろうか。新聞記事は、いったい何を伝えようとしているのだろうか。近年、以前は特に疑問に思わなかったこんな「初歩的」なことに迷うようになった。 膨大な記事の意味は  例えば、朝日新聞が『徹底検証「森友・加計事件」朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』の著者で、文芸評論家の小川榮太郎氏らを相手取り、計5千万円の損害賠償訴訟を起こした件に関してである。  この問題については、昨年12月30日付の当...
»続きを読む
カテゴリー:

父親殺害の慶応大生、東京地裁が勾留請求却下 - 01月20日(土)09:57  liveplus

18日夜、東京都大田区のマンションで、酒に酔って帰宅した父親が 弟と口論になった際、これを止めに入って、父親を殺害したとして、慶応 大学2年生の鳥屋智成容疑者が警視庁に逮捕されていたが、東京地裁 は「喧嘩がエスカレートして殺人を行いかねない毒親を殺害したもので、 社会通念上やむを得ず、犯罪に当たらない」として、警視庁による勾留 請求を却下した。 時事通信社 ...
»続きを読む
カテゴリー:

父 親 殺 害 の 慶 応 大 生 、 東 京 地 裁 が 勾 留 請 求 却 下 - 01月19日(金)19:31  liveplus

 18日夜、東京都大田区のマンションで、酒に酔って帰宅した父親が 弟と口論になった際、これを止めに入って、父親を殺害したとして、慶応 大学2年生の鳥屋智成容疑者が警視庁に逮捕されていたが、東京地裁 は「喧嘩がエスカレートして殺人を行いかねない毒親を殺害したもので、 社会通念上やむを得なず、犯罪に当たらない」として、警視庁による勾留 請求を却下した。 時事通信社 ...
»続きを読む
カテゴリー:

死刑執行、本格検討へ=松本死刑囚ら13人、再審請求も - 01月19日(金)19:13 

 一連のオウム事件の裁判が全て終結することを受け、法務省は教団の代表だった松本智津夫死刑囚(62)ら元幹部13人の死刑執行について、本格的に検討を始めるもようだ。再審請求中の元幹部も多いが、法務省は請求中は執行を控えるこれまでの「慣例」にとらわれない姿勢を見せている。 刑事訴訟法は、判決確定の日から6カ月以内の執行を定めているが、公判に証人として出廷する可能性があるため、法務省は共犯者の刑が確定するまでは執行しない運用をしている。最後となった元信者高橋克也被告(59)の判決が近く確定することで、執行のハードルは事実上なくなった。 松本死刑囚は2004年2月に一審東京地裁で死刑判決を受けた。弁護人が控訴趣意書を提出しなかったことから控訴審は一度も開かれず、06年9月に死刑が確定した。 確定後、松本死刑囚の家族は再審請求を繰り返し申し立てており、現在は4回目の請求中。他の死刑囚12人のうち、遠藤誠一死刑囚(57)ら少なくとも7人が請求中で、井上嘉浩死刑囚(48)も準備しているという。 再審請求中は執行しないのが「慣例」となっていたが、法務省は17年7月、請求中の死刑囚の刑を18年ぶりに執行した。関係者によると、この死刑囚は10回目の請求中で、同年12月に執行した2人もそれぞれ3、4回目の請求中だったとされる。 収容中の死刑囚122人のうち94人が再審請求しているが、上川陽子法相は「再審...more
カテゴリー:

「スキージャーナル」従業員が破産申し立て 珍しいの? 弁護士に聞くと...... - 01月19日(金)10:00 

「月刊スキージャーナル」や「月刊剣道日本」などスポーツ関連の書籍を発行していたスキージャーナル(東京都北区)が、破産した。元従業員らが東京地裁に申請した。従業員が、こうして以前に働いていた会社の破産を申し立てるのは、よくあるケースなのか――。J-CAST会社ウォッチ編集部が弁護士に聞いた。 「労働債権を確定して、早期に返還を求める」 民間信用調査会社の帝国データバンクが2018年1月15日に公表したところによると、スキージャーナルは9日、東京地裁へ破産を申請、受理された。負債額は約4億1900万円(2017年5月時点)。申立人は元従業員ら21人だった。 1月17日のJ-CAST会社ウォッチ編集部の取材に、弁護士法人・響の天辰悠弁護士は、「(元従業員が破産を申し立てた事例は)一定程度件数はありますが、あまり多くはありません」と明かす。 その理由には、「費用面の問題があります」という。 破産の申し立てにあたって、債務者は裁判所に予納金を納め、代理人の弁護士に報酬を支払わなければならず、「すでに何か月か給与の支払いを受けられていないのに、こうした費用を準備するのは至難の業でしょう」と、天辰弁護士は話す。 従業員が破産を申請したことで労働債権を確定して、その返還を求めることになる。天辰弁護士は、そのメリットを「少しでも早期に未払い賃金を回収することができます」と指摘。「労働債権は、破産者の...more
カテゴリー:

【社会】東北道を時速192キロで走り、警察に摘発された東京都府中市職員が失職...判決が確定したため★2 - 01月18日(木)17:41  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180117-00000094-asahi-soci  東京都府中市は17日、東北道を時速192キロで走り、警察に道路交通法違反(速度超過)で摘発され、懲役4カ月執行猶予3年の判決が確定した50代の男性職員が失職したと発表した。  市職員課の説明では、職員は2016年9月25日午前3時15分ごろ、自家用車で埼玉県内の東北道下り線(制限速度100キロ)を走行、速度違反自動監視装置(オービス)に192キロが記録された。 この日は休日だったという。翌年1月に道交法違反罪で起訴され、東京地...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「東京地裁」の画像

もっと見る

「東京地裁」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 東京地方裁判所...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる