「東京地裁」とは?

関連ニュース

原宿系ブランドのアイロニーが破産手続き開始決定 - 04月23日(月)11:54 

 原宿系ブランド「アイロニー(IRONY)」を運営するアイロニーが、4月11日付けで東京地裁から破産手続きの開始決定を受けた。負債総額は債権者10人に対し約1億600万円。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

【東京地裁】忘年会での暴行「会社に責任」…「業務の一環」 仕事ぶりを非難され「めんどくせえ」と言い返すと、殴るけるの暴行うける - 04月23日(月)08:00  newsplus

業務時間外の職場の宴会で起きた従業員同士のトラブルに企業が責任を負うべきかどうかが争われた民事裁判で、東京地裁が企業の使用者責任を認め、賠償を命じる判決を言い渡した。  入社や異動に伴い歓送迎会が増えるこの季節、宴席に参加する社員の行動には、企業も注意を払う必要がありそうだ。  提訴したのは、東京・新橋の海鮮居酒屋で正社員として働いていた男性(50)。訴状などによると、男性は2013年12月、上司の店長から忘年会に誘われた。休みの予定だったが、「参加しますよね?」と念を押され、他の従業員も...
»続きを読む
カテゴリー:

スルガ銀行デート商法被害者に「支援団体」うたう詐欺師が殺到、カモすぎww - 04月22日(日)09:22  news

首都圏で女性専用シェアハウスを販売・運営していた不動産会社「スマートデイズ」(経営破綻)を めぐる物件購入者への賃借料支払い停止問題で、購入者と問題解決をうたう団体との間で、 金銭トラブルが相次いでいることが20日、関係者への取材で分かった。 問題解決を期待してこの団体に金銭を支払ったものの、具体的な支援を得られないケースが多いという。 購入者側を支援している弁護士は「解決金名目で金銭をだまし取ろうとしている疑いがある」と指摘し、 注意を呼びかけている。 https://www.sankei.com/affairs/news/...
»続きを読む
カテゴリー:

「アラフォー独身女性」が悲惨すぎてワロタww - 04月21日(土)12:44  news

東京地裁で審理中のデート商法裁判、女性が原告でつまりデートに誘いマンションの投資を進めるというもの。 フロンティアの澤田俊之と融資をしたスルガ銀行が売買代金返還訴訟を起こされています。 こうした安易な融資についてスルガ銀行に金融庁による金融庁検査が入っています。 そしてデート商法のフロンティア、旧商工ファンドの名簿を暴力団から仕入れ、 債権回収事業や不動産投資を行っているが代表の中之瀬誠一が二年前に就任するまでは、 社名もいずみ住販といい、総会屋グループ小峰五郎こと故小泉幸雄が代表だった...
»続きを読む
カテゴリー:

【上祐史浩】ひかりの輪に立ち入り検査 公安調査庁、観察処分の更新後初 - 04月21日(土)03:13  newsplus

◆ひかりの輪に立ち入り検査 公安庁、更新後初めて 公安調査庁は20日、団体規制法に基づき、オウム真理教の後継団体とされる「アレフ」から、教団元幹部の上祐史浩氏(55)が分派、設立した「ひかりの輪」の施設を立ち入り検査した。 公安審査委員会が1月に6回目となる観察処分の更新をして以降、ひかりの輪への立ち入りは初めて。 公安庁によると、ひかりの輪の施設は全国に8カ所あり、今回立ち入り検査したのは、東京都世田谷区にあるひかりの輪の本部。 上祐氏の説法を収録したCDやDVDが保管されていたという。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】練習の演奏でも著作権料? JASRAC方針を考える JASRAC「商用目的なら当然」文化庁「徴収を認める」★2 - 04月23日(月)10:18  newsplus

 ピアノなどの演奏を学ぶ音楽教室から、日本音楽著作権協会(JASRAC)が楽曲の著作権料を徴収する方針を打ち出しています。教室側は、反対する署名運動をしたり、JASRACを東京地裁に訴えたりと、猛反発しています。練習段階の演奏でも、著作権料を支払わなければならないのでしょうか。専門家にも話を聞き、考えてみます。  「右手さんでメロディーを追っかけてみましょうか」。横浜市港南区のヤマハ音楽教室。4月上旬、幼児科のレッスンでは、4~5歳児9人が鍵盤が2段の電子オルガンを使って、サン・サーンスなどの...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】練習の演奏でも著作権料? JASRAC方針を考える JASRAC「商用目的なら当然」文化庁「徴収を認める」 - 04月23日(月)07:43  newsplus

 ピアノなどの演奏を学ぶ音楽教室から、日本音楽著作権協会(JASRAC)が楽曲の著作権料を徴収する方針を打ち出しています。教室側は、反対する署名運動をしたり、JASRACを東京地裁に訴えたりと、猛反発しています。練習段階の演奏でも、著作権料を支払わなければならないのでしょうか。専門家にも話を聞き、考えてみます。  「右手さんでメロディーを追っかけてみましょうか」。横浜市港南区のヤマハ音楽教室。4月上旬、幼児科のレッスンでは、4~5歳児9人が鍵盤が2段の電子オルガンを使って、サン・サーンスなどの...
»続きを読む
カテゴリー:

「アラフォー独身女性」が婚活した結果ww - 04月22日(日)07:25  news

こんなの詐欺師からしたらイレグイ状態だろwww 東京地裁で審理中のデート商法裁判、女性が原告でつまりデートに誘いマンションの投資を進めるというもの。 フロンティアの澤田俊之と融資をしたスルガ銀行が売買代金返還訴訟を起こされています。 こうした安易な融資についてスルガ銀行に金融庁による金融庁検査が入っています。 そしてデート商法のフロンティア、旧商工ファンドの名簿を暴力団から仕入れ、 債権回収事業や不動産投資を行っているが代表の中之瀬誠一が二年前に就任するまでは、 社名もいずみ住販と...
»続きを読む
カテゴリー:

日銀・黒田総裁の続投は誰も後釜に座りたくなかっただけ? それでも絶望してはいけない…アベノミクス、恐怖のワーストシナリオ - 04月21日(土)11:00 

森友・加計問題、自衛隊の日報問題に続き、財務次官“セクハラ”辞任で安倍政権が末期状態だ。 窮地に立たされている政権の命綱は「アベノミクスによる経済成長」のはずだが、この経済政策の成果も「都合のいいデータ」によって築かれた砂上の楼閣だったとしたら──。 今、話題の一冊『アベノミクスによろしく』(インターナショナル新書)の著者・明石順平氏は「アベノミクスは大失敗だった」と断言。同書では政府や国際機関が発表した公式データを用いながら、アベノミクスの幻想を打ち破っている。 なぜ、大失敗だったのか? 菅義偉(すが・よしひで)官房長官への厳しい追及で一躍その名が知られた東京新聞社会部記者・望月衣塑子(いそこ)氏との対談で語る――。 前回は、“アベノミクスの罠”として裁量労働制に関する「不適切なデータ」騒動を挙げながら、この経済政策の根本的な間違いをズバリ指摘。この最終回では、アベノミクスの行き着く末路、恐怖のワーストシナリオを語る──。 *** 望月 日銀の黒田東彦(はるひこ)総裁の「続投」が決まりました。ただ、これはアベノミクス開始当初からの目標であった「年2%の物価上昇」を6年連続で延期するなど経済政策がうまくいっていないので、結局「誰...more
カテゴリー:

【東京地裁】明大に8億円支払い命令 スポーツ施設計画巡り - 04月21日(土)02:59  newsplus

明大に8億円支払い命令 スポーツ施設計画巡り 2018.4.20 17:04 http://www.sankei.com/smp/affairs/news/180420/afr1804200013-s1.html  明治大が遊園地の跡地にスポーツ施設を建設する計画を断念したため損失が出たとして、用地取得を委託された三菱商事が土地購入代など計約60億円の支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁は20日、明大に約8億3900万円の支払いを命じた。  判決によると、三菱商事は東京都日野市にあった遊園地「多摩テック」の跡地を取得。明大は平成25年、東日本大震災による資材の高騰などを理...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「東京地裁」の画像

もっと見る

「東京地裁」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 東京地方裁判所...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる