「東京地検」とは?

関連ニュース

【法人税法違反】スパコン前社長、脱税容疑でも立件へ…数億円所得隠しか - 01月22日(月)05:45  newsplus

スパコン前社長、脱税容疑でも立件へ 数億円所得隠しか 2018年1月22日5時21分 https://www.asahi.com/sp/articles/ASL1P5DW0L1PUTIL010.html?iref=sp_new_news_list_n 斉藤元章容疑者  スーパーコンピューター開発を巡る国の助成金詐欺事件で、東京地検特捜部に再逮捕されたスパコン開発会社の前社長斉藤元章容疑者(50) =詐欺罪で起訴=が、同社の所得を数億円隠して法人税を脱税した疑いがあることが関係者の話でわかった。 隠した所得は趣味の自動車レースで出た損失の穴埋めなどに使われており、捜査当局は法人税法...
»続きを読む
カテゴリー:

【アッキード/森友】安倍首相に逆らった森友・籠池氏は6カ月間勾留、不正払い下げの財務省職員は栄転◆2★1138 - 01月22日(月)00:27  seijinewsplus

安倍首相に逆らった森友・籠池氏は6カ月間勾留、不正払い下げの財務省職員は栄転 2018.01.20 http://biz-journal.jp/2018/01/post_22050.html (全文はソースで)  昨年日本を騒がせた森友・加計学園、「もり・かけ」問題は、今年も初頭から引き続き国会やメディアで再燃することが確実視される。忘れてはならないのは、年末から初春にかけて、安倍晋三首相と夫人・昭恵氏の縁故者として当初は優遇措置を受けてきた森友学園元正副理事長の籠池泰典・諄子夫婦が、暖房のない拘置所に勾留され年を越したことだ。  籠池氏が安倍首相...
»続きを読む
カテゴリー:

スパコン詐欺、2億円脱税疑い…レース損失補填 (読売新聞) - Yahoo!ニュース - 01月21日(日)08:27 

スパコン詐欺、2億円脱税疑い…レース損失補填 (読売新聞) - Yahoo!ニューススーパーコンピューター開発会社「ペジーコンピューティング」(東京都千代田区)を巡る国の助成金詐欺事件に絡み、同社が外注費を水増しする方法で助成金を含む約8億円の所得を隠し、法人税約2億円を脱税した疑いのあることが関係者の話でわかった。 東京地検特捜部と東京国税局は、同社が隠した所得の一部を関係会社が抱えていた自動車レース事業の損失補填(ほてん)に充てていたとみて法人税法違反容疑で捜査している。 ペ...
カテゴリー:

ラグビーのジョージ・スミス選手を不起訴処分 - 01月20日(土)16:33 

 東京・府中市でタクシーの乗車料金を踏み倒し、運転手の男性にけがをさせたとして逮捕された、ラグビー、サントリー・サンゴリアスのジョージ・スミス選手について、東京地検立川支部は不起訴処分としました。
カテゴリー:

違法長時間労働:引っ越し「アート」と元支店長を書類送検 - 01月19日(金)19:42 

王子労基署、労働基準法違反容疑で東京地検に  東京労働局王子労働基準監督署は19日、労使協定(36協定)を超える違法な長時間労働をさせたとして、引っ越し大手の「アートコーポレーション」(大阪市)と同社京北支店(東京都北区)の支店長だった40代男性を労働基準法違反容疑で東京地検に書類送検した。
カテゴリー:

スパコン前社長、脱税容疑でも立件へ 数億円所得隠しか - 01月22日(月)05:21 

 スーパーコンピューター開発を巡る国の助成金詐欺事件で、東京地検特捜部に再逮捕されたスパコン開発会社の前社長斉藤元章容疑者(50)=詐欺罪で起訴=が、同社の所得を数億円隠して法人税を脱税した疑いがある…
カテゴリー:

【アッキード/森友】安倍首相に逆らった森友・籠池氏は6カ月間勾留、不正払い下げの財務省職員は栄転◆1★1137 - 01月21日(日)17:31  seijinewsplus

安倍首相に逆らった森友・籠池氏は6カ月間勾留、不正払い下げの財務省職員は栄転 2018.01.20 http://biz-journal.jp/2018/01/post_22050.html (全文はソースで)  昨年日本を騒がせた森友・加計学園、「もり・かけ」問題は、今年も初頭から引き続き国会やメディアで再燃することが確実視される。忘れてはならないのは、年末から初春にかけて、安倍晋三首相と夫人・昭恵氏の縁故者として当初は優遇措置を受けてきた森友学園元正副理事長の籠池泰典・諄子夫婦が、暖房のない拘置所に勾留され年を越したことだ。  籠池氏が安倍首相...
»続きを読む
カテゴリー:

リニア中央新幹線を巡る談合事件が迷走を始めた!大林組はどうする? - 01月20日(土)21:22 

先月11日、リニア中央新幹線の関連工事で事前の受注調整が行われていた疑いで、東京地検特捜部が大手ゼネコンである大林組(東京)を調べているとの第1報から、今回のリニア談合事件に関わる報道がスタートした。
カテゴリー:

談合の自主申告期限迫る=「情報交換」認識に温度差-リニア入札事件 - 01月20日(土)15:30 

 リニア中央新幹線工事の談合事件で、独禁法違反行為を自主申告した企業に課徴金の減免などが認められる期限が22日に迫った。東京地検特捜部などが家宅捜索したゼネコン大手4社のうち、大林組は既に違反を申告し、鹿島と大成建設は社内調査で「違反はなかった」と結論付けたもようだ。特捜部などは清水建設の対応を含む各社の主張を見極め、全容解明に向け捜査を加速させる。 特捜部と公正取引委員会は昨年12月、独禁法違反容疑で大手4社を捜索した。各社が談合をしたとみて、大林組副社長や大成建設元常務、鹿島、清水建設の担当者を任意で聴取。段ボール数百箱分の押収資料や社員のメールなど膨大な電子データの解析を急いでいる。 大手4社は入札に関して、事前に「情報交換」をしたと認める一方、それが談合に当たるかについては、異なる認識を持っているとみられる。 ただ、公取委は独禁法の指針で、各社が話し合って受注予定者や選び方を決めれば「原則として違反になる」と規定。「この工事はうちが落札したい」などと受注意欲を示して情報交換をしただけでも「違反の恐れが強い」と定めている。情報交換と称し、具体的にどのようなやりとりをしていたかが立件への大きなカギとなりそうだ。 関係者によると、昨年12月に違反を自主申告した大林組は、談合を認めた上で、メールなどを捜査当局に提出している。 【時事通信社】
カテゴリー:

強盗致傷容疑で逮捕のラグビー・スミス選手、不起訴に - 01月19日(金)18:46 

 タクシー料金を踏み倒して運転手にけがをさせたとして、警視庁に強盗致傷容疑で逮捕されたラグビー元豪州代表でトップリーグのサントリーに所属するジョージ・スミス選手(37)について、東京地検立川支部は19…
カテゴリー:

もっと見る

「東京地検」の画像

もっと見る

「東京地検」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT東京地方検察庁...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる