「東京フィルハーモニー交響楽団」とは?

関連ニュース

Xマス映画の定番「ラブ・アクチュアリー」も初登場!シネマ・コンサートが高価なのに大人気の理由 - 10月22日(日)12:00 

 映画をフルオーケストラの演奏で上映する「シネマ・コンサート」という新たな映画鑑賞スタイルが人気を集めている。入場料金は9800円(S席)と高額ながら、松本清張原作のサスペンス人間ドラマ「砂の器」(1974)、今年のアカデミー賞で話題になった「ラ・ラ・ランド」(2016)は前売りの時点で完売。今後も、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(10月13~15日に大阪、名古屋、東京)、クリスマスの定番ラブストーリー「ラブ・アクチュアリー」(12月22日大阪、25日東京)が控えている。いま、なぜ、シネマ・コンサートなのか。その人気の秘密に迫る。(取材・文/平辻哲也)  ちょっと贅沢な時間である。シネコンではお目にかかれない巨大なスクリーン。正装の交響楽団員が登場し、指揮者がタクトを振るうと、生演奏。音楽を楽しもうか、映像を見ようか。最初はちょっとした戸惑いもあるかもしれない。  時間の流れ方も違う。シネマ・コンサートは、約15分のインターミッションを挟む2部構成。まるで、舞台か歌舞伎を見るような感覚なのだ。通常の映画上映のエンドクレジットでは立ち去る人も多いが、シネマ・コンサートは、ここがヤマ場。観客は映画の余韻、最後の演奏を堪能し、交響楽団へ惜しみない拍手を贈る。時にはスタンディングオベーションとなり、「ブラボー!」との声も。指揮者は舞台中央と袖を何度も往復することになる。  これ...more
カテゴリー:

「東京フィルハーモニー交響楽団」の画像

もっと見る

「東京フィルハーモニー交響楽団」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる