「東京ゲームショウ」とは?

関連ニュース

『ぎゃる☆がん2』発売日が決定―最新PVや生放送についての情報が解禁 - 11月22日(水)12:00 

インティ・クリエイツは、ぎゃる☆がんシリーズ最新作『ぎゃる☆がん2』の東京ゲームショウ2017出展以来の最新情報や『ぎゃる☆がん2』の新要素の一部を見る事ができるPVなどを公開しています。
カテゴリー:

【話題】高くても売れる「ゲーミングPC」 小中学生にも人気★4 - 11月20日(月)00:04  newsplus

 「ゲーミングPC」といわれるジャンルが盛り上がっている。多くはオンラインで対戦するゲームを楽しむユーザー向けに、性能の高い部品を搭載したパソコンだ。一般的なPCと比較して価格は高いものの、性能を重視するユーザーが多いだけに、力を入れるメーカーが増えている。本体は昨年比50%増、周辺機器も4年間で2倍以上の成長を遂げているという。海外では以前から人気が高かったが、家庭用ゲーム機とスマートフォン(スマホ)のゲームが強いといわれてきた日本で、なぜ人気が高まっているのか。  「ゲーミングPCが盛り上がり始めた...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】高くても売れる「ゲーミングPC」 小中学生にも人気★2 - 11月18日(土)23:27  newsplus

 「ゲーミングPC」といわれるジャンルが盛り上がっている。多くはオンラインで対戦するゲームを楽しむユーザー向けに、性能の高い部品を搭載したパソコンだ。一般的なPCと比較して価格は高いものの、性能を重視するユーザーが多いだけに、力を入れるメーカーが増えている。本体は昨年比50%増、周辺機器も4年間で2倍以上の成長を遂げているという。海外では以前から人気が高かったが、家庭用ゲーム機とスマートフォン(スマホ)のゲームが強いといわれてきた日本で、なぜ人気が高まっているのか。  「ゲーミングPCが盛り上がり始めた...
»続きを読む
カテゴリー:

世界屈指の受託開発会社VirtuosのCEO ジル・ランゴリ氏に聞く 『FFXII ザ ゾディアック エイジ』開発秘話や中国市場にかける思い - 11月13日(月)18:00 

東京ゲームショウ2017に合わせて来日を果たした、Virtuos(バーチャス)の創業者にしてCEO、ジル・ランゴリ氏へのインタビューをお届けしよう。 いまの世界のゲーム業界を縁の下から圧倒的な存在感で支えるVirtuosの秘密に迫る。
カテゴリー:

韓国の天才イラストレーター「キム・ヒョンテ」が来日。体の一部を強調する独特な表現が特徴 - 11月05日(日)12:39  news

韓国の天才イラストレーター,キム・ヒョンテ氏のルーツを探る。「デスティニーチャイルド」のリリースを控えて来日した氏に直撃インタビュー 2017年9月21~24日にかけて開催された東京ゲームショウ2017の初日(9月21日),4Gamerではキム・ヒョンテ氏にインタビューする機会を得た。 キム・ヒョンテ氏といえば,「マグナカルタ」シリーズや「ブレイドアンドソウル」のキャラクターデザインを手がけた人物として, 日本でも広く名が知られているイラストレーターだ。 その作品は,身体の一部を強調する独特な表現と,立体的な“塗...
»続きを読む
カテゴリー:

中村悠一&木村良平、ガンダム愛と信頼溢れる2人だからこその「好敵手」 - 11月21日(火)06:20 

 太田垣康男が「ビッグコミックスペリオール」(小学館)で連載中の人気コミック 『機動戦士ガンダム サンダーボルト』をアニメ化し、現在有料配信中の第5話~第48話に新作シーンを追加した特別編『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANIDIT FLOWER』。同作で中心人物であるイオとダリルを演じる中村悠一と木村良平に、劇場上映を迎える現在の心境やそれぞれが演じるキャラクターに対しての思いなどを聞いた。【関連】『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』中村悠一&木村良平インタビューフォトギャラリー 『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANIDIT FLOWER』は、一年戦争が終結して8ヵ月後の地球が舞台。前作『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』で繰り広げたイオとダリルの戦いのその後を描く。 再び劇場で上映する機会を得た同作について、中村は「おそらく想像以上に観てくれた方の反響がよかったのだと思っています」と冷静に分析する。「前作は漫画原作的にも区切りの良い形で映像化することができていましたので、あのまま漫画に続く形で終わってもいい作り方をしていた」と語り、そんななか今回、続きを描くことができ「支持して頂けたのだなと思い、嬉しいです」。中村の言葉を受け、木村も「もう一度、劇場上映できるというのはとても嬉しかったです。魅力が増す部分も大きい...more
カテゴリー:

【話題】高くても売れる「ゲーミングPC」 小中学生にも人気★3 - 11月19日(日)17:58  newsplus

 「ゲーミングPC」といわれるジャンルが盛り上がっている。多くはオンラインで対戦するゲームを楽しむユーザー向けに、性能の高い部品を搭載したパソコンだ。一般的なPCと比較して価格は高いものの、性能を重視するユーザーが多いだけに、力を入れるメーカーが増えている。本体は昨年比50%増、周辺機器も4年間で2倍以上の成長を遂げているという。海外では以前から人気が高かったが、家庭用ゲーム機とスマートフォン(スマホ)のゲームが強いといわれてきた日本で、なぜ人気が高まっているのか。  「ゲーミングPCが盛り上がり始めた...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】高くても売れる「ゲーミングPC」 小中学生にも人気 - 11月18日(土)20:54  newsplus

 「ゲーミングPC」といわれるジャンルが盛り上がっている。多くはオンラインで対戦するゲームを楽しむユーザー向けに、性能の高い部品を搭載したパソコンだ。一般的なPCと比較して価格は高いものの、性能を重視するユーザーが多いだけに、力を入れるメーカーが増えている。本体は昨年比50%増、周辺機器も4年間で2倍以上の成長を遂げているという。海外では以前から人気が高かったが、家庭用ゲーム機とスマートフォン(スマホ)のゲームが強いといわれてきた日本で、なぜ人気が高まっているのか。  「ゲーミングPCが盛り上がり始めた...
»続きを読む
カテゴリー:

未来のゲームクリエイター発掘「日本ゲーム大賞U18部門」シンポジウム11/12 - 11月09日(木)15:15 

 コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、2017年11月12日にシンポジウム「集え!創れ!未来のゲームクリエイター~日本ゲーム大賞U18部門~」をTEPIAホール(銀座線外苑前駅)で開催する。対象は小中高校生とその家族、教育関係者など。定員は200名。事前申込み制、参加は無料。 「日本ゲーム大賞」は、18歳以下が開発したゲーム制作コンテストとして「U18部門」を新設。将来コンピュータエンターテインメント業界で活躍する次世代のクリエイターの発掘、コンピュータエンターテインメント産業の振興と発展を目的として設立された。 シンポジウムでは、プロのゲームクリエイターによる講演や、クリエイター、教育関係者によるパネルディスカッションを行う。また、別会場では、U18部門についての質問コーナー、現役クリエイターとの交流コーナー、ゲーム開発ツールコーナー、PlayStationVR&PlayStation4の体験コーナーなどを開催する。 パネルディスカッションは「楽しく作って楽しんでもらう!ゲームクリエイターの仕事とは?」がテーマ。モデレーターに「FINAL FANTASY IV」などを制作した時田貴司氏、ゲストにDeNAの古川貴士氏と「DISSIDIA FINAL FANTASY」などを制作した下田翔大氏を迎えて開催する。 また、「ゲーム作りを通じて、U18の未来はどう広がるか」を...more
カテゴリー:

「東京ゲームショウ」の画像

もっと見る

「東京ゲームショウ」の動画

Wikipedia

東京ゲームショウ(とうきょうゲームショウ、TOKYO GAME SHOW)とは、コンピュータエンターテインメント協会(CESA)の主催によって開催される、コンピューターゲームを始めとするコンピューターエンタテイメントの日本最大規模の総合展示会である。略称としてTGSと表記される事があり、本項もそれに倣う。E3、Gamescomと並ぶ世界三大ゲームショウでもある。

概要

入場ゲート(2008年) 試遊台の様子(ソニー、2006年) 初音ミクと] 毎年2〜3月頃にその年の開催概要が決定され3〜6月頃にかけて各社の出展希望を受け付け、当日のブース設営位置なども7月に決定される。初日(通常木・金曜日)はビジネスデイとして原則的にゲーム業界関係者、報道関係者、ゲーム開発専門学校や大学の学部等の学校関係者のみの公開となる。このイベントは年末商戦に向けての各社の新作発表・展示という意味合いもあり、1996年の第1回開催以来、毎年大勢の来場者を集め、日本のゲーム業界およびゲームファンにとっての年に一度の祭典となっている。特に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる