「来日中」とは?

関連ニュース

内田理央&ジャッキーちゃんハリウッド進出!?レニー・ハーリン監督がリップサービス - 08月22日(火)21:55 

 ジャッキー・チェン主演のアクションコメディ「スキップ・トレース」のジャパンプレミアが8月22日、東京・TOHOシネマズ日本橋で開催され、来日中のレニー・ハーリン監督が舞台あいさつに登壇。女優でモデルの内田理央が花束贈呈に駆け付け、ものまね芸人のジャッキーちゃんも巨大マトリョーシカの中からサプライズ登場し、ハーリン監督を喜ばせた。 ・【フォトギャラリー】ジャパンプレミア、その他の写真はこちら  映画は、香港警察のベテラン刑事ベニー(チェン)とアメリカ人詐欺師コナー(ジョニー・ノックスビル)の相性最悪なコンビが、ひょんなことから追われる身となり、世界中で逃亡劇を繰り広げる様子を描いたバディムービー。「ダイ・ハード2」や「クリフハンガー」を大ヒットさせたハーリン監督が、20年来の親交のあるジャッキーと念願の初タッグを組んだ。  「ドリヴン」の撮影時以来17年ぶりに来日したハーリン監督は、「日本のファンは僕よりも僕の映画に詳しい」と上機嫌。今回のチェンとのタッグは“三度目の正直”だったそうで、現場でのチェンの様子を「遊園地にやってきて大はしゃぎしている子どもみたいだった。だから僕は親みたいに、彼があんまり高いとこに上らないように捕まえておかないといけなかった」と冗談めかしつつ、「誰よりも現場に早く来て、最後まで残っていた。それにアイデアも豊富」と振り返った。  数々のアクションス...more
カテゴリー:

レニー・ハーリン監督が内田理央をキャスティング? 「続編ではファン・ビンビンの代わりに…」 - 08月22日(火)21:54 

 映画『スキップ・トレース』のジャパンプレミアが22日、東京都内で行われ、来日中のレニー・ハーリン監督、ゲストとしてタレントの内田理央、物まね芸人のジャッキーちゃんが登壇した。  本作は、ハーリン監督がジャッキー・チェンと初タッグを組んだアクション大作。ジャッキー演じる香港警察の刑事とアメリカ人詐欺師の相性最悪コンビが、なぜか一緒に追われる身となり、世界中を逃げ回る姿を描く。  『ダイ・ハード2』『クリフハンガー』などで知られるハーリン監督の来日は17年ぶり。ジャッキーとの仕事は20年前から希望していたといい「本当は僕が『ラッシュアワー』(1998年公開)の監督をするはずだったのが、スケジュールが合わなくて断念した。その後、もう1回チャンスがあったけど断念。今回3回目のご縁でようやく夢がかなったんだ」と経緯を語った。  また、ジャッキーの人柄を「とてもエネルギッシュな子どものような方」と表現したハーリン監督は「現場にやってくる一番手がジャッキー。そして最後まで残っているのもジャッキー。アイデアも次から次へと出てくる人で、現場の私たちはまるで遊園地に投げ込まれたような感じだった」と振り返った  「多くのアクションスターと組んできたけど、彼と一番似ていると思ったのはシルベスター・スタローン。100パーセントの情熱を注ぐし、時間にもきっちりしている。非常にプロ意識が高い」と絶賛した。  ...more
カテゴリー:

ウェイ・ダーション監督、永瀬正敏の“両手いっぱいの愛”に大感激 - 08月20日(日)10:00 

ウェイ・ダーション監督の最新作「52Hz のラヴソング」のトークイベントが8月19日、東京・虎ノ門の台湾文化センターで行われ、来日中のウェイ監督をはじめ、出演のシャオユー、シャオチョウ、ミッフィ...
カテゴリー:

「ベイビー・ドライバー」主演アンセル・エルゴート来日!初日挨拶で好青年ぶり発揮 - 08月19日(土)13:13 

 エドガー・ライト監督の最新作「ベイビー・ドライバー」が8月19日、全国40スクリーンで封切られ、来日中の主演俳優アンセル・エルゴートが、東京・新宿バルト9での舞台挨拶に登壇した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶の様子、その他の写真はこちら  映画は、お気に入りのプレイリストが入ったiPodで音楽を聴けば天才的な運転技術を発揮する、銀行強盗の“逃がし屋”ベイビー(エルゴート)を主人公にしたアクションスリラー。ライト監督自ら脚本を執筆したオリジナル作品で、北米で興行収入1億ドル突破の大ヒットを記録中だ。  2015年に音楽イベント「ULTRA JAPAN」にDJアンソロ名義で参加して以来約2年ぶり、映画のプロモーションとしては初来日となったエルゴートは、「映画を見てもらえてうれしいです。気に入ってもらえましたか?」とさわやかな笑顔で挨拶。観客からの拍手に「アリガトウ」と日本語で応えた。  ハリウッドでは小説やコミックの映画化作品やシリーズ大作が多く製作されている中で、「この映画は、エドガーが思い描いたオリジナルの物語。皆さんがこうして劇場で見てくださることが、ハリウッドでもっとクールなオリジナル映画がつくられるきっかけになる」とファンに感謝。演じた役どころについて、「いわゆるアクションヒーローではなく、犯罪に関わっているけど、悪人ではない。いろいろな面があるからベイビ...more
カテゴリー:

オリジナル楽曲でつづるバレンタインの恋 ウェイ・ダーション監督最新作、12月16日公開 - 08月18日(金)21:30 

 「セデック・バレ」「海角七号 君想う国境の南」などで知られるウェイ・ダーション監督の最新作「52Hz のラヴソング」が、12月16日から日本公開されることが決定した。本作は、全17曲のオリジナル楽曲を使用したラブストーリー。来日中のウェイ監督は、「日本公開が決まって、とても嬉しく光栄です。社会全体が暗い雰囲気に包まれた今、甘く幸せな映画を見てほしくてこの映画を撮りました。日本の皆さんにもこの思いが届いて楽しんでいただけますように」とコメントを寄せている。  ウェイ監督が「セデック・バレ」以来6年ぶりにメガホンをとった本作は、通常のクジラと鳴き声の周波数が異なるため、仲間と“会話”することができず、それでも鳴き続けた実在のクジラ「52ヘルツの鯨」をモチーフとした物語。10年前から温めていた「花屋の女の子とチョコレート店の男の子のラブストーリー」というアイデアに、孤独な人々への「決してひとりではない、I Love You!」というメッセージを加えた。  映画は、バレンタインデーに巻き起こる4人の男女の恋模様を通して、様々な愛の形を映し出す。バレンタイン当日、孤独なパン屋・シャオアンは、片想い中のレイレイにチョコレートをプレゼントしようと計画していた。ある時シャオアンは、配達中に接触事故を起こしてしまい、事故の相手である花屋のシャオシンと一緒に配達することに。一方、同棲中のレイレイ...more
カテゴリー:

内田理央&ジャッキーちゃんハリウッド進出!?レニー・ハーリン監督がリップサービス - 08月22日(火)21:55 

ジャッキー・チェン主演のアクションコメディ「スキップ・トレース」のジャパンプレミアが8月22日、東京・TOHOシネマズ日本橋で開催され、来日中のレニー・ハーリン監督が舞台あいさつに登壇。女優でモ...
カテゴリー:

ウェイ・ダーション監督、永瀬正敏の両手いっぱいの愛に大感激 - 08月20日(日)10:00 

 ウェイ・ダーション監督の最新作「52Hz のラヴソング」のトークイベントが8月19日、東京・虎ノ門の台湾文化センターで行われ、来日中のウェイ監督をはじめ、出演のシャオユー、シャオチョウ、ミッフィーが出席。さらにサプライズゲストとして、ウェイ監督が製作を手がけた「KANO 1931海の向こうの甲子園」(2015)に出演した俳優・永瀬正敏も駆けつけた。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  永瀬は、8月16日に48歳の誕生日を迎えたウェイ監督をバースデーケーキで祝福。場内が温かい拍手と歓声に包まれるなか、ウェイ監督は「ありがとうございました。本当にびっくりしました。永瀬さんは本当に優しくて温かい。実はこの前、映画祭の時にホテルにチェックインしたら、花束が置かれていて、どの部屋にも花束あるのだと思い、確認しませんでした。ところが翌日、よく見ると、メッセージが添えてあり、なんと永瀬さんからでした」とニッコリ。台湾ではバースデーケーキの火を消す前に3つの願いごとを唱えるため、「まず最初に我々が永遠の友になるように。ずっと一緒にいられるように」と永瀬への感謝を込めた。  さらに永瀬は、自身がデザインしたキャンドルなど、大量の贈り物を会場に運び入れると、ウェイ監督とキャストに次々手渡していく。両手いっぱいのプレゼントを受け取ったウェイ監督は「持てない」と笑みをこ...more
カテゴリー:

期待の新人アンセル・エルゴートが舞台挨拶でオスカー俳優との驚きのエピソードを披露! - 08月19日(土)15:40 

全米では公開から5週連続で興行収入ランキングのベスト10入りを果たし、1か月半かけて興行収入が1億ドルを突破する息の長いヒットを記録中のエドガー・ライト監督の最新作『ベイビー・ドライバー』。日本公開の初日を迎えた19日、新宿バルト9で行われた舞台挨拶に、現在来日中のアンセル・エルゴートが登壇した。 【画像を見る】これが世界を沸かせた『ベイビー・ドライバー』ポーズ! 本作は、幼少期の事故の後遺症で耳鳴りが止まらない主人公ベイビーが、強盗の運び屋として裏社会に手を染めていく姿を描いたクライム・アクション。耳鳴りを解消するために彼が聴く音楽に合わせて、台詞やアクションが展開するという異色な作りに、全米をはじめ、すでに公開されている47か国では口コミで話題が広がっている。 「こういう作品に関われたことをとても嬉しいと思う」と笑顔を浮かべたアンセル。「撮影現場でも、出来上がった作品を初めて観たときも、特別な作品だと思った。こんな作品を作り出せるエドガー・ライト監督は天才であり、素晴らしいビジョンの持ち主だよ」と、これまで『ショーン・オブ・ザ・デッド』(04)などの話題作を手がけ、最近ではマーベル・シネマティック・ユニバースにも関わっているイギリスの俊英を大絶賛した。 さらに「今のハリウッドは超大作のシリーズ作品や原作ものが多い中で、本作のようなオリジナル映画が成功することで、もっとハリウッド...more
カテゴリー:

「ベイビー・ドライバー」主演アンセル・エルゴート来日!初日挨拶で好青年ぶり発揮 - 08月19日(土)13:13 

エドガー・ライト監督の最新作「ベイビー・ドライバー」が8月19日、全国40スクリーンで封切られ、来日中の主演俳優アンセル・エルゴートが、東京・新宿バルト9での舞台挨拶に登壇した。映画は、お気に入...
カテゴリー:

【サッカー】<ジーコ>3試合ノーゴールのポドルスキにエール「間違いなく世界トップクラスのFWだ」「これからだよ活躍は」 - 08月18日(金)17:41  mnewsplus

 1993年に華々しく開幕したJリーグに、ブラジルサッカー界のレジェンドでありながら鹿島の現役選手として参加したジーコ氏(64)は、重要な“創業者”のひとりといえる。 そして今年25年目を迎えたJリーグは、7月に総額30億円を以上をかけて超大物、元ドイツ代表FWポドルスキ(32)=神戸=を迎えた。ここ3試合ノーゴールで“戦犯”になりつつあるJ史上最強助っ人とJリーグへ、ジーコ氏が熱いエールを送った。(聞き手・久保武司)  --Jリーグ神戸にポドルスキがやってきた  「間違いなく世界トップクラスの...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「来日中」の画像

もっと見る

「来日中」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる