「来年夏」とは?

関連ニュース

『銀魂 パート2』武市変平太は出ないけれど… 佐藤二朗の出演決定 - 12月17日(日)13:00 

 空知英秋氏の人気漫画を小栗旬主演で実写し、今年7月に公開された映画『銀魂』の続編『銀魂 パート2』(仮)に、俳優の佐藤二朗が出演していることが17日、明らかになった。同日、千葉・幕張メッセで開催された『ジャンプフェスタ2018』内で発表された。前作では“鬼兵隊”の武市変平太を演じたが、今回は別の役で出演する。 【写真】前作で神楽を演じた、チャイナ服姿の橋本環奈  『ジャンプフェスタ2018』の「銀魂」スーパーステージには、アニメシリーズで主人公・坂田銀時の声を務める杉田智和、志村新八役の阪口大助、神楽役の釘宮理恵が出演。彼らと来場者に向けて、実写版で銀時を演じた小栗と福田雄一監督によるビデオメッセージが公開された。  映像内で福田監督から佐藤の出演が発表されると、小栗は「いる? この情報? どうせこんなこったろうと思ったよ(笑)」と笑顔をこぼす。福田監督は「“武市変平太は出ないけども、佐藤二朗は出る”というヒントで(銀魂の多数のエピソードの中の)何篇かを想像して頂けると非常にありがたいです」とメッセージを送り、今後の続報への期待をあおった。  出演が明らかになった佐藤は「『武市変平太は出ないが佐藤二朗は出る』との情報。そして続編決定の次に、俺の出演が発表されたという事実。この2つから推察される答えはただ一つ。俺の役は間違いなく、『神楽』だ。ちょっとそれ以外考えられない」と...more
カテゴリー:

TVアニメ『シュタインズ・ゲート』続編、来年4月より放送開始 - 12月14日(木)22:42 

 2011年4月から9月に放送された人気アニメ『シュタインズ・ゲート』の続編となるTVアニメ『シュタインズ・ゲート ゼロ』が来年4月より放送されることが14日、発表された。  テレビアニメのほか、13年4月には劇場版も公開された人気シリーズ。現在はTOKYO MXなどでテレビ版が再放送中だが、14日に主人公・岡部倫太郎の誕生日を記念し、放送時期や第1弾PVなど新規情報が明かされた。  メインキャストも発表となり、岡部役に宮野真守、椎名まゆり役に花澤香菜、橋田至役に関智一、牧瀬紅莉栖役に今井麻美らが新シリーズも続投。スタッフは監督に川村賢一氏、シリーズ構成に花田十輝氏、アニメーション制作はWHITE FOXが手がける。 【作品概要】 2010年11月 β世界線― 主人公・岡部倫太郎が数々の苦難、悲哀を乗り越えた果てに「彼女」を救うことをあきらめてしまった世界線。 失意の底にある岡部倫太郎。 彼を心配する仲間たち。 救われなかった「彼女」はどうなったのか? 新たなキャラクターを迎えて描かれる「ゼロ」の物語。 【第1弾PV】 https://www.youtube.com/watch?v=xgOz7832pt0 【関連記事】 「月刊少女野崎くん」7月にアニメ化 野崎役は中村悠一 (14年03月22日) TRIGGER×A-1制作オリジナルアニメ企画始動 『君の名は。』...more
カテゴリー:

【テロ対策】東京五輪などでのテロ懸念 政府が対策推進要綱を決定 - 12月11日(月)22:24  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171211/k10011254421000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_060 12月11日 15時36分 3年後の東京オリンピック・パラリンピックを見据え、政府は総理大臣官邸で国際テロ対策推進本部の会合を開き、関係省庁の国際テロ情報を共有する、情報共有センターを来年夏に新設することなどを盛り込んだテロ対策推進要綱を決定しました。 この中で、本部長を務める菅官房長官は「現下の国際テロ情勢は極めて深刻だ。東京オリンピック・パラリンピックなどには多くの観客が予想され、万全を期す必...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】<伊藤詩織さんレイプ告発裁判>元TBS記者との法廷対決は来年夏か 表舞台にでない山口氏に海外記者から非難★2 - 12月09日(土)22:08  mnewsplus

元TBS記者でジャーナリストの山口敬之氏(51)にレイプされたとして、 フリージャーナリストの伊藤詩織さん(28)が1000万円の損害賠償を求めた民事訴訟の第1回口頭弁論が5日、東京地裁で開かれた。 肝心の山口氏は欠席で、詩織さんの主張に反論する答弁書を提出。全面的に争う姿勢をみせた。 この問題をめぐっては9月の検察審査会で「不起訴相当」の判断が下され、刑事事件としては一応の決着が付いている。 納得のいかない詩織さんは民事で争うことを決めたが、検察の判断を覆すのは容易ではない。 一方で事件当...
»続きを読む
カテゴリー:

「教育無償化」はウソ!?認可外保育園に補助上限の現状 - 12月07日(木)16:00 

「今年10月の衆議院議員選挙で、自民党は公約として『教育の無償化』を掲げました。政策集で、無償化の対象を3〜5歳の『すべての子供たち』と明記しています。選挙では自民党が圧勝。その後、公約実現に向けて議論が続いていましたが、結局、さまざまな条件が付いた『一部無償化』に落ち着くようです」 こう語るのは経済ジャーナリストの荻原博子さん。さまざまな条件が付いた、教育の「一部無償化」とはどんな制度なのか。荻原さんが解説してくれた。 「まず、公約の本命である3〜5歳は『全員無償化』ではなく、『原則無償化』という玉虫色の決着となりました。認可保育園は無償ですが、認可外保育園だと補助はあるものの自己負担が必要です。今のところ、認可外保育園に通っている家庭には、認可保育園の平均保育料(月3万5,000円)まで補助し、それを超える分を自己負担とする案が有力です」(荻原さん・以下同) しかし、認可外保育園にはベビーホテルなどさまざまな施設が含まれている。どの施設を補助対象とするかはまだ決まっていない。 「補助対象が増えれば、1件当たりの補助金が減り、自己負担が増えることも考えられます。結論は、来年夏まで先延ばしとなりました。注視しておきましょう。そもそもほとんどの親が、設備なども充実している認可保育園に入れたいと思っています。でも、認可保育園には空きがないため、仕方なく認可外保育園に通わせている...more
カテゴリー:

『ジョジョ』荒木飛呂彦氏個展、国立美術館で来夏開催 手塚治虫以来2人目 - 12月15日(金)10:00 

 漫画家・荒木飛呂彦氏原作の『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズが2017年に誕生30周年を迎えたのを記念して、来年夏に「荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋」を東京・国立新美術館で開催することが決定した。同館で開催される漫画家の個展としては、手塚治虫氏以来28年ぶり2人目で、荒木氏は「大変に名誉ある場所でJOJO30周年の集大成を皆さまの前にご披露させて頂ける事は、本当に光栄であります。また同時に緊張も感じております」と直筆コメントを発表した。 【画像】荒木飛呂彦氏から本展開催に向けての直筆メッセージ  『ジョジョ』シリーズについて、荒木氏は「JOJOが目指して描くものはこの世のあらゆる現象、そして善と悪の闘いを通しての『精神の成長』であります」と改めて説明し、「今回の原画展では、そのキャラクターたちと守り神たちが、同じ時刻、同じ場所に会するイメージ。―そして新作画の執筆も複数枚、計画しております」と展望している。  荒木氏は1960年6月7日、宮城県仙台市生まれ。80年に『週刊少年ジャンプ』第20回手塚賞に『武装ポーカー』で準入選。同誌81年1月号にて同作でデビュー。83年42号『魔少年ビーティー』で初連載。87年1・2合併号で連載スタートした『ジョジョの奇妙な冒険』が読者から絶大な支持を獲得した。  同シリーズは、ジョナサン・ジョースターとディオ・ブランドーという2人の...more
カテゴリー:

押切蓮介のトラウマ漫画『ミスミソウ』実写化 山田杏奈が映画初主演 - 12月13日(水)15:00 

 押切蓮介氏の漫画『ミスミソウ完全版』(双葉社)を実写化した映画『ミスミソウ』(R-15)が、2018年4月7日より公開されることがわかった。主人公には現役女子高生の山田杏奈(16)を抜てきし、映画初主演を務める。 【画像】原作の世界観を再現 『ミスミソウ』ティザービジュアル  原作は、押切氏のファンの間でも1、2を争う人気作であり、ネット上では「トラウマ漫画」として認知度の高い作品。『ライチ☆光クラブ』、『パズル』、『先生を流産させる会』の内藤瑛亮監督がメガホンをとった。  東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(山田)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だがイジメは日に日にエスカレートしていった。そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する─。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか…。  春花役の山田は、CM「城とドラゴン」や、KANA-BOONのアルバム『NAMiDA』のジャケット、収録曲「涙」のMVに出演。映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』、『咲-Saki-』、...more
カテゴリー:

東京五輪などでのテロ懸念 政府が対策推進要綱案 - 12月11日(月)05:18 

政府は、東京オリンピック・パラリンピックの開幕まで3年を切るなかテロ対策推進要綱案を取りまとめ、関係省庁が保有する国際テロ情報を共有する「国際テロ対策等情報共有センター」を、来年夏に内閣官房に新設することなどを盛り込みました。
カテゴリー:

優秀選手に大曲工・藤井 県高野連、来年夏は7月10日開幕 - 12月09日(土)09:24 

 県高野連(渡部克宏会長)の2017年度第2回評議員・理事会が8日、秋田市の秋田ビューホテルで開かれた。各校の校長、部長ら約90人が出席。大会日程を盛り込んだ18年度事業計画案を示したほか、本年度優秀…
カテゴリー:

『スター・ウォーズ』のマーク・ハミル、故キャリー・フィッシャーを偲ぶ「唯一無二の存在」 - 12月07日(木)13:32 

待望のシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)でルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルらが来日し、12月7日にリッツ・カールトン東京で開催された会見に登壇。2016年12月27日に急逝したレイア役のキャリー・フィッシャーについてマークは「自分の中でキャリーは今も生きている」と語った。 【写真を見る】カイロ・レン役のイケメン、アダム・ドライバーも来日 「彼女が19歳の時に出会ったから本当に長い付き合いとなった。その存在は唯一無二だし、全世界のファンにとってもかけがえのない存在だったと思う。僕と彼女はしょっちゅうケンカをしては仲直りして…と、まさに(ルークとレイアのように)兄妹さながらに過ごしてきたよ」。 さらに「本作でもキャリーは素晴しい演技を披露されているから、今でもそこにいるのではないかと思う」と続けた。「でも、これが遺作となったことで、映画自体がセンチメンタルなムードに覆われるのはちょっと残念だと思う。だから彼女がモットーとしていた、日々を精一杯楽しんで生きるというメッセージを心に留めて、映画を楽しんでくれればきっと彼女も喜んでくれるのではないかと」。 会見には、カイロ・レン役のアダム・ドライバー、ライアン・ジョンソン監督、プロデューサーのキャスリーン・ケネディも登壇。 監督も「キャリーの演技は大変美しいもので、それ自体が素晴しいトリビュートに...more
カテゴリー:

もっと見る

「来年夏」の画像

もっと見る

「来年夏」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる