「村田雄浩」とは?

関連ニュース

大杉漣さんと1700人が最後の別れ 田口トモロヲ沈痛「恋しい、寂しい」 - 04月14日(土)22:46 

 急性心不全のため2月21日に急逝した俳優の大杉漣さん(享年66)のお別れの会「さらば!ゴンタクレ」が14日、東京都内の青山葬儀所で営まれた。 「ソナチネ」で大杉さんを見いだした北野武(ビートたけし)監督や、テレビ東京のドラマ「バイプレイヤーズ もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら」で共演し、最期をみとった田口トモロヲ、遠藤憲一、光石研、松重豊ら関係者約700人が参列。ファン約1000人も詰めかけ、大杉さんに別れを告げた。  祭壇は、喪主の弘美夫人が「風の吹く中から、大杉が立ち現れてきそう」と思い描いた、大杉さんの師である転形劇場の主宰者・太田省吾氏の葬儀の時と同じ野原をイメージしたもの。愛用のメガネやハット、自身のサッカーチーム「鰯クラブ」のユニフォーム、応援していたヴォルティス徳島の年間パスなどのサッカーグッズが置かれ、長男で写真家の隼平さんが2016年に撮影した笑顔の遺影が参列者を迎えた。  「バイプレイヤーズ」の4人は並んで弔辞に立ち、田口が代表して「いまだに気持ちの整理がつきません。覚めない夢を見続けているようで、壮大に仕組まれたドッキリなんじゃないか。今日あたり、おちゃめに登場してくるんじゃないかと思っています。ただひたすら、漣さんが恋しいです。そして、寂しいです」と遺影に語りかけた。それでも、「俳優の、人生の先輩として同じ時代を歩めた僕らは幸せでした。漣さんが...more
カテゴリー:

大杉漣さんと1700人が最後の別れ 田口トモロヲ悲痛「いまだに気持ちの整理つかない」 - 04月14日(土)19:05 

 急性心不全のため2月21日に亡くなった俳優の大杉漣さん(享年66)のお別れの会「さらば!ゴンタクレ」が4月14日、東京・青山葬儀所で営まれた。 ・【フォトギャラリー】大杉漣さんのお別れの会、その他の写真はこちら  北野武(ビートたけし)監督や最期をみとった田口トモロヲ、遠藤憲一、光石研、松重豊ら関係者約700人が参列。ファン約1000人も詰めかけ、大杉さんとの早すぎる別れを惜しんだ。  祭壇は、大杉さんの師である転形劇場の主宰者の太田省吾氏の葬儀の時と同じ野原をイメージしたもので、弘美夫人の「風の吹く中から、大杉が立ち現れてきそう」という思いを具現化。愛用のメガネや自身のサッカーチーム「鰯クラブ」のユニフォーム、応援していたヴォルティス徳島の年間パスなどのサッカーグッズが置かれ、その中央には長男で写真家の隼平さんが2016年に撮影した笑顔のスナップが遺影として飾られた。  弔辞に立った田口らは悲報に際し、テレビ東京のドラマ「バイプレーヤーズ2」のホームページにコメントを載せて以降、一切口を閉ざしてきた。この日は田口が代表し、「いまだに気持ちの整理がつきません。覚めない夢を見続けているようで、壮大に仕組まれたドッキリなんじゃないか。今日あたり、おちゃめに登場してくるんじゃないかと思っています。ただひたすら、漣さんが恋しいです。そして、寂しいです」と沈痛な面持ち。それでも、「...more
カテゴリー:

「村田雄浩」の画像

もっと見る

「村田雄浩」の動画

Wikipedia

村田 雄浩(むらた たけひろ、1960年3月18日 - )は、日本俳優。身長180cm、体重81.5kg。血液型はA型。アクトレインクラブ所属。

来歴・人物

東京都出身。小学5年生より越谷市で育ち、越谷市立北陽中学校埼玉県立三郷高等学校出身(1期生で生徒会長を務めていた)。

少年時代から柔道に励み、ディズニーや黒沢映画にあこがれ、16歳で劇団ひまわり入団。のち、仲間と自主映画を撮り始め思い続けるのも才能…村田雄浩 2015年3月23日付 夕刊読売新聞「臥薪笑胆」最終回、劇団「アクターズ・スリル&チャンス」を結成した(1998年解散)。1979年...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる