「村上龍」とは?

関連ニュース

年間2億本、井村屋「あずきバー」の硬さに込められた執念 - 07月20日(木)21:30 

日本中に知らない人はいないであろう「あずきバー」。最近では、その硬さを逆手に取った専用のかき氷機が発売されるなど、新たに注目を集めています。「テレビ東京『カンブリア宮殿』(mine)」は、放送内容を読むだけで分かるようにテキスト化して配信。小豆の可能性を今も追い求め続ける「井村屋」のこだわりに迫りました。 2大商品は「あずきバー」と「肉まん」 実に全国のスーパーの9割が置いているというアイスの「あずきバー」(6本入り、356円)。1本わずか60円の、世代を超えて親しまれている国民的商品だ。家庭では、溶かして様々な料理作りにも活用されており、そのメニューがネットなどを通じて広がっているという。 1973年、「あずきバー」は日本で初めての小豆のアイスとして井村屋が発売。以後、売り上げを伸ばし続け、年間2億5800万本を販売する人気のロングセラー商品だ。 井村屋といえばもうひとつロングセラーがある。コンビニのレジまわりにある「肉まん」や「あんまん」。「肉まん」はもともと、中国ではタレにつけて食べていた。それを1964年、井村屋が初めて中身の具に味つけをして発売。今や当たり前の商品として普及している。 井村屋の本社は三重県津市の郊外にある。朝9時。その駐車場の一角に大行列ができていた。 ここは「もったいない屋」という週に1度開かれる井村屋商品の特売所。確かにカステラが1本200円など、ど...more
カテゴリー:

開成高校からハーバード大に合格。日本人の「東大スルー」は本物か? - 07月12日(水)04:45 

「東の開成、西の灘」と並び称される東日本屈指の難関校・開成。今までは開成を卒業して東大に進むのが典型的なエリートコースでしたが、ハーバード大学やプリンストン大学など、2017年に開成から海外の有名大学に合格した人数がのべ約20名に達したことが話題になりました。アメリカ在住の作家で東大出身の冷泉彰彦さんは、自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で「アメリカの大学入学事情」について詳述。開成出身の日本人がアメリカの名門大学で学ぶことがいかに大変か、その現実を明かしています。 開成からの米大学進学者増加について 4月の時点では海外の大学の合格者が21名ということで話題になっていた開成ですが、その後、複数校に合格した卒業生が進学先を決定したことから、重複数が調整されて、全体の数字は7名ということが判明しました。 そうではあるのですが、その内容としては ハーバード・・・・・・・・・・・1名プリンストン・・・・・・・・・・2名シカゴ・・・・・・・・・・・・・2名ウィリアムズ・カレッジ・・・・・1名モンタナ州立大・・・・・・・・・1名 ということで、1学年400人という規模の高校としては「なかなか」の戦果であると言えます。21名合格というニュースが流れた時は「開成ショック」と言われましたが、この7名、まあモンタナ州立大に関してはアウトドア志向か何かの進学動機と思われるのでマイナスするとし...more
カテゴリー:

トランプ政権、終了か。「ロシア・ゲート」が深刻な3つの理由 - 07月19日(水)00:51 

大統領就任当初からくすぶり続けてきた「ロシア・ゲート」疑惑。ここにきて様々な情報が明らかになりつつある中で、トランプ側は「未遂」を強調するものの、益々もって厳しい状況に追い込まれています。アメリカ在住の作家でジャーナリストの冷泉彰彦さんは、自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で、「ロシア・ゲート」について、深刻な3つの疑惑を詳しく解説しています。 支持率36%、危険水域に入ったトランプ政権 トランプ政権の「ロシア・ゲート」が深刻化しています。2016年の6月にトランプが最終的に共和党の大統領候補への指名が確定した直後に、長男の「ドン・ジュニア」がロシア人の弁護士であるナタリア・ベセルニツカヤ氏と面会したという問題が連日報道されているからです。 この面会ですが、その当初の目的というのは「ロシア政府が入手した『ヒラリーを犯罪者にすることができる』情報」を、このベセルニツカヤ氏が提供してくれると述べ、ドン・ジュニア氏は、その「情報提供」を期待して面会したという点です。仮に事実であれば、外国勢力による選挙操作を示唆する深刻な問題です。 この点については、結果的に「会ってみたらそんな情報はなかった」としてトランプ陣営としては「未遂」だという主張をしています。ところが、以下の3点については、やはり深刻な疑惑が残っているのです。 1つは、そのベセルニツカヤ氏との面談。「アメリカによる...more
カテゴリー:

出されたお茶を飲み干す社長の会社は、株価が上がる - News&Analysis - 07月11日(火)05:00 

村上龍氏が「信頼と希望のファンド」と称賛したひふみ投信。運用を担当するカリスマファンドマネジャーの藤野氏は、一体どんな基準でどんな会社に投資しているのか。その手法の一端として「株価が上がる会社」の法則を聞いた。
カテゴリー:

「村上龍」の画像

もっと見る

「村上龍」の動画

Wikipedia

村上 龍(むらかみ りゅう、1952年2月19日 - )は、日本小説家映画監督脚本家長崎県佐世保市出身。血液型はO型。武蔵野美術大学在学中の1976年、麻薬とセックスに溺れる自堕落な若者たちを描いた限りなく透明に近いブルー群像新人文学賞、及び芥川龍之介賞を受賞。ヒッピー文化の影響を強く受けた作家として、村上春樹と共に時代を代表する作家と目される。代表作に、コインロッカー・ベイビーズ愛と幻想のファシズム...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる