「村上龍」とは?

関連ニュース

「もったいない」を「ありがとう」に変える、食糧支援の感動物語 - 01月23日(火)04:30 

メディアなどの影響で日本でも浸透しつつある、食べられるのに捨てられる食品を困っている人や団体に届ける取り組み「フードバンク」。しかし、そこに流れる信念は「人助け」ではなく「共生」でした。「テレビ東京『カンブリア宮殿』(mine)」は、放送内容を読むだけで分かるようにテキスト化して配信。路上生活まで体験し、日本のホームレスたちの気持ちに寄り添おうとしたセカンドハーベスト・ジャパン代表、チャールズ・マクジルトン氏が語った壮絶な過去とは? コストコの人気パン、缶詰…余った食の有効利用法 買い物のテーマパーク「コストコホールセール幕張倉庫店」。アメリカサイズの食料品が定番だが、中でもよく売れているのがパン。一番人気のシンプルなディナーロールをはじめ、こだわりのパンがおよそ40種類も用意されている。 店も閉まった午後8時。空の棚を引いたスタッフがパン売り場に現れた。売り場のパンをチェックすると、いくつか選別して棚に移し始めた。はじいたのは消費期限の迫った商品。コストコでは期限の2日前には売り場から撤去する決まりになっている。加工当日に撤去となるパンもある。これらは捨てられてしまうのか。 「廃棄するわけではなく、寄付に持っていきます」(渡邉誠司店長) 翌朝、選別しておいたパンが、やってきたトラックに積み込まれた。コストコの消費期限の迫ったパンはNPO団体、セカンドハーベスト・ジャパンを通じて有...more
カテゴリー:

【文学】第158回「直樹賞」に門井慶喜氏『銀河鉄道の父』 セカオワSaoriは受賞逃す - 01月16日(火)18:56  mnewsplus

1/16(火) 18:54配信  日本文学振興会は16日、『第158回芥川賞・直木賞(平成29年度下半期)』の選考会を東京・築地「新喜楽」で開き、芥川龍之介賞に石井遊佳氏の『百年泥』と若竹千佐子氏の『おらおらでひとりいぐも』、直木賞は三十五賞に門井慶喜氏『銀河鉄道の父』を選出した。初小説『ふたご』でノミネートされた人気バンド・SEKAI NO OWARIのSaoriこと藤崎彩織は受賞を逃した。  芥川賞・直木賞は1935(昭和10)年に制定。芥川賞は新聞・雑誌(同人雑誌を含む)に発表された純文学短編作品、直木賞は新聞・雑誌(同)・単行本...
»続きを読む
カテゴリー:

どん底からのV字回復、マクドナルド社長が語った復活劇の舞台裏 - 01月11日(木)04:30 

誰もが知る大企業でありながら、さまざまなトラブルが原因で一時は存続の危機もささやかれた「マクドナルド」と「西武」。両者が見せた復活劇には、ビジネスを知る上で大切なことが数多く隠されているようです。「テレビ東京『カンブリア宮殿』(mine)」は、放送内容を読むだけで分かるようにテキスト化して配信。苦境の中、大改革を遂行した2人の社長の揺るぎない経営哲学と、その驚異的な実行力の秘密とは? どん底から大復活~マクドナルドを変貌させた舞台裏 今、マックが大変貌を遂げているという。埼玉県川越市のマクドナルド川越木野目店。店内には溢れんばかりの大行列ができている。客を呼んでいる秘密は、レジの横にあるもうひとつの店「マックカフェ バイ バリスタ」。色とりどりのスイーツがずらりと並び、まるで専門店のようなコーヒーが飲める。 さらに木目調のインテリアが気持ちのいい2階のフロアにも新たな魅力が。ガラスで仕切られた空間は、屋内型プレイランドを設けた小さな子供連れでも安心して遊べる家族専用の客室だ。マクドナルドは今、様々な最新の設備で客を呼び込み、V字回復を遂げている。 その業績低迷が始まったのは原田泳幸前CEOの時代だった。就任以来、好業績を叩き出して注目されていた原田は、2012年3月22日放送のカンブリア宮殿にも出演している。しかし、番組放送直後の4月から突然始まった売り上げの減少。その後、客離れは...more
カテゴリー:

漁業を救った「よそ者女性」と、畜産業を救った「インテリ長男」 - 01月19日(金)23:23 

大変そう、休めなそう、儲からなそう…。そんな理由から、農業・漁業・林業といった「一次産業」の人手・後継者不足が深刻化しています。その一方で、あらたなシステムを自力で作り上げ、人気を集めている人々も。「テレビ東京『カンブリア宮殿』(mine)」は、放送内容を読むだけで分かるようにテキスト化して配信。漁業と畜産業に大きな革命を起こした2人の人物にスポットをあて、生き残るためのヒントを探ります。 究極のアジ直送革命~女性率いる萩の漁師集団 吉田松陰で有名な山口県萩市は、数多くの志士を生んだ明治維新胎動の地。そして日本海に面して海の幸に恵まれた漁業の町でもある。 そんな町でいま、水産維新を巻き起こしている漁師たちがいる。それが萩大島船団丸だ。漁を指揮するのは船団長の長岡秀洋。漁師歴39年のベテランだ。船団丸が行うのは巻き網漁。網船が網を張り、そこに灯りで魚を引き寄せ、一気に囲い込む。船団によるチームワークが鍵となる。 午後10時、運搬船が網船に近づく。大漁だ。萩名産の「瀬つきアジ」。アジは回遊魚なのに、岩場に住み着いて餌をたくさん食べるから脂がのって太っている。この地方だけの希少なアジだ。およそ2時間で1回目の漁が終了。すると長岡は次なる作業に着手した。魚は血から腐っていくという。だからその場で血抜きをして鮮度を保つのだ。 午前3時、船団丸の船が戻ってきた。それを待つ女性が一人。萩大島船団...more
カテゴリー:

第158回「直木賞」に門井慶喜氏 セカオワSaoriは受賞逃す 「芥川賞」はW受賞 - 01月16日(火)18:54 

 日本文学振興会は16日、『第158回芥川賞・直木賞(平成29年度下半期)』の選考会を東京・築地「新喜楽」で開き、芥川龍之介賞に石井遊佳氏の『百年泥』と若竹千佐子氏の『おらおらでひとりいぐも』、直木三十五賞に門井慶喜氏『銀河鉄道の父』を選出した。初小説『ふたご』で直木賞にノミネートされた人気バンド・SEKAI NO OWARIのSaoriこと藤崎彩織は受賞を逃した。 【写真】芥川賞は石井遊佳氏と若竹千佐子氏がW受賞  芥川賞・直木賞は1935(昭和10)年に制定。芥川賞は新聞・雑誌(同人雑誌を含む)に発表された純文学短編作品、直木賞は新聞・雑誌(同)・単行本として発表された短編および長編の大衆文芸作品の中から優れた作品に贈られる。前者は主に無名・新進作家、後者は無名・新進・中堅作家が対象となる。  前期・第157回(平成29年上半期)の芥川賞は沼田真佑氏の『影裏』、直木賞は佐藤正午氏の『月の満ち欠け』が選出された。 ■第158回芥川龍之介賞 候補作(掲載誌) 石井遊佳『百年泥』(新潮十一月号) 木村紅美『雪子さんの足音』(群像九月号) 前田司郎『愛が挟み撃ち』(文學界十二月号) 宮内悠介『ディレイ・エフェクト』(たべるのがおそいvol.4) 若竹千佐子『おらおらでひとりいぐも』(文藝冬号) ■第158回直木三十五賞 候補作(出版社) 彩瀬まる『くちなし』(文藝春秋) 伊吹...more
カテゴリー:

パンに比べてコメ作りは努力してきたか? 米卸業の危機感が生んだ大変革 - 01月09日(火)04:30 

米卸業者として国内トップクラスでありながら、回転寿司店、炊飯器の開発など、常に新しいことに挑戦し続けている「神明」。それには深い理由と、大きな目標がありました。「テレビ東京『カンブリア宮殿』(mine)」は、放送内容を読むだけで分かるようにテキスト化して配信。かつて「急性骨髄性白血病」を患い、死の淵から生還した4代目社長・藤尾益雄氏が決意した「生きて、やらなければならないこと」とは? 新米の季節、美味い米にこだわった定食、回転寿司… 東京・上野で「ごはんが美味い」と評判の「サバープラス」。脂が乗っている「トロサバ」を贅沢に使ったサバ料理の専門店だ。「塩焼鯖定食」は990円で、ご飯のおかわりは無料。実はこの店はサバだけではなくご飯も主役。「サバープラス」という店名の「プラス」は「米」の字になっている。 おかわりしたくなるそのご飯には黄色いものが混じっている。「玄米の食感を楽しみながら白米の食感も楽しめる。玄米が際立つんです、プチプチした食感で」と、石井良明店長。人気の理由は玄米と白米をブレンドしているから。しかも5つ星マイスターが監修した黄金ブレンドだ。人気の米を作っているのは神明。この店の運営もしている。 さらに神明は、全国に112店舗を構える回転寿司チェーン「魚べい」も手がけている。「魚べい」のウリは寿司を運ぶ高速レーン。注文して2分以内に届くから、どれも握りたて。しかも基本一皿...more
カテゴリー:

「村上龍」の画像

もっと見る

「村上龍」の動画

Wikipedia

村上 龍(むらかみ りゅう、1952年2月19日 - )は、日本小説家映画監督脚本家長崎県佐世保市出身。血液型はO型。武蔵野美術大学在学中の1976年、麻薬とセックスに溺れる自堕落な若者たちを描いた限りなく透明に近いブルー群像新人文学賞、及び芥川龍之介賞を受賞。ヒッピー文化の影響を強く受けた作家として、村上春樹と共に時代を代表する作家と目される。代表作に、コインロッカー・ベイビーズ愛と幻想のファシズム...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる