「村上龍」とは?

関連ニュース

なぜ無名な村の名を冠した居酒屋が「ミシュラン」に載れたのか? - 05月27日(土)13:48 

「地方創生」なる言葉が大々的に掲げられるようになって早3年。「B級グルメ」や「ゆるキャラ」の勢いも収束し始めた今、地方を元気にする新たなアイデアはあるのでしょうか? そのヒントは「居酒屋」にありました。「テレビ東京『カンブリア宮殿』(mine)」は、放送内容を読むだけで分かるようにテキスト化して配信。自らの「舌」だけを頼りに、聞いたことのない村や町を次々と有名にしていく若きカリスマの活躍を追いました。 無名な町や村が店名に~「地方のお宝発掘」酒場 夜の東京・日本橋。再開発が進む表通りから一本道を入ると、そこは飲食店が軒を連ねる隠れたグルメの激戦区。そんな中、ちょっと変わった居酒屋を見つけた。 店名は「佐賀県三瀬村(みつせむら)ふもと赤鶏」。「ふもと赤鶏」の焼き鳥は、きめ細かな肉質とうまみが濃いこの店の看板メニュー。「おまかせふもと赤鶏串盛り(7本)」は1080円。 この「ふもと赤鶏」を生み出したのが佐賀県の三瀬村。新鮮な肉が現地から直接届けられる。「この店に来て初めて三瀬村という名前を聞いて、こんなにおいしい料理が食べられるところだと初めて知りました」「ここで食べたものが本当にそこの町にあるのか、行ってみたくなります」という客の中には、スマホを取り出して場所を探り始める姿も。ここは無名な地方の村が、話題の中心となる居酒屋なのだ。 同じく、あまり耳にしない自治体を店名にしている店、...more
カテゴリー:

「日本ヤバい」をまとめた経産省・若手のスライドにある違和感 - 05月24日(水)04:30 

今、あるプレゼン資料がネットで話題を呼んでいることをご存知でしょうか。日本の将来に危機感を抱いた経産省の若手職員らがまとめた資料で、非正規雇用、貧困問題、終末医療など、日本の暗部ともいうべき問題点が、図表などを用いてわかりやすく説明されています。これをさっそく読んだというアメリカ在住の作家・ジャーナリストの冷泉彰彦さんは、自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で、その感想と大きな問題点を指摘しています。 経産省次官・若手プロジェクト、過大評価は禁物 先週ネットの世界で大変に話題になったスライドです。経産省の若手が「日本はこのままではダメだ」という危機感に基づいてプレゼンをしたということで、例えば見出しだけを見てもなかなか刺激的です。 まずタイトルは「不安な個人、立ちすくむ国家」、90年代の終わり、まだ日本に余力があった時代に日経新聞が毎年正月に「やたら中長期の悲観論をぶった」時代があり、なんとなくその残り香みたいな感じがしますが、確かに視線を引きつけるタイトルには違いありません。 内容については、「液状化する社会と不安な個人」という更にエモーショナルなタイトル、そして「定年後の居場所がない」「人生の終末はこれでいいのか」「母子家庭の貧困」「非正規、教育格差、貧困連鎖」「ネットの情報に踊らされる個人」「昭和の人生すごろくは終わった」などといった話題がチャートをつかって「いかにも...more
カテゴリー:

トランプのFBI長官解任騒動は、第2のウォーターゲート事件なのか - 05月18日(木)04:45 

トランプ大統領による「FBI長官解任」をきっかけに、全米が大きく揺れはじめています。ロシアとの「不適切な関係」の解明にFBIが更なる力を注ごうというタイミングだっただけに様々な疑惑が取り沙汰され、「第2のウォーターゲート事件」とするメディアも出てきました。アメリカ在住の作家・冷泉彰彦さんは自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で、今回の疑惑とウォーターゲート事件とを比較するとともに、ペンス副大統領による「クーデター」の可能性についても言及しています。 追い詰められるトランプ、ウォーター・ゲート事件との比較 5月9日に発生した「FBIコミー長官解任事件」を契機として、トランプ政権の周辺には動揺が続いています。問題は3つあります。 今回の騒動で、トランプ陣営の「ロシアとの癒着疑惑」が深まった。 コミー前長官に対する脅迫など、大統領の言動が更に粗雑化している。 ホワイトハウス内部にも動揺が見られる。 一般的には1.が話題になっています。特に、今回の解任は、「上院情報委員会が解任されたマイケル・フリン前安全保障補佐官への文書提出召喚状を交付」という事件と重なっていますし、コミー氏が「ロシア問題に関する捜査の拡大」を進めていた矢先という微妙なタイミングとなっています。 これでは、政権として、あるいは大統領として「やましい」ところがあると言っているようなものです。議会では民主党側のほぼ1...more
カテゴリー:

村上龍氏、SUPER JUNIORイェソン新曲で作詞「歌唱力と、その声に、魅了された」 - 05月16日(火)17:22 

 韓国の人気グループSUPER JUNIORのイェソンの新曲「愛してるって言えない」の歌詞を、作家の村上龍氏が手がけたことが明らかになった。村上氏が海外のアーティストに歌詞を提供するのは今回が初めて。同曲はイェソンの日本2ndシングル「Splash/愛してるって言えない」(6月28日)に収録される。 【写真】昨年公開の映画で佐々木希と共演したイェソン  「国内外問わず、作詞は、ほとんど、まったくと言っていいほど、やっていません」という村上氏だが、今回作詞を引き受けた理由について「彼の、歌唱力と、その声に、魅了されたからです。イェソンの声は、かすかにハスキーで、陰影に富み、かつ明るさもあり、希有なものだと思います」と称賛する。  歌詞は「あっという間に、10数分で、書きました」と明かし、「ずっと思っていたことがあって、それは、『愛してる』という言葉が氾濫しているけど、実際、人の気持ちというのはもっと複雑で深いのではないか、ということです。それを歌詞にしようと思いました。イェソンにぴったりのテーマで、いい感じのラブソングになるという予感がありましたが、実際に出来上がった曲を聞いて、自分は間違っていなかったと、満足しています」と自信をにじませた。  イェソンは「村上龍さんに歌詞を提供していただけると聞いた時は、大変驚きました。『愛してる』という言葉の意味の深さを感じながらレコーデ...more
カテゴリー:

J文学とは何か? - 05月16日(火)12:00 

文学と聞いてどんなイメージを思い浮かべるでしょうか。何か堅苦しいもの、古くさいもの、そうしたイメージが先行するのではないかと思います。そんな旧来の文学のイメージを突き崩そうとしたのがJ文学でした。 「文藝」にはじまる J文学は河出書房新社が発行する文芸誌「文藝」において展開されました。若者向けのサブカルチャーよりの作家を多く起用し、紙面もポップなデザインに仕上げました。J文学の代表的な作家といえば、阿部和重や赤坂真理、藤沢周、鈴木清剛など主に90年代にデビューした新しい作家たちを総称していました。 Jの時代 当時はプロサッカーリーグのJリーグが誕生し、さらに日本の邦楽がJポップと呼ばれるなど、なにかとJと名前がつくものが取りざたされていました。その中で文学にもJをつけることで堅苦しいイメージを取り除こうとしたのです。しかしながらJ文学は、幅広い作家と一括りにしてしまったため無理があったともいえます。90年代にデビューした作家はもちろん、若者に人気のある村上春樹や村上龍まで含めていたためです。これではさすがに、なんでもありが過ぎたともいえるでしょう。広い意味で文学のサブカルチャー志向をあらわしていたのがJ文学であったともいえるでしょう。元記事をビーカイブで確認!■関連記事ポエム化する社会とは何か?本屋大賞1位!「舟を編む(三浦しをん)」のポップ集 @ ジュンク堂千日前店若者の日常...more
カテゴリー:

芥川賞作家・羽田圭介は月収300万!本音は「路線バス旅めんどくさい」 - 05月26日(金)17:00 

芥川賞作家・羽田圭介(31)が25日深夜放送のテレビ東京『じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~』にゲスト出演し、過去3カ月間の収入をテレビ初告白。さらに「払いが渋い」「タクシーチケットが出ない」など、各テレビ局での待遇差を赤裸々に語り視聴者を楽しませた。(画像はTwitterからのスクリーンショット)■印税2,200万円も生活は変わらない羽田は2003年に『黒冷水』で第40回文藝賞を受賞しデビュー。数度の候補を経て2015年、ピース・又吉直樹(36)の『火花』と共に『スクラップ・アンド・ビルド』で芥川賞を受賞し、一躍時の人に。芥川賞の受賞に関しては「半年に1度、狭い条件の中で出てくるもの。やり遂げた感じはない」と独特の感想を述べた。番組内では「ジャンル別 芸能界のギャラ事情SP」として、作家の羽田が懐事情を告白。まずは、ちゃんと話せるお金の話、計算できる「印税」について。芥川賞に輝いた『スクラップ・アンド・ビルド』は23万部発行。1冊1300円の10%、2,200万円の印税と賞金100万円を獲得した。受賞後も特に生活は変えず、食事のために外出するのは面倒と考える羽田。収録などで出る弁当を2.3個持って帰ったり、安いオージービーフを4キロまとめ買いしてハンバーグを大量に作り置きしたりと、庶民感覚を忘れない。移動は電車と路線バスが中心のため、「テレビ東京の某番組ではタクシーチケッ...more
カテゴリー:

「和菓子のソニー」と呼ばれた銘店の三代目が感じる「危機感」 - 05月20日(土)21:45 

今でこそ和菓子は種類も豊富ですが、今回ご紹介する滋賀県大津市の老舗和菓子店「叶匠壽庵(かのう しょうじゅあん)」が開業した昭和30年代は、まだ羊羹や饅頭を売るだけの店がほとんどでした。そんな中、まだ小さな店だった叶匠壽庵の初代は斬新な和菓子を次々と世に送り出し「和菓子のソニー」と呼ばれて注目を集めます。「テレビ東京『カンブリア宮殿』(mine)」は、放送内容を読むだけで分かるようにテキスト化して配信。先代のスピリットを受け継ぎながらも「革新」を続ける、三代目社長の覚悟とは? 満開の梅に茶懐石~和の魅力満載の里山 琵琶湖を望む滋賀県大津市。湖のほとりから30キロほど入った山あいに人気の施設があるという。 3月、そこには見渡す限り満開の梅が。この見事な光景を一目見ようと、家族連れやカップルが殺到していた。この日だけで2000人の観光客が押し寄せた。 梅の木はおよそ1000本。京都に古くから続く「城州白梅」という品種で、花だけでなく、夏には大粒の実を付けるという。 ここは「寿長生(すない)の郷」。6万3千坪の敷地に日本の昔ながらの里山が広がる。 敷地の一角で相撲が始まった。こちらでは和太鼓の演奏。まるで懐かしい村祭りのようだ。お食事処「山寿亭」では旬の食材をふんだんに使った懐石料理が味わえる。食事の締めは別席に移って裏千家のお点前を体験。「寿長生懐石」(お茶席付き)は6480円。そして...more
カテゴリー:

小田急電鉄はどうやって「箱根」をドル箱観光地に変えたのか? - 05月18日(木)04:30 

日本の人気温泉地と聞いて、真っ先に「箱根」を思い浮かべる人は少なくありません。国、年齢、性別に関係なく楽しめる箱根がもつ無限の魅力。それは、箱根の仕掛け人とも呼べる「小田急電鉄」の存在なくしては語れません。「テレビ東京『カンブリア宮殿』(mine)」は、放送内容を読むだけで分かるようにテキスト化して配信。今や国を超えて世界中の人々を魅了する「箱根」を作り上げた小田急電鉄の秘策とは? 絶品、絶景が続々~最強温泉・箱根、集客の秘密 芦ノ湖から富士山を望む神奈川県・箱根。年間2000万人が訪れる日本屈指の温泉地だ。 いったい何が客を引きつけるのかというと、例えば芦ノ湖のほとりに最近できた「ベーカリー&テーブル箱根」。大にぎわいの店内で売れまくるのは焼きたて、アツアツのパン。その味わいはどれも個性的。厨房で揚げているのはサクサク食感の「米粉のカレーパン」(345円)。割ってみると丸ごとのゆで卵が入っている。 でも、客の一番のお目当ては長いテラス席。なぜか客が次々と裸足になり始めた。すると、下には足湯が。ここは足湯につかりながらパンが食べられる箱根の新名所なのだ。 箱根にはそんな魅惑のスポットが続々と誕生している。 去年できた施設「茶屋本陣 畔屋」は、小田原の絶品の店が集結するちょっとユニークな商店街。例えば1894年に創業した「しいの」には、選りすぐりのおつまみや美味しそうな珍味が並んで...more
カテゴリー:

【SUPER JUNIOR】SUPER JUNIORイェソン、SGリリース。作詞には村上龍が参加 - 05月16日(火)12:26 

SUPER JUNIORのイェソンが6月28日(水)に日本2ndソロシングルをリリースすることが決定した。今作は、ダンスナンバー「Splash」とバラードソング「愛して...
カテゴリー:

村上龍氏がイェソン新曲で初作詞 ライブに魅了快諾 - 05月16日(火)07:46 

 韓国の人気グループSUPER JUNIORイェソン(32)の最新曲「愛してるって言えない」を、作家村上龍氏(65)が作詞したことが15日、分かった。村上氏がアーティストに楽曲提供するのは初めて。  異例のタッグが実現した。昨年、村上氏…
カテゴリー:

もっと見る

「村上龍」の画像

もっと見る

「村上龍」の動画

Wikipedia

村上 龍(むらかみ りゅう、1952年2月19日 - )は、日本小説家映画監督長崎県佐世保市出身。血液型はO型。武蔵野美術大学在学中の1976年、麻薬とセックスに溺れる自堕落な若者たちを描いた限りなく透明に近いブルー群像新人文学賞、及び芥川龍之介賞を受賞。ヒッピー文化の影響を強く受けた作家として、村上春樹と共に時代を代表する作家と目される。代表作に、コインロッカー・ベイビーズ愛と幻想のファシズム...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる