「村上信五」とは?

関連ニュース

意外? タモリが初の『好きな司会者ランキング』1位獲得 - 02月23日(金)08:40 

 テレビ番組に欠かせない“名司会者”の存在。番組の趣旨を的確に視聴者に伝え、ゲストの個性を引き出すMCの役割は、培ってきた人生経験が如実に反映される。ORICON NEWSでは恒例の『第10回好きな司会者ランキング』を今年も発表。記念すべき10回で1位となったのはベテラン司会者の【タモリ】。意外にも(!?)今回が初の首位獲得となったタモリだが、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)終了から4年が経ち、さらなる番組出演を待ち望む、“視聴者の渇望”が如実に反映される結果となった。 【ランキング表】第10回 “好きな司会者”TOP10 ※ユーザーの声も掲載 ■初の1位獲得! 自然体の美学と博識ぶりでタモリブランドは衰え知らず  2年連続2位を経て、大御所【タモリ】が初の1位に輝いた。イグアナのモノマネなどの“密室芸”で芸能界入りし、1982年から2014年まで『笑っていいとも!』(フジテレビ系)で32年にわたって“お昼の顔”として君臨。だが、その影響力は落ちることなく、むしろ限られたテレビ出演に“タモリブランド”の希少価値が高まった様子。  実際に『ブラタモリ』(NHK総合)は2016年6月4日放送の「伊勢神宮」回で番組歴代最高視聴率の18.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)を筆頭に、15%以上の高視聴率を連発。タモリは全国津々浦々まで訪ね歩き、どの場所でも地元民以上の情報まで知...more
カテゴリー:

村上信五に整形疑惑?ジャニーズのタブーに挑戦するニュータイプ - 02月15日(木)12:10 

12日に放送された『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、関ジャニ∞の村上信五がマツコ・デラックスに整形疑惑をイジられた。 番組恒例の街頭インタビューで、偶然、占い師をして...
カテゴリー:

あの菅井秀憲が号泣した“奇跡の歌声”がSNSでも反響「これは泣く」「本当に天才!」 - 02月15日(木)11:15 

関ジャニ∞の村上信五と女優の黒木瞳がMCを務めるオーディション番組『今夜、誕生!音楽チャンプ』(テレビ朝日系)は、2月11日にチャンプ勝ち抜き戦『第5回歌唱チャンプ』を放送。 前回は、見事歌唱チャ…
カテゴリー:

「女神が降りてきた」と絶賛された新潟の女子高校生・琴音の奇跡の歌声とは!? - 02月15日(木)06:00 

2月11日(日)の「今夜、誕生!音楽チャンプ」(テレビ朝日系)では、新潟の天才女子高校生・琴音さんが2度目の防衛を懸けて新たなスター候補と対決する『第6回歌唱チャンプ』を放送する。 【写真を見る】琴音が歌う手嶌葵「明日への手紙」が大反響!?/(C)テレビ朝日 同番組は、関ジャニ∞の村上信五と女優の黒木瞳がMCを務めるリアリティー・オーディション番組。 前回、歴代最高得点で初防衛を果たした琴音さんは、予選から勝ち上がってきた美声男子高校生・寺西大樹さんと、手嶌葵の「明日への手紙」で対決。審査員の田中隼人が「女神が降りてきた」と大絶賛したうえ、審査員イチ厳しい評価で知られる“鬼の”菅井秀憲が号泣する一幕も。 そんな琴音さんが「明日への手紙」を歌う決勝戦の動画を、公式HPではノーカットバージョンで公開中だ。2月13日に公開してから再生回数はあっという間に30万回を超え、SNSなどでも「これは泣くわ」「本当に天才!」など大きな反響を呼んでいる。 また、「丸山純奈デビューへの道」では、前回4つ目の課題として安室奈美恵の『Love Story』を披露した丸山純奈が、同楽曲をピアノ伴奏で再挑戦する。(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・“天使の声”を持つ中学生シンガー・丸山純奈が本格デビュー!? ・片瀬那奈が「私、動揺しています」と衝撃を受ける逸材とは? ・話題の中学生シンガー・丸山純奈の“天...more
カテゴリー:

『音楽チャンプ』新潟の天才女子高生・琴音さんの歌唱動画に反響 - 02月15日(木)06:00 

アイドルグループ・関ジャニ∞の村上信五と女優の黒木瞳がMCを務めるテレビ朝日系オーディション番組『今夜、誕生!音楽チャンプ』(毎週月曜21:58~)では、11日の放送で「歌唱チャンプ」に輝いた女子高生・琴音さんの歌唱動画を、番組ホームページで公開している。
カテゴリー:

関ジャニ推し?『音楽チャンプ』打ち切りでジャニーズがテレ朝に突きつけた要求 - 02月20日(火)12:40 

「関ジャニ∞」の村上信五と女優・黒木瞳が司会を務めるテレビ朝日系音楽バラエティー番組「今夜、誕生!音楽チャンプ」が、3月末で終了することが報じられているが、打ち切りを伝...
カテゴリー:

あの菅井秀憲が号泣した“奇跡の歌声”がSNSでも反響「これは泣く」「本当に天才!」 - 02月15日(木)11:15 

関ジャニ∞の村上信五と女優の黒木瞳がMCを務めるオーディション番組『今夜、誕生!音楽チャンプ』(テレビ朝日系)は、2月11日にチャンプ勝ち抜き戦『第5回歌唱チャンプ』を放送。前回は、見事歌唱チャンプに輝いた新潟の天才女子高生・琴音さん(16歳)が歴代最高得点で初防衛を果たした。琴音さんは、予選から勝ち上がってきた美声男子高校生・寺西大樹さんと手嶌葵の「明日への手紙」で対決。審査員の田中隼人に「女神が降りてきた」と大絶賛され、さらに厳しい評価を下す菅井秀憲が号泣する場面も……。そんな琴音さんが「明日への手紙」を歌う決勝戦の動画が、ノーカットバージョンで現在公式HPで公開されている。この動画は、2月13日に公開してから再生回数はあっという間に30万回を超えで、SNS等でも「これは泣くわ」「本当に天才!」など大きな反響を呼んでいる。 関連リンク 板野友美、マスク姿での工場ロケに「ざわちんかと…」視聴者困惑!? ドアのない生活…JKの“激レアさん”の体験に「正直笑えない…」「危険だろ」 『科捜研の女』マリコの“天然っぷり”に「可愛すぎか」「毎週ファンが増えていく」 ...more
カテゴリー:

あの菅井秀憲が号泣した奇跡の歌声がSNSでも反響「これは泣く」「本当に天才!」 - 02月15日(木)11:15 

関ジャニ∞の村上信五と女優の黒木瞳がMCを務めるオーディション番組『今夜、誕生!音楽チャンプ』(テレビ朝日系)は、2月11日にチャンプ勝ち抜き戦『第5回歌唱チャンプ』を放送。前回は、見事歌唱チャンプに輝いた新潟の天才女子高生・琴音さん(16歳)が歴代最高得点で初防衛を果たした。琴音さんは、予選から勝ち上がってきた美声男子高校生・寺西大樹さんと手嶌葵の「明日への手紙」で対決。審査員の田中隼人に「女神が降りてきた」と大絶賛され、さらに厳しい評価を下す菅井秀憲が号泣する場面も……。そんな琴音さんが「明日への手紙」を歌う決勝戦の動画が、ノーカットバージョンで現在公式HPで公開されている。この動画は、2月13日に公開してから再生回数はあっという間に30万回を超えで、SNS等でも「これは泣くわ」「本当に天才!」など大きな反響を呼んでいる。 関連リンク 板野友美、マスク姿での工場ロケに「ざわちんかと…」視聴者困惑!? ドアのない生活…JKの“激レアさん”の体験に「正直笑えない…」「危険だろ」 『科捜研の女』マリコの“天然っぷり”に「可愛すぎか」「毎週ファンが増えていく」 ...more
カテゴリー:

高校生シンガー・琴音が歌う「明日への手紙」公式動画で公開 - 02月15日(木)06:00 

 関ジャニ∞の村上信五と女優の黒木瞳がMCを務める、テレビ朝日系オーディション番組『今夜、誕生!音楽チャンプ』(毎週日曜 後9:58)。11日に放送された勝ち抜き戦「第5回歌唱チャンプ」で、歴代最高得点で初防衛を果たした新潟在住の女子高校生・琴音さん(16)の歌唱動画が13日に公開されると、SNSで「これは泣くわ」「本当に天才!」などと大きな反響を呼んでいる。 【動画】新潟在住の女子高校生・琴音さんの歌唱動画  前回の放送で見事歌唱チャンプに輝いた琴音さん。11日は、予選から勝ち上がってきた美声男子高校生・寺西大樹さんと手嶌葵の「明日への手紙」で対決し、審査員の田中隼人氏に「女神が降りてきた」と大絶賛された。今回、アップされた動画は、その「明日への手紙」を歌った決勝戦のノーカットバージョン。  次回は25日放送。「第6回歌唱チャンプ」には、アカペラ女子大生、日本を愛するタイの大学院生など今夜も新たなスター候補たちが集結。歴代最高得点を叩き出し、スタジオ中が涙した奇跡の歌声をもつ琴音に挑む。2度目の防衛なるか? それとも新チャンプ誕生か?  昨年12月に開催された「第1回 中高生制服チャンプ」に優勝した丸山純奈の「デビューへの道」企画では波乱の展開が。前回課題をギリギリクリアした丸山だったが、本人の希望により安室奈美恵の「Love Story」をピアノ伴奏で再挑戦する。 ■...more
カテゴリー:

【有名人マジギレ事件簿】『音楽チャンプ』で審査員が演歌歌手に大激怒 - 02月14日(水)23:20 

関ジャニ∞・村上信五と黒木瞳が司会を務めるオーディション番組『今夜、誕生!音楽チャンプ』(テレビ朝日系)が、3月いっぱいで放送を終了することがわかった。同番組は昨年10月に...
カテゴリー:

もっと見る

「村上信五」の画像

もっと見る

「村上信五」の動画

Wikipedia

村上 信五(むらかみ しんご、1982年1月26日 - )は、日本歌手司会者バラエティータレント俳優であり、男性アイドルグループ関ジャニ∞のメンバー。

大阪府高槻市出身。ジャニーズ事務所所属。

担当楽器はキーボード、ピアノ

概要
  • 中学2年生の時クラスメイトにV6のファンがおり、「オーディションを受けろ」と薦められたが、その時は部活動や学校行事一筋で興味がなく受け流していた。その後部活を引退した後も誘われたため根負けし、1996年、中学3年生の時に「一人で受けるのが嫌」という理由で前の席の子を誘い履歴書を送付、書類選考による一次審査に合格した。この時点では、母親は反対だったが「約束は守りなさい」と言われオーディションに行き合格し入所した。その時のオーディションには...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる