「李在鎔」とは?

関連ニュース

朴元大統領が呼吸したので逮捕状請求へ - 03月22日(水)06:03 

【ソウル時事】韓国の朴槿恵前大統領(65)をめぐる疑惑を調べている 検察特別捜査本部は21日深夜、朴氏への聴取を終了した。 聯合ニュースによると、朴氏はサムスングループからの収賄など 疑惑を全面否認した。検察は事案の重大性や証拠隠滅の恐れを勘案、 逮捕状の請求を本格的に検討する。 聯合などによれば、聴取終了は午後11時40分(日本時間同)。 午前9時35分から昼食、夕食を挟んで約14時間に及んだ。調書の 確認に1、2時間かかる見込みで、調書に署名後、帰宅するという。 朴氏は在任中、検察や特別検察官の聴取を拒...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

≪崔被告の国政介入疑惑から朴前大統領の検察出頭まで≫ - 03月21日(火)15:00 

◇2014年 ▼4月8日:新政治民主連合(現共に民主党)の安敏錫(アン・ミンソク)国会議員が国会質疑で、朴槿恵(パク・クネ)大統領(当時、以下同じ)の親友、崔順実(チェ・スンシル)氏の娘で馬術選手のチョン・ユラ氏が馬術の韓国代表選考会で特別待遇を受けた疑惑を提起 ▼9月15日:朴大統領とサムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が面談 ◇2015年 ▼7月25日:朴大統領が李在鎔氏との2回目の面談で大韓乗馬協会への支援と、崔氏が実質支配した文化支援財団「ミル財団」とスポーツ支援財団「Kスポーツ財団
in English
カテゴリー:

21日に朴前大統領聴取=韓国検察が出頭要請-収賄容疑、全面否認へ - 03月15日(水)12:08 

 【ソウル時事】韓国の朴槿恵前大統領の収賄疑惑などを調べている検察の特別捜査本部は15日、朴氏を容疑者として事情聴取することを決め、21日午前9時半(日本時間同)に出頭するよう朴氏側に要請した。韓国メディアによると、朴氏の弁護士は15日、「出頭日程の通告を受けた。捜査に積極的に協力する」と述べ、聴取に応じる意向を示した。 憲法規定で現職大統領は刑事訴追を受けないが、朴氏は憲法裁判所の罷免決定で不訴追特権を失っており、検察は朴氏を厳しく追及する方針。 朴氏は側近を通じて発表した声明で「真実は必ず明らかになると信じている」と述べ、親友の崔順実被告らに絡む事件への関与を改めて否定しており、事情聴取に対しても全面否認するのは確実だ。 検察が朴氏の聴取後、逮捕状を請求するかどうかが焦点となる。聯合ニュースによれば、崔被告やサムスングループの事実上のトップ、サムスン電子副会長の李在鎔被告ら中心人物が逮捕されていることから、「逮捕状請求が『法の下の平等』という原則に沿っている」という見方も強い。 検察は昨年11月、朴氏が崔被告らと共謀関係にあったとして、職権乱用などで立件したが、現職大統領のため起訴できなかった。さらに今年2月には特別検察官チームも収賄の共犯などで立件。捜査期間が終了したため、検察が捜査を引き継いだ。 検察の捜査を受ける大統領経験者は、盧泰愚、全斗煥、盧武鉉の3氏に続いて4人目。...more
in English
カテゴリー:

【朴元大統領罷免】検察が朴前大統領の本格捜査へ 今週にも出頭要請か - 03月13日(月)19:04 

http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20170313000200882&domain=6&ctype=A&site=0100000000 【ソウル聯合ニュース】韓国憲法裁判所の罷免決定で失職した朴槿恵(パク・クネ)前大統領に対し、検察が本格的な捜査に入った。朴氏は長年の親友、崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入を容認したとされるが、大統領だったこれまでは直接調べを受けていなかった。検察が朴氏をいつ出頭させ調べるかに関心が集まっている。  検察の関係者は13日、「朴前大統領にまだ出頭を通知していない。決まったことは...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】WBC韓国代表 初の自国開催で連敗もブーイングなしのワケ WBCに対する関心は低く観客は冷めていた… - 03月08日(水)16:57 

観客は冷めていた。  初の自国開催となった韓国が、前日のイスラエルに続き、この日はオランダに0-5で完敗。2大会連続の1次ラウンド敗退が濃厚となった。  韓国の国民といえば、国際試合では自国代表に熱狂的な応援を見せる一方、惨敗には容赦ない怒声を浴びせることも多々ある。ところがこの日は、絶望の完封負けにもスタンドはやけに冷めていた。  今回の韓国代表は、メジャーリーガーの不参加に加え、主力となる選手の故障や不祥事でベストメンバーが組めなかったことから「史上最弱の代表」と言われていた。ハナから2...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

朴氏、容疑を全面否認=逮捕状請求、本格検討-韓国検察 - 03月21日(火)23:29 

 【ソウル時事】韓国の朴槿恵前大統領(65)をめぐる疑惑を調べている検察特別捜査本部は21日深夜まで、朴氏の聴取を続けた。聯合ニュースによると、朴氏はサムスングループからの収賄など疑惑を全面否認した。検察は事案の重大性や証拠隠滅の恐れを勘案、逮捕状の請求を本格的に検討する。 朴氏は在任中、検察や特別検察官の聴取を拒否していたが、憲法裁判所に提出した意見書で疑惑に逐一反論している。朴氏はこの中で、サムスンの事実上のトップ、サムスン電子副会長の李在鎔被告から「不正な請託を受けたことはない」と強調。友人の崔順実被告らが設立した財団についても、韓流文化やスポーツの発展のために、積極的に協力するよう指示したにすぎないと説明した。 さらに、「崔被告に国家政策、人事、外交の文書を渡し、国政介入を許したという主張は全く事実でない」と述べており、こうした主張を繰り返したとみられる。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

在日朝鮮人は20歳になったらロボトミー手術を受けさせればいいと思う - 03月18日(土)19:43 

sssp://img.2ch.net/premium/1372182.gif  韓国の朴槿恵前大統領の疑惑を捜査中の検察が18日午後、同国3番手の大手財閥SKグループの経営トップ、崔泰源SK会長を出頭させ事情聴取した。 崔会長は2015年8月、横領罪などで服役中に特赦で出所しており、SKが朴氏側へ賄賂を提供した見返りだった可能性があるとみているもようだ。  朴氏は親友の崔順実被告とともに二つの財団を設立・運営し、財界に出資を要求した。SK側は両財団に約111億ウォン(約11億円)を拠出している。 この見返りに朴氏が、崔会長の特赦な...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

朴槿恵前大統領、逮捕間近? - 03月15日(水)11:53 

韓国検察は15日、朴槿恵(パククネ)前大統領に対し、21日午前9時半に 出頭するよう通知した。支援者のチェ・スンシル被告らと共謀し、 機密文書を流出させたり、企業に資金拠出を強要したりした疑いで 調べる。朴氏の弁護団は事情聴取に応じる意向を示している。  検察と特別検察官はこれまで、チェ被告や朴政権の閣僚、 高官らを起訴している。起訴内容によると、朴氏はチェ被告と共謀し、 サムスン電子副会長の李在鎔(イジェヨン)被告から約束分も含め 総額約433億ウォンの賄賂を受け取るなど、計13件で朴氏の...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

朴大統領、罷免=5月に選挙へ-韓国 - 03月10日(金)11:46 

 【ソウル時事】韓国の朴槿恵大統領の弾劾訴追を審理していた憲法裁判所は10日、弾劾を正当と認め、朴氏の罷免を決定した。弾劾による失職は韓国史上初の事態。60日以内に大統領選が実施され、5月9日が有力視されている。 朴氏をめぐっては昨年10月、親友の崔順実被告に演説草稿などが提供されていたことが発覚し、崔被告が国政や人事に介入していた疑惑が続出。検察は11月、崔被告らを職権乱用などで逮捕、起訴し、朴氏も「共謀関係にあった」として立件した。朴氏の退陣要求集会が毎週末開かれ、民主化後最大規模に達するなど国民の反発が強まる中、国会は12月9日、弾劾訴追案を圧倒的多数で可決、朴氏は職務停止に追い込まれた。 今年2月にはサムスングループの事実上のトップ、サムスン電子副会長の李在鎔被告が崔被告らへの贈賄容疑で特別検察官に逮捕、起訴され、朴氏も収賄の共犯として立件された。 憲法裁は所長を含む9人で弾劾審理を開始したが、所長が1月末に退任したため、8人体制で判断することになった。罷免には6人の賛成が必要。国会側は朴氏の職務遂行に関し、崔被告の国政や人事への介入を許すなど「重大かつ広範な憲法違反があった」と主張した。朴氏側は「国政には関与させていない」と反論。サムスングループなどからの収賄疑惑についても、全面否認していた。 民間機関リアルメーターが今月8日に実施した世論調査では、76.9%が弾劾を支持...more
in English
カテゴリー:

【野球】<今はWBCどころではない?>韓国代表 初の自国開催で連敗もブーイングなしのワケ... - 03月08日(水)14:33 

観客は冷めていた。  初の自国開催となった韓国が、前日のイスラエルに続き、この日はオランダに0-5で完敗。2大会連続の1次ラウンド敗退が濃厚となった。  韓国の国民といえば、国際試合では自国代表に熱狂的な応援を見せる一方、惨敗には容赦ない怒声を浴びせることも多々ある。ところがこの日は、絶望の完封負けにもスタンドはやけに冷めていた。  今回の韓国代表は、メジャーリーガーの不参加に加え、主力となる選手の故障や不祥事でベストメンバーが組めなかったことから「史上最弱の代表」と言われていた。ハナから2...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「李在鎔」の画像

もっと見る

「李在鎔」の動画

Wikipedia

李在鎔(イ・ジェヨン、、1968年6月23日 - )は、大韓民国ソウル特別市出身の実業家サムスングループ創業者李秉喆の孫で、サムスングループ2代・4代目会長である李健熙の長男。現在、サムスン電子副会長。

略歴

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる