「本陣殺人事件」とは?

「本陣殺人事件」の画像

もっと見る

「本陣殺人事件」の動画

Wikipedia

本陣殺人事件(ほんじんさつじんじけん)は、横溝正史の長編推理小説で、「金田一耕助シリーズ」の第1作である。昭和21年(1946年)4月から同年12月まで宝石誌上に連載された。降り積もった雪で囲まれた日本家屋での密室殺人を描く。

横溝は本作で1948年第1回探偵作家クラブ賞を受賞した。

2014年3月時点で映画2本、テレビドラマ3作品が制作されている。

あらすじ

昭和12年(1937年)11月25日、岡山県の旧本陣の末裔・一柳家の屋敷では、長男・賢蔵と小作農の出である久保克子の結婚式が執り行われていた。式と披露宴は、賢蔵の妹・鈴子が琴を披露するなどして何事もなく午前2時前にお開きとなった。

その2時間ほどのち、明け方に近くなった頃、新郎新婦の寝屋である離れ家から悲鳴と琴をかき鳴らす音が聞こえてきた。父代わりに克子を...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる