「本田博太郎」とは?

関連ニュース

『おんな城主 直虎』、捕らわれの身となった直虎 襲った盗賊団の頭はまたもあの男 - 05月27日(土)12:30 

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。第20話「第三の女」では、井伊に亡き直親(三浦春馬)の娘と名乗る少女・高瀬(髙橋ひかる)が訪ねてくる。本当に直親の娘なら井伊家の姫ということになるが、政次は武田が井伊に送り込んだスパイなのではと疑う。しかし直親が笛で吹いていた曲を高瀬が鼻歌で歌っていることを知った直虎は、高瀬を井伊の姫として迎えることを決める。そんななか常慶(和田正人)が井伊を訪れ、今川を切った武田の動き、それを操る織田の目論見を報告する。【関連】『おんな城主 直虎』第21話「ぬしの名は」フォトギャラリー 領内で生産した綿布の商い先として、浜名湖に面した港町・気賀(きが)を選んだ直虎と方久(ムロツヨシ)。気賀の商人・中村与太夫(本田博太郎)との商談を終え市場に立ち寄った直虎は、店先に並ぶ異国の珍品に目を見張るが、その隙に銭入れを盗まれてしまう。 その犯人を町外れまで追いつめる直虎だったが、逆に捕らわれの身となってしまう。地下ろうに閉じ込められた直虎のもとに現れたのは、盗賊団の頭とその一味だった。直虎が行方不明になったことで騒然となる井伊谷に、気賀の盗賊団から身代金を要求する書状が届く。 この盗賊団の頭とは、山の木々を盗んだ罪で捕らえたものの行方をくらませたあの男(柳楽優弥)。直虎の前に何度も現れるこの男、そして個性派ぞろいの盗賊団の面々。今後、どのように直虎と関わっていくのか...more
カテゴリー:

「本田博太郎」の画像

もっと見る

「本田博太郎」の動画

Wikipedia

本田 博太郎(ほんだ ひろたろう、本名:本田 博史、1951年2月8日 - )は、茨城県水戸市出身の俳優書家日本大学卒業。特技は剣道柔道。 長男は俳優の本田大輔マツ・カンパニー所属。

来歴・人物

高校卒業後上京、文学座演劇研究所を経て劇団青俳に所属。その間様々な職業を務めた。

1979年の蜷川幸雄演出の舞台近松心中物語で、公演中突然腰を痛めたため降板した平幹二朗の代役を、当時無名の本田が翌日の公演からやり遂げ、さらに29歳という当時の帝国劇場での最年少座長記録も同時につくり、一躍脚光を浴びる。同年8月の、蜷川演出の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる