「本田博太郎」とは?

関連ニュース

【速報】 本田博太郎の魅力 - 09月25日(月)15:41  news

NHK大河「おんな城主 直虎」第38 話は11・7% 前回から1・6ポイン トの大幅ダウン https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170925-00000111-sph-ent ...
»続きを読む
カテゴリー:

『おんな城主 直虎』、龍雲丸から一緒に堺に来てほしいと告げられる直虎だが… - 09月16日(土)12:30 

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にて先週放送の第36話『井伊家最後の日』。直虎(柴咲コウ)は井伊家の再興に向けて動き出すべきか悩む。家を再興することが家臣たちを再び戦に駆り出し、新たな悲劇を生んでしまうと考えたのだ。そんな折、松下常慶(和田正人)から、虎松(寺田心)を松下家の養子として迎えたいとの申し出が。直虎は南渓(小林薫)の助言を受け、井伊家再興を断念し、虎松を松下に送り出す。城主としての務めを終えた直虎は還俗。「おら、あんたのそばにいてぇ」と思いを明かした龍雲丸(柳楽優弥)と共に歩み始める。【関連】『おんな城主 直虎』第36話フォトギャラリー 17日放送の第37話『武田が来たりて火を放つ』では、元亀3年(1572年)秋、井伊谷は近藤康用(橋本じゅん)の治世のもと、平穏な日々を取り戻していた。還俗し一農婦として生きていく道を選んだ直虎は、龍雲丸と共に新しい生活を送っていた。方久(ムロツヨシ)はあやめ(光浦靖子)の刺繍の腕にほれこみ、ある提案をする。 そんな折、堺で新たな商売を始めた中村屋(本田博太郎)から龍雲丸に誘いの便りが届く。龍雲丸は直虎に一緒に堺に行ってほしいと告げる。 一方、武田信玄(松平健)は、ひそかに今川と和睦し遠江を手にした家康(阿部サダヲ)に怒り心頭。しかし刻々と情勢は変化し、今度は北条氏康(鶴田忍)の死後、北条と武田が和睦。そして信玄は、突如織田領と徳川...more
カテゴリー:

「直虎」柴咲コウが振り返る直虎のこれまで…そして直政への思い! - 09月13日(水)06:30 

NHK総合ほかにて放送中の大河ドラマ「おんな城主 直虎」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか)。直虎(柴咲コウ)は、井伊谷の領主としてさまざまな困難に見舞われながらも何とか生き延びてきた。そして、いよいよ物語も後半戦。主演の柴咲に直虎を演じてきての感想などを聞いた。 【写真を見る】すっかり髪も長くなった直虎は、龍雲丸と共に新しい生活を送っていた/(C)NHK ――直虎はどのように成長したと感じていますか? 城主として全てがうまくいっていたわけではなく、周りに助けられながら何とか進んでいきました。また、絶望の淵に立たされたとしても、かすかな希望をつないで生きていく。そういうふうに成長していったんだなと思いますね。 ですが、やっと城主らしくなってきて、これからというところで災難が降り掛かり、家が取りつぶされてしまう。直虎は永遠に幸せになれない女なんじゃないかと思いました(笑)。 ――城主を下り、環俗し農民となった直虎の気持ちの変化などをどう捉えていますか? 尼削ぎの姿で城主を務めていた時は、血気盛んで、勢いで物事を言ってしまう感情的な人物でしたが、環俗し髪が伸びるにつれてそういう面も少なくなりましたね。それは、大切な人がどんどんいなくなっていった悲しみや、これまでの経験から行動が慎重になっているため抑えられたんだと思います。 一方で、政次(高橋一生)の敵である近藤(橋本じゅん)を裏でコン...more
カテゴリー:

『おんな城主 直虎』、成長した虎松菅田将暉登場! 堺へ向かった直虎と龍雲丸は… - 09月23日(土)12:30 

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にて先週放送の第37話「武田が来たりて火を放つ」。 還俗し一農婦として生きていく道を選んだ直虎(柴咲コウ)は、龍雲丸(柳楽優弥)と新しい生活を送っていた。堺で新たな商売を始めた中村屋(本田博太郎)から誘われた龍雲丸は直虎に一緒に来てほしいと告げるが、武田の大軍が遠江へ侵攻し井伊谷は危機に。そんななか、徳川は三方ヶ原で武田の猛攻に大敗。近藤康用(橋本じゅん)は劣勢にも関わらず、徳川方として戦うことを選択。直虎は武者に化けて近藤に対面。戦をせず武田に帰順するよう促すが…。【関連】『おんな城主 直虎』第38話フォトギャラリー 今週放送の第38話「井伊を共に去りぬ」では、武田軍相手にあくまで戦う姿勢を崩さない近藤に対し、直虎は兵力となる百姓たちを皆逃がし無力化することで、武田への帰順を迫る。しかし近藤は城に火を放ってこれに抵抗。怒った武田軍も里の家々に火をかけ、井伊谷は焦土と化してしまう。 武田の陣に単身乗り込んだ南渓(小林薫)は、武田信玄(松平健)と対面し、井伊の家名を復することと本領安堵を願い出る。単身乗り込んできた南渓に老練さを見て取った信玄は、酒を酌み交わしながらくだけた様子を見せ、駆け引きを楽しむ。 一方、堺に行くことを決めた直虎と龍雲丸だが、井伊谷に危機が迫ったことで井伊の民とともに一時避難。何よりも井伊谷を守ることを優先してきた直虎の心情...more
カテゴリー:

「とと姉ちゃん」「ウツボカズラの夢」等に出演 上杉柊平SPインタビュー「悔しさも芝居の楽しいところ」 - 09月13日(水)10:00 

現在放送中のドラマ「ウツボカズラの夢」(フジ系)にて、主人公・未芙由(志田未来)が居候する家の長男・鹿島田隆平を熱演する上杉柊平。自ら動かず、相手の欲望を利用して目的を達成する“ウツボカズラ女”の争いを描く、直木賞作家・乃南アサの同名小説を実写化した本作。母を亡くし、母の従妹・尚子(大塚寧々)の元で暮らすことになった未芙由は、そこに居場所を求めるも「真っすぐに生きても助けなんかこない」と知り、変わり始める。 【写真を見る】撮影現場で「頭が真っ白に」/撮影=広ミノル 今回、そんな未芙由が居候する鹿島田家の家族の中で唯一、未芙由に対して優しい言葉をかける隆平役の上杉に役作りや撮影現場についてインタビュー!  ■ 第1、2話の撮影は思い出せない ――俳優デビューして約2年。話題作への出演が続き、順調にステップアップしているように見えますが、ご自身としてはいかがですか? いい意味で、うまくいかないって思うことばかりです。うまくいったって思えたことはないんじゃないかな。悔しい思いばかりしています。今回も、第1、2話の撮影は思い出せないくらい、頭が真っ白になったんです。隆平はある秘密を抱えていて、それが最後のほうになって分かってくるんですが。その展開を知った上で、ドラマ序盤の隆平の役作りが自分の中で少し掛け違えていた。それで真っ白に…。それが本当に悔しかったです。でも、その悔しさが芝居の楽しい...more
カテゴリー:

「本田博太郎」の画像

もっと見る

「本田博太郎」の動画

Wikipedia

本田 博太郎(ほんだ ひろたろう、1951年2月8日日外アソシエーツ株式会社編新訂 現代日本人名録2002.4 ひろーわ日外アソシエーツ株式会社、2002年1月28日、410頁。。日本俳優書家。本名:本田 博史

茨城県水戸市出身。日本大学卒業。長男は俳優の本田大輔

来歴

茨城県水戸市に4人兄弟の末っ子として生まれ、9歳の時に母を亡くし、男手一つで4人の子育てをする父のもとで育つ。夜に父に連れられて行った近所の映画館で、ドロドロした人間の業や悲哀を描いた巨匠監督の映画を見るのが唯一の楽しみだったという。

役者になることを夢見て、高校卒業後まもなく家出同然で上京。小さな劇団を立ち上げて閉店後の喫茶店を借りて芝居を上演など続けた後、文学座演劇研究所を経て劇団青俳に所属した。幼いころ映画で見た三國連太郎に憧れて、芸名を本名の「博史」から「博太郎」へと変えた。1977年には...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる