「本格運用」とは?

関連ニュース

近鉄が、水平に張られた8本のワイヤーロープを上下させる方式のホーム柵の試験運用開始 - 01月20日(土)13:34  news

近鉄は、大阪市阿倍野区にある駅のホームに乗客の転落を防ぐ柵を設置し、きょう試験運用を始めました。 ホーム柵が設置されたのは、大阪阿部野橋駅の4番線ホームの一部です。およそ20メートルにわたって設置されたホーム柵は、水平に張られた8本のワイヤーロープを上下させる方式で、扉の位置が違う電車にも対応できるのが特徴です。 乗客の女性は、「いいと思います。安全な方がいいから」「安心です」と話していました。近鉄ではおととし、大阪府柏原市の駅で目の不自由な男性がホームから転落し、死亡する事故が起きています...
»続きを読む
カテゴリー:

イプシロン3号機打ち上げ=小型観測衛星を搭載-JAXA - 01月18日(木)06:19 

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日午前6時6分、小型固体燃料ロケット「イプシロン」3号機を鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げた。約52分後に小型観測衛星「ASNARO(アスナロ)2」を予定の軌道に投入する。 イプシロンは、小型衛星を低コストで打ち上げることを目指し開発された。3段式で、日本の主力大型ロケットH2Aのロケットブースターを第1段に転用するなどコストを削減した。飛行実証は3号機で完了し、4号機から本格運用に入る。 3号機は全長26メートル、重さ95.6トン。より重い衛星が打ち上げ可能な強化型で、衛星を切り離す際の衝撃が小さい分離装置と、予定軌道へ精密に誘導する小型推進装置の改良型を備える。 アスナロ2は夜間や雲が広がる天候でも地表を観測できる。新興国への輸出拡大を目指した経済産業省の補助事業で開発された。小型で高性能ながら、短期間に低価格で製造できる。 アスナロ2は地球上空を少しずつずれた軌道で回り、地表をくまなく観測する「太陽同期準回帰軌道」を周回。イプシロンがこの軌道に衛星を投入するのは初めて。 【時事通信社】
カテゴリー:

AIで記事を要約 信毎と富士通開発 - 01月16日(火)05:00 

 信濃毎日新聞社と富士通は15日、人工知能(AI)を活用した自動記事要約システムを構築したと発表した。信濃毎日新聞社は4月からシステムを本格運用し、ケーブルテレビ(CATV)向け文字ニュースとして、新聞記事をこれまで人手で約150字に要約していたのをAIで自動要約、業務を効率化させる。
カテゴリー:

300自治体事務トラブル メール、申請書類届かず サイバー対策で副作用 - 01月09日(火)10:47 

2017年11月のマイナンバー制度の本格運用を前に全国の自治体がサイバーセキュリティー対策を強化したところ、住民や民間業者からのメールや申請書類が届かないといったトラブルに見舞われ、45都道府県の30…
カテゴリー:

サイバー対策副作用で業務に支障 45都道府県の300超市区町村 - 01月08日(月)18:12 

2017年11月のマイナンバー制度の本格運用を前に全国の自治体がサイバーセキュリティー対策を強化したところ、住民や...
カテゴリー:

新装置で事業ごみ減量 資源物混入検査が効率的に - 01月19日(金)06:05 

仙台市は本年度、市内3カ所の清掃工場で事業ごみの展開検査装置を導入し、2月中旬に本格運用を始める。搬入が禁じられている産業廃棄物やリサイクル可能な紙類などが混入していないか、効率的にサンプル検査するこ
カテゴリー:

関西エアポート、伊丹空港のサーバルームインフラを全面刷新 - 01月16日(火)16:37 

関西エアポートは伊丹空港のサーバールームのインフラを全面刷新し、2017年4月から本格運用を開始した。
カテゴリー:

フードコートでもう並ばない!イオンモール幕張新都心の一部店舗で導入 - 01月11日(木)10:00 

ボクシーズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役:鳥居 暁)は、株式会社イオンイーハート(代表取締役社長:中村 弘治)が運営する「おひつごはん 四六時中 イオンモール幕張新都心店」において、オーダーシステム「Putmenu(プットメニュー)」を導入することを本日発表します。なお、本格運用は2018年1月16日に開始されます。
カテゴリー:

サイバー対策副作用で業務に支障 45都道府県の300超市区町村 - 共同通信 - 01月08日(月)19:27 

サイバー対策副作用で業務に支障 45都道府県の300超市区町村 - 共同通信2017年11月のマイナンバー制度の本格運用を前に全国の自治体がサイバーセキュリティー対策を強化したところ、住民や民間業者からのメールや申請書類が届かないといったトラブルに見舞われ、45都道府県の300超の市区町村で業務に支障が出ていたことが、共同通信の調査で8日分かった。 高度なセキュリティーシステムを導入した結果、問題のないメールや添付書類が、迷惑メールや安全性が疑わしいファイルと誤認され、自...
カテゴリー:

【技術】10cmの宇宙ごみ監視、高性能レーダー製造へ ...現レーダーの200倍の探知能力 JAXA - 01月08日(月)09:34  newsplus

http://yomiuri.co.jp/science/20180107-OYT1T50060.html  宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)は2018年度、人工衛星への衝突を回避するため、大きさ10センチ程度の小型の宇宙ごみを監視できる高性能レーダーの製造に乗り出す。  防衛省が計画する別のレーダーとも連携し、23年度にも本格運用を始める。  日本上空の低軌道(高度数百~2000キロ・メートル)を回る宇宙ごみは、JAXAが岡山県に設置したレーダーで監視している。しかし、大きさ1・6メートル以上のものしか監視できず、多くを占める10セ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「本格運用」の画像

もっと見る

「本格運用」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる