「本場所」とは?

関連ニュース

【視聴率】白鵬ら白星発進の大相撲初場所初日中継、17・6%の高視聴率 - 01月15日(月)10:59  mnewsplus

◆大相撲初場所初日(14日・両国国技館) 14日に放送された大相撲初場所初日のNHK総合の生中継(後5時)の平均視聴率が17・6%だったことが15日、分かった。 元横綱・日馬富士関(33)の暴行問題を巡る騒動や、セクハラ行為で3場所連続出場停止の後に退職する立行司・式守伊之助(58)=宮城野=の問題を受け、注目が集まった初場所。 横綱・白鵬(32)=宮城野=は、横綱審議委員会(横審)が観戦する前で、批判を受けた立ち合いの張り差し、かち上げを使わずに小結・阿武咲(おうのしょう、21)=阿武松=...
»続きを読む
カテゴリー:

【相撲】白鵬、張り手封印 横審委員長「ホッ」 - 01月15日(月)00:16  mnewsplus

異例ずくめの中、14日に東京・両国国技館で初日を迎えた大相撲初場所。 結びの一番で、先月の臨時の横綱審議委員会(横審)で取り口を批判された横綱・白鵬が、小結・阿武咲の挑戦を退けた。 元横綱・日馬富士の傷害事件で今月の給与不支給という処分も受けた角界の第一人者が、不祥事明けの初日の土俵を締めた。 この日は東京場所恒例の本場所総見で、横審メンバーが東京・両国国技館で観戦した。 結びの一番はセクハラ問題で事実上、辞職した第40代式守伊之助に代わって、三役格筆頭の式守勘太夫が裁いた。 立ち合いでの張り...
»続きを読む
カテゴリー:

大相撲、異例の初日前日 白鵬「今年も色々あると思う」 - 01月13日(土)11:29 

 14日から始まる大相撲初場所を前に、13日午前、東京・国技館で土俵祭りが開かれ、本場所の安泰を祈った。本来なら立行司の式守伊之助が祭主を務めるが、10代の行司に対するセクハラ行為で欠席。三役格行司の…
カテゴリー:

貴ノ岩、14日からの初場所を休場へ 取組編成会議 - 01月12日(金)09:56 

 大相撲初場所(14日初日、東京・国技館)の取組編成会議が12日朝に行われ、元横綱日馬富士の暴力事件の被害者で東十両3枚目の貴ノ岩=貴乃花部屋=が、昨年の九州場所に続いて本場所を休場することが明らかに…
カテゴリー:

【相撲】不祥事連発で荒れる角界、力士が食べる「ちゃんこ」が原因だった! - 01月11日(木)11:53  mnewsplus

■白鵬の“あり得ない”行動の裏側 昨年は、一年納めの場所である九州場所のさなかに、横綱・日馬富士の暴力問題が発覚し、これまで相撲に特段の興味を持っていなかった方までも、否応なしにニュースに触れることとなり、相撲界は一体どうなっているのかと不審の念を抱いたのではないでしょうか。 その暴力事件が起きた現場には、別の2人の横綱も同席していました。白鵬と鶴竜です。 日馬富士を加えた3人の横綱は、いずれもモンゴル出身です。 同場所は、鶴竜はケガのため休場しています。 白鵬は、日馬富士の事件を受けて多少の動揺...
»続きを読む
カテゴリー:

不祥事触れぬ八角理事長 国技館の熱気に応えるべきでは - 01月15日(月)03:53 

 元横綱日馬富士の傷害事件から生じた混迷の中、新年の本場所が始まった。初日恒例の理事長あいさつ。再発防止へ向けた協会の意気込みを期待したが、八角理事長(元横綱北勝海)は不祥事に触れなかった。 昨年の九…
カテゴリー:

苦境3横綱、試練の土俵 日馬富士引退後、初の本場所 - 01月13日(土)16:39 

 元横綱日馬富士の引退後初の本場所となる初場所(14日初日、東京・国技館)に、残る3横綱は苦境の中で臨む。取り口に苦言を呈された白鵬と、先場所までけがに苦しめられた稀勢の里と鶴竜。新年の土俵で力を見せ…
カテゴリー:

【相撲めし発売記念】両国国技館にて琴剣淳弥さんのサイン会を開催! - 01月13日(土)10:00 

[株式会社扶桑社] おすもうさんはとってもグルメ!食事情がおもしろい!食通の力士に直接インタビューして聞いたご飯事情を、相撲漫画家の琴剣淳弥さんが漫画&エッセイに! その発売を記念して、一月に行われる本場所(両国国技...
カテゴリー:

鶴竜、半年ぶりの出場=苦しい経験生かすか-大相撲 - 01月11日(木)19:08 

 大相撲の横綱鶴竜が11日、初場所(14日初日、東京・両国国技館)の出場を表明した。結果次第で進退を問われる可能性もある中、約半年ぶりとなる本場所復帰に踏み切り、「一日一日集中してやるだけだと思う」と決意を語った。 昨年は足首に続いて腰も痛め、稽古を十分に積めない悪循環に陥った。師匠の井筒親方(元関脇逆鉾)が「稽古の貯金がなくなっている」と心配する状態だったが、今場所前は土俵で久々に元気な姿を見せた。 横綱審議委員の稽古総見では横綱、大関陣で最多の14番を取った。一門外から参加した二所ノ関一門連合稽古では苦手の嘉風と手合わせ。10日は25番取り続け、圧力を取り戻そうとした。患部の右足にはテーピングを施さず「しちゃうと、その分筋肉が弱くなる。我慢してやった方がいい」と割り切っている。 昨年は春場所しか皆勤できず横綱の責務を全うできなかった。「人として成長できたから、これを生かさないと何の意味もない。まだまだ自分は強くなると思っている」と再起を誓った。 [時事通信社]
カテゴリー:

【大相撲】<初場所>日馬富士に続き稀勢の里、鶴竜も…「引退ドミノ」危機 - 01月09日(火)23:00  mnewsplus

大相撲初場所(14日初日、東京・両国国技館)を控えた8日、二所ノ関一門の連合稽古が東京・江東区の尾車部屋で行われ、稀勢の里(31=田子ノ浦)と鶴竜(32=井筒)の両横綱が参加した。 ともに4場所連続休場中で進退問題に直面。元横綱日馬富士(33)が暴行事件の責任を取って引退するなか、残った他の横綱の立場も決して安泰ではない。場合によっては「引退ドミノ」の可能性も…。 稀勢の里は幕内琴奨菊(33=佐渡ヶ嶽)、幕内嘉風(35=尾車)と17番取って14勝3敗。「だいぶ感覚的には良くなっている」と手応え...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「本場所」の画像

もっと見る

「本場所」の動画

Wikipedia

本場所(ほんばしょ)は、公益財団法人日本相撲協会によって定期的に行われる大相撲の興行で、各段の力士が優勝を目指して取組を披露する。力士にとっては技量審査の性質があり、本場所での結果に基づき番付の昇降や力士褒賞金の加算が行われる。

概要

番付の残る江戸時代から大正時代までは年2回の興行であったが、1958年(昭和33年)以降は年6回の開催が定着している。うち東京両国国技館1月(初場所)、5月(夏場所)、9月(秋場所)の3回行われ、残り3回は大阪の大阪府立体育会館3月(春場所)に、名古屋の愛知県体育館で...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる