「本体重量」とは?

関連ニュース

縮長40cmをそのままに耐荷重8kgまでアップ。マンフロットの新型トラベル三脚「befree advanced」見参 - 02月22日(木)12:10 

Image: マンフロット 撮影旅行のお供に。マンフロットは、トラベル三脚「befree」シリーズの新製品「befree advanced」を発売します。befreeシリーズは、三脚の足を反対に折りたたむことでコンパクトに納められるトラベル三脚。脚を反対側に折りたたむというアイデアは他社にもありますが、befreeはその中でも1,2を争う定番の三脚で、今回その後継モデルが登場しました。 befree advancedはレバーロック式とツイストロック式をラインアップ。レバーロック式はブラック、ツイストロック式はブラック、レッド、ブルーの3色展開となっています。前モデルの「befree」には、より軽量なカーボンで作られた派生モデルがありましたが、今回はすべてアルミニウム製になります。 Image: マンフロット 前モデルのbefreeは、持ち運び時の縮長40cm、1.45kgと小型軽量ながら、...more
カテゴリー:

装着感もアップした光るネックバンドのスポーツイヤホン - 02月14日(水)11:04 

 輸入オーディオ機器のハーマンインターナショナル(東京)は、JBLブランドのスポーツイヤホン「UA SPORT WIRELESS FLEX」を、2月16日に発売する。価格はオープン、直販サイトでは1万4,480円(税別)で販売の予定。【写真】関連情報を含む記事はこちら  アメリカ発のスポーツブランドUNDER ARMOURとのコラボシリーズ最新版で、フィッティングを調整可能なネックバンド式を採用。さらにこの部分には3種の点滅モードが選べる白色LEDライトを配して、夜間や暗い場所でのランニングでもドライバーなどからわかりやすくしている。耳に挿し込むイヤーチップは、通常タイプと耳から外れにくくするツノ(アジャスター)付きの2種類が付属。運動中も快適な装着をキープする。   イヤホン部は、水しぶきや雨、汗がかかっても大丈夫なIPX5相当の防水機能を確保。内部にマグネットを持ち、使わないときは左右のユニットをくっつけておけば、ぶらつかないので首にかけたままで邪魔にならない。 約2時間の充電で最大約12時間のリスニングが可能。急速充電にも対応しているので約5分の充電で最大約2時間の再生ができるのも便利だ。音量調整や再生操作、通話ができる、マイク/リモコンも装備する。本体重量約40g。【関連記事】 ・子どもにも安心して使用させられる!音量制御機能付きのヘッドホン
カテゴリー:

【商品】電動工具メーカーのマキタからBluetoothスピーカーが登場 IPA64の防塵性能あり - 02月19日(月)11:04  newsplus

 あのマキタがBluetoothスピーカーを売っている。型番は「MR200」。例によって電動工具用のリチウムイオンバッテリーを使う、青緑色の強そうなやつだ。建設会社の会社員である私は、うちの現場でどうだろうと、編集部経由でメーカーから広報機材を貸していただいた。この製品をオーディオ専門店で見たことはないが、工具などを扱うモノタロウでなら普通に買える(1万1772円)。そこがまず気に入った。  ちなみに同社からはコーヒーメーカー(CM500DZ)、ラジオ(MR050、MR051、MR052、MR102、MR103、MR106、MR107、MR108)、ロボット...
»続きを読む
カテゴリー:

「本体重量」の画像

もっと見る

「本体重量」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる