「本体デザイン」とは?

関連ニュース

マウス、SSD標準搭載の15.6型ノートPC「m-Book F556 / F576」を発売 - 01月17日(水)15:35 

「m-Book F556 / F576」シリーズ 株式会社マウスコンピューターは、15.6型ノートPC「m-Book F556 / F576」シリーズを、2018年1月17日(水)に発売した。第8世代インテルCoreプロセッサを採用し、ストレージとしてSSDを標準搭載しているモデル。9万9800円(税抜)の「m-Book F576SD-S5」と、8万9800円(税抜)の「m-Book F556BD-S2」があり、BTOによる各種カスタマイズにも対応する。 本製品は、プリインストールOSにWindows 10 Home(64bit)を採用し、使いやすさ重視の快適な本体デザインを追求。キーボード部は、約18mmのゆとりあるキーピッチと約1.8mmのキーストロークが確保され、テンキーも備えることでデスクトップPCに近いタイピングの操作感が実現された。外部映像出力用の端子としては、4K解像度のデジタル出力ができるHDMIと、アナログ出力用のD-Subを1基ずつ実装。液晶はノングレアタイプのフルHD対応(1920×1080)でデジタルコンテンツを快適に楽しむことができ、BTOカスタマイズで本体へのBDドライブの内蔵にも対応する(標準ではDVDスーパーマルチドライブ)。 「m-Book F576SD-S5」は、CPUがCore i7-8550Uで、内蔵SSDが480GB。「m-Book F55...more
カテゴリー:

成田国際空港、ディスプレイ搭載の自立走行ロボットの検証を実施 - 01月15日(月)05:31 

成田国際空港は第2ターミナル3階出発ロビーで、ディスプレイを搭載した自律走行ロボット「Signage HOSPI(サイネージホスピ)」の有効性検証を、パナソニックとともに国内で初めて実施する。 「Signage HOSPI」は、パナソニックが開発した自律搬送ロボット「HOSPI」を原型に開発したもので、物を体内に格納し、自動で安全に搬送する機能を有している。病院内で薬品などの搬送を行うロボットとして開発した。本体の重量は211.6キロで、最高速度は秒速1メートル。 人や物等を認識し、自律的に減速・停止・回避等の判断を行う機能と本体デザインの注目度の高さを活かし、保安検査場周辺での機内持ち込み制限品情報の周知、固定式サイネージの設置が困難な場所での情報発信、広告媒体としての活用の可能性など様々な情報訴求の可能性を検証する。「Signage HOSPI」と固定型デジタルサイネージの利用者の視線量を定量的に評価し、注目度度合いを比較する。実施期間は1月15日から2月26日までの土休日を除く毎日。1回目は午前10時から正午、2回目は午後2時から午後4時まで。
カテゴリー:

成田国際空港とパナソニック、自律走行ロボットの実証実験を実施 出発ロビーやラウンジで - 01月13日(土)16:39 

成田国際空港とパナソニックは、自律走行サイネージロボット「Signage HOSPI」の有効性実証実験を1月15日から実施する。 「Signage HOSPI」の原型である自律搬送ロボット「HOSPI」は、病院内で薬品等の搬送を行うロボットとして開発され、体内に物を格納して自動で安全に搬送することができる。「Signage HOSPI」はこの「HOSPI」の胴体部分3面にディスプレイを搭載しており、決められたエリア内を自律走行する。人や物等を検知して、自律的に減速・停止・回避等の判断を行う機能と本体デザインの注目度の高さを活かし、機内持ち込み制限品情報の周知や広告媒体としての活用の可能性など様々な情報訴求の可能性を検証する。検証場所は成田国際空港第2ターミナル3階出発ロビー。時間は2月26日までの土休日を除く毎日午前10時から正午までと、午後2時から午後4時まで。 また、同空港内の「Narita TraveLounge(ナリタ トラべラウンジ)」では、利用客の食事後の食器を「HOSPI」がカウンターまで搬送する下げ膳実証実験を1月23日から27日まで実施する。
カテゴリー:

成田国際空港、ディスプレイ搭載の自立走行ロボットの検証を実施 - 01月15日(月)05:31 

成田国際空港は第2ターミナル3階出発ロビーで、ディスプレイを搭載した自律走行ロボット「Signage HOSPI(サイネージホスピ)」の有効性検証を、パナソニックとともに国内で初めて実施する。 「Signage HOSPI」は、パナソニックが開発した自律搬送ロボット「HOSPI」を原型に開発したもので、物を体内に格納し、自動で安全に搬送する機能を有している。病院内で薬品などの搬送を行うロボットとして開発した。本体の重量は211.6キロで、最高速度は秒速1メートル。 人や物等を認識し、自律的に減速・停止・回避等の判断を行う機能と本体デザインの注目度の高さを活かし、保安検査場周辺での機内持ち込み制限品情報の周知、固定式サイネージの設置が困難な場所での情報発信、広告媒体としての活用の可能性など様々な情報訴求の可能性を検証する。「Signage HOSPI」と固定型デジタルサイネージの利用者の視線量を定量的に評価し、注目度度合いを比較する。実施期間は1月15日から2月26日までの土休日を除く毎日。1回目は午前10時から正午、2回目は午後2時から午後4時まで。
カテゴリー:

成田国際空港とパナソニック、自律走行ロボットの実証実験を実施 出発ロビーやラウンジで - 01月13日(土)16:39 

成田国際空港とパナソニックは、自律走行サイネージロボット「Signage HOSPI」の有効性実証実験を1月15日から実施する。 「Signage HOSPI」の原型である自律搬送ロボット「HOSPI」は、病院内で薬品等の搬送を行うロボットとして開発され、体内に物を格納して自動で安全に搬送することができる。「Signage HOSPI」はこの「HOSPI」の胴体部分3面にディスプレイを搭載しており、決められたエリア内を自律走行する。人や物等を検知して、自律的に減速・停止・回避等の判断を行う機能と本体デザインの注目度の高さを活かし、機内持ち込み制限品情報の周知や広告媒体としての活用の可能性など様々な情報訴求の可能性を検証する。検証場所は成田国際空港第2ターミナル3階出発ロビー。時間は2月26日までの土休日を除く毎日午前10時から正午までと、午後2時から午後4時まで。 また、同空港内の「Narita TraveLounge(ナリタ トラべラウンジ)」では、利用客の食事後の食器を「HOSPI」がカウンターまで搬送する下げ膳実証実験を1月23日から27日まで実施する。
カテゴリー:

「本体デザイン」の画像

もっと見る

「本体デザイン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる