「本人確認」とは?

関連ニュース

【スマホ】マイナンバーの本人確認をiPhoneでも可能に 東京五輪などスマホだけで入場可能 - 03月29日(水)15:56 

http://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/1703/29/news088.html  総務省は28日、マイナンバーカードで本人確認できる利用者証明機能をスマートフォンにダウンロードして 使う実証実験で、これまでは難しいと考えられていた米アップルの「iPhone(アイフォーン)」への対応ができる見通しになった と明らかにした。基本ソフト(OS)に「アンドロイド」を使ったスマホとともに、2019年の実用化を目指している。  省内での実験公開に伴い、太田直樹大臣補佐官が「日本で普及しているアイフォーンについて、道が開け...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

やりすぎじゃね?マイナンバーの本人確認をiPhoneでも 総務省 - 03月29日(水)10:20 

総務省は28日、マイナンバーカードで本人確認できる利用者証明機能をスマートフォンにダウンロードして使う実証実験で、 これまでは難しいと考えられていた米アップルの「iPhone(アイフォーン)」への対応ができる見通しになったと明らかにした。 基本ソフト(OS)に「アンドロイド」を使ったスマホとともに、2019年の実用化を目指している。 省内での実験公開に伴い、太田直樹大臣補佐官が「日本で普及しているアイフォーンについて、道が開けた」と述べた。 証明機能のダウンロードには、スマホでアプリを取得...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

マイナンバーカードの本人確認がアイフォーンでも 31年に実用化へ - 03月28日(火)21:04 

 総務省は28日、マイナンバーカードで本人確認できる利用者証明機能をスマートフォンにダウンロードして使う実証実験で、これまでは難しいと考えられていた米アップルの「iPhone(アイフォーン)」への対応ができる見通しになったと明らかにした。基本ソフト(OS)に「アンドロイド」を使ったスマホとともに、平成31年の実用化を目指している。
in English
カテゴリー:

知らないなんてもったいない!ご近所SNSと家事代行を賢く使おう - 03月27日(月)13:51 

地域でつながる、助け合う 地域に住む住人同士が情報交換できる「ご近所SNSマチマチ」は、100円家事代行サービス「御用聞き」と業務提携を結んだことを発表しました。 イベントや保活情報も 「マチマチ」は近所に住む人々がコミュニケーションをとれるSNSサービス。サービスは実名での利用となる上、携帯電話番号を用いたSMS認証で本人確認を実施。町の半径1~5km程度に住んでいるユーザー同士のみが交流がとれる設定です。 子どもと一緒に入れるお店や公園の情報を先輩ママから教わったり、防犯情報などを調べたり。小児科や幼稚園のクチコミを調べたりと、ローカルならではのニッチな情報を仕入れることができるのが「マチマチ」の特徴です。 小さな「どうしよう」を手助け 一方「御用聞き」は、5分100円~の低価格でちょっとした困り事を相談できる生活支援サービスです。電球や電池交換といった小さな支援から、風呂やベランダ掃除などの家事支援も請け負います(現在は板橋区・練馬区・清瀬市・新座市・横浜市港南区での限定)。 画面提示で出張費無料に この「マチマチ」と「御用聞き」の業務提携企画第1弾として、「マチマチ」の登録画面提示で「御用聞き」の出張費が無料になるキャンペーンが行われます。 子育て中に行き届かない家事や「ちょっと誰かに頼みたい」と思っていたことを、お得に解決するチャンス。キャンペーンは練馬...more
in English
カテゴリー:

しながわ水族館の「ゆる展リターンズ」がしっかりゆるかった件 - 03月25日(土)08:00 

東京・品川のしながわ水族館で、5月8日(月)までゆるい生き物をゆるく紹介する「ゆる展リターンズ ~おほしんたろうとゆるい生き物の脱力祭り~」が開催中です。「ゆるい生き物」を「ゆるく紹介」ってどういうことなのでしょう? 早速行ってきました。ゆるいイラストと水族館の夢のコラボ 水族館というと青色のイメージがありますが、「ゆる展リターンズ」の会場は黄色をベースにとてもカラフル!「子供たちにも楽しんでいただこうと、このようなデザインにしました」と語る、しながわ水族館の瀬川さん。今回の企画のテーマ『ゆるい生き物をゆるく紹介』とは、どういうことでしょう?瀬川さん「生態や姿がユニークな生き物を集めました。またゆるい解説文に加え、イラストをお笑い芸人・おほしんたろうさんにお願いしました」おほさんはイラストレーターとしても人気で、Twitterの投稿イラストにファンが多いことでも有名。前回「ゆる展」は俳優の田辺誠一さんがイラスト担当でしたが、今回はより一層のゆるさと、ストーリー性を加えるという点で、おほさんに白羽の矢が立ったそうです。 会場にいるのは、スタッフが厳選した10種類を超えるゆるい生き物たち。それら全てに、ゆるい解説文と、さらなるゆるさを誘うおほさんのイラストが添えられています。 瀬川さん「お客様は、まず生き物に目が行くので解説文を見ない方が多いんです。より生き物のことを知っていただくため...more
in English
カテゴリー:

JAL、パリ=羽田線で手続未了での定員超過で運航開始--国交省から厳重注意 - 03月29日(水)11:39 

国土交通省航空局は3月28日付で、JALに対し3月21日(現地時間)にパリ(シャルル・ド・ゴール)空港で発生した搭乗手続未了旅客の搭乗及び定員超過状態での運航開始について、厳重注意を行った。4月11日までに再発防止策の報告をするよう、JALに求めている。 今回の厳重注意は、JAL46便(パリ発羽田行、ボーイング777-300ER)において、搭乗手続未了の旅客を搭乗させた上、さらに定員超過の状態で運航を開始し、駐機場に引き返した件に対するもの。 同件が発生する前の2016年9月30日には、福岡空港で発生したANA便での事案を受け、航空局から各航空運送事業者に対し、搭乗手続済み旅客と実際の搭乗旅客の照合を確実に行うよう指示し、また、関連通達を改正し、航空機の移動開始前までの旅客の着席及びシートベルト着用の義務を明確化してきた。今回、国際線において必要な本人確認が適切になされず、また、定員超過の状態で運航を開始したことは「航空保安及び運航の安全上極めて遺憾」であるとしている。 航空局はJALに対し、詳細な原因究明を行い、再発防止策を検討するよう求めている。改善が必要視された点は、「国際線における搭乗手続時及び搭乗口通過時の本人確認並びに国内線を含めた一連の搭乗手続におけるエラーが発生した際に必要な確認の徹底方法」「航空機の移動開始前の機内での旅客着席の確認の徹底(化粧室の扱いを含む...more
in English
カテゴリー:

本人確認、iPhoneでも対応めど マイナンバーカードで19年実用化へ - 03月29日(水)05:49 

 総務省は28日、マイナンバーカードで本人確認できる利用者証明機能をスマートフォンにダウンロードして使う実証実験で、これまでは難しいと考えられていた米アップルの「iPhone(アイフォーン)」への対応ができる見通しになったと明らかにした。基本ソフト(OS)に「アンドロイド」を使ったスマホとともに、2019年の実用化を目指している。
in English
カテゴリー:

国土交通省航空局、JALに対して厳重注意 パリでの定員超過での出発で - 03月28日(火)19:20 

国土交通省航空局は、日本航空(JAL)に対して3月28日付けで、3月21日にパリのシャルル・ド・ゴール国際空港で発生した、搭乗手続きを済ませていない乗客の搭乗と定員超過状態での運航開始について厳重注意を行った。 現地時間3月21日、パリ発東京/羽田行きのJAL046便(ボーイング777-300ER型機)で、駐機場から移動を開始した直後に定員超過が判明し、駐機場に引き返した。JAL046便はシャルル・ド・ゴール国際空港を定刻の午後7時に出発。定員超過が判明したため、午後7時25分に引き返し到着し、午後8時9分に再出発した。東京/羽田には定刻から28分遅れの、翌22日午後3時23分に到着した。出発時には座席を使用しない幼児1名を含む乗客246名と、乗員16名が搭乗していた。 搭乗手続き時に乗客1名に、別の乗客の搭乗券を発券。さらに別の乗客へも同一の搭乗券を発券したため、1つの座席に2名の乗客をアサインしたという。搭乗口などでの地上係員の確認が不十分だったことや、出発前に客室乗務員が問題に気づき調査を開始したものの、客室乗務員間の確認が不十分だったことや、1名の乗客が化粧室を使用していたことから誤認が生じ、正確な状況を把握するまでに時間を要したため、駐機場から移動を開始したという。定員超過判明後に駐機場に引き返し、二重に搭乗券を発券した乗客のうち1名が降機し、再出発した。降機した乗客は後...more
in English
カテゴリー:

【ビットコイン】<仮想通貨>利用広がる ネットで資金公募も 送金速さ期待 - 03月25日(土)09:03 

インターネットで不特定多数の人から資金を募る「クラウドファンディング」の運営会社大手「CAMPFIRE」(キャンプファイヤー、東京都渋谷区)は、現実のお金の代わりに仮想通貨ビットコインを使ってお金を集めるサービスを開始する。従来の銀行振り込みやクレジットカードでの送金に比べて手数料が安くなり、より資金を集めやすくなることが期待される。【松倉佑輔】  クラウドファンディングはクラウド(群衆)とファンド(資金)を組み合わせた造語で、インターネットを使い、個人や団体などがプロジェクトを達成するため資...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ビットコイン業者向け「本人確認・発送追跡サービス」--犯罪収益移転防止法準拠 - 03月25日(土)08:00 

クスウェイは、犯罪収益移転防止法に準拠したビットコイン業者向け「本人確認・発送追跡サービス」を提供開始する。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「本人確認」の画像

もっと見る

「本人確認」の動画

Wikipedia

本人確認(ほんにんかくにん)とは、行政庁等に対して公文書の申請や公的機関などで手続きをする際、及び犯罪収益移転防止法における特定事業者と取引をする際に、当該行政庁等、公的機関及び特定事業者が、相手方が本人であることに間違いがないことを確認することをいう。

本人確認が必要なケース

本人確認が必要とされるケースとして、以下のような例がある。

当初は本人確認が不要であったか、または簡易な手続きのみ(公文書を提示せず、自己申告で住所・氏名など最低限の個人情報を記入させるなど)で済ませ、提供されていたサービスが多く見られたが、次第に詐欺などの犯罪行為へ悪用されるケースが増えてきたため、後から本人確認を導入し、また犯罪収益移転防止法などの法律で義務づけるケースさえ出てきた。

このケースから、セキュリティ危機管理を軽視していた感も否めず、なりすまし防止のため、本人確認の重要性が改めて認識される様になった。

サービスが開始されたばかりの当初は、本人確認が不要...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる