「本人確認」とは?

関連ニュース

近い未来、クレジットカードも当たり前に指紋認証する時代がくるかもしれません - 04月20日(金)14:00 

Image: JCB そのうち暗証番号とかいらなくなりそう?JCBは、指紋認証機能が搭載されたクレジットカード「JCB Biometrics Card」を発行。JCBブランドの非接触IC決済サービス「JCB Contactless」を用いた実証実験を行なうことを発表しました。このカード、スマホやタブレット用アプリから指紋データを登録でき、利用する際は右下の指紋センサーに指を乗せれば本人認証が完了。暗証番号やサインを入力せずとも本人確認ができ、不正利用を防げます。現在、カード搭載型の非接触IC決済では、ユーザビリティのために本人確認のフローが省略されちゃっている場合もありますが、やっぱり何かしらの確認はあるべきだと思うんですよね。しかし、支払いのたびに暗証番号を入力するとなると、それもまた面倒!といったジレンマも…。でも、この方式ならスムーズかつセキュアに決済できますね。なお、指紋情報はカードにしか保存されず、認証処理もカードだけで完結します。アプリやサーバーからの情報流出の危険もなさそうで、セキュリティレベルが高いのも利点。現在は実証実験段階なので、一般サービスが始まるかはまだ未定ですけど、カードでの非接触IC決済もこうしたセキュリティ機能はあってしかるべきだと思うんですよね。セキュリティとユーザビリティ...more
カテゴリー:

セブン店舗に民泊チェックイン機 フロント業務を代行 - 04月18日(水)15:00 

セブン-イレブン・ジャパンとJTBが、東京都内の一部セブン-イレブン店舗で、無人の民泊チェックイン機を順次設置する。民泊利用者が本人確認と鍵の受け取りができる。
カテゴリー:

セブンーイレブンで民泊チェックイン可能に | NHKニュース - 04月18日(水)13:34 

セブンーイレブンで民泊チェックイン可能に | NHKニュース6月からいわゆる「民泊新法」が施行されるのに合わせて、セブンーイレブンがJTBと共同で、コンビニで民泊のチェックインなどを行えるサービスを始めることになりました。 店内にカメラなどを備えた専用の端末を新たに設置し、パスポートなどの写真を読み取って本人確認を行ったうえで、部屋の鍵を取り出したり返却したりできるようにするということです。 民泊の施設は、大手旅行会社のJTBを通じて、仲介業者により自治体...
カテゴリー:

クレジットカード、ブラックリスト入りの原因と消し方 - 04月18日(水)11:00 

クレジットカードの支払いをきちんとしていないと「ブラックリスト」に載るとよく言われますよね。しかし、そもそもブラックリストとはどんなもので、どんな場合に載ってしまうのでしょうか。今回は、ブラックリストに載ってしまう原因や、載ってしまった後の対策についてお伝えします。 ○ブラックリストって何? クレジットカードの支払いを延滞した人の名前が載っているリストを、「ブラックリスト」と考えている人は多いかもしれません。しかし、基本的にカード会社はそのようなリストをチェックしているわけではありません。 クレジットカードやローンの審査が通らないとき、「信用情報が汚れている」「傷がついている」などと言われることがあると思いますが、審査では「信用情報」というものが参照されています。 では、「信用情報」とはなんでしょうか? これは、クレジットカードやローンの申し込み、契約に関わる情報全般を指します。「クレジットヒストリー」とも呼ばれます。 信用情報機関というところが管理しており、カード会社や金融機関などが登録した情報が掲載されています。その中には、クレジットカードやローンを申し込んだ事実、その契約内容、毎月の支払い状況、返済残高などが含まれています。 つまり、信用情報には延滞のようなネガティブな情報だけが載るわけではありません。審査に通ってクレジットカードやローンの契約をしたこと、期日通り...more
カテゴリー:

民泊ホスト向けセルフチェックインタブレット「エアサポタッチ」開発を行っている株式会社デバイスエージェンシーがKIOSK型スマートチェックイン機の開発を行います! - 04月17日(火)16:00 

弊社は民泊運営者向けの各種サービスを展開する株式会社デバイスエージェンシーです。 この度私どもが開発しておりました民泊セルフチェックインタブレット「エアサポタッチ」の開発ノウハウを利用して、簡易宿泊所・ホテル向けの無人フロント実現を目指したKIOSK型スマートチェックイン機を開発することとなりました。 主な機能として、サイトコントローラー・PMSとのAPI連動による自動チェックイン・アウト管理機能、パスポートと撮影した顔写真とのAIを活用した本人確認機能、スマートキーとのAPI連動による暗号キーの自動提供機能、クレジットカードや各スマート決済サービスとの連動した決済機能、クラウドCTIを利用したヘルプデスク機能です。
カテゴリー:

仮想通貨が流行したワケ 飛びついたのは新興国、その事情とは...... - 04月19日(木)11:40 

はじめまして。ひろぴーです。株式や外国為替証拠金(FX)取引をはじめ、差金決済取引(CFD)や仮想通貨などのアクティブ運用を得意とする個人トレーダーです。しかも、「わたし、負けません」(笑)。 さて、今回のテーマは「仮想通貨」。いまや知らない人はいませんよね。でも、仮想通貨の流出や詐欺まがいの事件が起こり、「大丈夫かな」「どうせギャンブルでしょ」といった印象を抱いて二の足を踏んでいる。その半面、「安全・安心であれば、やってみたい」なんていう人も少なくないと思います。そこで...... まだ、間に合います! ただ、仮想通貨のこと、きちんと理解しておいてください。わたしが、伝授します!法定通貨とビットコインの送金・決済の違い 2017年は仮想通貨元年といわれ、ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨に注目が集まり、その価格が何十倍にも上昇しました。価格の上昇ばかりに目が向いてしまいがちですが、今回は仮想通貨、なかでもビットコインの技術が注目され、世界的に使われるようになりはじめたワケを、説明しましょう。 まず、米ドルや日本円などの法定通貨と、ビットコインとの送金・決済の違いを簡単にみていきましょう。 【決済】 法定通貨:現金や電子マネーで支払います。支払い時間は数秒で完結 ビットコイン:ウォレットから店舗側のQUコードでアドレスを読み込み、金額を確認し送金。30秒から1分ほどの時間を要...more
カテゴリー:

ぴあ、購入したチケットの引き取り・分配・リセールができる「Cloak」サービス開始 - 04月18日(水)13:56 

「分配」イメージ ぴあ株式会社は、チケットぴあで購入したチケットについて、新たな「引き取り」「分配」「リセール」ができるサービス「Cloak(クローク)」を開始している。 本サービスは、チケットの発券や引き渡し、再販売など、購入したチケットの取扱の幅が大きく拡大されるサービス。昨今のチケット市場では、転売が横行することで、正規に購入したチケットを友人に譲るような場合でも、会場での本人確認で手間取るなどの弊害が生じていた、これに対し、「Cloak(クローク)」なら、「分配」機能を使えば、チケットを1枚単位で別のぴあ会員に引き渡すことができる。また、「リセール」機能を使えば、購入したチケットを1枚単位でチケットを希望する他のユーザーに定価で再販もできる。 「リセール」イメージ また、「引き取り」機能は、チケットの引き取り場所を選択できるサービス。チケットの購入で発見場所を後で決めたい場合、「セブン-イレブン」「ファミリーマート」「ぴあ店舗」など、引取場所を後日決定・変更が可能になっている。 発表資料URL:http://t.pia.jp/info/info-180411cloak.html2018/04/18 ■関連記事 レンタカーを簡単・こだわりで予約できて店舗へのルート表示も可能な「トヨタレンタカーアプリ」 (2018.4.18) ...more
カテゴリー:

【社会】セブンーイレブンで民泊チェックイン可能に JTBと共同で - 04月18日(水)13:30  newsplus

セブンーイレブンで民泊チェックイン可能に 4月18日 13時25分 NHKニュース https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180418/k10011408141000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 6月からいわゆる「民泊新法」が施行されるのに合わせて、セブンーイレブンがJTBと共同で、コンビニで民泊のチェックインなどを行えるサービスを始めることになりました。 セブンーイレブン・ジャパンは、民泊施設の利用者が、コンビニで24時間いつでもチェックインなどを行えるサービスに乗り出します。 店内にカメラなどを備えた専...
»続きを読む
カテゴリー:

【フリマ】メルカリ 6月にも東証マザーズ上場へ 時価総額が2000億円を超える可能性 - 04月18日(水)09:52  newsplus

個人が中古品を売買するフリマアプリを運営する「メルカリ」が、ことし6月にも東京証券取引所のマザーズ市場に株式を上場する見通しになったことがわかりました。時価総額が2000億円を超える可能性があり、ことしに入って最大規模の上場になる見込みです。 関係者によりますと、フリマアプリ大手の「メルカリ」は、東京証券取引所の審査にめどがつき、ことし6月にも、新興企業向けのマザーズ市場に株式を上場する見通しになりました。実現すれば時価総額が2000億円を超える可能性があり、ことしに入って最大の上場になる見込...
»続きを読む
カテゴリー:

ないと作れない? 証券口座の開設に必要なマイナンバーとは - 04月13日(金)08:30 

 住民票を持っていれば、国籍を問わずに発行されるマイナンバー。「証券口座を持っている」または「これから開設する」人はマイナンバーの提出が義務付けられているが、出さないとどうなるのだろうか。 「NISA」から「つみたてNISA」への切り替え 気を付けたいポイント3つ ■マイナンバーは2018年12月末までに提出を  2016年1月以降に証券口座を開設する場合、法令により提出書類のひとつにマイナンバーが必要となった。マイナンバーの提出は、「マイナンバーカード」を提示するほか、「通知カード」の場合は、免許証などの本人確認書類とともに提示が必要だ。提出の方法は、コピーの郵送、または画像をWEBシステムでアップロード対応できる証券会社がほとんど。提示がない場合は口座開設ができないので注意しよう。証券口座以外にも、NISA口座やFX口座、先物、オプション取引などの口座を開設するときにもマイナンバーが必要となる。  なお、2015年12月以前から証券口座を持っている場合も、原則としてマイナンバーの提出が必要だ。まだ提出が完了していないという場合、証券会社が定める期日までに提出しなければ、取引が制限される可能性がある。最終の提出期日は2018年12月末としている証券会社が一般的だ。 ■子ども向け口座も本人のマイナンバーが必要  ジュニアNISA口座の場合でもマイナンバーの提出は必要だ。...more
カテゴリー:

もっと見る

「本人確認」の画像

もっと見る

「本人確認」の動画

Wikipedia

本人確認(ほんにんかくにん)とは、行政庁等に対して公文書の申請や公的機関などで手続きをする際、及び犯罪収益移転防止法における特定事業者と取引をする際に、当該行政庁等、公的機関及び特定事業者が、相手方が本人であることに間違いがないことを確認することをいう。

本人確認が必要なケース

本人確認が必要とされるケースとして、以下のような例がある。

当初は本人確認が不要であったか、または簡易な手続きのみ(公文書を提示せず、自己申告で住所・氏名など最低限の個人情報を記入させるなど)で済ませ、提供されていたサービスが多く見られたが、次第に詐欺などの犯罪行為へ悪用されるケースが増えてきたため、後から本人確認を導入し、また犯罪収益移転防止法などの法律で義務づけるケースさえ出てきた。

このケースから、セキュリティ危機管理を軽視していた感も否めず、なりすまし防止のため、本人確認の重要性が改めて認識される様になった。

サービスが開始されたばかりの当初は、本人確認が不要...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる