「本人確認」とは?

関連ニュース

口座開設時の本人確認、一度で他行もOK 3メガ銀連携 - 09月22日(金)08:14 

 三菱東京UFJ、三井住友、みずほの3メガバンクは、口座開設時に求められる本人確認を一度済ませば、以降はいずれの銀行でもこの手続きなしに口座を開けるようにする。3メガと金融庁は、こうした金融とITを融…
カテゴリー:

スマホ本人確認:大手3行と金融庁 10月から実証実験 - 09月21日(木)21:20 

「フィンテック」初の官民連携 来春以降の実用化へ  三菱東京UFJ、三井住友、みずほの3メガバンクと金融庁は10月から、スマートフォンのアプリで利用者の本人確認を一度すれば、別の銀行でも口座を簡単に開ける新サービスの実証実験を始める。来春以降の実用化を目指す。同じような本人確認を何度もする必要がなくなり、顧客の手間が省けるほか、銀行の事務負担を減らせるメリットがある。金融サービスと情報技術(IT)が融合した「フィンテック」の一環で、こうした官民連携は初めて。
カテゴリー:

台風被災者、本人確認で貯金払い戻し - 09月21日(木)05:00 

 日本郵政グループは20日、台風18号で災害救助法が適用された大分県佐伯市と津久見市の被災者に対し、通帳や印鑑を紛失した場合でも本人確認ができれば貯金の払い戻しに応じるなどの対応を始めたと発表した。ゆうちょ銀行は、郵便局窓口で1人当たり最大20万円まで払い戻す。かんぽ生命保険は手続きをすれば保険料の払い込みを最長6カ月間猶予する。対象期間は10月19日まで。
カテゴリー:

品川プリンスホテル Nタワーで自律走行型デリバリーロボットを運用開始 - 09月15日(金)13:00 

プリンスホテルは、運営の品川プリンスホテル Nタワーに導入する、客室に荷物を届けるデリバリーロボット「Relay(リレイ)」の運用開始日を2017年10月2日(月)に決定したと発表した。「Relay(リレイ)」はシリコンバレーに拠点を置くロボットベンチャー Saviokeが開発・製造した自律走行型デリバリーロボットで、障害物を回避しながら自動走行し、エレベーターにも自動搭乗し、客室のドア前まで到達することが可能な機能を備えている。導入にあたり、まずは客室アメニティデリバリーからスタートさせて運用ノウハウの蓄積を図り、今後のホテル内デリバリーの利便性向上や運用の効率化へ向けた第一歩とするとのこと。品川プリンスホテル Nタワーは、 2013年のリニューアルオープン以来、チェックイン・アウトの自動システム、宿泊者無料のコミュニケーション空間「ビジネスラウンジ」での朝の軽食サービス「N’s Morning」、宿泊者専用ロッカーの設置など、モバイルネイティブなビジネスユーザーのための独自のサービスを展開してきた。今回ロボットを活用したサービスを新たに開始することで、利便性の高いクイックサービスがチェックインからチェックアウトまで一貫して可能になり、東京の新たな玄関口 品川を代表する新スタイルのシティホテルとして更なる進化を図っていくとのことだ。 ■サービスの流れ 1.客室から電話でオーダー2...more
カテゴリー:

タクシーとどう違う? 自動車相乗りサービス「ライドシェア」の仕組みと使い方 - 09月15日(金)09:20 

 近年、さまざまなモノ、空間、時間などをシェアするサービスが充実してきた。そのひとつが「ライドシェア」、いわゆる自動車の相乗りサービス。カーシェアではなく、行先が同じ他人同士をマッチングし、相乗りさせるものだ。“割り勘”で交通費が節約できるとあって、徐々に広がりを見せている。 海外でよく聞くウーバーとは? 使い方と注意点  ライドシェアサービスは現在、日本国内で展開している「notteco(ノッテコ)」や「nori-na(ノリーナ)」、世界で多くの人が利用している「Uber」や「Lyft」など数多く存在する。  ではどんなサービスなのか。日本最大2万人以上の会員を有する「notteco」を例にとると、ウェブサイトからドライバー登録をして同乗者を募ることも、同じ目的地に向かうドライバーに対し同乗をリクエストすることも可能。ガソリン代、高速代などの実費を同乗者が任意で割り勘するというものだ。定期的に長距離移動をするユーザーの中には、年間100万円以上を節約したケースもあるという。気になるのは防犯や安全性だが、本人確認書類の提出、レビュー機能などを充実させることにより、過去7年間で大きな事故や犯罪は一度も起きていないとのことだ。  また、ライドシェアはさまざまな社会課題を解決するサービスとしても注目を集めている。2017年1月には、「notteco」が北海道天塩町と提携。これまで...more
カテゴリー:

フィンテック実証実験 金融庁が支援の新部署設置 - 09月22日(金)05:45 

 金融庁は21日、金融とITが融合した先進サービス「フィンテック」を後押しするため、金融機関などが行う実証実験を支援する部署を立ち上げた。メガバンク3行は10月にインターネット上の仮想通貨に使われている「ブロックチェーン技術」を活用した本人確認の実証実験で支援を申し込む意向で、金融業界の技術革新が加速しそうだ。
カテゴリー:

フィンテック支援へ新部署 金融庁 ブロックチェーンなど技術革新後押し - 09月21日(木)19:55 

 金融庁は21日、金融とITが融合した先進サービス「フィンテック」を後押しするため、金融機関などが行う実証実験を支援する部署を立ち上げた。メガバンク3行は10月にインターネット上の仮想通貨に使われている「ブロックチェーン技術」を活用した本人確認の実証実験で支援を申し込む意向で、金融業界の技術革新が加速しそうだ。
カテゴリー:

【ASK】"非公式"AMDアカウントが閉鎖され本物の「日本AMDの公式Twitterアカウント」開設 - 09月20日(水)19:43  newsplus

"非公式"アカウントが閉鎖され、日本AMDの公式Twitterアカウントが開設 ~Threadripper返金問題は引き継ぎ対応 - PC Watch http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1081811.html ~Threadripper返金問題は引き継ぎ対応 若杉 紀彦2017年9月20日 19:23  日本AMDが運営する公式Twitterアカウント「@amdjapan」が20日づけで開設された。  日本AMD関連のTwitterアカウントとしては、「@JapanAmd」が6月に登場。"日本AMD公式"とは名乗っていなかったが、編集部では、関係者の話から、日本AMDのスタッフが運営し...
»続きを読む
カテゴリー:

全国銀行協会の「ブロックチェーン連携プラットフォーム」のパートナーベンダーにbitFlyerが選定されました - 09月15日(金)10:52 

[株式会社bitFlyer] 【ブロックチェーン連携プラットフォームについて】 ブロックチェーン連携プラットフォームは、新たな決済・送金サービスや本人確認・取引時確認(KYC)、金融インフラ(全銀システム、でんさいネットシステム等...
カテゴリー:

bitFlyerが全銀協ブロックチェーン実証実験でNTTデータら大手3社と競争へ - 09月15日(金)07:18 

bitFlyerが、全国銀行協会(全銀協)が推進する実証実験プラットフォームを提供するベンダーの1社に選ばれた(発表資料)。同社のブロックチェーン製品「Miyabi」を、新たな決済・送金サービスや本人確認・取引時確認(KYC)、金融インフラの分野での実用化に向けた実証実験に投入していく。今回選ばれた選ばれた他のベンダーはNTTデータ、日立製作所、富士通の各社で、日本の最大手システムインテグレータとスタートアップ企業が並ぶ形となった。 全銀協は日本の銀行のほとんどが加盟する団体で、銀行間ネットワーク「全銀システム」や電子債権記録「でんさいネット」の運営主体としても知られている。全銀協は銀行間ネットワークを視野に入れた実証実験のための「ブロックチェーン連携プラットフォーム」をこの10月にも立ち上げようとしている(発表資料)。今回、このプラットフォームに実証実験環境を提供するパートナーベンダーのとしてbitFlyerが選ばれた。この分野の有力スタートアップとして米Rippleと米R3がある。全銀協に選ばれた時点で、彼らのプロダクトと同等以上の評価を受けたといってもいいだろう。 今後、複数の国内銀行がMiyabiを用いた新たな金融プラットフォームの実証実験に乗り出す見こみだ。それに伴い、銀行の開発パートナーとなる開発会社もMiyabiに基づく環境構築やアプリケーション構築の経験を積むことに...more
カテゴリー:

もっと見る

「本人確認」の画像

もっと見る

「本人確認」の動画

Wikipedia

本人確認(ほんにんかくにん)とは、行政庁等に対して公文書の申請や公的機関などで手続きをする際、及び犯罪収益移転防止法における特定事業者と取引をする際に、当該行政庁等、公的機関及び特定事業者が、相手方が本人であることに間違いがないことを確認することをいう。

本人確認が必要なケース

本人確認が必要とされるケースとして、以下のような例がある。

当初は本人確認が不要であったか、または簡易な手続きのみ(公文書を提示せず、自己申告で住所・氏名など最低限の個人情報を記入させるなど)で済ませ、提供されていたサービスが多く見られたが、次第に詐欺などの犯罪行為へ悪用されるケースが増えてきたため、後から本人確認を導入し、また犯罪収益移転防止法などの法律で義務づけるケースさえ出てきた。

このケースから、セキュリティ危機管理を軽視していた感も否めず、なりすまし防止のため、本人確認の重要性が改めて認識される様になった。

サービスが開始されたばかりの当初は、本人確認が不要...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる