「本人確認」とは?

関連ニュース

LINE Pay、スマートフォンのみで外貨両替が可能な「LINE Pay外貨両替」を7月24日から開始 - 07月21日(金)13:00 

LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で展開する“スマホのおサイフサービス”「LINE Pay」において、2017年7月24日より、SBJ銀行の国内全ての両替所にて、LINE Payの専用画面から外貨両替の申し込みおよび外貨購入が可能となる「LINE Pay 外貨両替」の対応を開始する。2017年7月24日より、「SBJ銀行」の国内全ての両替所でLINE Payが提供する「LINE Pay 外貨両替」の利用が可能に。「LINE Pay外貨両替」とは、スマートフォン画面上で外貨購入の申し込み手続きをすることで、LINE Pay残高もしくはPay-easyによる金融機関口座からの外貨購入を可能とし、国内の指定の両替所またはユーザーの自宅や職場で外貨を受け取ることができる外貨両替サービスだ。これまで、LINE Payの外貨両替は韓国の新韓銀行との業務提携により、韓国国内の新韓銀行ATMにて韓国通貨(ウォン)への外貨両替・ATM出金が可能だったが、今回新たに日本国内全てのSBJ銀行の両替所*1にて外国紙幣4通貨(ウォン・ドル・元・ユーロ)への外貨両替*2が可能となった。さらに、自宅や職場など、ユーザー自身が指定する場所で外貨を受け取る*3ことも可能となり、さらに便利になったとのこと。また、今回のSBJ銀行における「LINE Pay 外貨両替」のサービス開始を記...more
カテゴリー:

わたしを、強烈なストレスから解放してくれたアプリ。 - 07月19日(水)18:00 

お金の心配事って、絶えません。ちょっとしたおつかいを頼まれたときに、あとで渡すね、なんて言われてそれっきりになることがあります。催促するタイミングをはかるのはモヤモヤするし、バタバタで忘れてて思い出した時には今さら感が出ちゃったり。そこで、使い始めたのが「Kyash」。「Kyash」の便利さは、SNSでつながっている友だちと、いつでもどこでもネットでお金のやりとりができるところにあります。無料のアプリ(iOS/Android)で、手間も手数料もかからずに個人間送金できるんです。本人確認に必要なのは、メールアドレスと名前、電話番号の3つだけ。お金を引き出すためのクレジットカード情報を登録するときは、カードナンバーを撮影するだけで読み取りが完了。仮想のVISAカードナンバーが発行されたら、すぐに使えるようになります。例えば、こういう場面で大活躍!「ついでに〇〇買ってきてよ」「OK!じゃ、お金はKyashで」コンビニに行くときなど、同僚から頼まれごとをされるのは日常茶飯事。そんなときに、手持ちの小銭が足りず、ちょっとした貸し借りが生まれることはあります。たった数百円、されど数百円。いちいち計算してはいないけれど、チリツモです。「Kyashで送っといてね」と、ひと言伝えることにしたら、ピッタリ精算できるようになったし、リアルタイムで受け取りができるようになりました。お願いするのも、されるの...more
カテゴリー:

【政府】マイナンバー情報連携開始 手続き簡素化は10月から 個人向け「マイナポータル」も運用開始 - 07月18日(火)19:25 

政府は18日、マイナンバー制度を活用し、国や自治体が行政手続きに必要な個人情報をやりとりする「情報連携」を試験的に始めた。 10月に本格運用が始まれば、介護保険や児童手当の申請手続きで、住民票の写しや所得証明の添付が不要となるが、試験期間は従来通り書類が必要となる。 個人向けのサイト「マイナポータル」も同日、試行運用を開始。行政機関によるマイナンバーのやりとりの履歴を確認できるほか、乳幼児を対象とした予防接種や健康診断の予定の通知を受け取ることができる。 接続には、本人確認のためマイナンバーカ...
»続きを読む
カテゴリー:

【政治】マイナンバー情報連携開始 手続き簡素化は10月から - 07月18日(火)12:43 

政府は18日、マイナンバー制度を活用し、国や自治体が行政手続きに必要な個人情報をやりとりする「情報連携」を試験的に始めた。10月に本格運用が始まれば、介護保険や児童手当の申請手続きで、住民票の写しや所得証明の添付が不要となるが、試験期間は従来通り書類が必要となる。  個人向けのサイト「マイナポータル」も同日、試行運用を開始。行政機関によるマイナンバーのやりとりの履歴を確認できるほか、乳幼児を対象とした予防接種や健康診断の予定の通知を受け取ることができる。  接続には、本人確認のためマイナンバ...
»続きを読む
カテゴリー:

ベビーシッターサービス「キッズライン」でママの晩ご飯も頼めちゃう!? - 07月16日(日)11:45 

出典:https://prtimes.jp 利用料金が1時間1,000円から、前日・当日でも依頼可能という、使いやすさが売りのベビーシッターサービス『キッズライン』が、新サービスとして“お料理サービス”をスタートしました。 現在、約1,000人の登録シッターのうち、200人以上が家庭料理やお菓子をオプションとして作ってくれるそうです。 今回はその特徴と使い方についてIt Mama編集部がご紹介します。 とってもカンタンなキッズラインの利用方法 出典:https://prtimes.jp キッズラインの利用可能年齢は0歳から15歳までと幅広くサポートしています。 サービスの利用方法はとっても簡単。年会費・月会費もありません。 メールアドレスかFacebookアカウントでキッズラインのアカウントを登録し、免許証・パスポート・保険証など現住所が確認できる本人確認書類の画像データを送り、審査を待つだけです。 審査期間は通常は1~2営業日程度ですが、平日10時から17時までの間のみ、最短10分から可能な「お急ぎ審査」制度もあるとのこと。 審査が完了したら、あとはパソコンかスマホでシッターを探すだけです。 人によって料金や対応可能な地域が異なるので、自分に合ったシッターを選びましょう。条件に合ったシッターに予約リクエストを送ったあと、見積もりを承認すれば予約完了です。 シッターはすべて身元...more
カテゴリー:

ブロックチェーン技術を活用した本人確認(KYC)高度化プラットフォーム構築の実証を開始 - 07月21日(金)11:09 

[デロイト トーマツ グループ] デロイト トーマツ グループならびに株式会社みずほフィナンシャルグループ、株式会社三井住友フィナンシャルグループ、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループが参画し、ブロックチェーン技術の研究を推進して...
カテゴリー:

インターネットによる申込み手続きの完全ペーパレス化を実現 - 07月19日(水)15:00 

[チューリッヒ生命] 完全ペーパレス化の概要 インターネットによるお申込み後に必要だった郵送手続きを、以下の電磁的方法による確認手順を導入することにより省略。 ・クレジットカードの有効性の確認と同時に本人確認 ・本人確認書...
カテゴリー:

【イタネトバンキング初】鹿児島銀行がスマホンからの取り引きで声によって本人確認を行う声紋認証のシステムを導入へ - 07月18日(火)13:55 

鹿銀ネットバンキングに声紋認証 http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5055222361.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 鹿児島銀行は利用者が増えているスマートフォンからの取り引きで、声によって本人確認を行う 声紋認証のシステムをことし10月から導入すると発表しました。 鹿児島銀行では、3年前の平成26年からスマートフォンから残高照会や振り込みを行う インターネットバンキングのサービスを行っていますが、スマートフォンの普及や 手軽に利用できることから利用者は増えている...
»続きを読む
カテゴリー:

【政治】電子納税しやすく 国税庁、証明書や専用機器不要に - 07月16日(日)13:09 

国税庁は2019年をめどにインターネットで電子申告・納税しやすくする。今の電子申告では本人確認のための読み取り機器やマイナンバーカードなどの電子証明書が必要だが、税務署でいちど本人確認すればIDとパスワードで認証できるようにする。海外に比べ普及が遅れる電子申告・納税を広げるため。  電子申告・納税はネットで個人や法人が確定申告をして、事前に登録した口座から納税する制度。国内では15年度の所得税申告… http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS14H2B_V10C17A7MM8000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

【国税庁】電子納税しやすく マイナンバーカードや専用機器不要に 2019年めど - 07月16日(日)10:25 

国税庁は2019年をめどにインターネットで電子申告・納税しやすくする。今の電子申告では本人確認のための読み取り機器やマイナンバーカードなどの電子証明書が必要だが、税務署でいちど本人確認すればIDとパスワードで認証できるようにする。 海外に比べ普及が遅れる電子申告・納税を広げるため。 電子申告・納税はネットで個人や法人が確定申告をして、事前に登録した口座から納税する制度。国内では15年度の所得税申告… 続く 配信 2017/7/16 1:02 日本経済新聞 続きは会員登録をしてお読みいただけます http://www.nikkei....
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「本人確認」の画像

もっと見る

「本人確認」の動画

Wikipedia

本人確認(ほんにんかくにん)とは、行政庁等に対して公文書の申請や公的機関などで手続きをする際、及び犯罪収益移転防止法における特定事業者と取引をする際に、当該行政庁等、公的機関及び特定事業者が、相手方が本人であることに間違いがないことを確認することをいう。

本人確認が必要なケース

本人確認が必要とされるケースとして、以下のような例がある。

当初は本人確認が不要であったか、または簡易な手続きのみ(公文書を提示せず、自己申告で住所・氏名など最低限の個人情報を記入させるなど)で済ませ、提供されていたサービスが多く見られたが、次第に詐欺などの犯罪行為へ悪用されるケースが増えてきたため、後から本人確認を導入し、また犯罪収益移転防止法などの法律で義務づけるケースさえ出てきた。

このケースから、セキュリティ危機管理を軽視していた感も否めず、なりすまし防止のため、本人確認の重要性が改めて認識される様になった。

サービスが開始されたばかりの当初は、本人確認が不要...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる