「本上まなみ」とは?

関連ニュース

【芸能】加藤浩次、いじめ問題に持論「親も絶対に連帯責任」 - 米・新条例に賛成 - 10月20日(金)17:14  mnewsplus

お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(48)が、20日に放送された日本テレビ系情報番組『スッキリ』(毎週月~金8:00~10:25)で、いじめ問題について持論を述べた。 今月1日、アメリカ・ニューヨーク州のノーストナワンダで、いじめに関する条例が施行された。 それは、16歳未満の子どもがいじめを行った場合にその子どもの親が罰金、または拘留されるというもの。 番組内のコーナー「あなたはどっち派? スッキリJUDGE」で、この条例の是非を問う視聴者アンケートが実施された。 出演者の中では意見が割れ、加藤浩次、河北麻友子、本上...
»続きを読む
カテゴリー:

吉岡里帆とは何者か?【てれびのスキマ】 - 10月14日(土)09:00 

■ 今の時代、逆に新鮮味を帯びる“ガツガツ感” いつの時代にも“文化系男子の女神”のような女優が存在する。 たとえば80年代でいえば、角川映画などに数多く出演した原田知世などがそうだろう。その後も、本上まなみや緒川たまきらが続き、近年でいえば、堀北真希や蒼井優、多部未華子らが、文化系男子の心を虜にしてきたが、昨年あたりから、ものすごい勢いでその枠に飛び込んできたのが吉岡里帆だ。 朝ドラ『あさが来た』(‘15~‘16年NHK総合ほか)では、主人公の友人でメガネっ娘の文学少女を演じ、『ゆとりですがなにか』(‘16年日本テレビ系)では、肉食女子を、そして、今年春放送された『カルテット』(TBS系)では、魔性の女を演じ、鮮烈な印象を与えた。さらに『ごめん、愛してる』(TBS系)では健気な正統派ヒロインを演じている。CMにも数多く出演し、中でも日清「どん兵衛」のCMで同じく今をときめく星野源と共演し、キツネ耳を着けキュートに「どんぎつね」役を演じた姿は大きな話題を読んだ。役柄によってまったく印象が変わる“実力派”である。 文化系男子は「実力派」という言葉に弱い。それに加えて知的なイメージがあり、透明感もあるといい。その上で、どこか陰があると完璧だ。まさに吉岡里帆はそれに合致している。だが、これまでの文化系女優と大きく違うのは「ガツガツしている」ということだ。この手の女優が「ガツガツ感」を前面...more
カテゴリー:

「本上まなみ」の画像

もっと見る

「本上まなみ」の動画

Wikipedia

ほんじょうまなみ名義による

  • めんどりヒルダ(2004年、新風舎)原文・絵:メリー・ウォーメル
  • めんどりヒルダのこわいよる(2004年、新風舎)原文・絵:メリー・ウォーメル
  • めんどりヒルダのたんじょうび(2004年、新風舎)原文・絵:メリー・ウォーメル
写真集
  • Smoochy(1995年、英知出版、撮影:奥舜)
  • ALL OF ME - オールオブミー(1997年、学習研究社、撮影:奥舜)
  • SEXY - セクシー(1998年、学習研究社、撮影:奥舜)
  • まるごとまなみ(1999年、学習研究社)
  • Days of Heaven - デイズオブヘブン(2000年、小学館、撮影:西田幸樹)
脚注 注釈 出典 外部リンク
  • - 公式ウェブサイト
  • 公式プロフィール - アクラ

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる