「未来」とは?

関連ニュース

高松空港の民営化、三菱地所等が優先交渉権者に--2018年4月に運営開始 - 07月27日(木)06:30 

国土交通省は7月26日、2018年4月からの高松空港の運営の民間委託に向け、審査委員会において応募者の第二次審査を行い、三菱地所・大成建設・パシコングループを優先交渉権者として選定したことを発表。8月にも基本協定を締結する予定となっている。 優先交渉権者の三菱地所・大成建設・パシコングループは、三菱地所を代表企業とし、コンソーシアム構成員として、大成建設、パシフィックコンサルタンツ、シンボルタワー開発が参画している。なお、優先交渉権者と基本協定および実施契約の締結に至らなかった場合における次点交渉権者として、高松空港 ORIGINALS グループを選定した。 第二次審査の審査結果は、三菱地所・大成建設・パシコングループが164.3点、高松空港 ORIGINALSグループが155.5点、香川・四国・せとうちの未来を創るコンソーシアムが137.4点となった。得点内訳や審査講評等、および優先交渉権者の提案概要については、基本協定の締結後に公表する予定となっている。 今後のスケジュールは、8月に基本協定の締結、10月に運営権設定・実施契約の締結、12月にビル施設等事業の開始、2018年4月に空港運営事業の開始を予定している。 【関連記事】 ・国交省、全国27空港を訪日誘客支援空港に認定--LCCの国際線就航等を支援 ・新千歳を含む北海道7空港一括民営化における3つの心配 (1) ・...more
カテゴリー:

水戸ご当地アイドル(仮)・ゆりりん、「愛踊祭」敗退で「自分を見詰め直すキッカケに」 - 07月27日(木)05:00 

水戸ご当地アイドル(仮)が7月25日、茨城・つくば市のイーアスつくばで行われた「愛踊祭2017 関東Bエリア代表決定戦」に出場。 【写真を見る】'15年以来となる決勝大会出場を懸けて、戦いに挑む! '15年以来となる決勝大会出場を懸けて、テーマパークガール、KOTO、des ailes89(ディゼル)、松山あおい、渡良瀬橋43との戦いに挑んだ。 '16年末からメンバー4人が卒業・脱退したため、現在は3人で活動している水戸ご当地アイドル(仮)。新曲「魁」で勝負に出たものの、今回も決勝大会の出場権獲得は叶わず。2年連続で、「エリア代表決定戦」で涙をのむことになった。 戦いを終えた水戸ご当地アイドル(仮)のメンバー・ゆりりん、あやや、うめの3人を直撃。今回のイベントを振り返りつつ、今後について語ってもらった。 ■ うめ「ファンの方がいるから、ここまで来られました」 ――残念な結果になってしまいましたが、今の心境をお聞かせいただけますか? ゆりりん:私自身は3回目の「愛踊祭」で、1回目にエリア代表に選ばれて、2回目はエリア代表決定戦で3位っていう結果だったので、今年は2位になろうとか…もちろんエリア代表になりたいんですけど、去年の順位を超えようというのを目標にしてたんですけど…。 やっぱりメンバーが変わって、いろいろ苦労する事もある中、私たちなりに結構、努力をしてきたつもりだったんですけど...more
カテゴリー:

末世论vs乐观派 科技大佬争辩AI“威胁论” - 07月27日(木)02:43 

  《西部世界》描绘的人与机器作为两个独立物种的相像,困惑与杀戮,是未来样貌吗?AI究竟将如何影响人类尚无定论,但巨头科技公司的大佬们早已完成了在乐观和悲观两派之间的“站队”。自从抛出AI“威胁论”,特斯拉CEO马斯克就不断遭到科技界大佬们的公开挑战,这一次与马斯克....
カテゴリー:

独身が結婚するまでおせっかいを焼く人の存在は必要 - 07月26日(水)22:43  news

 和歌山市は、結婚を希望する若者たちに出会いの場の情報提供などを行う「婚活応援団」を結成した。結婚したい若者に寄り添う“おせっかいおじさん・おばさん”の役割を担う取り組み。 結婚支援事業を実施している市こども未来部の宮崎久部長(56)が団長に任命され、「幸せな人生の選択肢の一つとして、結婚を希望する人の気持ちに寄り添った支援がしたい」と意気込んでいる。  国の平成27年出生動向基本調査の結果では、18~34歳の独身男女の未婚理由として、「適当な相手にめぐり会わない」が最も多く挙げられている。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

ビジネス書10000冊を読破した読書家が、仕事と人生に悩む若者へアドバイス - 07月26日(水)22:15 

学生から社会人となったばかりの若手社員にとって、環境の変化や人間関係、仕事のことなど悩むことは多いはずだ。壁にぶつかったときに参考になるのが本。先人たちの知見はその壁を乗り越えるための力になる。しかし、本を読む時間がない、悩みにすべて答えてもらうには何冊も本を読まないといけない…という人もいるだろう。そんな入社3年目までの若手社員に読んでほしいのが『入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました』(大杉潤著、キノブックス刊)だ。本書の著者である大杉氏は、年間約300冊のビジネス書を35年間読み続けた、ビジネス書の“プロ”というべき存在。これまで、累計10000冊以上を読破した知見を活かし、合計37の問いに最も効果的な解決策が身につくビジネス書を4冊ずつ挙げ、そのフレーズを紹介しながら、解説を加えるという内容だ。では、どのような質問に答えているのか? 本書からいくつか挙げていく。■これからのキャリアの作り方をどう考えればいい?入社数年間は毎日の仕事をこなすことに精一杯で、自分の強みや専門性、将来について不安を感じることもあるだろう。そんな不安に対して著者はまず、『その幸運は偶然ではないんです』(J.Dクラボルツ、A.Sレヴィン著、ダイヤモンド社刊)の一節を紹介して、方向性を示している。『その幸運は偶然ではないんです』では、人生には予測不可能なことが多いため...more
カテゴリー:

高杉真宙、実は元クラスメートの横浜流星とドライブへ!「リラックスできました」 - 07月27日(木)06:00 

8月5日(土)に放送される「極上空間 ~小さなクルマ、大きな未来。~」(BS朝日)に、映画やドラマに引っ張りだこの若手俳優・高杉真宙と横浜流星が出演。横浜の運転で、千葉までドライブする。そして実は2人が高校時代のクラスメートだったということが明らかになる。 【写真を見る】実はクラスメートだったという2人、1年ぶりの再会に思わずキラキラの笑顔に/(C)BS朝日 同番組は“クルマだから行けるところ、クルマだから話せること”をテーマに、クルマによってもたらされる「大切なもの」をあらためて啓蒙する番組。毎回“クルマ”という空間を舞台にゲストがトークを展開し、プライベートな瞬間を垣間見ることができる。 今回は、千葉で「まるでジブリの世界のよう!」と話題の“神秘の滝”などを訪れ、ランチには絶品卵かけご飯を食べたり、マザー牧場で“バンジージャンプ”に初挑戦したりと、“男旅”を満喫する2人。 昨年上演された舞台「闇狩人」でも共演した2人は、高校時代のクラスメート。お互いの第一印象は「俺には心許してくれないかなって思ってた」(横浜)、「関わることはないと思っていた」(高杉)と、決して好印象とは言えなかったよう。 しかし、その後「高校2年の時に、俺が『仮面ライダー鎧武/ガイム』をやっていて、流星が戦隊オーディション(後に『烈車戦隊トッキュウジャー』出演)を受けていろいろ聞いてきた」事がきっかけで親しく...more
カテゴリー:

若き12詩人をたたえる 神のバトン賞表彰式 - 07月27日(木)05:00 

 未来の詩人誕生を期待し、県内小中高校生の詩を顕彰する「第15回神のバトン賞」(琉球新報社主催)の表彰式が26日、那覇市天久の琉球新報社で開かれた。入賞者11人が家族に見守られる中、晴れやかな笑顔で賞状を受け取り、豊かな感性からほとばしる言葉を紡いだ受賞作を朗読した。  高校生、中学生、小学校高...
カテゴリー:

扎克伯格侧面回击马斯克:为何我对人工智能保持乐观 - 07月27日(木)00:48 

来源:Facebook   新浪科技讯 北京时间7月26日晚间消息,硅谷两大科技巨头Facebook CEO马克・扎克伯格(Mark Zuckerberg)和特斯拉CEO埃隆・马斯克(Elon Musk)本周为人工智能(AI)而开战。   扎克伯格对人工智能的未来发展及对社会的影响持乐观态度,而马斯克却怀有一丝恐....
カテゴリー:

【映画・軍艦島】菅官房長官「史実を反映した記録映画ではないから、コメントしない」 [07/26] - 07月26日(水)22:40  seijinewsplus

【歴史戦】映画「軍艦島」に菅義偉官房長官「史実を反映した記録映画ではない」から「コメントしない」 産經新聞:2017.7.26 21:49更新 http://www.sankei.com/politics/news/170726/plt1707260030-n1.html 映画館内に置かれていた「軍艦島」を舞台とした韓国映画のパンフレット  菅義偉官房長官は26日の記者会見で、韓国で同日封切られた映画「軍艦島」について 「監督自身が創作された話だと述べている通りだ。史実を反映した記録映画の類いではないと思っている」と述べた。 映画への抗議の有無を問われると「政府として...
»続きを読む
カテゴリー:

アン・ハサウェイ、エイミー・シューマーに代わって「バービー」役で出演交渉中 - 07月26日(水)22:00 

スケジュールの問題でエイミー・シューマーを失った米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントは、公開を控える実写版映画『Barbie(原題)』の代役を見つけたようだ。アン・ハサウェイが主演を務める交渉に入っている。 また、オーストラリア出身で、映画『Fun Mom Dinner(原題)』の監督であるアレシア・ジョーンズが、このコメディ映画の監督を務める交渉中にある。 スタジオの代理人は、まだスケジュールの調整がついておらず、契約も交わされていないことから、この交渉は未成熟だと述べた。 おもちゃメーカーのマテルを象徴する製品の映画化は、6月23日に制作を開始する予定だったが、米FOXのコメディ映画『Snatched(原題)』のプロモーション・ツアーやスティーヴ・カレルと共演するレベッカ・ミラー監督の映画『She Came to Me(原題)』の撮影など、シューマーは過密なスケジュールの中にあった。 ソニーは今も2018年6月29日の公開にこだわっているが、制作がいつ始められるかは定かではでない。情報筋によれば、マテルはすでに商品や製品の開発サイクルを進めてしまっており、シューマーの出演に固執して製作スケジュールを大きく変更することは、本作に関わる他のパートナーに負担をかけることになる。 本作は、映画『スプラッシュ』、映画『魔法にかけられて』、映画『ビッグ』の系譜を継ぐ作品になると言われ...more
カテゴリー:

もっと見る

「未来」の画像

もっと見る

「未来」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる