「木村祐一」とは?

関連ニュース

萩本欽一、最初で最後のドキュメンタリー映画が11月に劇場公開 監督はTプロデューサー - 07月26日(水)10:00 

 “視聴率100%男”と称された萩本欽一のドキュメンタリー映画「We Love Television?」が、11月3日から劇場公開されることが決定した。「電波少年」など数々の人気番組を手がけた“Tプロデューサー”こと土屋敏男が監督を務め、萩本と土屋監督が新番組を制作する姿に密着している。  全盛期には自身の冠・レギュラー番組の1週間の合計視聴率が100%を超えたことから“視聴率100%男”と呼ばれ、テレビをエンタテインメントの王様へと押し上げた立役者・萩本。一般視聴者との絡み、司会アシスタント、ピンマイクの導入などアイデアを次々と形にし、今日のバラエティ番組の基礎を作り上げたパイオニアでもある。  映画は、2011年から萩本の新番組制作の舞台裏に密着し、エンタテインメントに対する執念と狂気、そしてテレビマンたちの熱意を映し出す。土屋監督のほか、女優・田中美佐子、お笑い芸人・河本準一(次長課長)が出演し、放送作家の高須光聖氏が構成、クリエイティブ集団「チームラボ」が番組セットを担当している。  新番組の企画を立ち上げた土屋監督のもと、萩本が番組に参加する形で撮影がスタート。映画のために映像素材を撮り溜めていると知らされていなかった萩本は、「まさか映画を作っているなんて」と驚きを隠せず、「この映画、人生で納得のいかない唯一の仕事かな」と述べる。そして「もっと面白くしたいなら」とし...more
カテゴリー:

「DA PUMP」ISSA、真田十勇士をモチーフにした仁侠映画「ブレイブX」に主演! - 07月25日(火)10:00 

 結成20周年を迎えたダンスボーカルユニット「DA PUMP」のリーダー・ISSAが、戦国の猛将・真田幸村と10人の家臣の物語「真田十勇士」をモチーフにした「ブレイブX(テン) 極道十勇士」で主演を務めることがわかった。極道の父を持ちながらも、カタギとして生きてきた男・幸田真一を演じている。 ・【フォトギャラリー】「ブレイブX(テン) 極道十勇士」  長野にある小さな組の組長・幸田昌己は、葵会を率いて勢力拡大を目論む関東裏社会の首領・徳永康男に抵抗するが、やがて力の差を見せつけられて敗北。程なくして組は解散の憂き目に遭い、居場所を失った組員たちは、カタギとして生きてきた昌己の次男・真一を頼ることになる。ヤクザの勢力争いなどには全く興味のない真一だったが、やがて“守りたいもの”のため、10人の仲間を引き連れて、徳永と対峙する。  「第5回ジャパンアクションアワード」でベストアクション俳優に選ばれた山口祥行が、真田信幸をイメージして生み出された葵会傘下の本間組の一員・繁和を熱演。真一の異父兄でありながら幸田組に敵対するというキーパーソンだ。東京キッドブラザース出身の三浦浩一が幸田昌己役、大石吾朗が繁和の義父である本間組の組長・本間役として登場し、徳川家康からインスパイアされた徳永康男役を中条きよしが演じている。そのほか、木村祐一、薬師寺保栄、本宮泰風、渡辺哲らが脇を固め、「DA ...more
カテゴリー:

「木村祐一」の画像

もっと見る

「木村祐一」の動画

Wikipedia

木村 祐一(きむら ゆういち、1963年2月9日 - )は、日本お笑いタレント放送作家俳優、料理愛好家、コラムニスト

京都府京都市下京区出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー吉本興業)所属。通称「キム兄」。

人物

NSC5期生と同期扱い(デビューは5期生よりも僅かに早い)で、ダウンタウン、今田耕司ほんこん板尾創路など、年齢が下の先輩が多い。浜田雅功と初対面の際、浜田から「木村さんと呼ばせてください」と言われたが、木村は「後輩だからさん付け...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる