「木村祐一」とは?

関連ニュース

今田耕司、自らを「3人目のダウンタウンやと勘違いしていた」 - 11月19日(日)10:24 

11月19日に放送された「ボクらの時代」(フジ系)に、同世代を駆け抜けた芸人として、板尾創路、今田耕司、木村祐一の3人が登場。下積み時代から感じた、“ダウンタウン伝説”を語った。 【写真を見る】板尾創路は「そりゃ、勘違いするよな。あんなところ出ていったら」と過去を振り返る 若手だった自分たちが出演していた「心斎橋筋2丁目劇場」時代のトークでは、ダウンタウンのアイドル的人気がスゴかったと盛り上がる3人。 今田は「イベントがだんだん満員になってきて劇場に人が入らへんようになった」と振り返り、「当時の吉本やから、イスを外してゴザを敷いて客を詰め出したんや」と苦笑い。 これを聞いた板尾は「消防法違反やけどな(笑)」とポツリ。キャパ120人だったところに400人くらい入っていたらしく、同じ舞台に出演していたという今田と板尾は「人が壁のようやった」「フラッシュがブワーと来た」と、熱気のスゴさを伝え、板尾は「そりゃ、勘違いするよな。あんなところ出ていったら」とまとめていた。 ダウンタウン人気の余波により、劇場の外で女の子にキスをされたこともあるという今田は、サングラスをかけてフワフワのナイロンの服を着ていたらしく「わしゃ、ロックスターか!」と当時に自分にツッコんでいた。 また、ダウンタウンと番組で共演することの多かった今田は、自分のことを「3人目のダウンタウンやと勘違いしていた」らしく、遅刻の多...more
カテゴリー:

山﨑賢人、コメディ路線に意欲?『斉木楠雄』原作者がその素質に太鼓判 - 11月18日(土)17:45 

福田雄一が脚本・監督、山﨑賢人主演で公開中の映画『斉木楠雄のΨ難』の大ヒット御礼舞台あいさつが18日、都内で行われ、山﨑が登壇。この日は原作者の麻生周一から山﨑への手紙が読み上げられるという演出も行われたが、麻生は手紙の中で山﨑と撮影現場で会った際、「斉木楠雄にしておくのはもったいない」と思う程、山﨑に笑いのポテンシャルがあることに気付いたことをコメント。「いつか笑わせる役もやって欲しい」とリクエストしたが、これに山﨑は大感激し、「これだけ面白い作品を描いている麻生さんに褒められて幸せ。今度は笑わせる役をぜひやってみたいです!」と嬉しそうな表情を見せた。週刊少年ジャンプで連載中の異色の大人気ギャグコメディを実写映画化し、生まれながらに与えられたとんでもない超能力を隠して高校生活を送る斉木楠雄の恋や友情をコミカルなタッチで描く本作。その人気から続編の制作がすでに発表されており、山﨑は「期待以上にいいものになって僕は幸せ。今までの自分をいい意味で裏切れた、いろいろな自分を見せることができた作品だと思います。本当に転機のような作品、たくさんの人に見ていただいて嬉しく思います」と感慨深げに語った。壇上には共演の新井浩文も登壇したが、二人はファンからの質問に答える形式でのQ&Aで和やかにトーク。ファンからは互いの印象を聞かれる一幕もあったが、新井は「これだけかっこいいのに愛嬌がある。先輩から...more
カテゴリー:

[木村祐一]「陸王」第5話から出演 編み物会社の社長役で - 11月18日(土)08:00 

 お笑いタレントの木村祐一さんが、連続ドラマ「陸王」(TBS系、日曜午後9時)の第5話から出演することが18日、分かった。役所広司さん演じる主人公・宮沢紘一がマラソンシューズ「陸王」を開発する中で訪れる、「陸王」のアッパー(靴の足の甲を覆う部 ……
カテゴリー:

木村祐一『陸王』にキーマンとして出演「興奮と感動を覚えている」 - 11月18日(土)08:00 

お笑いタレントの"キム兄"こと木村祐一が、俳優・役所広司が主演を務めるTBS系日曜劇場『陸王』(毎週日曜21:00~)に、ランニングシューズ「陸王」の開発を左右するキーマンとして出演することがこのほど、明らかになった。19日放送の第5話から登場する。
カテゴリー:

木村祐一、同級の池井戸潤作品『陸王』に出演決定「興奮と感動を覚える」 - 11月18日(土)06:00 

タレントで俳優の木村祐一が、役所広司主演の連続ドラマ『陸王』(TBS系列、毎週日曜21:00~)に、11月19日放送の第5話から出演することがわかった。池井戸潤の同名小説をドラマ化した本作は、会社の存続を危ぶむ老舗足袋業者「こはぜ屋」が、培った技術を活かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」の開発に挑戦する姿が描かれる企業再生ストーリー。11月5日放送の第3話は番組平均視聴率15.0%、11月12日放送の第4話は14.5%と高視聴率を記録している(※ビデオリサーチ調べ・関東地区)。お笑い芸人としてバラエティ番組で活躍するだけでなく、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』をはじめ、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』やドラマなど数々の作品に出演し俳優としても大活躍中の木村。TBSでは、2010年に日曜劇場『新参者』に出演、2015年には年末ドラマ特別企画『赤めだか』に出演し、『陸王』のプロデューサー・伊與田英徳とタッグを組んでいる。そんな木村が演じるのは、編み方の新技術で特許を持っている、従業員20名ほどの編み物会社「タチバナラッセル」の社長・橘健介。ここが持つ素材が「陸王」のアッパー(靴の足の甲をおおう部分)に最適なのではないかと思った「こはぜ屋」の社長・宮沢(役所)は、橘を訪ねる。木村は「とてつもなく素晴らしい作品の、とんでもなく素敵な役のオファーを頂戴し、大感謝であり...more
カテゴリー:

山﨑賢人、コメディ路線に意欲?『斉木楠雄』原作者がその素質に太鼓判 - 11月18日(土)17:48 

福田雄一が脚本・監督、山﨑賢人主演で公開中の映画『斉木楠雄のΨ難』の大ヒット御礼舞台あいさつが18日、都内で行われ、山﨑が登壇。この日は原作者の麻生周一から山﨑への手紙が読み上げられるという演出も行われたが、麻生は手紙の中で山﨑と撮影現場で会った際、「斉木楠雄にしておくのはもったいない」と思う程、山﨑に笑いのポテンシャルがあることに気付いたことをコメント。「いつか笑わせる役もやって欲しい」とリクエストしたが、これに山﨑は大感激し、「これだけ面白い作品を描いている麻生さんに褒められて幸せ。今度は笑わせる役をぜひやってみたいです!」と嬉しそうな表情を見せた。週刊少年ジャンプで連載中の異色の大人気ギャグコメディを実写映画化し、生まれながらに与えられたとんでもない超能力を隠して高校生活を送る斉木楠雄の恋や友情をコミカルなタッチで描く本作。その人気から続編の制作がすでに発表されており、山﨑は「期待以上にいいものになって僕は幸せ。今までの自分をいい意味で裏切れた、いろいろな自分を見せることができた作品だと思います。本当に転機のような作品、たくさんの人に見ていただいて嬉しく思います」と感慨深げに語った。壇上には共演の新井浩文も登壇したが、二人はファンからの質問に答える形式でのQ&Aで和やかにトーク。ファンからは互いの印象を聞かれる一幕もあったが、新井は「これだけかっこいいのに愛嬌がある。先輩から...more
カテゴリー:

「陸王」出演決定の木村祐一『興奮と感動を覚えております』 - 11月18日(土)08:00 

TBS系で放送中の日曜劇場「陸王」(毎週日曜夜9:00-9:54)に、木村祐一が「タチバナラッセル」の社長・橘健介役で出演することが分かった。 【写真を見る】「陸王」撮影現場でも愛されキャラの山崎賢人 木村が演じるのは、マラソンシューズ「陸王」のアッパー(靴の足の甲を覆う部分)に適した素材を持つ編み物会社「タチバナラッセル」の社長・橘健介。「タチバナラッセル」は編み方の新技術で特許を持っている会社であり、その素材が「陸王」に使えるのではないかと「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢(役所広司)が橘を訪ねてくる。 そんな「陸王」開発の鍵を握る人物を演じることになった木村は「とてつもなく素晴らしい作品の、とんでもなくすてきな役のオファーを頂戴し、大感謝であります。そして脚本を読むに当たり、全ての登場人物に対し『何ちゅうええせりふや!』と、興奮と感動を覚えております」と喜びを爆発させた。 木村が出演するのは11月19日(日)放送の第5話から。お笑い芸人としてだけでなく、ドラマなど数々の作品に出演し俳優としても活躍する木村の演技に期待が高まる。 ■ 5話あらすじ 「陸王」の開発費がかさみ、当面の資金繰りに悩んでいた宮沢だが、新製品を思い付く。シルクレイのソール技術を応用した、新しい地下足袋の開発だった。 ほどなく製品化に成功し、「足軽大将」と名付けられた地下足袋は大きな反響を得て、ヒット商品へと成...more
カテゴリー:

[木村祐一]「陸王」第5話から出演 編み物会社の社長役で - 11月18日(土)08:00 

 お笑いタレントの木村祐一さんが、連続ドラマ「陸王」(TBS系、日曜午後9時)の第5話から出演することが18日、分かった。役所広司さん演じる主人公・宮沢紘一がマラソンシューズ「陸王」を開発する中で訪れる、「陸王」のアッパー(靴の足の甲を覆う部 ……
カテゴリー:

木村祐一、同級の池井戸潤作品『陸王』に出演決定「興奮と感動を覚える」 - 11月18日(土)06:00 

タレントで俳優の木村祐一が、役所広司主演の連続ドラマ『陸王』(TBS系列、毎週日曜21:00~)に、11月19日放送の第5話から出演することがわかった。 池井戸潤の同名小説をドラマ化した本作は、会…
カテゴリー:

木村祐一、同級の池井戸潤作品『陸王』に出演決定「興奮と感動を覚える」 - 11月17日(金)16:18 

タレントで俳優の木村祐一が、役所広司主演の連続ドラマ『陸王』(TBS系列、毎週日曜21:00~)に、11月19日放送の第5話から出演することがわかった。池井戸潤の同名小説をドラマ化した本作は、会社の存続を危ぶむ老舗足袋業者「こはぜ屋」が、培った技術を活かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」の開発に挑戦する姿が描かれる企業再生ストーリー。11月5日放送の第3話は番組平均視聴率15.0%、11月12日放送の第4話は14.5%と高視聴率を記録している(※ビデオリサーチ調べ・関東地区)。お笑い芸人としてバラエティ番組で活躍するだけでなく、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』をはじめ、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』やドラマなど数々の作品に出演し俳優としても大活躍中の木村。TBSでは、2010年に日曜劇場『新参者』に出演、2015年には年末ドラマ特別企画『赤めだか』に出演し、『陸王』のプロデューサー・伊與田英徳とタッグを組んでいる。そんな木村が演じるのは、編み方の新技術で特許を持っている、従業員20名ほどの編み物会社「タチバナラッセル」の社長・橘健介。ここが持つ素材が「陸王」のアッパー(靴の足の甲をおおう部分)に最適なのではないかと思った「こはぜ屋」の社長・宮沢(役所)は、橘を訪ねる。木村は「とてつもなく素晴らしい作品の、とんでもなく素敵な役のオファーを頂戴し、大感謝であり...more
カテゴリー:

もっと見る

「木村祐一」の画像

もっと見る

「木村祐一」の動画

Wikipedia

木村 祐一(きむら ゆういち、1963年2月9日 - )は、日本お笑いタレント放送作家俳優、料理愛好家、コラムニスト

京都府京都市下京区出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー吉本興業)所属。通称「キム兄」。

人物

NSC5期生と同期扱い(デビューは5期生よりも僅かに早い)で、ダウンタウン、今田耕司ほんこん板尾創路など、年齢が下の先輩が多い。浜田雅功と初対面の際、浜田から「木村さんと呼ばせてください」と言われたが、木村は「後輩だからさん付け...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる