「木村多江」とは?

関連ニュース

松坂桃李 ミステリーだけど…「濃度の高い恋愛映画」に出演! - 09月25日(月)16:00 

いつも穏やかな空気をまとい、優しい笑みを湛えている。松坂さんの印象は何度お会いしてもブレない。けれども役者としての風格は確実に増していくようだ。そんな松坂桃李さんが新たに出演したのは、沼田まほかるさん原作の映画『ユリゴコロ』。 「沼田さんにお会いしたことはないのですが、作品は以前から知っています。とにかく、普通の人物が出てこないんですよ。たとえ普通に見えても実はどこか欠落していて、とてもすんなりとは共感し得ないキャラクターばかり。それなのに、不思議と魅力的に感じてしまうんです。こういう人ってどこかにいそうで、気になってしまう感じというのかなあ…。沼田さんはどういう精神状態でこれを書いているんだろうって考えちゃいますね」 それを言うなら、松坂さんもハードな役柄を演じることも少なくないはず。メンタルのコントロールはどうしているのだろうか。そのために、普段は平和的で、ニュートラルな状態に自分を置いているのですか? 「そうですね。いつも現場でたくさん刺激をもらえるからというのもあって、私生活はなるべく省エネモードです(笑)。沼田さんも、もしかしたらそうなんですかね」 松坂さん演じる亮介の婚約者・千絵(清野菜名)が突然失踪。直後に亮介は実家の押し入れで一冊のノートを発見し、物語は動きだす。それは美紗子と名乗る女(吉高由里子)の手記で、殺人を犯したことを告白していた。一体、誰が何のために書いた...more
カテゴリー:

2017年秋の新番組カタログ!【ドラマ編34本】 - 09月23日(土)12:00 

10月からいよいよスタートする秋の新番組。今回は新ドラマ全34本を曜日ごとに紹介します! 【写真を見る】宮藤官九郎脚本×小泉今日子主演の「監獄のお姫さま」/(C)TBS ■ 月曜 篠原涼子が市議会議員に転身!? 「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」(10月16日[月]スタート、夜9:00-9:54、フジ系※初回は夜9:00-10:09)●“月9”ドラマ初主演の篠原涼子が、市議会議員を目指す主婦役に。夫と子供の3人で暮らす智子(篠原)は、家計を助けようとパートをするが、クビになってしまう。そんな折に市議会議員の高額報酬を知り、ママさん議員になるべく“就職活動”を始める。 ■ 火曜 宮藤官九郎が仕掛ける“おばさん犯罪エンターテインメント”! 「明日の約束」(10月17日[火]スタート、夜9:00-9:54、フジ系)●スクールカウンセラー・日向(井上真央)が、生徒の死を究明するヒューマンサスペンス。日向は男子生徒から「好きです」と告白されるが、翌日、彼は不可解な死を遂げる。 「監獄のお姫さま」(10月17日[火]スタート、夜10:00-10:54、TBS系※初回は夜10:00-11:09)●TBS系ドラマで16年ぶりの主演となる小泉今日子らが、宮藤官九郎の脚本で繰り広げる“おばさん犯罪エンターテインメント”。元社長令嬢・しのぶ(夏帆)の冤罪を晴らすため、カヨ(小泉)らはある大企...more
カテゴリー:

「ブラックリベンジ」DAIGOが腕利きの情報屋役でBDを見せる!? - 09月21日(木)21:55 

10月5日(木)より、日本テレビ系にてスタートする新ドラマ「ブラックリベンジ」。同ドラマの新キャストとして、DAIGOが出演することが明らかになった。 【写真を見る】沙織(木村多江)が持ち込んでくる特大スクープに、「週刊星流」編集部一同も驚がく!?/(C)YTV 本作は、偽りのスキャンダルによって夫を亡くした沙織(木村多江)が、正体を隠してスキャンダルを報じた週刊誌の記者となり、夫を死に追いやった人間たちに“スキャンダル”で復讐(ふくしゅう)していく姿を描くオリジナルドラマ。 元「週刊文春」のエース記者・中村竜太郎氏が監修を務め、知られざる週刊誌の世界をリアルに描いていく。また、番組ホームページでは「週刊星流チャンネル」と題したページにて、ドラマにちなんだWEB限定動画も配信中。本物の週刊誌さながらの展開が話題を集めている。 高橋光臣、カミナリら話題のキャストが続々と発表される中、新たに出演が明らかになったのはDAIGO。 今回彼が演じるのは、沙織の上司である「週刊星流」編集部デスク・天満(平山浩行)に雇われ、沙織の身辺を探る腕利きの情報屋・城田純一だ。沙織の正体を知り、後々沙織を脅かす存在となるかもしれない、ドラマのスパイスとなる重要な役どころ。 出演が決まったことを受け、DAIGOは「僕にとって30代最後の作品になるかもしれないので、気合いが入っています。共演者やスタッフの皆さ...more
カテゴリー:

木村多江主演「ブラックリベンジ」主題歌がSING LIKE TALKINGとサラ・オレインのコラボ楽曲に! - 09月20日(水)21:25 

10月5日(木)にスタートする、木村多江主演の新ドラマ「ブラックリベンジ」(毎週木曜夜11:59-0:54日本テレビ系)の主題歌が、SING LIKE TALKINGとサラ・オレインの初コラボとなる楽曲に決定した。 【写真を見る】楽曲について語り合うサラ・オレインとSING LIKE TALKING・佐藤竹善/(C)YTV 本ドラマは、週刊誌編集部を舞台にかつてスキャンダルによって夫を失った過去を持つ記者・沙織(木村)が、夫を陥れた人を次々と追い詰めていく復讐(ふくしゅう)劇。 主題歌に決まった「闇に咲く花 ~The Catastrophe~」は、アルバム『ENCOUNTER』(1993年)や、『togetherness』(1994年)などがオリコンウイークリーランキングで初登場1位を獲得したこともある、実力派バンド・SING LIKE TALKINGと、テレビCM曲にも起用されたり、バラエティー番組での活躍などで、日本でもおなじみの“歌姫”サラ・オレインによるコラボ楽曲。 バッハのミサ曲「ロ短調ミサ」から「主よ、憐れみたまえ」をイントロに引用し、ドラマの世界観に合ったメロディー、歌詞となっている。 SING LIKE TALKINGのボーカル・佐藤竹善は、楽曲について「ダンサブルで、POPSとして微かに希望が見えるものがあれば、ドラマと相反する形からの相乗効果があると思った」と話...more
カテゴリー:

SING LIKE TALKING×サラ・オレイン、木村多江主演ドラマ主題歌で初コラボ - 09月20日(水)06:00 

女優の木村多江が主演する読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『ブラックリベンジ』(10月5日スタート、毎週木曜23:59~)の主題歌を、ロックバンドのSING LIKE TALKINGと歌手のサラ・オレインが初めてコラボして制作したことが20日、明らかになった。
カテゴリー:

吉高由里子、松坂桃李が明かした純愛プロポーズを一蹴「狂気的」 - 09月23日(土)16:53 

 吉高由里子が5年ぶりに映画主演を務めた「ユリゴコロ」が9月23日、全国296館で公開された。吉高をはじめ、共演の松坂桃李、佐津川愛美、清野菜名、清原果耶、主題歌「ミチシルベ」を担当したRihwa、メガホンをとった熊澤尚人監督が東京・新宿バルト9での舞台挨拶に立った。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  2012年に大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネートを果たした沼田まほかる氏の同名ミステリー小説を実写化した本作は、「人間の死」を心の拠り所にして生きる悲しき殺人者の宿命と葛藤を、過去と現在を交錯させながら描く。熊澤監督は、「冗談抜きにして、吉高さんが血を流し、涙を流しながら熱演してくれたおかげでできました。吉高由里子の100年残る代表作だと思う」と胸を張った。  ストーリーにかけて「あなたが思う純愛」を問われた松坂は、「親父が言ったプロポーズの言葉で、お袋の前に立って、土下座するような感じで『僕は君と結婚できなきゃ死ぬ!』と。『うわうわ! ドラマでもそんなセリフ言ったことないわ』と思ったのですが、今思い返すと純愛なのかな」と明かし、「どう思います?」と女性陣の顔をチラリ。吉高が「狂気的なね。純愛のような脅迫のような。まあ、愛は凶暴なんだよ」と一蹴すると、笑いが沸き起こっていた。  共演陣が次々と“純愛エピソード”を披露するなか、最後に答えることになっ...more
カテゴリー:

晴れた日の抗えない衝動…かなり攻めてる佐々木希の大胆演技が話題沸騰! - 09月22日(金)19:38 

人は誰もが無意識にも何かに依存して生きているもの。そこで、Hulu週間ランキングからある依存性を抱えた女性とその夫との姿を描いた話題の新ドラマを取り上げたい。 今回のランキングでは、『愛してたって、秘密はある。』や『過保護のカホコ』といった人気作品が並び、日本のドラマが上位4位を独占。海外ドラマをまったく寄せ付けない強さを見せている。 なかでも、9月16日にHuluで独占配信がスタートしたばかりのドラマ『雨が降ると君は優しい』がいきなり3位にランクイン。本作は、これまで数々の社会現象を巻き起こしてきた野島伸司が脚本を務めているが、3年もの時間を費やして作り上げた意欲作だという。そんななか、題材として選んだのは、地上波では描くことが難しいと思われる「セックス依存症」。夫のことを深く愛しているにも関わらず、眩しく晴れた暑い日には抗えない衝動から不特定多数の男性と肉体関係を持たずにはいられない女性と、そんな妻を一途に思う真面目な夫が抱える苦悩と葛藤を映し出している。 これだけでもすでに話題となっているが、配信前から大きな注目を集めていた理由は、セックス依存性の妻というハードな役に清楚なイメージを持つ佐々木希が挑戦していること。今年4月に結婚したばかりにも関わらず、体当たり演技が求められる役を引き受けたところに女優として一皮むけたいという気迫も感じさせる。 そして、対する夫役には玉...more
カテゴリー:

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(9月21日付) 吉高由里子が殺人者を演じる『ユリゴコロ』など期待の邦画が続々公開 - 09月21日(木)19:00 

ガジェット通信です。 『Yahoo!映画』さんより情報提供いただいて 9月21日付のユーザーが選ぶ「今週末見たい映画ランキング」をお届けします。本ランキングは、週ごとに、その週の月曜から日曜に劇場公開される作品を対象とし、『Yahoo!映画』のユーザーの投票数の総合計によるもので、『Yahoo!映画』独自のランキングです。 ■【9月21日】今週末みたい映画ランキング 対象:9月18日(月)~9月24日(日)劇場公開作品 山田涼介主演、東野圭吾の小説を映画化した『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が第1位! 吉高由里子が殺人者を演じる『ユリゴコロ』、乃木坂46の西野七瀬と白石麻衣が出演する青春ドラマ『あさひなぐ』など、期待の邦画が続々公開。 1位 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(https://yahoo.jp/Vj9dpWL) ■公開日 :2017年9月23日(土) ■監督  :廣木隆一 ■キャスト:山田涼介、村上虹郎、寛一郎、成海璃子、門脇麦、林遣都、鈴木梨央、山下リオ、手塚とおる、PANTA、萩原聖人、小林薫、吉行和子、尾野真千子、西田敏行 他 ■作品概要:人気作家・東野圭吾の小説を、『やわらかい生活』などの廣木隆一監督が映画化。現在と過去が手紙でつながる不思議な雑貨店を舞台に、養護施設育ちの若者と、町の人の悩み相談を聞く店主の時を超えた交流を描く。32年前から届く悩み相談の手紙に触れるうちに、人...more
カテゴリー:

木村多江主演『ブラックリベンジ』SING LIKE TALKING feat.サラ・オレインが主題歌 - 09月20日(水)06:00 

木村多江が民放の連続ドラマで初主演を務める『ブラックリベンジ』(読売テレビ・日本テレビ系、10月5日スタート、毎週木曜23:59~)の主題歌が、SING LIKE TALKINGとサラ・オレインのコラボレーション楽曲「闇に咲く花 ~The Catastrophe~」に決定した。本作は、かつて夫を週刊誌のスキャンダルによって死に追いやられた過去を持つ敏腕記者・沙織(木村)が、世の中の裏に巣くうスキャンダルに迫り、夫を陥れた人間を次々と追い詰めていく姿を描いた痛快な復讐劇。将来有望な政治家だった彼女の夫は、身に覚えのないスキャンダルをでっち上げられ、それを苦に自殺してしまった。その事実を知った沙織は、スキャンダルによる復讐を決意。沙織は大胆にして情け容赦ないやり方で、夫のスキャンダルをねつ造した人物たちが隠す黒い秘密を暴いていく。さらにドラマでは、不倫議員、ハニートラップ、罵倒音声など、現在、世間を騒がせているスキャンダルのエッセンスを取り入れ、生々しくゲスな人間の本性が赤裸々に描き出される。元週刊文春のエース記者として知られるジャーナリスト・中村竜太郎氏が監修を務め、スキャンダルの裏側をリアルに描写。劇中では、スクープ獲得のために記者が駆使する驚くべきテクニックも披露される。この度、発表された主題歌「闇に咲く花 ~The Catastrophe~」では、ストーリーに寄せた歌詞と、ドラ...more
カテゴリー:

木村多江主演『ブラックリベンジ』SING LIKE TALKING feat.サラ・オレインが主題歌 - 09月20日(水)06:00 

木村多江が民放の連続ドラマで初主演を務める『ブラックリベンジ』(読売テレビ・日本テレビ系、10月5日スタート、毎週木曜23:59~)の主題歌が、SING LIKE TALKINGとサラ・オレインのコ…
カテゴリー:

もっと見る

「木村多江」の画像

もっと見る

「木村多江」の動画

Wikipedia

木村 多江(きむら たえ、1971年3月16日 - )は、日本の女優である。

東京都出身。フリーを経て、融合事務所に所属。

来歴・人物

昭和音楽芸術学院ミュージカル科卒業。特技はバレエ日本舞踊、玉乗り。

大学在学中から美少女戦士セーラームーンに出演するなど舞台女優として活動後、ドラマリング〜最終章〜とらせんでの山村貞子役で注目され、以降救命病棟24時の山城紗江子役や白い巨塔での林田加奈子役、大奥ぐるりのこと。ゼロの焦点などに出演して、演じた役柄から「薄幸(が似合う)美人」や「日本一不幸役が板につく女優」などと称された。

中学時代に演劇部に入部したが、この頃は演技するより舞台を見る方が楽しかったという。高校時代に樹木希林のドラマ台所の聖女を見て感動し、演技の道を志すようになった。19歳より舞台に立っていたが、21歳の時には父親が急逝し、パン屋やホテルスタッフ、レストラン、コーヒーショップ、知育研...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる