「木村多江」とは?

関連ニュース

「ブラックリベンジ」7話。週刊誌記者の仕事熱心な姿勢が、そのまま取材対象の人生を追い詰めている件 - 11月23日(木)09:45 

深夜ドラマにもかかわらず、注目度が急上昇中の『ブラックリベンジ』(日本テレビ系)。中でも際立って注目されているのは、佐藤二朗演じる「週刊星流」の編集長・福島勲だ。とにかく、憎たらしくて恐ろしい。軽薄で血も涙もないパーソナリティは、我々がイメージする週刊誌記者像とあまりにも合致する。人の心を説く天満も“ゲス”であるこのドラマ、特に第6話辺りからとてつもなくヘヴィな展開に突入している。観てると、気持ちがどんよりしてくる。そんな中、星流編集部で戯れる田村雄大(竹内まなぶ)と岡島まこと(石田たくみ)、要するにカミナリの2人のやり取りを見るとホッとするのだ。とても、あの福島と同じ空間で仕事をしているとは思えない。異次元のような能天気さが、視聴者をホンワカさせる。しかしだ。自殺した寺田圭吾(高橋光臣)による5年前の不倫記事を次号も続けてトップに据えると福島が宣言するや、田村と岡島はピュアに「賛成です、こうなったらとことん行きましょう!」「この妹にコメント取りに行った方がいいんじゃないですか?」とモチベーションを見せるから怖い。他意がなく、仕事熱心なだけの姿勢が、そのまま取材対象の人生を追い詰めているのだ。その後、自分がクビにした星流の元デスク・天満龍二(平山浩行)と福島は街でバッタリ出会った。天満 いつまで続けるつもりですか?福島 いつまで? 何を? 天満 (「週刊星流」を持って)これですよ!...more
カテゴリー:

週刊誌記者のスクープ入手法は!? 「ブラックリベンジ」お仕事リアル調査 - 11月18日(土)12:15 

人気週刊誌「週刊星流」の記者・今宮沙織(木村多江)が、夫・圭吾(高橋光臣)を陥れ、自殺に追いやった人物たちに“スキャンダル”で復讐する姿を描く「ブラックリベンジ」(毎週木曜夜11.59-0.54、日本テレビ系)。 【写真を見る】「M-1グランプリ」決勝に進出したカミナリも出演中 スクープで復讐を果たしていく沙織は、圭吾の盟友だった政治家・塚本(神尾佑)には、彼の妻と結託して愛人の存在を暴露。圭吾と偽のベッド写真を撮ったアイドル・サユミ(芹那)には、マネジャーの嫉妬心をあおり、結婚式の会場で過去の悪行を明かし、会社社長・南條(横山めぐみ)には、彼女が裏で運営していた“イケメン売春サイト”の存在を暴いた。 だが、実際にスクープを追う週刊誌記者はどんな仕事をしているのだろうか。某週刊誌編集部に勤める編集部員AとライターBに、その“リアル”を聞いた。 ■ リアルその1…取材の基本は張り込み! ネタは飲み歩いて探す! 高槻(堀井新太)から得た情報を基に行動を起こす沙織だが、実態は? 「基本的には1日中じーっと車の中で張り込みですね」(ライターB)、「絶対に相手にばれないことが大事です」(編集部員A)、「ネタは飲み歩いて探しています(笑)。便利な“情報屋”はいないですよ(笑)」(ライターB)。 ■ リアルその2…怒鳴られるのはもはや日常茶飯事? スクープを狙った沙織が、逆に隼也(大和孔太)に写...more
カテゴリー:

「ゲス不倫だからママ死んじゃうの?」子どもの涙ながらの訴えに胸が痛む『ブラックリベンジ』 - 11月17日(金)21:23 

木村多江主演の連続ドラマ『ブラックリベンジ』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59〜)11月16日放送の第7話では、木村演じる今宮沙織の妹・綾子(中村映里子)が“不倫”で週刊誌に載ったことをきっかけに、周囲から非難の的となった。その息子・悠斗に至っては「ゲス不倫で生まれた子」といじめられ、Twitterでは「かわいそうすぎる」「残酷……」「不倫の一番の被害者は子ども」などの声があふれた。沙織は、5年前に週刊誌編集長・福島勲(佐藤二朗)による捏造記事で政治家の夫・圭吾(高橋光臣)とお腹の子を亡くした女性。捏造に協力した者たちに同じ方法で復讐するため身分を偽り、編集部の記者として働き始める。前回、沙織は福島への復讐に失敗。逆に「圭吾の不倫相手が沙織の妹である」という記事を掲載され、地獄に突き落とされた。注目の第7話は、綾子の息子が圭吾との子であることを知った沙織が身も心もボロボロとなり、廃人と化してしまったシーンから始まった。これまで復讐をしてきた意味や、自らが生きている理由を見失ってしまう。一方、福島は「旬のネタは味がなくなるまでしゃぶり尽くす」と次週の記事の作成を続ける。ネタはもちろん圭吾と綾子の“不倫”だ。福島は、編集部の記者たちに綾子の元へ取材に行かせる。そこで繰り広げられていたのは、近所の主婦たちの好奇な視線の嵐、幼稚園の友達からのいじめであった。わけがわからず「ねえ...more
カテゴリー:

「ゲス不倫だからママ死んじゃうの?」子どもの涙ながらの訴えに胸が痛む『ブラックリベンジ』 - 11月17日(金)21:20 

木村多江主演の連続ドラマ『ブラックリベンジ』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59〜)11月16日放送の第7話では、木村演じる今宮沙織の妹・綾子(中村映里子)が“不倫”で週刊誌に載ったことをきっかけに、周囲から非難の的となった。その息子・悠斗に至っては「ゲス不倫で生まれた子」といじめられ、Twitterでは「かわいそうすぎる」「残酷……」「不倫の一番の被害者は子ども」などの声があふれた。沙織は、5年前に週刊誌編集長・福島勲(佐藤二朗)による捏造記事で政治家の夫・圭吾(高橋光臣)とお腹の子を亡くした女性。捏造に協力した者たちに同じ方法で復讐するため身分を偽り、編集部の記者として働き始める。前回、沙織は福島への復讐に失敗。逆に「圭吾の不倫相手が沙織の妹である」という記事を掲載され、地獄に突き落とされた。注目の第7話は、綾子の息子が圭吾との子であることを知った沙織が身も心もボロボロとなり、廃人と化してしまったシーンから始まった。これまで復讐をしてきた意味や、自らが生きている理由を見失ってしまう。一方、福島は「旬のネタは味がなくなるまでしゃぶり尽くす」と次週の記事の作成を続ける。ネタはもちろん圭吾と綾子の“不倫”だ。福島は、編集部の記者たちに綾子の元へ取材に行かせる。そこで繰り広げられていたのは、近所の主婦たちの好奇な視線の嵐、幼稚園の友達からのいじめであった。わけがわからず「ねえ...more
カテゴリー:

妹が姉の旦那とゲス不倫!その言い訳が「想像を超えたクズっぷり」と騒然『ブラックリベンジ』 - 11月13日(月)15:20 

木村多江主演の連続ドラマ『ブラックリベンジ』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59〜)11月9日放送の第6話では、木村演じる今宮沙織が、亡くなった夫と不倫していたのは妹の綾子(中村映里子)だったと真相を知る。裏切られたうえに開き直る綾子の態度に、これ以上ない絶望を味わう沙織。あまりの仕打ちにTwitterでは「感情移入しすぎて放心状態」「もうやめて」「妹クズすぎ!」などと話題になっている。5年前に捏造スキャンダルが原因で政治家の夫・圭吾(高橋光臣)とお腹の子を亡くした沙織。圭吾を陥れた者たちに同じ方法で復讐をするため身分を偽り、『週刊星流』の記者として働き始めた。しかし、事件の本当の黒幕は編集長の福島勲(佐藤二朗)だった。そこで沙織は、当時福島に騙されて記事を書かされたデスクの天満龍二(平山浩行)と手を組み、福島が記事を捏造した事実を掲載することにした。第6話は、その計画が失敗に終わるところから始まる。福島の方が一枚上手で、最終的に掲載された記事は「圭吾の不倫相手が妻の妹だった」という内容に差し替えられていた。この記事をきっかけに、沙織と綾子の関係は一気に崩壊していく。事実を受け入れられない沙織は、まず福島を問いただす。しかし、福島は記事が事実である証拠を見せつける。さらに、沙織が編集部に潜り込んだ理由も最初から知っていた。そして「君はずっと踊らされてた。俺の手のひらの上で...more
カテゴリー:

本田翼 飛行機内でのナンパ体験告白「ちょっとうれしかった」 - 11月20日(月)13:19 

11月19日(木)放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に出演した本田翼が、飛行機の中でナンパされた経験があることを明かした。 本田翼、西野七瀬、新川優愛らnonnoモデルがイベントで勢ぞろい 「芸能界“気の毒な夫”決定戦」をテーマに恐妻家の土屋礼央、元サッカー選手の三浦淳宏、パンツェッタ・ジローラモが出演し、恐妻家エピソードを披露した。 その中でジローラモが奥さんとの出会いは「飛行機の中でナンパした」というVTRが紹介されると、司会の東野幸治が本田に「どうですか?イタリアの男は?」と質問。 「飛行機の中でナンパされたことあるんです。それはスペイン人の方だったんですけど」 東野が食い気味に「それはどうだったんですか?」と質問を被せた。 「その方はパイロットで、仮眠中を取るタイミングで横で寝ていて……」とその時の様子を説明。 するとジローラモは「最初から計画していた。可愛い子いるな~って。絶対そう!」と、経験者ならではの分析をしていた。 本田は「そうなんですか~」と恥ずかしそうにしていたが、東野から「ちょっと嬉しいよね?」と聞かれ「嬉しかった♪」と笑顔で答えていた。 次回11月26日(日)後7:00から「誰も知らない明石家さんま ロングインタビューで解禁」を放送予定。出演は明石家さんま、東野幸治、後藤輝基、渡部建、木村多江、菅田将暉ほか。(ザテレビジョン・女性タレント・モデ...more
カテゴリー:

佐々木希、地元紙編集長就任で早速しょっつる鍋を食リポ「しったげ、うめな」 - 11月18日(土)04:00 

 女優の佐々木希が、故郷・秋田の地方紙「秋田魁新報」の「秋田の魅力発信」編集長に任命され11月17日、都内で就任式に臨んだ。 ・【フォトギャラリー】佐々木希、その他の写真はこちら  「今でもしょっちゅう帰っていて、私にとっての温かい場所。秋田でパワーチャージして、東京でのお仕事を頑張っています」と郷土愛たっぷりの佐々木。2010年からは「あきた美の国大使」を務めており、「古里のために何かできないか」という思いを、実家でも購読している同紙が受け止めた。  14年に同紙が創刊140年を迎えた際には8ページを使った等身大広告に登場した縁もあり、「まだ話していないけれど、家族もものすごく喜んでくれること間違いなし」と笑顔。委嘱状と名刺、腕章を受け取り「まだまだ知らないことや詳しく調べていないこともあるので、秋田の魅力をどんどん伝えていきたい」と抱負を述べた。  取材は12月から開始し、紙面掲載だけでなく電子版やSNSでのライブ配信も予定しているという。既に食や観光資源などの取材候補が挙がっており、「曲げわっぱなどの伝統工芸は、インスタグラムで検索してもけっこう使っている人が多いのでもっと広めていきたい。農業も、枝豆が実は出荷量が2年連続日本一で収穫体験や作り手の方の思いを聞いて学びたい」と意欲を見せた。  その予行演習とばかりに、この日は地元の名産ハタハタの魚しょうを使ったしょっ...more
カテゴリー:

「ゲス不倫だからママ死んじゃうの?」子どもの涙ながらの訴えに胸が痛む『ブラックリベンジ』 - 11月17日(金)21:20 

木村多江主演の連続ドラマ『ブラックリベンジ』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59〜)11月16日放送の第7話では、木村演じる今宮沙織の妹・綾子(中村映里子)が“不倫”で週刊誌に載ったことを…
カテゴリー:

「ブラックリベンジ」木村多江の激情に震え、佐藤二朗に飄々とおちょくられ、自分勝手な妹にムカつく6話 - 11月16日(木)09:45 

私は今、「渡る世間は鬼ばかり」と口にしたい心境だ。『ブラックリベンジ』(日本テレビ系)を観ていると、そういう心境になってしまう。疑心暗鬼になってくる。信用していた知人が、陰で自分を裏切るような行いをしていたら……。通常ならば、それらの行動はよほどのことがない限り明るみには出ない。しかし、週刊誌が暴きにかかった場合はどうしようもない。紙面を通じて真相を知り、泣くのか、怒るのか、狂うのか……。佐藤二朗、木村多江をおちょくる主人公・今宮沙織(木村多江)と「週刊星流」デスク・天満龍二(平山浩行)は、編集長・福島勲(佐藤二朗)の捏造を糾弾する記事の掲載を画策。しかし、福島は寸でのところで記事の差し替えに成功する。新たな記事の内容は「寺田圭吾にもう一人の愛人 相手はなんと妻の妹」というものであった。沙織にとっては衝撃的過ぎるスクープだが、世間的にそれほどの激震でないことは周囲のリアクションを見れば明らかだ。何しろ、星流の編集部員が「なんでこのネタ載っけたんですかね?」「こんな古いネタに差し替えるくらいだったら……」とボヤくくらいなのだから。要するに、福島は沙織とその周辺を攻撃する目的でこの記事を引っ張り出してきた。それにしても、佐藤二朗の芝居が凄い。自分の寝首をかこうと企む沙織と天満を前にした時の態度が、憎らし過ぎるのだ。天満に対し、お茶目なノリで「俺さぁ~、お前の考えてること、手に取るように...more
カテゴリー:

妹が姉の旦那とゲス不倫!その言い訳が「想像を超えたクズっぷり」と騒然『ブラックリベンジ』 - 11月13日(月)15:20 

木村多江主演の連続ドラマ『ブラックリベンジ』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59〜)11月9日放送の第6話では、木村演じる今宮沙織が、亡くなった夫と不倫していたのは妹の綾子(中村映里子)だ…
カテゴリー:

もっと見る

「木村多江」の画像

もっと見る

「木村多江」の動画

Wikipedia

木村 多江(きむら たえ、1971年3月16日 - )は、日本の女優である。

東京都出身。フリーを経て、融合事務所に所属。

来歴・人物

昭和音楽芸術学院ミュージカル科卒業。特技はバレエ日本舞踊、玉乗り。

大学在学中から美少女戦士セーラームーンに出演するなど舞台女優として活動後、ドラマリング〜最終章〜とらせんでの山村貞子役で注目され、以降救命病棟24時の山城紗江子役や白い巨塔での林田加奈子役、大奥ぐるりのこと。ゼロの焦点などに出演して、演じた役柄から「薄幸(が似合う)美人」や「日本一不幸役が板につく女優」などと称された。

中学時代に演劇部に入部したが、この頃は演技するより舞台を見る方が楽しかったという。高校時代に樹木希林のドラマ台所の聖女を見て感動し、演技の道を志すようになった。19歳より舞台に立っていたが、21歳の時には父親が急逝し、パン屋やホテルスタッフ、レストラン、コーヒーショップ、知育研...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる