「木村多江」とは?

関連ニュース

菅田将暉&ヤン・イクチュンが運命の競演!「あゝ、荒野」予告&ポスター完成 - 07月19日(水)06:00 

 菅田将暉とヤン・イクチュンがダブル主演し、寺山修司の長編小説を2部作で映画化した「あゝ、荒野 前篇」「あゝ、荒野 後篇」の予告編とポスタービジュアルが、このほど完成した。映像では「菅田将暉 運命の競演 ヤン・イクチュン」というコピーが躍り、人生を変えるためボクシングに打ち込む青年たちの、刹那の青春を収めている。 ・【動画】「あゝ、荒野」予告編  1960年代後半の日本のアングラ文化を生み出したサブカルチャーの先駆者・寺山が、66年に発表した唯一の長編小説を、「二重生活」の岸善幸監督が実写映画化。少年院あがりの新次(菅田)と、きつ音と赤面対人恐怖症に悩むバリカン(ヤン)がボクシングを通して育む奇妙な友情、周囲の人々との人間模様を、時代設定を現代に変更して描く。  映像はハードコアパンクバンド「BRAHMAN」が手がけた主題歌「今夜」のエモーショナルなメロディと、寺山の“聖地”とも言える新宿のネオン輝く風景にのせ、戦うことでしかつながることができない新次&バリカンの絆や、2人を取り巻く人々の苛烈な生きざまを映し出す。猛然と打ち込まれる拳、受ける肉体の痛み、見つめる眼差し、言葉にならない息づかい……。菅田とヤンの熱演から、一瞬たりとも目が離せない仕上がりだ。  「あゝ、荒野」は木下あかり、ユースケ・サンタマリア、山田裕貴、木村多江、今野杏南、でんでん、モロ師岡、高橋和也らが共演...more
カテゴリー:

吉高由里子「ユリゴコロ」主題歌はRihwaの書き下ろし楽曲「ミチシルベ」に決定! - 07月13日(木)04:00 

 吉高由里子が「僕等がいた 前篇・後篇」以来5年ぶりに映画主演を務める「ユリゴコロ」の主題歌が、シンガーソングライターのRihwaの書き下ろし楽曲「ミチシルベ」に決定。2月に声帯ポリープの摘出手術を行い、およそ3カ月間の静養期間を経て復活を果たしたRihwaは「愛することや生きていく上での困難、誰にも理解してもらえない孤独を映画を見た後に、音楽を通して共感していただけるような曲作りを目指した」と明かしている。  実写映画「心が叫びたがってるんだ。」(7月22日公開)も手がけた熊澤尚人監督がメガホンをとる本作は、2012年に大藪春彦賞受賞、本屋大賞ノミネートを果たした沼田まほかる氏の同名ミステリー小説を実写化。本作のキーとなるのは、余命わずかな男の書斎で発見された1冊のノート。“ユリゴコロ”と書かれたノートには、悲しき殺人者の告白文がつづられていた。殺人という行為を心のよりどころとして生きていた美紗子(吉高)、心に闇を抱える洋介(松山ケンイチ)、ノートの秘密に迫っていく亮介(松坂桃李)らの壮絶な運命を、過去と現代を交錯させて描く。  「ミチシルベ」は、壮大なスケールのストリングス、そして悲しくもどこか温かいピアノの旋律に、Rihwaのハイトーンで伸びやかな歌声と、映画のために書き下ろした切ないストーリーを紡ぐ歌詞が印象的な楽曲。吉高は「映画の雰囲気や世界観に沿った素敵な言葉が歌詞...more
カテゴリー:

【結婚どころか恋愛の仕方もわかりません Vol.1】恋愛に悩み苦しみ、結婚に焦る女たち by おゆみパイ - 07月16日(日)10:30 

ユウ子・・・幸が薄い26歳。自己評価が低すぎて都合が良い女になりがちである。 サキ子・・・自己愛が強い25歳。8年彼氏がいないがもうすぐアラサーなので危機感を感じている。 つぼ美・・・男が尽きない29歳。唯一の悩みは同性に嫌われること。 初めまして!7月から連載させていただくことになりました、おゆみパイと申します。 恋愛に悩み苦しみ、そして結婚に焦る女たちを描いていけたらな〜と思います。 私は19歳の頃の夢が「幸の薄い女になりたい」でした。いわゆる、麻生久美子さんや木村多江さんなどのような幸薄美人です。 ああ幸薄美人、幸薄美人になりたい! 謎を秘めた、ミステリアスな、色気のある大人になりたい! そんな風に願いながら上京し、4年間都会に揉まれまくった私は、晴れて「つげ義春の漫画に出てきそうな女」と呼ばれるほどに幸が薄く仕上がってしまいました。(つげ義春先生を知らない人はどうぞググってみてください) 芋くさくて非モテな私が上京して早々男性と付き合ってはすぐ別れたり、行きずりの男とホテルに行ったりと。 恋愛は男女のコミュニケーションであるということに気付けないまま多くの失敗を重ね、気が付いたら自尊心が消え都合のいい女に成り下がっていたー…… なんて、世にも奇妙な物語のような女人生を短期間のうちに濃ゆく濃ゆく歩んでし...more
カテゴリー:

【芸能】変幻自在!カメレオン女優ランキング…大竹しのぶ、沢尻エリカ、満島ひかり、菅野美穂、木村多江、綾瀬はるか など - 07月05日(水)02:31  mnewsplus

最近は山田孝之や菅田将暉など、役によってガラリと雰囲気を豹変させるカメレオン俳優が注目を集めています。 そしてそのような演技派は男性だけではありません。 女性にもカメレオン女優と呼ばれる人が多数存在します。 そこで今回は、どんな役にでも変幻自在になりきるカメレオン女優について探ってみました。 1位 大竹しのぶ 2位 沢尻エリカ 3位 満島ひかり 4位 菅野美穂 5位 木村多江 6位 仲間由紀恵 7位 キムラ緑子 8位 綾瀬はるか 9位 小池栄子 10位 樹木希林 ■1位は「大竹しのぶ」! テレビドラマ、...
»続きを読む
カテゴリー:

「木村多江」の画像

もっと見る

「木村多江」の動画

Wikipedia

木村 多江(きむら たえ、1971年3月16日 - )は、日本の女優である。

東京都出身。フリーを経て、融合事務所に所属。

来歴・人物

昭和音楽芸術学院ミュージカル科卒業。特技はバレエ日本舞踊、玉乗り。

大学在学中から美少女戦士セーラームーンに出演するなど舞台女優として活動後、ドラマリング〜最終章〜とらせんでの山村貞子役で注目され、以降救命病棟24時の山城紗江子役や白い巨塔での林田加奈子役、大奥ぐるりのこと。ゼロの焦点などに出演して、演じた役柄から「薄幸(が似合う)美人」や「日本一不幸役が板につく女優」などと称された。

中学時代に演劇部に入部したが、この頃は演技するより舞台を見る方が楽しかったという。高校時代に樹木希林のドラマ台所の聖女を見て感動し、演技の道を志すようになった。19歳より舞台に立っていたが、21歳の時には父親が急逝し、パン屋やホテルスタッフ、レストラン、コーヒーショップ、知育研...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる