「木下隆行」とは?

関連ニュース

【芸能】いしだ壱成、離婚ストレスで顔面麻痺を心配する声…その影響は頭皮にも波及か - 10月19日(木)21:25  mnewsplus

いしだ壱成(42)が18日放送『良かれと思って!』(フジテレビ系)で2度目の離婚を告白し、その原因に自身が妻に課した「7つのルーティンワーク」があったことを明かした。 その内容は「サラダ用に7種類のドレッシングを用意すること」「帰宅時に45度のお風呂を準備すること」 「当日の領収書をまとめて精算すること」など、かなり細かい規則で、これを守らないと石田は「ふざけんな、オラァ!」と妻にキレていたという。 衝撃の告白にSNS上でも「要求が細かすぎて怖い」「これDVではないものの、一種のモラハラ」「離婚した奥さんに慰...
»続きを読む
カテゴリー:

【直虎】柴咲コウ、元気いっぱいクランクアップ「あと1年やれそう」 - 10月11日(水)17:21 

 女優の柴咲コウが11日、静岡県浜松市の久留女木の棚田でNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)のクランクアップを迎えた。昨年10月7日頃にも物語前半の重要なシーン(第7回など)の撮影を行った場所。最後まで撮影を共にした、市原隼人や小松和重らに囲まれて、柴咲は「始まるときには1年間やり遂げられるかな、という不安もあり、精魂尽き果てて終わるんだろうなと思っていましたが…体力があり余っています」と、はっちゃけた。 【写真】市原隼人、小松和重らと棚田でクランクアップ  柴咲は「(スタッフ・キャストの)皆さんが愛を持って接ししてくれたことと、それぞれがプロフェッショナルな仕事をしてくれたことが学びになり、刺激になりました。愛を感じながら撮影できてとてもうれしく思っています。やり遂げられて幸せです。体力が残っていて、あと1年くらいできそうなんですが、また別の作品でご一緒したいです」と、はちきれんばかりの笑顔を見せていた。  この日は、黄金色の稲穂が頭を垂れる美しい棚田の風景の中、最終回(第50回、12月17日放送予定)で井伊谷の民が、郷の豊かな実りに感謝するシーンなどが撮影された。龍潭寺の僧・傑山役の市原、同じく僧・昇天役の小松、井伊谷の民を演じた山中崇、前原滉、TKOの木本武宏、木下隆行らが撮影に参加。クランクアップを祝いに、奥山六左衛門役の田中美央が私...more
カテゴリー:

「木下隆行」の画像

もっと見る

「木下隆行」の動画

Wikipedia

木下 隆行(きのした たかゆき、1972年1月16日 - )は、日本のお笑い芸人俳優お笑いコンビ「TKO」のボケ担当。身長183cm、体重113kg(デビュー当時は70kg)。

人物

福岡県豊前市で4歳〜6歳まで育ち大阪府へ移住。大阪府立食品産業高等学校(現・大阪府立枚岡樟風高等学校)中退。 実家は、大阪を本拠とする「元祖鉄板鍋きのした」を営んでいる。

2016年、株式会社ウィゴーが展開するアパレルブランド「BUCCA 44」(ブッカ フォーティーフォー)のディレクターに就任し、販売開始。

出演作品

''コンビでの出演歴についてはTKO (お笑いコンビ)を参照。'' テレビ番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる