「有識者」とは?

関連ニュース

地方銀行は、これからどうなるの? 元銀行マンが「報告書」を読み解く - 05月20日(日)20:00 

「地域金融機関の経営統合については、金融庁による事後的なモニタリングが有効であることを踏まえ、競争当局と金融庁が連携し......」これは有識者による「金融仲介の改善に向けた検討会議」で話し合われた内容をまとめ、2018年4月11日に金融庁から発表された報告書、「地域金融の課題と競争のあり方」の一部だ。読めばわからないこともないが、「みんなに読んでほしい」という思いがどこにもなさそうなこの文書。そこで今回は、かつて銀行マンだった記者が、この文書を読み解きつつ、地方銀行の現状などについて考えてみようと思う。人口・企業数が減少すると...報告書では、まず人口と企業数の減少について触れている。人も企業も少なければ、お金の貸出量も少なくなり、貸す先が減った銀行は、儲けが少なくなる。地方都市では少子高齢化がより進み、そこを商圏とする地方銀行は深刻となる。儲けが出ない銀行は、当然のごとく経営が難しくなる。報告書によると、貸出や手数料による「本業」が赤字となっている地方銀行は、106行のうち54行(2016年度決算)。そこで地銀は、店舗削減や隣接する都道府県への進出に向かう。しかし、当然ながら隣接県にも、そこを地盤とする地銀があるため、銀行同士の「バトルロワイヤル」が起きるわけだ。そんなときに生存戦略のひとつになるのが、「経営統合」だ。経営統合は有用だが...銀行は何かと「固定費」がかかる。人件...more
カテゴリー:

「次世代モビリティ フォーラム」を開催(6/10)~有識者の講演のほか、会場で自動運転車両に試乗できます~ - 05月18日(金)19:29 

[小田急電鉄株式会社]  本フォーラムは、三者が2017年12月に締結した最先端技術に係る研究や地域の活性化などに関する連携協力協定に基づき開催するもので、神奈川県黒岩知事(予定)をはじめとした有識者の講演のほか、会場内...
カテゴリー:

<東北地銀>金融庁試算に反論「粗い分析」「現実合わぬ」 - 05月18日(金)08:54 

青森や秋田などで地方銀行の存続が困難と試算した金融庁有識者会議の報告書について、東北の地銀、第二地銀のトップは2018年3月期決算の記者会見で、「現実に合わない」などと一斉に批判した。一方、同会議がそ
カテゴリー:

新エネ計画で経産省素案 再エネ主力電源化を脱炭素化2050年見据え明記 - 05月17日(木)06:15 

 経済産業省は16日、有識者会議で新たなエネルギー基本計画の素案を取りまとめた。太陽光や風力など再生可能エネルギーは「主力電源化」に向けて推進する方針を明記し、原子力発電は可能な限り依存度を減らすとの従来方針を踏襲。2030年に加え、地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」を踏まえて50年を見据えた長期的視点を新たに導入し、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出を大幅に減らす「脱炭素化」の方向性を示した。
カテゴリー:

新計画“再生可能エネルギーを主力電源に” 5/16 21:30更新 - 05月16日(水)21:30 

国の中長期的なエネルギー政策の方針を示すエネルギー基本計画について経済産業省の有識者会議は初めて、再生可能エネルギーを主力電源とすることを目指すなどとした新たな計画をまとめた。
カテゴリー:

経産省:夏の節電要請見送り 省エネ定着で - 05月19日(土)18:31 

 経済産業省は18日、今夏の電力供給対策を議論する有識者会合を開き、家庭や企業への節電要請を見送ると決めた。省エネの定着などで大手電力全10社による安定的な供給が可能と判断した。
カテゴリー:

広島・原爆資料館:本館メイン展示に「3日後の少女写真」 - 05月18日(金)15:46 

来春にリニューアルオープン 毎日新聞記者が市中心部で撮影  来春にリニューアルオープンが予定される広島市中区の原爆資料館本館について、展示内容を検討する有識者会議が18日、同市内であった。入り口に展示されるメイン写真に、原爆投下の3日後に毎日新聞記者が市中心部で撮影した少女の写真が選ばれた。
カテゴリー:

柳瀬元秘書官が加計学園関係者との面会を認めざるを得なかった訳 - 05月18日(金)04:45 

与野党の激しい攻防が続く加計学園問題。10日に衆院予算委員会で行われた参考人招致での柳瀬元総理大臣秘書官の発言に愛媛県知事が反論するなど、事態は混迷を極めています。元全国紙社会部記者の新 恭さんは自身のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』で、柳瀬元秘書官の「釈明」や14日の集中審議での安倍首相の答弁を分析した上で、「安倍特権サークルの協働が明らかになった」と指摘しています。 柳瀬氏と加計学園の面会を問題なしとする安倍首相の不見識 柳瀬唯夫・元首相秘書官が加計学園関係者と官邸で会ったことについて、安倍首相は14日の衆参予算委集中審議で、「何ら問題はない」と語った。 問題がないのなら、なぜ今まで隠してきたのか。後述するが、今井尚哉首席秘書官も知っていたのだ。 しかも、柳瀬氏は参考人質疑において、愛媛県や今治市の面会記録で問題になっている2015年4月2日とその前後に計3回も、官邸で同学園事務局幹部らに会ったことを明かした。 柳瀬氏はおかしな釈明をした。「総理秘書官になって外の話が聞けなくなった。自分は世の中からずれているんじゃないかと思い、できるだけ政府の外の方からアポイントがあれば会うよう努めていた」。これでは、加計学園関係者を官邸に呼ぶ理由にはならない。 加計学園事務局幹部と柳瀬氏はおそらく携帯で連絡を取り合える仲になっていたのだろう。 13年5月のゴールデンウイーク。安倍首相の...more
カテゴリー:

エネ基本計画改定案:原発増設議論は先送り 目標達成遠く - 05月16日(水)21:41 

 経済産業省の有識者会議が16日とりまとめた「エネルギー基本計画」の改定案は、再生可能エネルギーの主力電源化を打ち出したものの、2030年度時点の再生エネや原発の電源構成は従来の目標を維持。一方で、目標の達成に必要とされる原発の新増設や建て替えの判断は先送りされるなど実現性に乏しい内容となり、会議の
カテゴリー:

再生可能エネルギー“主力電源化”目指す 5/16 18:03更新 - 05月16日(水)18:03 

国の中長期的なエネルギー政策の方針を示すエネルギー基本計画について、経済産業省の有識者会議は初めて、再生可能エネルギーを主力電源とすることを目指すなどとした新たな計画をとりまとめた。
カテゴリー:

もっと見る

「有識者」の画像

もっと見る

「有識者」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる