「有明海」とは?

関連ニュース

今週の花火大会!福岡県編[2017年8月25日(金)~31日(木)] - 08月23日(水)16:00 

■ 第33回遠賀町夏まつり / 8月26日(土) 20:00~20:40 【写真を見る】「行橋夏まつりこすもっぺ(花火大会)」は、幅200mのナイアガラや連続花火による演出が魅力 遠賀町(おんがちょう)で開催する祭りの最後を3000発の打ち上げ花火が彩る。夜空に大きく映える最大7号玉の花火は圧巻。祭りのなかで行われる千人総踊りは、一般の参加客も飛び入り参加ができる。音楽に合わせて多数の町民が踊る姿が、観客を魅了する。 [第33回遠賀町(おんがちょう)夏まつり] 福岡県遠賀郡遠賀町(おんがぐんおんがちょう)・遠賀総合運動公園 / 打ち上げ数 3000発 / 8月26日(土) 20:00~20:40 / 小雨決行※荒天時は8月27日(日)に延期 ■ 行橋夏まつりこすもっぺ(花火大会) / 8月26日(土) 20:00~20:30 行橋市の花火大会は、市の中心を流れる今川を舞台に開催される。幅200mのナイアガラや連続花火、仕掛け花火など、テンポのよい演出が魅力。河川敷から間近に見ることができるので迫力満点だ。市内の各ステージではイベントも開催される予定。 [行橋夏まつりこすもっぺ(花火大会)] 福岡県行橋市(ゆくはしし)・行橋市役所横今川河畔 / 打ち上げ数 約2500発 / 8月26日(土) 20:00~20:30 / 雨天決行※荒天時は中止 ■ 第12回福智町水と灯火の夕べ / 8...more
カテゴリー:

ムツゴロウ材料にギョーザ 東京の人気店経営者指導 - 08月23日(水)06:59 

有明海に生息するムツゴロウなどを使った珍しいギョーザの料理教室が20日、佐賀市であった。東京の人気ギョーザ店「蔓餃苑」を経営するパラダイス山元さんが講師を務め、親子10組20人が珍魚を使ったユニークなギョーザ作りを通して有明海の海の恵みに触れた。 ギョーザに関する著書を手掛ける山元さんが、県産のムツゴロウや赤貝、イソギンチャクを具材にしたレシピを披露した。山元さんは、「ギョーザと言えば、野菜...
カテゴリー:

顔出すエイリアン、丸ごとムツゴロウ... 佐賀生まれ「珍餃子」そのお味は? - 08月22日(火)06:00 

シン・ゴジラ第二形態の「蒲田くん」みたいだ――東京・荻窪の餃子レストランが、そんな声が聞こえそうなムツゴロウを丸ごと使った餃子などを期間・人数限定で提供を始めた。佐賀県の有明海で獲れた7種類の珍魚を餃子に仕立てており、Jタウンネットでは、レストランとコラボした県の担当者からその反響ぶりなどの話を聞いた。人気店での企画に、20倍超の応募殺到 有明海のエイリアンの異名があるワラスボの餃子は、餃子の皮からワラスボの頭がむき出しになっている。ギザギザの歯がある口をぱっくり開け、いまにも噛まれそうだ。7種類には、蒲田くんのようなムツゴロウ餃子のほかに、ユニークな餃子がずらりと並ぶ。 きっかけは、会員制餃子レストラン「蔓餃苑(まんぎょえん)」のオーナーシェフをしているパラダイス山元さん(54)が2017年のゴールデンウィーク中に家族旅行をしたとき、佐賀県内の道の駅で有明海の珍魚に接したことからだった。山元さんが、試しに友人宅で珍魚を使った餃子を作ったところ、とても美味しいのに気づいた。たまたま佐賀県の広報広聴課が、PRプロジェクト「サガプライズ!」の一環として、珍魚を使った餃子を企画していて、山元さんに持ちかけたところ、蔓餃苑で期間限定の「珍魚苑(ちんぎょえん)」をオープンさせることに決まった。8月9~31日までの1回目は、30人限定で参加を募ったところ、20倍を超す応募が殺到した。2回目は、...more
カテゴリー:

県の9月補正予算案、36億9300万円 - 08月19日(土)10:12 

佐賀県は18日、9月補正予算案に関する調整会議を開き、各部局からの予算要求が181件、補正額が36億9311万円になることが報告された。有明海再生では、九州北部豪雨による沿岸への漂着木材などの撤去費用のほか、アサリやアゲマキなど二枚貝の資源回復事業を盛り込んでいる。 九州北部豪雨で沿岸に漂着した流木などの撤去、処分費用として約5億5200万円、回復の兆しが見られるアゲマキやウミタケの生息状況...
カテゴリー:

赤潮情報(有明海) - 08月17日(木)18:17 

防災ネットあんあんからのメールです。8月16日、佐賀県有明海の川副町地先から白石町地先にかけての海域を除くほぼ全域で、Chaetoceros spp.(細胞密度:1mlあたり12,360細胞)とSkeletonema spp.(細胞密度:1mlあたり11,800細胞)による赤潮の発生が確認されました(整理番号:SA-29-11)。今後の経過は以...
カテゴリー:

九州北部豪雨の流木ほぼ回収 県有明海漁協 - 08月23日(水)08:06 

■ノリ漁影響、回避へ 佐賀県有明海漁協は22日、7月上旬の九州北部豪雨で有明海に漂着した大量のごみや流木の一斉回収に取り組んだ。110隻550人態勢で作業し、概算で630立方メートルを撤去した。漁協によると、回収はおおむね終了し、9月に始まるノリ漁への影響は避けられる見通し。 漁協の一斉回収は7月22~26日以来2度目。この日は東部地区8支所で実施した。佐賀市川副町の戸ケ里漁港では、南川副、...
カテゴリー:

諫干、基金100億円要求へ 農水省 開門調査費、見送る方向 - 08月23日(水)06:00 

農林水産省は22日、国営諫早湾干拓事業(長崎県諫早市)の潮受け堤防排水門の開門問題について、有明海再生のための基金...
カテゴリー:

【全佐賀県民が激怒!】オスプレイ暫定配備案に憤慨!県民から「強引、やめるべきだ」の大きな声発生へ - 08月21日(月)22:55  news

 陸上自衛隊が導入する垂直離着陸輸送機オスプレイについて、九州を含む陸自駐屯地への暫定配備計画が浮上した。佐賀空港(佐賀市)への配備が難航しているのが背景とみられるが、相次ぐ事故への不安は解消されておらず、地元では困惑や懸念の声が上がった。  21日、佐賀県の担当課が防衛省に問い合わせたところ、佐賀空港での2019年度からの運用開始について、同省は「間に合わせるのは困難な状況だ」と答えたという。  佐賀県では空港が面する有明海の漁業者が漁業への影響を懸念して配備に反発。既に配備を容認する姿...
»続きを読む
カテゴリー:

有明海点描 ウナギ塚漁 父の技兄弟で継承 - 08月18日(金)07:10 

8月5日正午すぎ、鹿島市の石木津川下流のウナギ塚(浜地区では「島」とも呼ぶ)を浜新地の中島康夫さん(75)が開けるのを撮影した。二つ目の塚に大きなウナギが入っていて、五つ開けて全部で大小4匹だった。 中島さんの父・正好さんは昨年6月、99歳9カ月で亡くなったウナギ捕りの名人。長男の康夫さん、次男の幸男さん(71)=福岡市、三男の哲也さん(69)=佐賀市=とも、父親と一緒にウナギ漁をしていたの...
カテゴリー:

有明海、高級クラゲ不漁 九州豪雨で酸素減影響か - 08月17日(木)08:29 

■漁協大浦支所、取り扱い昨年の4割 中華料理の高級食材として知られるビゼンクラゲが有明海で不漁となっている。7月に九州北部を襲った豪雨で大量の淡水が海に流れ込み、貧酸素状態になった影響も指摘されるが、詳しい原因は特定されていない。有明海の環境異変が叫ばれ、冬場のタイラギ休漁が続く中で、夏場のクラゲ漁は貴重な収入源として定着してきていただけに、漁師にとって痛手となっている。 ビゼンクラゲは、傘...
カテゴリー:

もっと見る

「有明海」の画像

もっと見る

「有明海」の動画

Wikipedia

有明海(ありあけかい)は、九州北西部にある海。九州最大ので、福岡県佐賀県長崎県熊本県にまたがり、南は八代海とつながっている。日本の湾の中でも干満の大きさ・流入河川の多さ・塩分濃度の変化・濁った海域・日本最大の干潟・独自の生物相などを特徴とする。

地理

有明海の衛星写真(2007年、PD NASA) 佐賀県佐賀市川副町沿岸の干潟 島原港近くの干潟 面積は約1,700km2で、鹿児島湾東京湾大阪湾より大きく、伊勢湾とほぼ同じ大きさである。

宇土半島天草諸島を挟んだ本渡瀬戸・柳ノ瀬戸・三角ノ瀬戸の三つの海峡で八代海と接し、天草下島と...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる