「有志連合」とは?

関連ニュース

ラッカ制圧、近く正式宣言=「国家」実現ついえる-IS掃討続く・シリア - 10月18日(水)18:18 

 【カイロ時事】過激派組織「イスラム国」(IS)が「首都」と称したシリア北部ラッカでは、大規模な軍事作戦を終えた18日もクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍」(SDF)によるIS残党の掃討や地雷の除去作業が続いた。SDFのスポークスマンは「間もなく解放が正式に宣言される」と話しており、「イスラム国家」の実現はついえた。 ラッカ制圧は、7月に奪還したイラク第2の都市モスルに次ぐ大きな戦果。空爆などでSDFを支援する米軍主導の有志連合は18日、「SDFはラッカの95%を支配し、最後に複数の地区で掃討を続けている」と明らかにした。残りの市域掌握も時間の問題とみられる。これにより、シリアでISが勢力を維持するのは東部のイラク国境付近など一部に狭まった。 イラクでもISが依然支配する地域はシリア国境沿いに限られ、IS攻略作戦は最終局面を迎えている。イラクのアバディ首相は17日の記者会見で「近いうちに国境地帯を確保し、全地域の解放を宣言する」と語った。 有志連合は「ISが(シリアとイラクで)かつて支配した地域の87%から戦闘員を駆逐し、650万人以上を解放した」とこれまでの成果を強調した。ISは当初、指導者バグダディ容疑者を預言者ムハンマドの後継者「カリフ」と見なし、両国にまたがる広大な地域で支配権確立を目指していた。 【時事通信社】
カテゴリー:

ISISの「首都」ラッカが事実上陥落 奪還作戦完了 - 10月18日(水)09:55 

シリアで過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」と戦っている米主導の有志連合は17日、ISISが「首都」と称してきた同国北部ラッカの奪還作戦が完了したと発表した。 米当局はまだ正式に勝利を宣言していないが、ラッカ陥落はISIS掃討作戦が事実上終わったことを意味する。 ISISが支配した都市で特に人口が多かったのは7月に解放されたイラク北部モスルとされるが、ラッカはISISが2013年...
カテゴリー:

IS残党の掃討急ぐ=ラッカ制圧、近く正式宣言-「国家」実現ついえる・シリア - 10月18日(水)06:59 

 【カイロ時事】過激派組織「イスラム国」(IS)が「首都」と称したシリア北部ラッカでは、軍事作戦を終えた18日もクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍」(SDF)によるIS残党の掃討が続いた。SDFのスポークスマンは「間もなく解放が正式に宣言される」と話しており、「イスラム国家」の実現はついえた。 ラッカ制圧は、7月に奪還されたイラク第2の都市モスルに次ぐ大きな戦果。イラクでもISが依然支配する地域はシリア国境沿いに限られ、IS攻略作戦は最終局面を迎えている。イラクのアバディ首相は17日の記者会見で「近いうちに国境地帯を確保し、残る全地域の解放を宣言する」と語った。 米軍主導の有志連合は「ISがかつて支配した地域の87%から戦闘員を駆逐し、650万人以上を解放した」とこれまでの成果を強調した。ISは当初、指導者バグダディ容疑者を預言者ムハンマドの後継者「カリフ」とみなし、シリアとイラクにまたがる広大な地域で支配権確立を目指していた。 【時事通信社】
カテゴリー:

ラッカ、9割超制圧=有志連合 - 10月18日(水)01:00 

 【ワシントン時事】シリアとイラクで過激派組織「イスラム国」(IS)掃討作戦を主導する有志連合のディロン報道官は17日、ISが「首都」と称するシリア・ラッカの攻略について、「市街地の9割以上を解放した」と述べ、いまだ制圧できていない地区があるとの見方を示した。バグダッドからビデオ回線を通じた記者会見で明らかにした。 ディロン報道官は、過去1週間で外国人数人を含むIS戦闘員約350人が投降したと説明。だが、市内各地にはISが設置した爆弾が残されている上、約100人の戦闘員が抵抗を続けているという。 【時事通信社】
カテゴリー:

ラッカ「軍事作戦終了」=IS首都、陥落目前-シリア - 10月17日(火)20:40 

 【カイロ時事】過激派組織「イスラム国」(IS)が首都と称するシリア北部ラッカの攻略を続けているクルド人主体の「シリア民主軍」(SDF)スポークスマンは17日、「ラッカでは軍事作戦は終了した。間もなく解放が宣言される」と語った。現在は、降伏していない外国人戦闘員の捜索や、ISが市内各所に敷き詰めた爆発物や地雷の除去作業を進めているという。 在英のシリア人権監視団によると、SDFは17日までに、IS戦闘員が最後まで徹底抗戦していた公立病院庁舎や大型競技場を制圧。既にISの旗を引き剥がすなどして、戦闘終結に歓声を上げているという。米軍主導の有志連合スポークスマンは17日、ツイッターで「SDFはラッカの90%を支配下に置いた」と強調した。 【時事通信社】
カテゴリー:

IS、支配地の87%を喪失 有志連合発表 - 10月18日(水)12:16 

【10月18日 AFP】イスラム過激派組織「イスラム国」は、「カリフ制国家」の樹立を宣言した2014年にイラクとシリアで制圧していた支配地の90%近くを失ったと、米主導の有志連合が17日、明らかにした。≫続きを読む
カテゴリー:

「現在もIS戦闘員100人が抵抗」 シリア北部ラッカ - 10月18日(水)09:36 

 過激派組織「イスラム国」(IS)への掃討作戦を続ける米軍主導の有志連合のディロン報道官は17日、ISが「首都」と称してきたシリア北部ラッカについて「90%以上を解放したが、現在も推定100人のIS戦…
カテゴリー:

【中東】IS標ぼうの「国家」事実上崩壊も長期の過激派対策必要(動画) - 10月18日(水)06:08  newsplus

IS標ぼうの「国家」事実上崩壊も長期の過激派対策必要 NHK 10月18日 4時46分 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171018/k10011181151000.html 過激派組織IS=イスラミックステートが「首都」と位置づけるシリア北部のラッカが、アメリカなどの支援を受ける地元の部隊によって制圧され、ISが標ぼうしてきた「イスラム国家」は事実上、崩壊しました。しかしISの過激な思想の影響を受けたテロ事件は世界各地で相次いでいて、長期にわたる過激派対策が求められることになります。 シリア北部のラッカで軍事作戦を続けてきたク...
»続きを読む
カテゴリー:

ISに壊滅的打撃=「首都」ラッカ解放-市街地で戦闘終了・シリア - 10月17日(火)22:59 

 【カイロ時事】過激派組織「イスラム国」(IS)が首都と称するシリア北部ラッカが17日、完全に制圧された。ラッカを攻略したクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍」(SDF)スポークスマンは、「ラッカでは軍事作戦は終了した。間もなく解放が宣言される」と語った。2014年にシリアとイラクにまたがる地域で急速に勢力を拡大し、「国家」を自称したISにとって壊滅的な打撃となる。 ラッカは14年にISの前身組織が占拠し、イスラム教の特異な解釈で恐怖支配が敷かれていた。 SDFによると、現在は降伏していない外国人戦闘員の捜索や、ISが市内各所に敷き詰めた爆発物や地雷の除去作業を進めているという。 在英のシリア人権監視団によると、SDFは17日までに、IS戦闘員が最後まで徹底抗戦していた公立病院庁舎や大型競技場を制圧。既にISの旗を引き剥がすなどして、戦闘終結に歓声を上げているという。監視団のアブドルラフマン代表は「外国人戦闘員は投降した。正式な解放宣言を待っている」と指摘。米軍主導の有志連合スポークスマンは17日、ツイッターで「SDFはラッカの90%を支配下に置いた」と強調した。 SDFは今年6月、ラッカ突入作戦に着手。有志連合も断続的な空爆で支援し、激しい市街戦の末に多くの建物が倒壊した。監視団によると、民間人1130人を含む3250人が戦闘で犠牲になったと推計されている。 【時事通信社】
カテゴリー:

【イラク/クルド】クルド人部隊、イラク部隊と交戦し37人死傷、クルド側当局者発表 - 10月16日(月)22:47  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3146938?cx_module=latest_top 【10月16日 AFP】イラク北部キルクーク(Kirkuk)州で、同州を実効支配するクルド人部隊とイラク中央政府を支持する準軍事組織とが交戦し、クルド人戦闘員少なくとも10人が死亡、27人が負傷した。クルド側の当局者が16日、明らかにした。  クルド人自治区チャムチャマル(Chamchamal)の医療関係者は、この犠牲者数は管轄内にある病院のみを集計したものだとしている。  これまでイラク軍とクルド人部隊はいずれも、米主導の有志連合に加わってイスラム過激派組織...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「有志連合」の画像

もっと見る

「有志連合」の動画

Wikipedia

有志連合(ゆうしれんごう、Coalition of the willing)は、1990年代以降の冷戦終結後、国際連合の規定する国際連合平和維持活動の形を取らず、平和維持活動や軍事介入を行う、地域概念にとらわれない、意思と能力に基づく連携関係の称安全保障論のススメ 慶應義塾大学総合政策学部専任講師神保謙の講義ページ。「意思ある諸国の連携」と訳されることもある。日本語では対テロ戦争参加諸国に使用されることが多く、その場合は「国際的反テロ連合」と呼ばれることもある。

概要

1993年以降、国際連合の枠組みにおいての平和維持活動が行えないケースが増加した。このため関連諸国が共同して活動を行うという事態が増加した。1994年6月、アメリカのビル・クリントン大統領は米朝枠組み合意に関する交渉の中で北朝鮮に対してありうる制裁方法として「Coalition of the willing」...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる