「有害物質」とは?

関連ニュース

夏本番の前に実施したい!「デトックススープダイエット」とは? - 06月27日(火)07:00 

デトックススープダイエットとは?「夏本番の前に実施したい!「デトックススープダイエット」とは?」のレシピリンク付きの記事を見るデトックススープダイエットとは、脂肪燃焼スープダイエットとも呼ばれていて、トマト、キャベツ、玉ねぎ、にんじん、セロリ、ピーマンなどが入ったスープを食事の中心にする方法です。炭水化物やタンパク質をあまり摂らないダイエット方法なので、栄養バランスがよいとは言えませんが、短期間で無理ない範囲で行うのがよいでしょう。制限が少なめで始めやすい「ダイエットスープ」方法はこちらをご覧ください。そもそもデトックスとは?!私たちは、普通に暮らしていても大気汚染や食品添加物などから、知らぬ間に体内に有害物質など取り込んでしまいます。それらを体外に出すことをデトックスといいます。体内に毒素がたまっていると聞くと心配になりますが、75%は便から、20%は尿から、汗や爪、髪からも排泄されると言われていますので、過剰に心配することはありません。つまり、デトックスをしたければしっかり腸内環境を整え、排便を規則正しくすることが一番よいといえるでしょう。便秘がちになってしまい更に腸内環境が悪くなると、体内に有害物質や老廃物がたまりやすくなり、肌荒れなどの原因にもつながります。腸内環境を整える食材デトックススープダイエットでは、野菜を摂るので野菜の食物繊維により腸内環境を整え、お通じをよくする...more
カテゴリー:

秋田駅白い粉騒ぎ、県警から消防への連絡1時間後 - 06月23日(金)22:44 

 秋田市のJR秋田駅構内で起きた白い粉騒ぎで、県警から秋田市消防本部に連絡が入ったのは発見から約1時間後だったことが23日、分かった。けが人や体調不良を訴える人はおらず、粉は直後の検査で有害物質ではな…
カテゴリー:

【喫煙バトル】東京五輪に向け熾烈 “電気加熱式”にかける たばこ業界 - 06月22日(木)19:10 

 東京五輪に向けての受動喫煙防止法案を巡り、自民党と厚労省の間で激しい綱引きが行われ、結局は今国会での成立には至らなかった。  「たばこ業界、中小飲食店関係者からの突き上げで、自民党は一定面積までの飲食店は分煙表示すれば喫煙可とする案。一方の厚労省は、小規模バーやスナック以外は原則禁煙とする案で、双方の溝が埋まらなかった」(全国紙政治部記者)  そんなバトルを横目で見ながら、たばこ業界では、従来の紙巻たばこから電気加熱式たばこや電子たばこでの商戦が一段と激しさを増しているという。  「厚労省案で...
»続きを読む
カテゴリー:

【豊洲】築地にも市場機能、将来の復活視野…豊洲移転後 - 06月20日(火)15:27 

東京都の豊洲市場(江東区)への移転問題で、小池百合子知事が豊洲に市場機能を移転させた上で、築地市場(中央区)にも市場機能を残して再開発する方針を固めたことが、関係者への取材で分かった。将来的に築地に市場を戻すことを視野に検討するという。20日午後に緊急記者会見を開いて表明する。 23日の都議選告示を前に、全国の注目を集めた市場移転問題が決着する。  小池知事は国際的に知られる「築地ブランド」を重視し、豊洲の持続性を懸念しているが、築地は建物の老朽化や土壌汚染などの対策が必要なため、市場機能を...
»続きを読む
カテゴリー:

【東京】小池知事、市場移転「AかBかだけではない」 築地ブランドにあらためて配慮 - 06月19日(月)06:55 

小池知事、市場移転「AかBかだけではない」 築地ブランドにあらためて配慮  豊洲市場への移転問題で、東京都の小池百合子知事は17日、築地市場(東京都中央区)を訪問し、市場関係者 に対して豊洲市場の地下水の有害物質を環境基準以下にする「無害化」の未達成を陳謝した。意見交換では、豊 洲移転、築地再整備などを求める声のほか、両案を検討するプランなどを業者から聞いた。小池知事は、築地ブ ランドにあらためて配慮を示した上で、市場移転に関しては「AかBかという観点だけではない」と二者択一では ないとの姿勢を強調...
»続きを読む
カテゴリー:

加熱式タバコは「路上喫煙」? 自治体の対応は... - 06月25日(日)07:05 

[ドデスカ!‐名古屋テレビ]2017年6月16日放送の「竹田のイマネタ!」のコーナーでは、加熱式タバコで困惑する自治体について紹介されていました。加熱式タバコ「iQOS(アイコス)」が話題になるなか、愛知県内の自治体は、あることについて二分されています。過料の対象になるのか「iQOS」は、これまでに300万台ほど販売しています。従来の紙巻きタバコとの違いは、火を使わないことと、煙や匂いが少ないということです。販売会社のフィリップモリスは「有害物質が90%削減される」としていますが、現在は健康被害などの詳しいデータはまだ出ていないのが現状です。愛知県では7つの市で「路上禁煙地区」を条例で定めています。名古屋市では路上禁煙地区内での加熱式タバコは、規制の対象ではないとしています。条例の趣旨が火傷被害や衣服への被害、ポイ捨ての防止を対象にしていることから、加熱式タバコは過料の対象ではないとのことです。しかし名古屋市以外の豊橋市、一宮市、稲沢市では違反になるとし、残りの小牧市、大府市、安城市では検討中とのことです。新しく出てきた加熱式タバコについて、各自治体の対応にばらつきがあり、喫煙者にも非喫煙者にも戸惑いが広がっています。(ライター:moca) 【関連記事】「ある夜、隣家から爆音のユーロビート!それから2週間、ほぼ毎日鳴り続け...」(埼玉県・40代男性...more
カテゴリー:

粉ミルク160個盗み横流しか 容疑で男逮捕 - 06月23日(金)07:50 

ディスカウント大手「ドン・キホーテ」の長崎市内の店舗から商品の粉ミルク160個を盗み出したとして、長崎県警が5月に窃盗の疑いで元社員の容疑者(36)=佐賀市=を逮捕していたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。5日に起訴された。県警は、中国籍の人物を通じて盗んだミルクを海外へ横流しした疑いがあるとみて調べを進めている。 中国では2008年に有害物質が混入した粉ミルクが出回り、国内産への...
カテゴリー:

1日1分の認知症対策 脳の活性化を促す「健脳」習慣のススメ! - 06月22日(木)18:30 

■運動は「末端」を意識すると認知症予防になる!自ら老人たることを知るものは少ない――。これは、フランスの文筆家ラ・ロシュフコーの言葉だ。「まだまだ大丈夫」と思っていても、自分が気付かないうちにやってくるのが「老い」だ。それとともに、いつの間にか認知症や認知症の予備軍になってしまっている、という人も少なくない。本人が健やかに暮らし続けるため、家族に苦労をかけないためにも、やはり認知症は予防したいところだ。そんな認知症予防の対策法が書かれている一冊が『死ぬまでボケない 1分間“脳活”法』(帯津 良一、鳴海 周平著、ワニブックス刊)だ。同著によれば、認知症を予防するために・からだを動かすこと・食生活に気をつけること・心にいつもときめきを持つことこの3つのことを意識することが大切だという。3つめの「ときめき」とは、新しい体験や変化、心穏やかな時間などが挙げられる。これらを意識して生活の中に取り入れれば、脳が活性化し、認知症になりにくい「健脳」でいられるという。この3つは、一見すると当たり前のことのようだが、その「当たり前のこと」を習慣づけるのが、実際にはなかなか難しい。だが本書で紹介されている「健脳」になるための脳活法はそのどれもが1分で気軽にできる簡単なものばかりなので、習慣づけもしやすい。本書は「運動」「食生活」「心がけ」の三つの項目に分けられ、全部で27のエクササイズが紹介されている...more
カテゴリー:

現役医師が警告、「ソーセージ」がもたらす早死にの恐怖 - 06月20日(火)04:45 

「肉の食べ過ぎは危険」「加工肉は良くない」などの声は巷間よく聞こえてきますが「健康オタクの戯言」と聞き流すのは早計かもしれません。ハムやソーセージなどの「加工肉」の危険性について、日本人にはあまり影響がないとする報道もありますが、実際のところはどうなのでしょうか? 今回のメルマガ『ドクター徳田安春の最新健康医学』では、著者で現役医師の徳田先生が食肉の健康被害について根拠を明らかにしています。 死に至る食肉 “Laws are like sausages, it is better not to see them being made.” 「法律はソーセージに似ている。製造過程はみないほうが良い」 これは「鉄血宰相」といわれたビスマルク(ドイツ)が述べたことわざです。見た目がキレイで美味しそうなソーセージは、ジャンク(くず)の様な肉や内臓を粉々にして、さまざまな化学物質を注入し、細長い棒の様な形のものに詰め込まれてあの様な完成品となります。立派な文章で書かれた法律も、利害関係の調整や取引などを経て完成されます。その過程にはドロドロとした密室のやりとりがあるのです。 ソーセージの製造過程を見たビスマルクは、マズそうなジャンク肉が、美味しそうな形と色の食品に変化していくことにびっくりしたのでしょう。ソーセージに害がなければ、確かにビスマルクの言うように、製造過程を見たり、問題にしたりする...more
カテゴリー:

小池都知事が築地訪問、豊洲の無害化できず陳謝 - 06月17日(土)18:15 

 東京都の小池知事が築地市場を訪れ、市場関係者に対して豊洲市場の地下水などの有害物質を環境基準値以下にする「無害化」が達成できていない現状について陳謝しました。
カテゴリー:

もっと見る

「有害物質」の画像

もっと見る

「有害物質」の動画

Wikipedia

有害物質(ゆうがいぶっしつ)とは一般に、人や生態系に対して有害化学物質を指す。また、法令などにおいて一定の定義とともに用いられる用語でもある。本項目では法令において現れる「有害物質」について解説する。

規定する法令

化学物質の有害性について規定している法令は、以下の法令がある。

  • 薬事法毒薬劇薬
  • 毒物及び劇物取締法毒物劇物
  • 有害性のある化学物質に関して、労働環境の安全や衛生環境の維持を規定している法令は、以下の法令がある。

  • 労働安全衛生法
  • 有害性のある化学物質に関して、住居等の建築物の安全や衛生環境の維持を規定している法令は、以下の法令がある。

  • 建築基準法シックハウス症候群
  • ...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる