「月刊誌」とは?

関連ニュース

コッペパン×多彩な具材 わくわく感演出 月刊アベチアキ・阿部千秋さん - 12月18日(月)05:00 

 クリームやあんこ、チョコレートなどの甘味から、ポテトサラダ、スパゲティ、コンビーフなどの総菜まで、バラエティーに富んだ具材を挟んで食べるコッペパンを扱う店が、ここ数年首都圏で次々と登場しブームになっている。「月刊アベチアキ」は、8月に神奈川県相模原市にオープン。オーナーの阿部千秋さんは「月刊誌を開いたときのように、訪れるたびに新しい発見がある店舗を目指したい」と話す。
カテゴリー:

リットーミュージックの音楽専門誌『サンレコ』『ドラム・マガジン』が編集スタッフを募集中。現場のスタッフに天国と地獄を聞いてみた! - 12月11日(月)15:30 

 こんにちは、リットーミュージックと立東舎の広報です。今リットーミュージックでは、音楽専門誌『サウンド&レコーディング・マガジン』(通称サンレコ)と『リズム&ドラム・マガジン』(通称ドラマガ)の編集スタッフを募集しています。まずは簡単に雑誌紹介! 『サウンド&レコーディング・マガジン』ってこんな雑誌 1981年創刊の月刊誌。サウンド・クリエイター達のための唯一の本格的専門誌。PAやレコーディングをはじめ、コンピュータ、MIDIなどの最新情報や詳細なノウハウを提供します。 『リズム&ドラム・マガジン』ってこんな雑誌 1982年創刊の月刊誌。ドラマー&パーカッショニストのための日本で唯一の専門誌。最新ハード情報、リズム分析&セミナー、トップ・ドラマーのインタビューなど、リズムに関するすべてを網羅します。 実際に編集スタッフにインタビューしてみた!  「編集に興味はあるけど、どんな編集部かちょっと不安…」と思っている人もいるかもしれません。そこで今回は、現在現場で活躍中の『サンレコ』辻さん、『ドラマガ』松本さんのお二人にインタビューを実施しました! 『サンレコ』の中堅スタッフと、『ドラマガ』の若手スタッフが答えてくれた ーーーサンレコ歴、ドラマガ歴と、入った経緯を教えてください。 サンレコ辻 今年で7年目になります。実は僕はグループ会社であるITの専門出版社インプレスに...more
カテゴリー:

「一蘭」丸パクリのラーメン店がタイで大ブーム…パクリのパクリ店まで出現 - 12月10日(日)08:51 

 日本人から「コピー天国」と揶揄されるように、タイ国内ではあらゆるコピー商品があたかも「違法ではない」かのように街角で売られている。音楽や映画などのCDやDVDを始め、フォトショップやイラストレーターなどのソフト、ブランド物の時計、スマートフォン、アパレル商品、ブランドのバッグと、枚挙にいとまがないほどのコピー商品が氾濫。“巨大コピー市場”が形成されているといって過言ではないだろう。 「タイのコピー天国」がどれほどの程度なのか示す数字を紹介しよう。  アメリカ合衆国通商代表部(USTR)はタイに対し、知的財産権の保護が不十分な「優先監視国」に11年連続で指定。さらに、アメリカ商工会議所が45ヶ国の地域の知的財産権の状況を調べた「国際知的財産権指数」の2017年版を見ると、こちらも40位とことさら低評価だった。  アメリカがお墨付きと認めるコピー天国のタイ。世界屈指ともいえるコピー大国から今回お届けするのは、日本の有名ラーメン店のシステムをまるっきり模倣したラーメン店のお話である。 ◆バンコクに『一蘭』を彷彿とさせるラーメン店があった…  1993年、福岡市南区に一号店を出店したとんこつ専門ラーメン店『一蘭』。この店の代名詞ともいえるシステム「味集中カウンター」をご存知の方は多いだろう。カウンター席に仕切板を設け、隣席と隔絶することによってラーメンに...more
カテゴリー:

【山尾志桜里/不倫揉み消し問題】「不倫疑惑弁護士と仕事継続」で“大炎上”神奈川新聞の山尾の広報記事 - 11月27日(月)15:23  seijinewsplus

山尾議員の一方的な主張を垂れ流した神奈川新聞  山尾志桜里衆院議員(43)が神奈川新聞のインタビューに応じ、倉持麟太郎弁護士(34)を政策顧問に起用すると発表。誰もが予想した通り、しっかりと炎上した。  ***  改めて経緯を確認しておく。神奈川新聞は11月7日、1面で「山尾氏顧問に倉持氏/安保・憲法 政策面で連携へ」と報じ、更にインタビュー記事の「連載/時代の正体 安倍政治を考える/山尾志桜里氏が語る(上)/露骨な好奇心に屈せず」を掲載した。 「週刊文春」がダブル不倫を報じた2人が、これからも手を携えて...
»続きを読む
カテゴリー:

国連の月刊誌に麻生太郎の悪質コラ 日本政府が抗議へ(画像あり) - 11月26日(日)22:18  seijinewsplus

◆【炎上】国連の月刊誌に麻生太郎の悪質コラ。日本政府が抗議へ 国連の月刊誌「UNスペシャル」10月号に麻生太郎氏のコラ画像が掲載されていることが分かった。 国連が実際に使った画像。 顔の部分に麻生太郎氏の写真(イラスト?)が当てはめられ、さらに「麻生太郎 姥捨て」という日本語の文字と、英語の説明文が入れられている。 国連の月刊誌では「長年務めた職員を捨てることのないように」という趣旨のメッセージとともにこの画像が掲載されていた。 国連はすでに非を認めており、外注のデザイン担当者が意味を理解せず...
»続きを読む
カテゴリー:

休暇中のメール自動削除、山ごもり…極端すぎる働き方改革が話題 - 12月15日(金)03:55 

日本ではかねてから過労死や過労自殺が問題視されてきましたが、無料メルマガ『新米社労士ドタバタ日記 奮闘編』によると、欧米を中心に「つながらない権利」が浸透し始めているそうです。この動きが強い力を持つようになれば、日本でも多くの企業が「働き方」についての考えを改めることになるかもしれません。未来を大きく変える可能性を持つ「つながらない権利」とは、一体どういうものなのでしょうか。 つながらない権利 最近は、インターネットや通信技術の発達で、いろんな働き方ができるようになってきた。在宅勤務、テレワーク、多様な働き方とか、働き方改革とか、国もいろんなことを言っている。 まもなく、今年も終わる。そろそろカレンダーとともに年末のごあいさつに伺うタイミング。今年、お届けしそびれた情報を見直しするため、毎月購読している月刊誌の記事を再読していて広がった話題だ。 大塚 「ビジネスガイドに半年ほど前、『つながらない権利』って言う記事があったんですけど、読みましたぁ?」 深田GL 「あぁ、ざっとはね」 E子 「『つながる権利』じゃなくて、『つながらない権利』ってなんだろって思って読んだわ」 新米 「ですよね~。僕もそう思って見てみました」 E子 「最近は、『勤務間インターバル制度』を導入しようって動きは出てきているわね」 大塚 「過重労働対策から、国も言ってますもんね。労災保険が原資の助成金もあります」...more
カテゴリー:

悪質すぎる盗撮の手口ワースト5――スマホの手帳型ケースの隙間から… - 12月10日(日)08:52 

 四六時中スマホを手放さず、SNSで誰かと繋がっていると、望むと望まざるとにかかわらず、膨大な個人情報を日々ネット上に残していることになる。では、自分の個人情報はどれだけ流出しているのか? セキュリティの専門家や被害者、さらには記者の検証により、個人情報ダダ漏れ社会の実態を詳らかにする! ◆巧妙化・簡素化する手口!  スマホの普及などでカメラが身近になり、その気になれば誰でも盗撮ができてしまう現代社会。 「盗撮の手口として悪質度が高いのは、誰でもマネできるのに、バレにくいもの。年々巧妙化すると同時に、簡素化しているのです」  そう語るのは我が国の盗撮事情に詳しい月刊誌『裏モノJAPAN』編集部員の仙頭正教氏。盗撮はエロ目的に限らない。近年ではスマホやパソコンの画面に映ったSNSなどのパスワードを盗み見て不正ログインする事例もあるとか。仙頭氏に悪質度の高い盗撮の手口をランキング化してもらった。  1位は連日被害のニュースが絶えないスマホ盗撮だ。 「スマホ盗撮は警戒度が増しているため、背面レンズをそのまま向けて撮る手法はマニアの間では下火になっています。今は閉じたまま通話できる蓋つきスマホケースのレンズ部分の穴からインカメラで撮影する手法が使われています」  2位のスパイカメラは腕時計やメガネの見た目をした一見カメラとはわからない作りの製品だ。 「とはいえ、大半は耐久性...more
カテゴリー:

“難儀な血統”での儲け方、「サラブレBOOK」が教えます! - 12月08日(金)20:01 

[株式会社KADOKAWA]  1997年から競馬月刊誌『サラブレ』で連載され続けている、軽妙な競馬トークとお宝データが人気の連載コーナー「金満血統王国」の単行本が今年も登場! [画像1: https://prtimes.jp/i/7006/3969/resize/d7006-39...
カテゴリー:

【漫画家】小林よしのり氏、「るろ剣」作者児童ポルノ摘発に言及「100%ダメだとも言い切れない」 - 11月27日(月)12:25  mnewsplus

漫画家、小林よしのり氏(63)が26日、ブログを更新。「児童漫画のプロにとって児童は神聖だ」と題し、人気漫画「るろうに剣心」の作者、和月(わつき)伸宏(本名・西脇伸宏)氏(47)が児童買春・ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で書類送検されたことについて言及した。 小林氏は「漫画家が時々、児童に対するふしだらな事件を起こすと、つくづく情けなくなる。確かに見せしめで警察に発表され、世間の非難を浴びる気の毒さもあるが、相手が児童だと庇(かば)えない」とつづり、同業者の逮捕を嘆いた。 「才能があるのに...
»続きを読む
カテゴリー:

【文化】「今までの日本が特殊だったのだ・・・」出版界は諦めムード。「ミニストップ」成人雑誌NO★3 - 11月25日(土)20:24  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171122-00000012-sph-soci イオングループ傘下のコンビニ「ミニストップ」(千葉市)は、来年1月から国内全店 約2200店で成人向け雑誌の販売を中止すると発表した。コンビニ業界では初めての試み。 一般の小売店で幅広く成人誌を置くのは諸外国では珍しいとされ、訪日客が多くなる 2020年の東京五輪・パラリンピックを前に対応が必要と判断した。同グループでは 書店を含め、雑誌を扱う全国7000店でも販売をやめる。 ミニストップの判断を受け、成人雑誌業界では「やむを得な...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「月刊誌」の画像

もっと見る

「月刊誌」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 雑誌...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる