「月刊誌」とは?

関連ニュース

【社会】「これはもう差別発言」 宮本輝氏「芥川選評」が大物議 - 08月19日(土)09:10  newsplus

第157回芥川賞に「真ん中の子どもたち」という作品でノミネートされた台湾生まれの作家・温又柔(おん・ゆうじゅう)氏(37)が、同賞の選考委員を務めた作家・宮本輝氏の「選評」にツイッターで怒りを露わにしている。    「もどかしく悲しく怒りに震えました...」――。宮本氏の選評が2017年8月10日発売の月刊誌「文藝春秋」に掲載されて以降、温氏はこうした怒りのツイートを何度も投稿している。一人の作家をここまで立腹させる選評とは、いったいどんな内容だったのか。 第157回芥川賞は7月19日に選考会が開かれ、...
»続きを読む
カテゴリー:

【文芸】<これはもう差別発言!>宮本輝氏「芥川選評」が大物議!「他人事を延々と読まされて退屈だった」★2 - 08月18日(金)23:46  mnewsplus

 第157回芥川賞に「真ん中の子どもたち」という作品でノミネートされた台湾生まれの作家・温又柔(おん・ゆうじゅう)氏(37)が、同賞の選考委員を務めた作家・宮本輝氏の「選評」にツイッターで怒りを露わにしている。  「もどかしく悲しく怒りに震えました...」――。宮本氏の選評が2017年8月10日発売の月刊誌「文藝春秋」に掲載されて以降、温氏はこうした怒りのツイートを何度も投稿している。一人の作家をここまで立腹させる選評とは、いったいどんな内容だったのか。 ■「他人事を延々と読まされて退屈だった」  第157回芥...
»続きを読む
カテゴリー:

SKE48・高柳明音、グラビアカメラマンに挑戦「キッチン×水着は最強」 - 08月18日(金)16:41 

SKE48で、第9回AKB48選抜総選挙にて選抜入りも果たした高柳明音がグラビアカメラマンに挑戦した。 グラビアカメラマンに挑戦した高柳明音(左)、被写体の莉音(右)『ENTAME genic Side a』 月刊誌『ENTAME genic』(徳間書店)の増刊号として発売される、エイベックス・マネジメントに所属するアイドル8人に...
カテゴリー:

髭男爵・山田ルイ53世が一発屋芸人を取材する訳 独特の文体に高評価の声続々 - 08月18日(金)07:00 

 一発屋という言葉を聞くと、さまざまな顔ぶれがパッと浮かぶが、正確な意味をつかもうと辞書を引くと「俗に、一度だけ、またはある一時期だけ活躍した歌手やタレント」(デジタル大辞泉)とある。そんな一発屋芸人たちを対象にしたルポルタージュ形式の連載『一発屋芸人列伝』が、昨年12月から月刊誌『新潮45』(新潮社)でスタートした。取材・執筆は、かつて「ルネッサーンス!」で同じく“一発”当てた芸人・髭男爵のヒゲの方こと山田ルイ53世。これまで散々掘り下げられてきた“一発屋”をテーマに、なぜ今書こうと思ったのか。その真意を尋ねると、山田が「悲喜こもごも、全部の味があるから、一発屋って取材対象としては優秀だと思うんです」とおなじみのいい声で語り始めた。 【写真】最新号を手に笑顔を浮かべる髭男爵・山田 ■一発屋芸人の今をつづる訳 取材の時は“脱・芸人”で「ズケズケと聞く」  もちろん、当事者として感じてきた思いもある。「レイザーラモンHGさんとかムーディ勝山とか小島よしおくんとか、ポジティブ系な一発屋の人たちが音頭を取って、一発屋会っていうのをやっているんですけど、最近はネタ番組に出てもレッテルを貼られてしまったり、そういう根本的な悔しさみたいな部分を共有していて…。だから、一発屋と十把一絡にされがちな人たちにもこういう歴史があって、その人たちのネタがなぜここまで跳ねたのかみたいなところも含めて...more
カテゴリー:

【食】関西で高級食パン人気 実はパン好きが多い地域…専門店が続々オープン 「高匠」「乃が美」など★2 - 08月17日(木)14:48  newsplus

 大阪をはじめ、関西で高級食パンの専門店が増えている。もともとパンの消費が旺盛な地域で、ベーカリーショップや専門コーナーは多く、スイーツテイストや欧州の本格的なものが登場したが、ひと回りして食パンに回帰したかたちだ。  2斤で700~800円と、スーパーに並ぶ大手の商品よりも価格は2倍ほどだが、行列を作る店も多く、こだわりの材料と製法で人気を集めている。(栗井裕美子)  ■購入後もおいしさ増す  大阪市西区に本店を構える食パン専門店「高匠(たかしょう)」。店内に入ると香ばしいパンの香りに包まれ...
»続きを読む
カテゴリー:

【文芸】<これはもう差別発言!>宮本輝氏「芥川選評」が大物議!「他人事を延々と読まされて退屈だった」★3 - 08月19日(土)05:52  mnewsplus

 第157回芥川賞に「真ん中の子どもたち」という作品でノミネートされた台湾生まれの作家・温又柔(おん・ゆうじゅう)氏(37)が、同賞の選考委員を務めた作家・宮本輝氏の「選評」にツイッターで怒りを露わにしている。  「もどかしく悲しく怒りに震えました...」――。宮本氏の選評が2017年8月10日発売の月刊誌「文藝春秋」に掲載されて以降、温氏はこうした怒りのツイートを何度も投稿している。一人の作家をここまで立腹させる選評とは、いったいどんな内容だったのか。 ■「他人事を延々と読まされて退屈だった」  第157回芥...
»続きを読む
カテゴリー:

【文芸】<これはもう差別発言!>宮本輝氏「芥川選評」が大物議!「他人事を延々と読まされて退屈だった」 - 08月18日(金)20:18  mnewsplus

 第157回芥川賞に「真ん中の子どもたち」という作品でノミネートされた台湾生まれの作家・温又柔(おん・ゆうじゅう)氏(37)が、同賞の選考委員を務めた作家・宮本輝氏の「選評」にツイッターで怒りを露わにしている。  「もどかしく悲しく怒りに震えました...」――。宮本氏の選評が2017年8月10日発売の月刊誌「文藝春秋」に掲載されて以降、温氏はこうした怒りのツイートを何度も投稿している。一人の作家をここまで立腹させる選評とは、いったいどんな内容だったのか。 ■「他人事を延々と読まされて退屈だった」  第157回芥...
»続きを読む
カテゴリー:

SKE48高柳明音、グラビアカメラマンに初挑戦「キッチン×水着は最強」 - 08月18日(金)13:07 

 アイドルグループ・SKE48の高柳明音(25)が、18日発売の月刊誌『ENTAME genic』9月号増刊(徳間書店)でグラビアカメラマンに初挑戦し、誌面デビューを果たした。 【画像】SKE48・高柳明音が撮影したグラビア写真  増刊号『ENTAME genic Side a』は、エイベックス・マネジメントに所属するSUPER☆GiRLSの浅川梨奈、渡邉幸愛らグラビア界で話題のアイドル8人が共演。被写体としても登場する高柳はカメラマンにも挑戦し、エイベックスが2015年に開催した新世代のグラビアアイドルを発掘する『グラビアサンシャインオーディション』グランプリの莉音(20)を撮影した。  高柳はこれまでにも「ちゅりかめら」と題し、SKE48のメンバーを多数撮影してきた。「普段は自然な表情を撮るのを意識しているんですが、グラビアといえばキリリとまっすぐカメラを見つめてくるあの顔に男性はそそられるじゃないですか、きっと。だからそういう表情も撮らなきゃーってなりました」と意識の違いを明かし、「水着の女の子を撮るということにあまり慣れていないので、いつも自分が撮ってもらう時のことを思い出しながら、どうしたら水着の女の子がかわいく写るかを考えた」という。  自分の好きなシチュエーションも盛り込んだという高柳は、独断としながらも「キッチン×水着は最強だと思うのです」と言い、「撮られる...more
カテゴリー:

【国際】「アンチ・エイジングという言葉はもう使わない」アメリカ女性誌が宣言 - 08月17日(木)18:26  newsplus

米国の女性誌「アルーア(allure)」の編集長が14日、「アンチ・エイジングという言葉はもう使わない」と同誌のウェブサイトで宣言した。同誌は発行部数約620万部で、美容特集などで知られる月刊誌。年齢を重ねることを否定的にとらえる米国の風潮や美容業界のあり方に、一石を投じている。 同誌のミッシェル・リー編集長は同誌サイトで「アンチ・エイジングという言葉によって、『加齢とは戦わなくてはならないもの』というメッセージを強めている」と指摘。ある年齢から下り坂になるという考え方に疑問を投げかけ、「美し...
»続きを読む
カテゴリー:

台湾で神様として祀られた日本兵【評論家・江崎道朗】 - 08月16日(水)08:42 

【江崎道朗のネットブリーフィング 第18回】 トランプ大統領の誕生をいち早く予見していた気鋭の評論家が、日本を取り巻く世界情勢の「変動」を即座に見抜き世に問う! ◆日本兵を祀るために建てられた飛虎将軍廟  台湾において日本兵が神様として祀られていることをご存じだろうか。台湾の古都・台南市安南区に建つ民間信仰の廟「鎮安堂・飛虎将軍廟」において、日本兵が神様として祀られ、地元の人々の崇敬を集めているのだ。  祀られている方は、杉浦茂峰(すぎうら・しげみね)海軍少尉である(以下『台湾と日本・交流秘話』〈展転社〉を参照)。  1944年10月12日、アメリカ機動部隊がフィリピン攻略作戦の前哨戦として台湾各地に航空決戦を挑んできた。これを迎え撃つべく、わが日本の台南空軍と高雄空軍のあわせて30機が出撃し、襲来した米軍機約40機と空中戦を繰り広げた。一般に「台湾沖航空戦」と呼ばれるこの戦いで、敵機7機を撃墜したものの、我が方の損害は17機にのぼった。  1923年、茨城県水戸市で生まれた杉浦は、この航空戦に参加し、撃墜されてしまった。その模様を目撃していた住民は、こう証言している。  日本軍の戦闘機は、銃撃を受け、その場で発火した戦闘機から脱出すれば、パイロットの日本兵は助かったかも知れない。しかし、その日本兵は眼下の村を巻き込まないよう、住民のいない畑へと飛び去ったのち、墜落し...more
カテゴリー:

もっと見る

「月刊誌」の画像

もっと見る

「月刊誌」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 雑誌...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる