「月刊誌」とは?

関連ニュース

【家電大賞】2016年のベスト家電が決定! ダイソン Dyson V8 Fluffyがグランプリを受賞 - 03月23日(木)11:00 

[株式会社 学研ホールディングス] 株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)の月刊誌「GetNavi(ゲットナビ)」は、株式会社インプレス...
in English
カテゴリー:

【森友学園】安倍首相「俺が寄付したって言い始めたの?政治家がカネをもらうという事件は聞いたことがあるが」籠池氏が唐突な主張の背景 - 03月22日(水)18:33 

 「俺が寄付したって言い始めたの? 口利きで政治家がカネをもらうという事件は聞いたことがあるが、それじゃ話が逆じゃない?」  安倍首相は、籠池氏が16日、大阪府豊中市の小学校用地に視察に訪れた参院予算委員会の理事の前で、 「ご意思の中には安倍首相の寄付金が入っていることを伝達します」と絶叫した後、周囲にこう漏らしたという。  そもそも、安倍首相は寄付自体を完全否定しているが、選挙区外の寄付に違法性はない。籠池氏がどういう意図で唐突な主張を始めたのか、 真意が分からなかったのだ。  集まってき...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

WBC小久保監督が守り続けてきた王貞治氏の「教え」とその人間力 - 03月21日(火)10:00 

国の威信を賭け、大熱戦が繰り広げられているワールド・ベースボール・クラシック。我らが侍ジャパンの指揮を執るのは小久保裕紀監督ですが、小久保氏が王貞治氏の薫陶を受けたのはよく知られる話です。無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』では、小久保監督が忠実に守り続けたという「王貞治氏からの教え」が紹介されています。 小久保監督と王監督 WBC日本代表監督の小久保裕紀さん。試合後、王貞治さんと勝利の喜びを分かち合う様子が感動的でした。 ここでは小久保さんが慕ってやまない王さんの教えやエピソードを紹介します。 王監督との出会い 僕がプロで成功した一番の要因は王監督との出会いだと思っています。 亡くなられた根本陸夫監督の後を引き継いでダイエーの監督に就任されたのは、僕がプロ2年目の時でした。その出会いからトータルで15年、王監督の下でプレーさせてもらったんですけど、僕はその教えを忠実に守ることを心掛けてきました。 王監督からは例えば「楽をするな」って教わったんですよ。「練習の時に楽をするな。練習の時に苦しめ」と。 練習は普通センター返しが基本と言われていて大方の選手はそうしているわけですけど、僕の場合は王監督から「ボールを遠くに飛ばせ。それにはバットを振った時、背中がバキバキと鳴るくらい体を120%使え」と言われました。 皆、練習の時は適当にやって、試合で100%の力を発揮しようとするの...more
in English
カテゴリー:

月刊『近代映画』 今だから話せる大場久美子らのエピソード - 03月19日(日)07:00 

 映画業界が斜陽になり、テレビから新たなスターが出現し始めた1970年代、月刊誌『近代映画』(1945年創刊、1996年『Kindai』に改題、2009年休刊)は邦画誌からアイドル誌へ路線を切り替えた。  既に『平凡』『明星』がアイドルに特化していた時代、どう差別化を図ったのか。1970~1987年まで編集に携わった高野光生氏が語る。 「両誌は大御所カメラマンに依頼したり、露出のある際どい写真も撮影できた。だけど、『近代映画』は予算も厳しく、同じアイドルを撮るにしても与えられる時間が少なかった。  両誌の真似をしながら、テレビでは紹介しないプライベートを徹底的に掘り下げました。自宅の住所を載せた時期もあったほどです」  趣味や私服の紹介だけでは飽き足らず、住まいにまで迫った。実家や自宅に訪れて写真を撮ったり、見取り図で細かく再現したりした。  大場久美子はイラストの横に〈ヒーターの上に1ヶ三五〇円の花のハチ植えが5~6個あります〉〈LPが200枚以上で、そのほとんどが洋盤。自分のレコードは3枚だけ〉などの細かすぎる情報まで盛り込んだ。大場本人が話す。 「私が書いたものを担当の方が清書してくれました。置物のサイズや位置が若干違うくらいで、リアルに表現してくれました」  一方で、今だから言える裏話を高野氏が告白する。 「中には、理想の部屋を描くアイドルもいました(笑い)。マンションの一...more
in English
カテゴリー:

「境界協会」会長 私たちが「境界」に惹かれる理由 - 03月17日(金)16:00 

 約50人の大人たちが、地図を片手に街を練り歩いている。その中心には、ド派手な黄色いヘルメットとビブスを身につけた男性。男性が地面を指さしながら何かを解説するたびに、周りから「へぇ~」「おぉ!」と感嘆の声があがる──。  彼らが熱心に追いかけているのは都道府県や市区、町などの “境界線”である。ガイド役を務めるのはツアーを主催する『境界協会』の小林政能(せいのう)・会長だ。小林氏が協会立ち上げに至る経緯を語る。 「私は勤務先の日本地図センターで、地図の見方や地形の歴史を紹介する月刊誌『地図中心』の編集担当をしています。その2014年3月号で“境界”を特集したところ、予想以上の反響があった。以前から、区の境界線が一つの施設を真っ二つに“分断”しているのを見つけたりしては、不思議に思っていたので、これを機に境界についてもっと調べてみようと考えたんです」(以下、「」内は小林会長) “協会”といっても任意団体で、活動は街を歩くフィールドワークが中心。2か月に1回ほどのペースで開催する無料の境界協会ツアーは、フェイスブックで告知を行なう。事前登録は不要で、「事実上、正会員といえるのは私だけ」と小林会長は笑う。ただ、ツアーには毎回30~80人ほどが集まる。それだけ境界に魅力を感じるマニアがいるということだ。 「境界線というのは人間が便宜的に引いた線ですから“なぜここに境界があるのか”を調べて、...more
in English
カテゴリー:

【森友】安倍首相「俺が寄付したって言い始めたの?政治家がカネをもらうという事件は聞いたことがあるが」籠池氏が唐突な主張の背景★2 - 03月22日(水)20:45 

 「俺が寄付したって言い始めたの? 口利きで政治家がカネをもらうという事件は聞いたことがあるが、それじゃ話が逆じゃない?」  安倍首相は、籠池氏が16日、大阪府豊中市の小学校用地に視察に訪れた参院予算委員会の理事の前で、 「ご意思の中には安倍首相の寄付金が入っていることを伝達します」と絶叫した後、周囲にこう漏らしたという。  そもそも、安倍首相は寄付自体を完全否定しているが、選挙区外の寄付に違法性はない。籠池氏がどういう意図で唐突な主張を始めたのか、 真意が分からなかったのだ。  集まってき...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

筒井康隆氏「これからの人生はニュースを見て過ごす(笑い)」 - 03月22日(水)07:00 

 日本で「死に方」の議論が過熱している。これまでタブー視されてきた「安楽死」の“解禁論”も叫ばれ始めた。作家・筒井康隆氏(82)が、月刊誌『SAPIO』(小学館刊)に寄稿した論考「日本でも早く安楽死法を通してもらうしかない」(2017年2月号)も大きな反響を呼んだ。この論考に注目した、日本尊厳死協会副理事長の長尾和宏医師(58)の要望で、終末期医療と尊厳死、安楽死を巡る二人の対談が実現した。 長尾:医者から酒やタバコをやめろといわれませんか。 筒井:しょっちゅういわれています。だけど、やめると死にますので(笑い)。タバコは鎮静の役にも立つ。酒は興奮する場合もあるし、鎮静にもなりますが、どちらかというと夜中に興奮してしまう。アイデアがもう、雲のごとく湧き出して興奮して眠れなくなる。 長尾:アイデアが出たら、小説にしないのですか? 筒井:それが、よく考えてみたら、以前書いたアイデアばっかりなの。だいたい何でも書いてるから。 長尾:いかに昔の自分はすごかったか。 筒井:すごかった(笑い)。いまごろ昔の作品読んで、ツイッターで騒いでる人がいる。もっと早く騒いでくれよ。 長尾:先生は『モナドの領域』を“最後の長篇”として発表されましたが、もう長篇は書かれませんか? 筒井:ええ、あれが最後の長篇です。みんな「書け書け」というんですが、そういう人たちには、「いまは僕の作品を読むより、ニュースを見...more
in English
カテゴリー:

月刊誌『近代映画』 早見優、大場久美子が語る撮影秘話 - 03月21日(火)07:00 

 映画業界が斜陽になり、テレビから新たなスターが出現し始めた1970年代、月刊誌『近代映画』(1945年創刊、1996年『Kindai』に改題、2009年休刊)は邦画誌からアイドル誌へ路線を切り替えた。  既に『平凡』『明星』がアイドルに特化していた時代。グラビアでは肌の露出が制限される中、『近代映画』は小道具などを使っていかに面白い写真を撮るかに知恵を絞った。 『近代映画』から派生した別冊の写真集を3冊も出版した早見優が話す。 「私は、野球のバットやバスケットボールを持ってよく撮影しました。スポーツが得意というイメージでいきたかったのかな。スケボーは乗れましたが、球技は不得意なんです。肌が焼けていたので、衣装は映える黄色を中心に選んでくれたのだと思います。だから、レモンも噛んだのかな(笑い)」  アイドルに木登りさせることもあれば、手製のブランコを木に取り付けたこともあった。レコード大賞の新人賞を狙っていた岩崎宏美には願掛けのため、白装束を着させて白糸の滝に打たれる姿を撮った。  人気企画の1つに、『全身解剖』というコーナーがあった。堀ちえみの全身イラストの横には、スリーサイズや靴のサイズなどに加え、〈虫歯 奥に2~3本治療済で~す〉という事柄から、〈デベソではありませヌ〉〈水虫ナシ〉と敢えて書く必要のなさそうな情報までが網羅されていた。1970~1987年まで編集に携わった高野...more
in English
カテゴリー:

「教師にももクロファンが多い理由」をベテラン教師が解説 - 03月18日(土)07:00 

『子供祭り』『親子祭り』などの親子限定ライブや、2月よりHuluで配信中の幼児向け知育番組「ぐーちょきぱーてぃー」などで、ファン層を拡大しているももいろクローバーZ。実は、ひそかにファン率が高いといわれる職業があるという。それは、学校教師──語るのは、兵庫県公立学校教師の俵原正仁氏だ。  近年の教師の大量退職、若手教師の大量採用に伴い、全国でベテラン教師による若手教師育成が行われているが、俵原氏も若手教師育成のため、全国で講演を行うベテラン教師の一人。そして、時間が許す限り全国のももクロライブに足を運ぶモノノフでもある。 「僕は講演で、“ももクロのライブから学べることは何ですか?”と問いかけることがあります。参加している先生からは『メインの子がどんどん変わっていくのがわかる』『それぞれの子が活躍できる場がある』といった声が必ずあがります。どの子にも成長できる機会があり、主役になる場面がある。すべての子に居場所があるということは、いまの学級づくりで非常に重要なこと。ももクロのライブには、現代のクラスづくりに必要な要素がたくさん詰まっているんです」  3月17日発売の小学一年生の担任教師向け月刊誌『小一教育技術4月号』では、入学シーズンの学級づくりのヒントとして、俵原氏が直接、ももクロのメンバーに対し、メンバー同士の良好な関係の秘訣などについてインタビューを行った。そこで、ももクロのメ...more
in English
カテゴリー:

筒井康隆vs長尾和宏対談 安楽死と尊厳死の違いとは - 03月17日(金)07:00 

 日本で「死に方」の議論が過熱している。これまでタブー視されてきた「安楽死」の“解禁論”も叫ばれ始めた。作家・筒井康隆氏(82)が、月刊誌『SAPIO』(小学館刊)に寄稿した論考「日本でも早く安楽死法を通してもらうしかない」(2017年2月号)も大きな反響を呼んだ。この論考に注目した、日本尊厳死協会副理事長の長尾和宏医師(58)の要望で、終末期医療と尊厳死、安楽死を巡る二人の対談が実現した。 長尾:先生ご自身は、理想の死に方ってありますか? 筒井:15年くらい前に、自分が死んだという想定で、著名人が架空の死亡記事を書く『私の死亡記事』という本が文藝春秋から出て、私も書きました。杖をついて原宿を歩き回り、気に入らない若者を杖でぶん殴っていたら、最後は若者たちの返り討ちに遭い、袋だたきにされて死ぬと。若い頃はそんなことを書いたんだけど、やっぱり痛い目に遭うのは嫌(笑い)。 長尾:袋だたきにされても、そう簡単に死ぬとは限りませんからね。 筒井:そうなんですよ。だから、やっぱり一番理想なのは、安楽死が法制化されることなんですね。 長尾:いや、私は安楽死に反対ですよ。ところで先生の最期はがんを想定されていますか? 認知症ですか? 筒井:認知症にならない自信はありますね。MRIで脳を診てくれたお医者さんが、「少なくとも90歳まで脳は大丈夫」と太鼓判を押してくれた。頭ははっきりとしているのだから...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「月刊誌」の画像

もっと見る

「月刊誌」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 雑誌...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる