「最高値」とは?

関連ニュース

ユニー・ファミマHDは伊藤忠商事によるTOBを材料に高値更新 - 04月20日(金)12:35 

■「株主がTOBに応募するか否かについてはご判断に委ねる」 ユニー・ファミリーマートホールディングス(東1)は20日前場、1万440円(540円高)まで上げて2000年以降の最高値を更新し、前引けも1万90円(190円高)となった。
カテゴリー:

原油先物2年9カ月ぶり高値 - 04月20日(金)05:00 

19日の東京商品取引所で、原油先物の指標価格が1キロリットル当たりで前日比980円高の4万5590円に上昇した。今年の最高値を突破し2015年7月初め以来、約2…
カテゴリー:

米国株は決算期待で大幅続伸、ネットフリックスは最高値 - 04月18日(水)07:29 

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 米国株式市場は大幅続伸。ダウ平均株価は200ドル超値上がりしたほか、ハイテク株の多いナスダック総合指数も2%に迫る伸びとなった。好決算を発表した米動画配信大手ネットフリックスや米医療保険最大手ユナイテッドヘルスなどに買いが集まった。
カテゴリー:

大学生から鋭い質問も マネックス証券が勉強会を開催 - 04月17日(火)11:34 

 マネックス証券は4月13日、同社のオフィスで大学生に向けた勉強会を開催した。この勉強会はマネックス証券内で投資教育を担当するマネックス・ユニバーシティが主催したもので、慶應義塾大学のサークル「経済新人会」から約80人が参加した。投資教育が少ない日本で、若い頃から長期に資産形成を考えてもらうことを目的としている。 チーフ・アナリスト兼マネックス・ユニバーシティ長兼仮想通貨研究所所長 大槻 奈那氏 【写真】関連情報を含む記事はこちら  「金融市場に死角はないか?」のテーマでは、史上最高値を記録する金融市場について、その背景と今後注視すべき動向などを同社のチーフ・アナリスト兼マネックス・ユニバーシティ長兼仮想通貨研究所所長の大槻奈那氏が講演。行きすぎた金融政策の緩和により投資マネーが市場にあふれ、新興国を含む株や債券、住宅などへの投資が過熱している現状を解説。 今後の市場動向については「株価チャートの形から暴落などを予想するのは困難。ただし、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)が強ければ市場はショックに強い。国や企業のファンダメンタルズを見極めることも重要」と語った。また、仮想通貨については「価格変動が大きく短期的動きが激しい。実態が見えない部分もあるが、取引がある限り価値がある」と語った。 マーケット・アナリスト兼インベストメント・アドバイザー 益嶋裕氏  マーケット・アナリスト兼...more
カテゴリー:

完熟マンゴー「太陽のタマゴ」販売解禁 - 04月16日(月)15:06 

誕生20周年となった宮崎県産完熟マンゴー「太陽のタマゴ」の販売が16日、解禁された。東京・大田市場の初競りで最高値となった5L玉1個30万円のマンゴーは、千疋屋総本店日本橋本店の店頭に並んだ。
カテゴリー:

波瑠主演ドラマ『未解決の女』初回14.7% 『捜査一課長』とのコラボが功奏 - 04月20日(金)11:24 

 女優の波瑠が主演するテレビ朝日系新ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(毎週木曜 後9:00)の初回(15分拡大)が19日に放送され、番組平均視聴率が14.7%だったことが20日、わかった(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。直前まで放送された『警視庁・捜査一課長season3』(毎週木曜 後8:00)第2話に波瑠が出演し、『警視庁・捜査一課長』の内藤剛志が“一課長”として『未解決の女』にも登場するクロスオーバーも功を奏した。『捜査一課長』第2話も12.8%を獲得し、午後8時50分には14.1%(最高値)に上昇していた。 【写真】熱血刑事を演じる波瑠  『未解決の女』は、燃える正義感と情熱、直感を武器に事件捜査に奔走する熱血刑事・矢代朋を演じる波瑠と、わずかな文章から書き手の性格や思考を言い当てるという稀有な能力を持つ“文書解読のエキスパート”頭脳派刑事・鳴海理沙を演じる鈴木京香が、バディを組み、未解決事件に挑んでいくミステリー。  麻見和史氏の『警視庁文書捜査官』(角川文庫/KADOKAWA)を原作に、連続テレビ小説『あさが来た』などを手掛けた大森美香氏が脚本を担当している。未解決事件を継続捜査する「特命捜査対策室」第6係の女性刑事が、個性豊かなおじさま捜査官たちや、イヤ~な上司にもまれながら“文字”で未解決の謎を暴いていく。ほかに、沢村一樹、工藤阿須加、遠藤憲一、...more
カテゴリー:

【企業】サムスン電子が予想を覆し、また“過去最高実績”=「サムスンのおかげで、この国は食べていける」 - 04月18日(水)17:58  bizplus

2018年4月6日、東亜日報など複数の韓国メディアによると、サムスン電子が「腰折れする」とする市場予想に反して、今年第1四半期(1~3月)、再び史上最大の営業利益を記録した。 サムスン電子は第1四半期に売上高60兆ウォン(約6兆円)、営業利益15兆6000億ウォン(約1兆5700億円)の暫定実績(連結ベース)を記録したことを明らかにした。営業利益は、証券業界が予想していた実績見通しの平均的水準14兆5586億ウォン(1兆4600億円)を大きく上回り、「アーニングサプライズ」とする評価が出ている。特に、前年同期間(9兆8980億ウォン...
»続きを読む
カテゴリー:

小野薬、サイバーS、サムティなど/本日の注目個別銘柄 - 04月17日(火)15:52 

<3194> キリン堂HD 2806 +369大幅続伸で連日の最高値更新。
カテゴリー:

3月転職求人倍率は2.49倍、求人数が6カ月連続で過去最高を更新 - 04月17日(火)07:00 

パーソルキャリアが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」はこのほど、2018年3月の転職求人倍率を発表した。3月の転職求人倍率は前月比0.04ポイント低下の2.49倍となった。求人数は前月比100.9%、前年同月比111.7%となり、2008年1月の調査開始以来の最高値を6カ月連続で更新した。転職希望者数は前月比102.6%、前年同月比116.3%だった。業種別では、「IT/通信」(6.32倍)の求人倍率が最も高く、次いで「サービス」(2.87倍)、「メディア」(2.33倍)と続いた。職種別では、「技術系(IT/通信)」(8.02倍)の求人倍率が最も高く、次いで「専門職」(7.04倍)、「技術系(電気/機械)」(4.99倍)となった。(出所:パーソルキャリア)転職求人倍率は、ホワイトカラー層を中心とした転職マーケットにおける需給バランスを表すもので、DODA転職支援サービス登録者(転職希望者)1人に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値。
カテゴリー:

完熟マンゴー「太陽のタマゴ」初競り、1箱40万円 - 04月16日(月)12:54 

 宮崎県の特産品、完熟マンゴー「太陽のタマゴ」の初競りが行われ、1ケース2個入りで、40万円の最高値がつきました。
カテゴリー:

もっと見る

「最高値」の画像

もっと見る

「最高値」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる