「最終報告」とは?

関連ニュース

【社会】天皇陛下退位19年3月末 即位・新元号4月1日で調整 ★2 - 10月20日(金)10:00  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00000010-asahi-soci 10/20(金) 3:00配信  政府は天皇陛下の退位日を2019年3月31日とし、皇太子さまが翌4月1日に新天皇に即位して、その日に新しい元号を施行することで最終調整に入った。新元号は政府が来年中に発表する方針だ。平成は31年3月末日で幕を閉じることになる。  複数の首相官邸幹部が明らかにした。政府は、衆院選が終わった後の11月以降に首相ら三権の長、皇族でつくる「皇室会議」を開いたうえで、天皇陛下の退位日にあたる特例法の施行日について、政...
»続きを読む
カテゴリー:

【栃木県】高校生ら8人死亡の雪崩事故 引率教員に過失致死傷の疑い 警察が年内の立件へ - 10月16日(月)17:33  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171016/k10011179441000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 栃木県で登山訓練中の高校生らが雪崩に巻き込まれて8人が死亡した事故で、検証委員会は最終報告の中で、事故の最大の要因は組織の危機管理意識の欠如だとしたうえで、引率した教員は斜面を登るにしたがって雪崩が起きる危険性を認識できたはずだと指摘しました。警察は、こうした報告も踏まえ、業務上過失致死傷の疑いで早ければ年内での立件を目指すことにしています。 ことし3月、栃木県那須町の茶臼岳で登山の訓練中...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】生徒ら8人が死亡した那須の雪崩事故、引率教諭個人の責任追及せず 検証委が最終報告書 - 10月15日(日)21:49  newsplus

10/15(日) 21:08配信   栃木県那須町で今年3月、県立大田原高の生徒7人と教諭の計8人が死亡し、40人が重軽傷を負った雪崩事故で、県教委が設置した検証委員会は15日、最終報告書を公表した。事故の最大の要因を、講習会を開催した県高体連登山専門部などによる計画全体のマネジメントや危機管理意識の欠如と結論づけた。  引率教諭については「斜面を進むに従い雪崩の危険性を認識しえたはずで、予見可能性はあった」と指摘したが、個人の責任は追及しないとした。県警は引率教諭らの安全管理が十分だったかについて、...
»続きを読む
カテゴリー:

那須雪崩:個人の責任追及せず 検証委が最終報告書 - 10月15日(日)21:08 

 栃木県那須町で今年3月、県立大田原高の生徒7人と教諭の計8人が死亡し、40人が重軽傷を負った雪崩事故で、県教委が設置した検証委員会は15日、最終報告書を公表した。事故の最大の要因を、講習会を開催した県高体連登山専門部などによる計画全体のマネジメントや危機管理意識の欠如と結論づけた。
カテゴリー:

那須町の雪崩事故「意識欠如」〜検証委報告 10/15 20:29更新 - 10月15日(日)20:29 

栃木県那須町で高校生ら8人が死亡した雪崩事故で、県の検証委員会は最終報告書をまとめ、「雪崩が起きるかもしれないという意識が欠如していたと言わざるを得ない」と指摘した。
カテゴリー:

【社会】天皇陛下退位19年3月末 即位・新元号4月1日で調整 - 10月20日(金)04:14  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00000010-asahi-soci 10/20(金) 3:00配信  政府は天皇陛下の退位日を2019年3月31日とし、皇太子さまが翌4月1日に新天皇に即位して、その日に新しい元号を施行することで最終調整に入った。新元号は政府が来年中に発表する方針だ。平成は31年3月末日で幕を閉じることになる。  複数の首相官邸幹部が明らかにした。政府は、衆院選が終わった後の11月以降に首相ら三権の長、皇族でつくる「皇室会議」を開いたうえで、天皇陛下の退位日にあたる特例法の施行日について、政...
»続きを読む
カテゴリー:

主催者の危機管理意識欠如が要因 - 10月16日(月)00:39 

主催者の危機管理意識欠如が要因:栃木・那須町で3月、高校生ら8人が死亡した雪崩事故で、事故の検証委員会は、主催者の「危機管理意識の欠如が最大の要因」と指摘する最終報告書をまとめた。...
カテゴリー:

那須雪崩事故の最終報告書、遺族「本気で反省を」 - 10月15日(日)21:09 

 今年3月、栃木県那須町で発生した雪崩で登山訓練をしていた高校生ら8人が死亡した事故について、県の検証委員会が再発防止策の提言を盛り込んだ最終報告書をまとめました。これを受けて、遺族は「本気で反省、改善してほしい」とコメントしました。
カテゴリー:

那須の雪崩事故「予見可能性あった」 最終報告書を公表 - 10月15日(日)20:40 

 栃木県那須町で今年3月、登山講習中の高校生7人と教諭1人の計8人が死亡した雪崩事故で、県教委が設置した検証委員会は15日、講習会を主催した県高校体育連盟の「計画全体のマネジメントと危機管理意識の欠如…
カテゴリー:

「危機管理意識が欠如」=第三者委が最終報告-栃木雪崩事故 - 10月15日(日)20:13 

 栃木県那須町で3月、登山講習会に参加した高校生ら8人が死亡した雪崩事故で、県教育委員会が設置した第三者検証委員会は15日、「主催者側の危機管理意識の欠如が事故の根源的要因」と指摘する最終報告書を提出した。 また、「新雪が積もった尾根斜面を多数の生徒が進めば雪崩や滑落の危険があることを、雪山経験があれば認識し得た」と、8人が死亡した第1班を引率した講師役の教諭の予見可能性にも言及した。 報告書は、場当たり的な計画変更や、7年前に同じ登山講習会中に発生した雪崩が記録されていなかったなど、講習会を計画・主催した県高校体育連盟のマネジメント・危機管理意識の欠如を指摘。県教委のチェック体制の未整備も関連要因とした。 その上で、「危機管理の充実」など7項目の再発防止策を提言。具体策として、指導者の資質向上に向けた顧問研修の継続的な実施や、登山を行う教員・生徒へのガイドブック作成などを挙げた。 提出後、委員長の戸田芳雄・東京女子体育大教授は「最終報告はゴールではなくスタート。取り組みを風化させず、提言が安全確保につながることを望む」と述べた。 犠牲になった県立大田原高校1年の奥公輝さん=当時(16)=の父勝さん(46)は「実効性ある対策が取れる仕組みや組織をつくってもらえるよう県教委には期待している」と話した。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「最終報告」の画像

もっと見る

「最終報告」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる