「最大限」とは?

関連ニュース

「部下の幸せ」を考えていますか? 良いリーダーの条件とは 【鬼頭あゆみの「本が好きっ!」】 - 04月23日(月)19:05 

みなさん、こんにちは!鬼頭あゆみです。インターネットラジオ「本が好きっ!」、第33回目のゲストとしてお越しいただいたのは『リーダーの「対話力」ノート できる大人は「言葉選び」で人を幸せにする』(ぱる出版刊)を書かれた細谷知司さんです。細谷さんは、東京大学を卒業後、大手損保会社で20年以上キャリアをつみ、その後独立。現在は人材育成コンサルタントとして活躍されています。■一人ひとりの価値観を尊重する本書のテーマは「対話力」。細谷さんは、組織が最大限の仕事を発揮するために必要なのは、「部下の幸せ」を考えることだと言います。人は命令されて動くよりも、自らすすんでやる仕事の方が高いパフォーマンスを発揮するものです。そのために、対話を通して、部下一人ひとりが、「今ここ」という場所を理解し、今よりも幸せになることが、個人にとっても、そして組織全体にとっても大切であるのです。では、上司は何をすべきなのでしょうか?細谷さんは、部下の話を丁寧に聞き、この組織でなにをしたいか?」「なにがあなたの人生の幸せなのか?」を把握することが重要だと話します。かつては、みな似たような価値観であったのが、今は多様化しているからです。人それぞれの幸せがあるので、それぞれの価値観にあわせて仕事上の役割を付与していくというのが、一番その人が働きやすく、一番結果につながる働き方になると細谷さん。確かに、そういう上司になれれば...more
カテゴリー:

「日本女性」がこのドレスを纏ったら、きっともう、敵わない。 - 04月23日(月)19:00 

華やかなオリエンタル柄のドレスと、きらきらの笑顔で喜びをあらわにしてくれる女性たち。こう見えても、彼女たちがしているのは「和装」だ。Photo by Chikako Takazawa着物ドレスと呼ばれる洋装+和装ミックスのジャンルの中でも、新たな台頭を見せるこの着付け。着物をリメイクしたドレスではなく、着付けの仕方によるもので、ハサミも針も糸も使っていない。ドレスを脱いだ後に同じ着物で伝統的な着付けをすることだって可能。着物本来の美しさを、新たな表現方法で見事に開花させている。7分で魅せるマジックPhoto by Chikako Takazawa『麻衣 ~Soul Dress~』(マイ ソウル ドレス)と名付けられたこの着付けを独自開発したのは、ヘアメイクアーティストで着物クリエーターの坂本 麻衣(さかもと まい)さん(写真左)。美容師として13年、ヘアメイクアーティストとして10年のキャリアを持つ彼女は、着付けも4年以上プロとしての実績を持つ。これまでは伝統的な和装の着付け中心だったが、妹さんの結婚式をきっかけにドレス型の着付けを構想し、約半年で現在のオリジナルスタイルに行き着いた。麻衣さんの着付けで驚くべきことは、着る人の体型やサイズは限定しない上、ミニ丈も可能だという。ウエスト周りも比較的ゆったりしているため、妊婦の人が着たって苦しくない。その上、着付けに掛かる時間はたっ...more
カテゴリー:

新規事業のためのビジネスデザインミートアップ InnoCAFE#35、デンマーク大使館協賛、5月11日にて開催 ~イノベーションを生み出すデンマークデザインに触れるチャンス~ - 04月23日(月)16:00 

[株式会社イノベーター・ジャパン] 幸福大国として知られるデンマークは、高福祉で人々の生活に安心と安定をもたらすだけでなく、イノベーションが起こりやすい労働環境を作り、社会課題を解決しています。人の力を最大限に引き出すことで豊かな社...
カテゴリー:

安倍内閣支持率38% 辞任必要なしが圧倒的多数 産経・FNN合同世論調査 - 04月23日(月)12:28  news

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は21、22両日、合同世論調査を実施した。安倍晋三内閣の支持率は続落し、前回調査(3月10、11両日)と比べて6・7ポイント減の38・3%だった。 不支持率は54・1%(前回比10・3ポイント増)で支持を上回った。 財務省の文書改竄や自衛隊の日報問題など公文書管理をめぐる不祥事に加え、財務事務次官のセクハラ問題などが影響したとみられる。 公文書管理をめぐる不祥事に関しては「首相と担当閣僚は官僚組織を指導し、真相の究明と再発防止に全力を傾けるべきだ...
»続きを読む
カテゴリー:

北朝鮮巡りG7外相“最大限の圧力”で一致 - 04月23日(月)12:00 

 北朝鮮による核実験と大陸間弾道ミサイル実験の中止の表明について、G7=先進7か国外相会議では22日、歓迎の声が広がる一方、北朝鮮の核武装は認めず、最大限の圧力を継続する方針で一致しました。
カテゴリー:

ポーランド流「ミニマリズムの本質」にハッとする - 04月23日(月)19:00 

様々な国で「ミニマリズム」を語り、その概念を広める活動をしている「Becoming Minimalist」のJoshua Beckerさん。これまでに多くの国を訪れた彼ですが、なかでもポーランドでの講演はかなり印象深いものだったそうで。遠く離れた国の出来事かつ、やや長めの文章ですが、いま日本で生きる私たちにとっても示唆に富む内容であることは間違いありません。ワルシャワでミニマリズムについてのスピーチをしました。舞台はヨーロッパ各地から1,000人ほどが出席したカンファレンス。とはいえ、そのほとんどは主催国のポーランドからきているようでしたが。この経験は、本当に印象深いものでした。まず私は、妻と一緒に父権運動のリーダーたちの功績を讃える前夜祭に出席しました。そこでは一般人から企業のリーダー、政府の役員たちの名が呼ばれました。いずれも戦争で引き裂かれた家族の絆を大切にしようと立ち上がってきた人たちです。私たちの夕飯の席には、私と同い年で、英語教師のピーターという男性が通訳としてついてくれました。彼こそが、初めて私にポーランドの生活について教えてくれる人物となったのです。歴史について詳しい人からすると必要ないかもしれませんが、軽くポーランドの歴史について触れさせてください。とても大切なことだから。ドイツがポーランドへ進軍を開始したのは、1939年9月。第二次世界大戦がはじまったばかりの頃...more
カテゴリー:

【藤田一浩×嶌村吉祥丸】インターネットが変えた、写真家という人生 - 04月23日(月)18:00 

来年(2019年)はインターネットの原型が生まれて50周年の記念すべき年。とくに商用インターネットが台頭し始めた1990年前後以降、人々の生活や生き方はネットの進化とともに凄まじいスピードで変化しました。あらゆることが可能になり、技術的にはこの動画のようなことまで夢ではない、ワクワクした世界になってきました。インターネットによって新しいビジネスが生まれたり、既存の職業もあらゆる面でその恩恵を受けてきました。今回はその中で、写真家という仕事に注目しました。今も昔も写真という表現手法で人々を魅了する写真家ですが、フィルムの時代を経てデジタルカメラが登場し、そこにインターネットが掛け合わされることで、プロとして活動している彼らにどんなインパクトがもたらされたのでしょうか。今回はインターネット「前」も「今」も知るベテラン写真家・藤田一浩さん、そして対照的にいわゆる「デジタルネイティブ」世代の若手写真家・嶌村吉祥丸さんに、お話を伺いました。藤田 一浩1969年生まれ。大阪芸術大学写真学科卒業後、文化出版局写真部、中込一賀氏のアシスタントを経て1997年渡仏、2000年帰国。主にファッション、ポートレイト、風景の撮影を手がける。嶌村 吉祥丸東京生まれ。ファッション誌、広告、カタログ、アーティスト写真など幅広く活動。主な個展に"Unusual Usual"(Portland, 2014)、"In...more
カテゴリー:

北朝鮮の非核化へ圧力継続か 日韓外務省高官が協議 - 04月23日(月)12:29 

今週の27日に開催される南北首脳会談を前に韓国を訪問している外務省の金杉アジア大洋州局長は、韓国外務省の高官と協議し、北朝鮮の非核化を確実に実現するため最大限の圧力をかけ続けるよう呼びかけたものと見られます。
カテゴリー:

【G7外相会合】北朝鮮問題を討議 「すべての射程のミサイル破棄を目標」で一致 最大限の圧力維持 - 04月23日(月)12:22  newsplus

【トロント=上塚真由】先進7カ国(G7)外相会合はカナダ・トロントで22日開幕し、北朝鮮の非核化への対応や、シリア情勢などをめぐり討議した。河野太郎外相は会合で、北朝鮮が核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験の中止を表明したことに「一歩前進であって前向きな動きとして歓迎する」と述べる一方、「核武装した北朝鮮は決して容認できない」と指摘。G7外相と、こうした認識で一致したことを明らかにした。  河野氏によると、G7外相は、北朝鮮に関し「完全で検証可能かつ不可逆的な方法による生物・化学兵...
»続きを読む
カテゴリー:

【産経・FNN世論調査】 安倍内閣支持率続落38.3%(-6.7) 不支持率54.1%(+10.3) - 04月23日(月)11:53  newsplus

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は21、22両日、合同世論調査を実施した。安倍晋三内閣の支持率は続落し、前回調査(3月10、11両日)と比べて6・7ポイント減の38・3%だった。不支持率は54・1%(前回比10・3ポイント増)で支持を上回った。財務省の文書改竄や自衛隊の日報問題など公文書管理をめぐる不祥事に加え、財務事務次官のセクハラ問題などが影響したとみられる。  公文書管理をめぐる不祥事に関しては「首相と担当閣僚は官僚組織を指導し、真相の究明と再発防止に全力を傾けるべきだ」...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「最大限」の画像

もっと見る

「最大限」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる