「景品表示法」とは?

関連ニュース

こんな会社はアブない!「しくじる会社」を見極めるポイントとは? - 12月11日(月)22:30 

2017年は、企業の不祥事が相次いだ。大企業では、日産自動車、スバル、神戸製鋼所、三菱マテリアル、東レなどの不祥事が発覚。また、てるみくらぶの破綻劇、アディーレ法律事務所の景品表示法違反、その他あらゆる業種で長時間労働問題が明るみに出るなど、多くの企業が「しくじった」1年だと言えるだろう。『しくじる会社の法則』(高嶋健夫著、日本経済新聞出版社刊)は、そんな「しくじる会社」と「信頼できる会社」の見極めに役立つ一冊だ。本書を読めば、自分が勤める会社はもちろん、取引先や営業先、就職先などが「しくじりそう」かどうかの判断に役立つだろう。■「しくじる会社」の社長はメガネが汚い?本書では、1000人近い経営者へ取材した経験から著者が導き出した「しくじる会社の法則」が挙げられている。まず、「社長の身だしなみ」は要チェックポイントだ。たとえば、「アルマーニのスーツを着て、ロレックスの時計をつけているようなタイプの経営者に限って、いつもメガネが汚れている」という。いくら高級ブランドに身を包んでいても、細かいところに社長の「心がけ」が垣間見える。身だしなみの悪さから、社長としての資質や経営姿勢が透けて見えてしまうのだ。そうした「心がけ」はトークにもあらわれる。やたらとIT用語や経済用語、話題の経営書の言葉を使う「自分の言葉で話さない社長」。話の端々に著名人、有名人の名前を出す「有名人病にかかっている社...more
カテゴリー:

アディーレが業務再開 弁護士退職、一部は開けず - 12月11日(月)12:09 

 景品表示法違反の広告で東京弁護士会から業務停止2カ月の懲戒処分を受けた「アディーレ法律事務所」(本店・東京)が11日、停止期間の終了に伴い業務を再開した。弁護士の退職などで、再開は全国86の本店・支…
カテゴリー:

【懲戒処分】アディーレが業務再開 2カ月の処分期間終える - 12月11日(月)11:18  newsplus

 東京弁護士会から懲戒処分を受けた弁護士法人「アディーレ法律事務所」が11日、2カ月間の業務停止処分期間を終えて業務を再開した。アディーレは「依頼者や取引先に多大なご心配、ご迷惑をおかけしたことを改めて深くおわびする」と謝罪。委任契約が解除になった顧客への対応を最優先で進めるという。  処分対象となったのはアディーレのインターネット広告。過払い金返還請求の着手金無料キャンペーンを「1カ月限定」とうたったのが景品表示法違反(有利誤認)にあたるとして、2016年に消費者庁が措置命令を出した。東京弁護士会...
»続きを読む
カテゴリー:

中古車販売「ガリバー」系列店広告が景表法違反 「無償で修理保証」は有料 - 12月08日(金)22:10 

 消費者庁は8日、中古車販売最大手「ガリバー」系列の軽自動車専門店「ガリバーミニクル」が、中古車の修理保証が無償で付くかのように広告したのは景品表示法違反(有利誤認)として、運営会社の「IDOM(旧ガリバーインターナショナル)」に再発防止を求める措置命令を出した。
カテゴリー:

架空の価格から「割引」=衣料品チェーンに措置命令-消費者庁 - 12月05日(火)17:27 

 販売実績のない架空の価格を設定し不当な割引表示を行ったとして、消費者庁は5日、衣料品チェーン「シーズメン」(ジャスダック上場、東京都中央区)に対して、景品表示法違反(有利誤認)で再発防止を求める措置命令を出した。 同社は「メソッド」や「流儀圧搾」などの名称で全国で店舗を展開。同庁によると、今年6~9月のセール中に32店で初めて販売したTシャツやパーカー8商品について、値札に架空の価格を付け、その上に4割引した価格を印字したシールを貼っていた。店内には「40%OFF」と書かれた掲示もしていた。 【時事通信社】
カテゴリー:

過払い金広告で業務停止処分になってたアディーレ法律事務所が業務再開 - 12月11日(月)12:44  news

景品表示法違反の広告で東京弁護士会から業務停止2カ月の懲戒処分を受けた「アディーレ法律事務所」(本店・東京)が11日、停止期間の終了に伴い業務を再開した。 弁護士の退職などで、再開は全国86の本店・支店のうち78カ所。同事務所は「全店での再開を目指す。今まで通りの規模を維持したい」としている。 同事務所は今年10月11日、実際には着手金を継続して値引きしていたのに、広告で期間限定とうたっていたのが景品表示法違反(有利誤認)にあたるとして処分を受けた。 直後から各地の弁護士会に問い合わせが殺到...
»続きを読む
カテゴリー:

東京弁護士会から業務停止処分受けていた「アディーレ法律事務所」が業務再開 - 12月11日(月)12:09 

 弁護士法人「アディーレ法律事務所」の広告が景品表示法違反(有利誤認)に当たるとして東京弁護士会(東弁)が法人と元代表の石丸幸人弁護士を業務停止とした問題で、法人が11日、業務を再開した。
カテゴリー:

【中古車販売店】ガリバー運営会社、広告に不当表示 消費者庁が処分 - 12月09日(土)09:17  newsplus

ガリバー運営会社、広告に不当表示 消費者庁が処分 2017年12月8日21時40分 http://www.asahi.com/articles/ASKD84TS9KD8UTIL032.html  中古車販売店のガリバーを運営するIDOM(イドム)が、軽自動車専門店「ガリバーミニクル」の商品を紹介する新聞折り込み広告で不当な表示をしていたとして、消費者庁は8日、景品表示法違反(有利誤認)で、同社に再発防止などを求める措置命令を出した。  発表によると、IDOMは昨年5月~今年3月、岩手、山梨、宮崎各県で配った折り込み広告で、計129点の中古車について「保証付...
»続きを読む
カテゴリー:

販売実績ない服を「割引」表示 消費者庁、再発防止命令 - 12月05日(火)18:00 

15都道府県で展開する衣料販売店で、販売実績がなかったTシャツの価格を「4割引き」などと表示したのは、景品表示法違...
カテゴリー:

架空の価格から「割引」=消費者庁 - 12月05日(火)17:26 

消費者庁から景品表示法違反で再発防止を求める措置命令を受けた衣料品チェーン「シーズメン」の値札。販売実績のない架空の価格「2900」の上に4割引後の「1740」のシールが貼られている=5日午後、同庁
カテゴリー:

もっと見る

「景品表示法」の画像

もっと見る

「景品表示法」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる