「時計台」とは?

関連ニュース

北山たけし、札幌ラーメン店で新曲発売記念 曲が縁 - 09月20日(水)08:32 

 演歌歌手北山たけし(43)が19日、東京・港区にある札幌ラーメンの店「味の時計台新橋店」で、新曲「アカシアの街で」の発売記念イベントを行った。  曲が札幌を舞台にしている縁で同店とコラボ。3枚の巨大チャーシューに「36」の刻印を押した…
カテゴリー:

このツーンは好き。北海道の「山わさび醤油漬」がたまらない - 09月15日(金)21:10 

ウニやイクラ、鮭フレークなど、海鮮系のご飯のお供が目白押しの北海道で、少し変わった山の幸とも言えるのが「山わさび醤油漬」。白いご飯に乗せてひとくち頬張れば、ツンと鼻に届く香りと醤油の旨み。食欲の落ちる暑い季節でも、山わさびでご飯が進みます。いつもの「ワサビ」とはちょっと違う。ところで「山わさび」にあまり馴染みがない人もいるかもしれませんが、じつは北海道ではよく知られた山菜。お寿司にも使われる本ワサビが水の中で採れるのに対して、山わさびが採れるのは土の中。あぜ道や河川敷を丹念に探して、自生している「山わさび」を採ってきては、醤油漬けにしたり、すりおろしたものを肉料理の付け合せにして楽しんでいる地元の人もいるんです。北海道の山の幸は「文明開化」の味がする。そもそもこの山わさび、フランスでは「レフォール」、英語では「ホースラディッシュ」と呼ばれる、西洋原産の植物。でも、いったいなぜ、北海道に外国の植物が?…というのも、北海道は明治時代の文明開化の際に、クラーク博士をはじめとした外国人を招聘し、外国文化をいち早く取り入れた土地でもあります。たとえば函館の五稜郭や札幌の時計台などは、外国文化の名残とも言える観光スポット。その頃に食用として輸入されたホースラディッシュが北海道の自然のなかで野生化し、今では地元の生活に根付いた食材になったのだとか。購入は、十勝スロウフードより。
カテゴリー:

「マッキントッシュ フィロソフィー」英国の時計台から着想したペアウオッチそろうフェア開催 - 09月14日(木)11:00 

 「マッキントッシュ フィロソフィー(MACKINTOSH PHILOSOPHY)」から、イギリスの時計台の文字盤がモチーフの新作ペアウオッチが登場した。これに合わせて、9月15日からオンタイムとmoveでフェアが開催される。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

師匠サブちゃんも好物、北山たけしの特製ラーメン - 09月19日(火)17:15 

 演歌歌手北山たけし(43)が19日、東京・港区のラーメン店「味の時計台新橋店」で、20日発売の新曲「アカシアの街で」の発売記念イベントを行った。  曲が札幌を舞台にしていることから、札幌ラーメンの老舗である同店とコラボレーションを実施…
カテゴリー:

札幌の記念撮影スポット! 日本最古の塔時計の歴史も - 09月14日(木)12:01 

札幌の観光スポットとして思い浮かべるものに「札幌時計台」をイメージする方は多いのではないでしょうか? 札幌の中心街にあり、撮影スポットとしても有名です。白い壁と赤い屋根が特徴的な「…
カテゴリー:

「時計台」の画像

もっと見る

「時計台」の動画

Wikipedia

時計台(とけいだい)あるいは時計塔(とけいとう)とは、時計を周囲から見やすいように上部に高く掲げられた建物や塔のことである。キリスト教圏において時計台は、よく教会や都市の公会堂、シティホールなど社会的な公共施設として設置されることが多かったが、独立した時計台として建てられたものも少なくない。

概要

時計台は小塔に時計を備える形がよく知られており、時計の文字盤は建物の正面のみの場合もあるが、複数の方向や往々にして4方向に設置されることもある。大きなで時刻を告げるものや一定の旋律に合わせて、メロディを奏でるものなどがある。

今日では時計台の大半は、街のランドマークとして美的な景観を作り出す面に注目されがちである。以前は時計台本来の目的である計時機能が重要な役割を果たしていた。20世紀半ば以前は、大半の人達は、腕時計懐中時計といった自分の時計を持ち歩かず、時計台の時報を当てにしていたからである。従って時計台は、街の中心付近に建てられ、街の中で最も高い建物であることが多かった。各地の小学校や旧制中学校、大学、役所や時計店などでも象徴として時計台が築かれた例が多くあったが、そういった古い時計台の大半は建物や時計機械自体の老朽化、被災によって消えて...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる