「時計台」とは?

関連ニュース

【芸能】西野亮廣、絵本次回作2本同時進行を明かす「二匹目のドジョウ狙っても仕方ない」 - 02月19日(月)04:45  mnewsplus

2018.2.18 西野亮廣、絵本次回作2本同時進行を明かす「二匹目のドジョウ狙っても仕方ない」  絵本作家としても活動しているお笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が18日、自身のブログで現在「チックタック~約束の時計台~」と「ほんやのポンチョ」の2つの絵本作品を手掛けていると「キンコン西野の新しい挑戦」と題して報告した。  「えんとつ町のプペル」がヒットし、話題となった。完全分業制で、それぞれのプロが手掛けていることが特徴で、西野自身もこの日のブログで「超分業制で作る絵本は、作り方から何から前例が...
»続きを読む
カテゴリー:

傘、手錠、自転車… ジャッキー・チェン作品を彩ってきたモノ図鑑 - 02月13日(火)08:41 

時計台から落ちたり、高層ビルのガラス張りの斜面を滑り降りたり、とにかく何でもやりすぎることで伝説を生み出してきたジャッキー・チェンですが、「イス」に代表されるように、小物を使ったアクションも得意としています。その1つが「傘」です。 正義感は強いがおっちょこちょいな面がある刑事チャンを演じた『ポリス・ストーリー』では、ジャッキーは何度も目の前で悪党に逃げられます。それを必死に追いかけるのが映画の山場になっているのですが、特にジャッキーらしい“あきらめの悪さ”が表れているのが、犯人が乗り込んだ2階建てのバスを追いかけるシーンです。 普通ならクルマで追いかけるところをジャッキーは走って追いかけ、ギリギリのところでバスに手持ちの傘を引っ掛けてしがみつきます。走行中のバスに何度も振り回されながらも手を離すことなく、ついにはバスに乗り込み犯人を逮捕するのです。アクションは真似できなくても、このあきらめない精神は見習いたいものです。 一方、名作『プロジェクトA2』で使ったのが「手錠」です。大ヒット作の続編である同作は、前回の成功が大きいものであったため、「次に何をやってくれるのだろう?」という期待にさらされていました。しかし、身近なものを活用したアクションを信条とするジャッキーは、素手のバトルや逃亡劇といった基本は崩さずに、観客に新鮮な驚きを与える表現を考える必要がありました。そこで思い付いたの...more
カテゴリー:

京大の「クジャク同好会」は、一体どんな活動をしているのか - 02月14日(水)06:00 

全国津々浦々大学がある中で、独自の取り組みをする同好会やサークルは数知れないが、「クジャク同好会」というのは、非常に珍しいもののひとつかもしれない。京都大学に存在するもので、大学内で淡々とクジャクを飼育している団体だという。どんな経緯でクジャクの飼育に至ったのだろうか。Jタウンネット編集部が取材した。その正体は、「自称意識高い系エセ動物愛護団体」?京都大学クジャク同好会は、公式サイトによると「自称意識高い系エセ動物愛護団体」を自称。会長でオスの「サカタニ」、副会長でメスの「天空を駆ける嵐を呼ぶ虹色の不死鳥神(スカイレインボーハリケーンゴッドフェニックス)」の2羽が誕生した2013年初夏に発足。現在は、オスの「田中くん」、メスの「うちわ」も含め、計4羽のクジャクを飼育しており、300名の人員を誇る巨大な同好会だ。そもそもなぜクジャクなのだろうか。Jタウンネット編集部がツイッター経由で取材したところ、同好会の担当者は、「当時この同好会を発足した人間が鳥の卵の孵化にハマっていて、丁度上手くいったのがクジャクだったからです」と語る。活動内容はクジャクの世話ながら、実際に世話をしているのは「40人程度」という。また、活動の目的については、「クジャクを京大のアイドルにすることと、クジャクをペットとして普及させることの2つになります」という。大学内での評判については、「存じません」とバッサリ。外...more
カテゴリー:

「時計台」の画像

もっと見る

「時計台」の動画

Wikipedia

時計台(とけいだい)あるいは時計塔(とけいとう)とは、時計を周囲から見やすいように上部に高く掲げられた建物や塔のことである。キリスト教圏において時計台は、よく教会や都市の公会堂、シティホールなど社会的な公共施設として設置されることが多かったが、独立した時計台として建てられたものも少なくない。

概要

時計台は小塔に時計を備える形がよく知られており、時計の文字盤は建物の正面のみの場合もあるが、複数の方向や往々にして4方向に設置されることもある。大きなで時刻を告げるものや一定の旋律に合わせて、メロディを奏でるものなどがある。

今日では時計台の大半は、街のランドマークとして美的な景観を作り出す面に注目されがちである。以前は時計台本来の目的である計時機能が重要な役割を果たしていた。20世紀半ば以前は、大半の人達は、腕時計懐中時計といった自分の時計を持ち歩かず、時計台の時報を当てにしていたからである。従って時計台は、街の中心付近に建てられ、街の中で最も高い建物であることが多かった。各地の小学校や旧制中学校、大学、役所や時計店などでも象徴として時計台が築かれた例が多くあったが、そういった古い時計台の大半は建物や時計機械自体の老朽化、被災によって消えて...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる