「時任三郎」とは?

関連ニュース

【音楽】時任三郎、歌手デビュー“36”周年記念のベスト・アルバム発表 - 06月26日(月)23:19 

2017/06/26 14:21  俳優・歌手の時任三郎が、8月23日(水)にベスト・アルバム『時任三郎 36 BEST』(PCCA-04546 3,600円 + 税)をリリース。 2017年で歌手デビュー“36”周年を迎えるにあたって、全“36”曲入り、税抜き“36”00円と、徹底して“三郎”にこだわった本作は、シングル集(disc 1)、バラード集(disc 2)、新録も含むシングル(disc 3)のCD3枚組。 90年代に在籍していたポニーキャニオンから発表した楽曲を中心に、時任自らが選曲しています。  時任は、『ふぞろいの林檎たち』『ライスカレー』「あきれた刑事」など、俳...
»続きを読む
カテゴリー:

2017年夏の新ドラマ一挙紹介! 月曜~水曜編 - 06月17日(土)12:00 

7月から、いよいよ各局夏クールの新ドラマがスタート。ことしの夏クールのドラマは全28本。今回はその中から月曜~水曜の7作品を紹介する。 【写真を見る】有田哲平(下)と本田翼(上)がキス寸前!?(「わにとかげぎす」)/(C)TBS ■ 月曜 山下智久主演人気シリーズの3rdシーズンがスタート! 「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(7月スタート、毎週月曜夜9.00-9.54、フジ系)●医師として一人前になった藍沢(山下智久)らが救急救命の最前線で活躍する姿を描く医療ドラマ。人材不足の翔北救命救急センターで白石(新垣結衣)らは新たなフェロー・名取(有岡大貴)らを迎え入れる。脳外科医となった藍沢は、トロント大学の臨床医師の席をめぐり、ライバルの新海(安藤政信)と争う。 ■ 火曜 窪田正孝が高校生役で逃亡劇を繰り広げる! 「僕たちがやりました」(7月18日[火]スタート、毎週火曜夜9.00-9.54[初回は夜9.00-10.09]、フジ系)●「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載されていた同名漫画をドラマ化した青春逃亡サスペンス。高校生のトビオ(窪田正孝)は伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセン(今野浩喜)ら仲間と“そこそこ”の日常を大切にしてきた。だが、不良高校に仕掛けたいたずらから生活が一変、爆破事件の容疑者となる。 「カンナさーん!」(...more
カテゴリー:

竹内涼真「こんなに悩んでいるのは初めて」高畑充希の相手役に『過保護のカホコ』 - 06月15日(木)10:27 

俳優の竹内涼真が、高畑充希が主演を務める7月クールの水曜ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)に出演することが決定。これまでの爽やかなイメージとは異なる、ワイルドな役柄に挑戦することがわかった。本作は、21歳にして生活のすべてにおいて親任せで、超過保護に守られて生きてきた“純粋培養”の女子大生・カホコ(高畑)が、自分とは正反対の環境で育った1人の青年・麦野と出会って成長していくホームドラマ。脚本は、『家政婦のミタ』をはじめ、数々の話題作を生んできた遊川和彦が手がける。竹内演じる麦野初は、親に捨てられて養護施設で育ち、アルバイトを掛け持ちしながら学費を稼ぎ大学に入学。本当は優しいのにひねくれ者で、常におどけて本性を見せない、まさに“オオカミ少年”のような青年だ。役について、竹内は「正直、すごく難しい役。一見、辛辣な言葉を投げかけているようで、とてもまともな事を言っていて、おせっかいなようで、とっても優しい少年。でもその優しさを表に出したくないのでは、と思います」と分析。相手役の高畑については、「共演は初めてですが、“一緒に頑張ろうね!”と声を掛けていただきました。先日、リハーサルで一緒に演技をやらせてもらったのですが、台本でイメージしていたよりも、掛け合いをスムーズにやる事ができたんです。なので、回を重ねるごとに僕から(演技を)仕掛けていけるようになりたいです...more
カテゴリー:

ブレイク王手の竹内涼真、屈託抱えた役どころに奮闘 - 06月15日(木)06:00 

 連続テレビ小説「ひよっこ」で、有村架純演じる主人公・みね子の「恋の相手!?」として6月5日から登場した竹内涼真。現在大ヒット公開中の映画『帝一の國』や『ラストコップ THE MOVIE』でも強い個性を発揮し注目を集めているが、そんな竹内が、7月から日本テレビで放送の連続ドラマ「過保護のカホコ」で高畑充希ふんする過保護に育てられた箱入り娘の恋の相手役を務める。話題作への出演が続き、大きな波が来ているように感じられるが、本人はそのあたりをどう考えているのだろうか。 【動画】竹内涼真、新境地で飛躍誓う「もう悩んで落ち込んでる暇ない」  近年、朝ドラヒロインの相手役はブレイクの登竜門と言われており、注目度も高い。今期、その役を担うと言われている竹内も「気配を感じているのか?」と率直に投げかけてみると「記事も読みますし、周囲がそういう風に思い始めてくれるのは素直に嬉しいです。その流れにしっかりと乗っていきたい」と目を輝かせる。さらに強い視線で「乗っていきたいというより、乗っていかないとダメだと思っています」と言い直すと「自分でもだんだんと注目をしていただいているという意識はありますし、その期待にしっかり応えなくてはいけないと思っています」と胸の内を明かす。  そこには竹内の強い思いがある。「僕は一度、サッカーという自分の夢を諦めて、芸能界という場所で再スタートさせていただきました。も...more
カテゴリー:

高畑充希&パパ&ママ、『過保護のカホコ』親子オフショット公開 - 06月12日(月)11:45 

 新ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)の公式インスタグラムアカウントが10日に更新され、クランクインを迎えたことの報告とともに、ドラマのメインキャストを務める高畑充希、黒木瞳、時任三郎のスリーショットが披露されている。【関連】「高畑充希」フォトギャラリー 『過保護のカホコ』は、21歳の就職活動直前まで親の過保護の下に生きてきたヒロインが、一人の青年との出会いにより本当の自分に目覚め、様々な困難に立ち向かっていく姿を描くホームドラマ。主人公の根本加穂子役を高畑、母・泉役を黒木、父・正高役を時任が演じる。 この写真には「仲良し家族!早く観たいです」「かわいいー!もうなんか箱入り感でてます」「本当の親子のような三人ですね」「今からとても楽しみです!これからも撮影頑張ってください」「これから益々楽しみにしてますね」と高畑の笑顔や仲睦まじい家族ショットを喜ぶとともに、放送への期待の声が寄せられている。引用:https://www.instagram.com/kahogo_kahoko/ ■関連記事高畑充希が新人賞受賞「第26回日本映画批評家大賞授賞式」フォト特集岩田剛典、高畑充希らが登場「第40回日本アカデミー賞授賞式」フォト特集高畑充希、民放連ドラ初主演で過保護な大学生に!「プレッシャーに負けず」と意気込み高畑充希、新人賞受賞で新たな決意 女優業は「腹黒く頑張っていきたい」
カテゴリー:

民放ドラマ初主演の高畑充希。遊川和彦脚本で痛快ホームドラマ!「いまからワクワクしています」 - 06月24日(土)10:00 

両親に溺愛され、朝起きることも、着る服選びもママ任せと、超過保護に育った“奇跡の純粋培養人間”のカホコ。そんな彼女が雑菌まみれの世の中に飛び込み、自分の力に気付いていく「過保護のカホコ」(7月12日スタート、毎週水夜10.00-11.00※初回は~11.10終了、日本テレビ系)。超過保護に育てられた大学生・根本加穂子を演じるのは、これが民放ドラマ初主演の高畑充希。 【写真を見る】ザテレビジョン限定!高畑充希SPグラビア/撮影=山口宏之/ヘアメーク=千吉良 恵子(cheek one)/スタイリスト=大石 裕介(DerGLANZ)/衣装協力=SLOW、トランシップジュエリー、デザート ローズ ■ ――超過保護に育った“奇跡の純粋培養人間”カホコとはどんな役柄なのか 高畑「カホコは過保護に大事に育てられて世間知らずな、ピュア過ぎて周りからちょっとズレている女の子です」。 ■ ――「こんなの初めて!」という決めゼリフや、みんなをメロメロにする“プリンセス笑顔”など、脚本の遊川和彦が「新しい高畑充希が見られる」と語る役どころにどう挑むのか。 高畑「私も一人っ子ですけど天然ではないので、逆に自分にないものを持つカホコはすてきだなと思います。ドラマの中でこの役を演じることで、いつもとは違う思考回路になれたり、意外な発見があったりするのでは?と楽しみです。カホコ以外のキャラもみんなチャーミングなの...more
カテゴリー:

竹内涼真「こんなに悩んでいるのは初めて」高畑充希の相手役に『過保護のカホコ』 - 06月15日(木)10:30 

俳優の竹内涼真が、高畑充希が主演を務める7月クールの水曜ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)に出演することが決定。これまでの爽やかなイメージとは異なる、ワイルドな役柄に挑戦することがわかった。本作は、21歳にして生活のすべてにおいて親任せで、超過保護に守られて生きてきた“純粋培養”の女子大生・カホコ(高畑)が、自分とは正反対の環境で育った1人の青年・麦野と出会って成長していくホームドラマ。脚本は、『家政婦のミタ』をはじめ、数々の話題作を生んできた遊川和彦が手がける。竹内演じる麦野初は、親に捨てられて養護施設で育ち、アルバイトを掛け持ちしながら学費を稼ぎ大学に入学。本当は優しいのにひねくれ者で、常におどけて本性を見せない、まさに“オオカミ少年”のような青年だ。役について、竹内は「正直、すごく難しい役。一見、辛辣な言葉を投げかけているようで、とてもまともな事を言っていて、おせっかいなようで、とっても優しい少年。でもその優しさを表に出したくないのでは、と思います」と分析。相手役の高畑については、「共演は初めてですが、“一緒に頑張ろうね!”と声を掛けていただきました。先日、リハーサルで一緒に演技をやらせてもらったのですが、台本でイメージしていたよりも、掛け合いをスムーズにやる事ができたんです。なので、回を重ねるごとに僕から(演技を)仕掛けていけるようになりたいです...more
カテゴリー:

竹内涼真「試練がきた」…高畑充希主演ドラマでひねくれ者役に初挑戦 - 06月15日(木)07:15 

高畑充希が民放の連続ドラマで初主演を務める新水曜ドラマ「過保護のカホコ」(日本テレビ系)に、竹内涼真の出演が決定した。竹内は、超過保護に育った主人公・カホコ(高畑)と同じ大学に通う画家を目指す学生・麦野初を演じる。後にカホコに大きな影響を与える重要な役どころとなる。 【写真を見る】初はカホコ(高畑)に大きな影響を与えていくことに/(C)NTV 本作は、脚本家・遊川和彦がオリジナルで描く痛快ホームドラマ。何から何まで親の保護の下生きてきた“奇跡の純粋培養人間”カホコは、アルバイトをしたことがない、一人で服を選べない、駅まで歩いたことがないという就職間際の21歳。そんなカホコが、初に出会い、世の中のさまざまを知ることで自分でも気付いていない“力”に覚醒し、家族の問題までも解決していく姿を描く。 初は親に捨てられて養護施設で育ち、アルバイトを掛け持ちしながら学費を稼ぎ大学に入学。本当は優しいのに、ひねくれ者で常におどけて本性を見せないという青年だ。これまで竹内が演じてきた、心癒やされる爽やかな役とは一転、新しい役への挑戦となる。 竹内は麦野初という役について「正直、すごく難しい役。一見、辛辣(しんらつ)な言葉を投げ掛けているようですが、とてもまともなことを言っている。おせっかいなようで、とっても優しい人。でもその優しさを表に出したくないのでは」と分析する。 「自分でもやったことのない役な...more
カテゴリー:

高畑充希、可愛すぎるスマイルショットに「天使の笑顔」と反響 - 06月14日(水)17:45 

 7月からスタートする新ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)の公式インスタグラムアカウントが12日に更新。主人公を務める女優の高畑充希が、ポケットティッシュと思われるものを名刺に見立てて手渡す姿が公開されており、その愛らしい表情に反響の声が集まっている。【関連】「高畑充希」フォトギャラリー 『過保護のカホコ』は、就職活動間際まで親に過保護に愛されてきたヒロインが、一人の青年との出会いをきっかけに自分の本当の姿に目覚め、様々な困難に奮闘する姿を描くドラマ。ヒロインの根本加穂子役を高畑、母・泉役を黒木瞳、父・正高役を時任三郎が演じる。 この日の写真の高畑の笑顔には、共演の時任も「カホコぉ、なんでお前はそんなにかわいいんだぁ? by根本正高」とコメント。ほかにも「可愛すぎです!胸キュンですね」「天使です…また1週間頑張れます」「充希ちゃん可愛いすぎ!」「ひょえぇぇ!可愛すぎて疲れ吹っ飛びました」と絶賛の声が多く寄せられている。引用:https://www.instagram.com/kahogo_kahoko/ ■関連記事「時任三郎」フォトギャラリー高畑充希らが出席「第26回日本映画批評家大賞授賞式」フォトギャラリー高畑充希&パパ&ママ、『過保護のカホコ』親子オフショット公開高畑充希、民放連ドラ初主演で過保護な大学生に!「プレッシャーに負けず」と意気込み
カテゴリー:

【芸能】高畑充希:「ミタ」脚本家の遊川和彦さんとタッグで民放ドラマ初主演 “究極の箱入り娘”に - 06月05日(月)04:17 

 女優の高畑充希さんが7月期の連続ドラマ「過保護のカホコ」(日本テレビ系)で主演を務めることが5日、分かった。脚本は同局の大ヒット作「家政婦のミタ」の遊川和彦さんで、超過保護に守られて生きてきた“究極の箱入り娘”を演じる。今回が民放ドラマ初主演となる高畑さんは「たくさんのスタッフさんがいて、みんなでイチから作り上げていこうとしているチームの中で主演をやるんだと思うと、ドキドキがどんどん膨らんでいるところです。プレッシャーに負けず、作品への愛を持って楽しく取り組めたら良いなと思っています」と話してい...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「時任三郎」の画像

もっと見る

「時任三郎」の動画

Wikipedia

時任 三郎(ときとう さぶろう、1958年2月4日 - )は、日本俳優歌手。SUBNET所属。以前はレプロエンタテインメントに所属していた。

東京都世田谷区出生、大阪府松原市出身。身長188cm、体重84kg。

来歴・人物

東京都世田谷区で生まれ、青森県弘前市から大阪府松原市と転々とする。

1973年大阪市立工芸高等学校・木材工芸科(現インテリアデザイン科)に入学。1976年、大阪芸術大学デザイン学科入学も2年半で中退し、上京する。

その後、俳優養成所に通っていた1980年に舞台ヘアーで俳優デビュー。その頃はバンド活動も行っており、翌1981年にシングル「川の流れを抱いて眠りたい」でレコードデビューする。俳優としては1983年にテレビドラマ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる