「時代劇」とは?

関連ニュース

J:COM×時代劇専門チャンネル 池波正太郎 時代劇スペシャル『雨の首ふり坂』2018年1月に「J:COMプレミアチャンネル」で放送決定 - 10月17日(火)11:07 

[J:COM] [画像: https://prtimes.jp/i/7676/457/resize/d7676-457-337136-0.jpg ] (C)2017時代劇専門チャンネル/J:COM/松竹 J:COMと「時代劇専門チャンネル」による時代劇の共同制作は、『池波正太郎時代劇スペシャル ...
カテゴリー:

篠田麻里子が「水戸黄門」出演!『愛してもらえるように頑張ります』 - 10月16日(月)14:19 

毎週水曜夜7時から放送中の「水戸黄門」(BS-TBS)に、元AKB48の篠田麻里子が出演することが決定した。 【写真を見る】篠田は「水戸黄門」のお約束の一つ、入浴シーンにも挑戦/(C)BS-TBS 篠田が演じるのは、長谷川純演じる柘植九郎太と共に光圀(武田鉄矢)らを付け狙うくノ一・詩乃。磨き上げられた十字手裏剣を手に、光圀らの旅を妨げる役どころだ。 今作が初の時代劇となる篠田は「水戸黄門」のお約束の一つでもある、入浴シーンにも挑む。 制作スタッフも「篠田さんの魅力は、一言で言えば『きっぷの良さ』です。明るく自信に満ちたスタンスに加え、物事に執着し過ぎずに、柔軟な考えで自分のこだわりをうまく表現する感性を持っていらっしゃいます」と絶賛し、「人、または女性としての色気、そしてキレの良いアクションを期待しています」と、期待のコメントを寄せていた。 篠田は11月8日(水)放送の第6話から登場。主演の武田とは、初共演ながらも同じ福岡県出身という共通点も。クールな姿やあでやかな姿、さまざまな魅力を持ち合わせる詩乃をどのように演じるのか注目だ。篠田のコメントは以下の通り。 【篠田麻里子コメント】 「水戸黄門」は、家族でよく見ていました。皆に愛されている時代劇の代表的な作品ですよね。その作品に出演する機会を頂いて、喜びとともにプレッシャーもあります。過去には、個性的なキャストがたくさんおられました...more
カテゴリー:

緒形拳の孫・敦『陸王』でついにテレビ初出演「全力で挑戦するのみ」 - 10月16日(月)14:00 

緒形拳の孫であり、緒形直人の息子である緒形敦が、TBSの連続ドラマ『陸王』(毎週日曜21:00~、 ※10月29日放送の第2話は15分拡大)でテレビ初出演、また俳優デビューを果たした。池井戸潤の同名小説をドラマ化した本作は、会社の存続を危ぶむ老舗足袋業者が、培った技術を活かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」の開発に挑戦する姿が描かれる企業再生ストーリー。役所は、創業100年以上もの歴史を誇る、埼玉県行田市の老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一を演じている。敦の祖父にあたる緒形拳は、俳優としてNHK大河ドラマ『太閤記』(1965年)や『峠の群像』(1982年)で主演を務め、TBSでも東芝日曜劇場や大型時代劇『徳川家康』(1988年)など数々のテレビドラマや映画で活躍。また父の緒形直人もNHK大河ドラマ『信長 KING OF ZIPANGU』(1992年)で主演を務め、ほかにもフジテレビ系列の『北の国から』シリーズやTBS日曜劇場『南極大陸』(2011年)など、俳優として数々のドラマや映画で存在感を放っている。そんな祖父や父を持つ敦が演じるのは、宮沢の息子・大地(山﨑賢人)の同級生・広樹だ。大地が心を許せる友人の一人で、大地同様、自身も就職活動で苦労する身。しかし、老舗足袋屋の息子であることに反発し、就職活動を続けるものの上手く行かない大地を気に掛けていると...more
カテゴリー:

昔の名画の新たな魅力を発見する新番組 オリジナル動画制作者発表 - 10月16日(月)06:00 

 テレビ東京系で、きょう16日深夜よりスタートする新番組『要博士の異常な映画愛勝手にセリフ変えてみました』(毎週月曜 深0:12~1:00)。俳優の要潤が支配人(MC)として出演し、昔の名画のワンシーンに、新しいせりふや音楽を当てた「オリジナル動画」を楽しむ映像バラエティー。オリジナル動画を制作するのは、要扮する“映画愛がスゴすぎるサロン支配人”が結成した「異常な映画愛委員会」のメンバーたち。支配人は、そのこん身のオリジナル動画を、サロンの客人(ゲスト)とともに採点するという“遊び”を繰り広げる。 【写真】16日の放送で紹介する映画『風と共に去りぬ』  「異常な映画愛委員会」のメンバーとして名を連ねるのは、作家のせきしろ、『うんこ漢字ドリル』の作者・古屋雄作氏、劇作家の土屋亮一氏(シベリア少女鉄道)、今年の岸田國士戯曲賞を受賞した上田誠氏(ヨーロッパ企画)、同劇団の西垣匡基氏、斎藤工が監督した映画『blank13』などの脚本を手がけた西条みつとし氏(TAIYO MAGIC FILM)、『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』(NHK)など数多くのコント番組の構成を担当している放送作家の内村宏幸氏、がじん祥太氏、落語家の立川吉笑、作曲家のスキャット後藤など。  また、お笑い芸人からは、バッファロー吾郎A、村上健志(フルーツポンチ)、赤嶺総理、さらに日本最大の広告賞「2016 56t...more
カテゴリー:

【ドラマ】篠田麻里子“くノ一”で水戸黄門参戦 ポスト由美かおる 入浴シーンも - 10月14日(土)05:15  mnewsplus

10/14(土) 5:00 スポニチアネックス 篠田麻里子“くノ一”で水戸黄門参戦 ポスト由美かおる 入浴シーンも  女優の篠田麻里子(31)が、6年ぶりにBS―TBSで復活した時代劇「水戸黄門」(水曜後7・00)にくノ一役で出演する。武田鉄矢(68)演じる主人公・水戸光圀公を付け狙う役どころ。“お色気担当”としてお約束の入浴シーンの撮影にも挑戦した。18日放送の第6話から登場する。  磨き上げられた十字手裏剣が武器のくノ一・誌乃。武家の妻として幸せに生活しており、忍びであることは隠していた。それが一転、長谷...
»続きを読む
カテゴリー:

「相棒16」放送直前、水谷豊&反町隆史がライブ配信に登場!! - 10月16日(月)18:00 

10月18日(水)よりスタートする水谷豊主演の刑事ドラマ「相棒season16」(毎週水曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の初回拡大スペシャルを前に、杉下右京役の水谷と冠城亘役の反町隆史が、相棒公式アカウント(LINE、Twitter、Facebook)でスペシャルトークを生配信することが分かった。 【写真を見る】水谷、反町が「相棒」の魅力を語り尽くす!! MCには、映画コメンテーター・赤ペン瀧川を招き、初回拡大スペシャルの見どころなどを紹介する。2人がそろってファンの前に現れるのは、ことし始めに公開された「相棒-劇場版IV-」(2017年)の舞台挨拶以来、約半年振り。 ライブ配信では、初回拡大スペシャルの見どころに加え、撮影の様子やここでしか聞けない話などドラマ以外で見せる貴重な2ショットを送る。 また、SNSを通じて2人への応援メッセージを大募集。「#相棒」か「#aibou」のハッシュタグを付けてSNSに投稿すると、配信内で紹介される可能性も…。 「相棒season13」の最終回スペシャル『ダークナイト』にも出演していた瀧川が、水谷と反町の知られざる素顔に迫っていく。 ■ 「相棒season16」第1話(10月18日[水]放送)あらすじ 歴代の妻3人の殺害容疑で警視庁に勾留中の大富豪・平井陽(中村俊介)が、捜査員から自白を強要されたとして、顧問弁護士の与謝野慶子(中村ゆり)...more
カテゴリー:

緒形拳の孫・敦『陸王』でついにテレビ初出演「全力で挑戦するのみ」 - 10月16日(月)14:05 

緒形拳の孫であり、緒形直人の息子である緒形敦が、TBSの連続ドラマ『陸王』(毎週日曜21:00~、 ※10月29日放送の第2話は15分拡大)でテレビ初出演、また俳優デビューを果たした。池井戸潤の同名小説をドラマ化した本作は、会社の存続を危ぶむ老舗足袋業者が、培った技術を活かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」の開発に挑戦する姿が描かれる企業再生ストーリー。役所は、創業100年以上もの歴史を誇る、埼玉県行田市の老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一を演じている。敦の祖父にあたる緒形拳は、俳優としてNHK大河ドラマ『太閤記』(1965年)や『峠の群像』(1982年)で主演を務め、TBSでも東芝日曜劇場や大型時代劇『徳川家康』(1988年)など数々のテレビドラマや映画で活躍。また父の緒形直人もNHK大河ドラマ『信長 KING OF ZIPANGU』(1992年)で主演を務め、ほかにもフジテレビ系列の『北の国から』シリーズやTBS日曜劇場『南極大陸』(2011年)など、俳優として数々のドラマや映画で存在感を放っている。そんな祖父や父を持つ敦が演じるのは、宮沢の息子・大地(山﨑賢人)の同級生・広樹だ。大地が心を許せる友人の一人で、大地同様、自身も就職活動で苦労する身。しかし、老舗足袋屋の息子であることに反発し、就職活動を続けるものの上手く行かない大地を気に掛けていると...more
カテゴリー:

「古文」の苦手意識はマンガで克服できるかもしれない - 10月16日(月)11:00 

学生時代に「古文」の授業がありましたが、苦手科目のひとつでした。 「歴史」の授業のときにも、鎌倉時代以前──つまり「奈良時代」や「平安時代」はいまいち興味がもてませんでした。なぜなら、テレビ時代劇やNHK大河ドラマをよく観ていたので、日本の歴史のなかでは戦国時代や江戸時代が好きだったからです。 不思議なもので、大人になると教養(古典)に対する欲求が生まれます。日本の伝統を知りたくなる。でも、いまだに古典文学に対して苦手意識があるので、マンガで解説してあるものを選びました。これなら挫折せずに学ぶことができそうです。 古事記と日本書紀 『まんがでわかる 日本の古典大事典』(学研プラス・編、吉野朋美・監修/学研プラス・刊)は、イラストやマンガによって日本の古典文学を解説している本です。有名作品のあらすじを3~4ページのマンガで知ることできます。 年表や人物紹介や用語集もあって、マンガではなく文章で解説している部分もたくさんあるので、子どもだけでなく大人が読んでも勉強になります。 日本の古典といえば、まずは『古事記』が挙げられます。わが国の『創世記(旧約聖書)』ともいえる内容です。 『古事記』が成立したのは712年。「なんと(710)見事な平城京」でおなじみの時代です。作成を命じたのは天武天皇(第40代)ですが、完成させたのは元明天皇(第43代)でした。 ちなみに、元明天皇は「女帝」でし...more
カテゴリー:

【画像】篠田麻里子(31歳) “くノ一”で水戸黄門参戦 入浴お色気シーン - 10月14日(土)18:06  news

篠田麻里子“くノ一”で水戸黄門参戦 ポスト由美かおる 入浴シーンも  女優の篠田麻里子(31)が、6年ぶりにBS―TBSで復活した時代劇「水戸黄門」(水曜後7・00)にくノ一役で出演する。武田鉄矢(68)演じる主人公・水戸光圀公を付け狙う役どころ。“お色気担当”としてお約束の入浴シーンの撮影にも挑戦した。18日放送の第6話から登場する。  磨き上げられた十字手裏剣が武器のくノ一・誌乃。武家の妻として幸せに生活しており、忍びであることは隠していた。それが一転、長谷川純(31)演じる忍びの柘植九郎太...
»続きを読む
カテゴリー:

イ・ビョンホン×キム・ユンソクW主演「南漢山城」は18年日本公開! - 10月13日(金)13:00 

イ・ビョンホンとキム・ユンソクがダブル主演する時代劇「南漢山城(原題)」が、2018年に公開されることが決定した。1636年、丙子(へいし)の役で清の攻撃を避けた王と朝廷が南漢山城へ逃げ、孤立無...
カテゴリー:

もっと見る

「時代劇」の画像

もっと見る

「時代劇」の動画

Wikipedia

時代劇(じだいげき)は、日本の演劇映画テレビドラマなどで現代劇と大別されるジャンルとして、主に明治維新以前の時代の日本を舞台とした作品の総称である時代劇、コトバンク、2009年10月24日閲覧。時代劇映画、コトバンク、2009年10月24日閲覧。。

概要 時代劇の定義

時代劇というジャンルは、その作品の数から、主に平安時代から明治維新までを扱った作品が「時代劇」とも解釈されている。しかしあくまで解釈であって、厳密に定義があるわけではない。奈良時代以前の古代も含まれるという解釈も当然存在する「明治維新以前の江戸時代、あるいはそれ以前の時代」といっても、神代卑弥呼を扱った弥生時代など、遠い時代を遡ったテーマであると、衣装・大道具・小道具の様式やストーリーにおいて、一般的な「時代劇」の様式とは大きく異なる内容が含まれてくる。しかしCS放送の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる