「時代劇」とは?

関連ニュース

【芸能】水谷豊:主演時代劇9月放送 7年ぶり共演・檀れいは初“おてんば”役 - 08月21日(月)06:27  mnewsplus

 俳優の水谷豊さんが、BS朝日で9月に放送される時代劇「無用庵隠居修行」に主演することが21日、明らかになった。直木賞作家の海老沢泰久さんの短編時代小説「無用庵隠居修行」が原作で、水谷さんは隠居生活を望む徳川家の直参旗本・大番士の日向半兵衛(ひなた・はんべえ)を演じる。  また、水谷さん主演で2009~14年にかけてテレビ朝日系で4作が放送された時代劇「だましゑ歌麿」シリーズの吉川一義監督との再タッグが実現。岸部一徳さんが半兵衛に付き従う用人・勝谷彦之助(かつや・ひこのすけ)を演じ、水谷さんとは7年ぶりの...
»続きを読む
カテゴリー:

水谷豊、岸部一徳と時代劇で「相棒」に!檀れいもお転婆娘役で出演 - 08月21日(月)05:05 

俳優の水谷豊が、BS朝日にて9月15日(金)に放送される「時代劇スペシャル『無用庵隠居修行』」(19:00~20:54)で主演を務めることがわかった。直木賞作家・海老沢泰久原作の短編時代小説をドラマ化した本作。水谷は、徳川家の直参旗本・大番士「日向半兵衛(ひなた はんべえ)」を演じる。また、そんな半兵衛の世話をしている用人「勝谷彦之助(かつや ひこのすけ)」役に岸部一徳。旗本の息女で、勝谷が半兵衛の後妻にと見合いを仕組む「奈津(なつ)」役に檀れいが決定している。撮影を振り返り、本作で初めて裃(かみしも)を着たという水谷は「改めて時代劇を撮っていることを実感しました」としみじみ語り、演じる役柄については「半兵衛は早く欲も徳も無くして楽になりたいと思うキャラクターなので、それほど立派な武士でなくていいんです(笑)」と説明。さらに、「僕にも半兵衛のように思う時がありますし、それが人間の理想だと思います。どこか半兵衛が自分と重なるようにも感じています」と、共感していることを明かした。また、これまで本格的な殺陣の経験もなかったということで「刀を使った殺陣は少し不安もありました」と語るも、「やってみるといいものだなと思いました。不思議なもので気が付くとみんなが倒れていますし(笑)」と、殺陣の魅力に気付いた様子。共演者の岸部については、「『相棒』の時は官房長役で、僕より役職が上でしたが、今回の勝...more
カテゴリー:

水谷豊×岸部一徳、「殿と家来」に立場を変えて共演 檀れいも参加 - 08月21日(月)05:00 

 テレビ朝日系人気ドラマ「相棒」シリーズで長年共演した俳優の水谷豊と岸部一徳、そして『相棒 season8』の第10話にゲスト出演した檀れいの3人が軽妙なやりとりを繰り広げる時代劇スペシャル『無用庵隠居修行』が、BS朝日で9月15日(後7:00~8:54)に放送されることが発表された。 【写真】仲良く釣り糸を垂れる殿と家来  直木賞受賞作家・海老沢泰久原作の短編時代小説をドラマ化。水谷は江戸城を警備する直参旗本の大番士・日向半兵衛。やもめ暮らしで跡継ぎもいないが、隠居暮らしを望んでいる。岸部は半兵衛の世話をしている用人・勝谷彦之助。「相棒」シリーズでは因縁ある間柄だった水谷と岸部が、「殿と家来」に立場を変え、江戸を脅かす難事件の捜査に乗り出す。  水谷が「岸部さんは『相棒』のときは官房長役。僕より役職が上でしたが、今回の勝谷は幼なじみで僕が殿。僕の方が遠慮はいらないのですが、勝谷は生意気で図々しい(笑)。そういう関係性が面白いですね」といえば、岸部も「今回はとにかく水谷さんが演じる半兵衛にずっとついて回る役だったので、こんなに出番が多いとは思いませんでした(笑)。『相棒』のときよりももう少し距離が近い相棒になった気分で楽しんで演じています」。  そんな2人に加わる檀は「水谷さんと岸部さんのなんとも言えない息の合ったお芝居が面白くて、三人一緒のシーンが多いのですが、私としては...more
カテゴリー:

[水谷豊]主演時代劇9月放送 7年ぶり共演・檀れいは初“おてんば”役 - 08月21日(月)05:00 

 俳優の水谷豊さんが、BS朝日で9月に放送される時代劇「無用庵隠居修行」に主演することが21日、明らかになった。直木賞作家の海老沢泰久さんの短編時代小説「無用庵隠居修行」が原作で、水谷さんは隠居生活を望む徳川家の直参旗本・大番士の日向半兵衛 ……
カテゴリー:

水谷豊、岸部一徳と時代劇で「相棒」に!檀れいもお転婆娘役で出演 - 08月20日(日)22:34 

俳優の水谷豊が、BS朝日にて9月15日(金)に放送される「時代劇スペシャル『無用庵隠居修行』」(19:00~20:54)で主演を務めることがわかった。直木賞作家・海老沢泰久原作の短編時代小説をドラマ化した本作。水谷は、徳川家の直参旗本・大番士「日向半兵衛(ひなた はんべえ)」を演じる。また、そんな半兵衛の世話をしている用人「勝谷彦之助(かつや ひこのすけ)」役に岸部一徳。旗本の息女で、勝谷が半兵衛の後妻にと見合いを仕組む「奈津(なつ)」役に檀れいが決定している。撮影を振り返り、本作で初めて裃(かみしも)を着たという水谷は「改めて時代劇を撮っていることを実感しました」としみじみ語り、演じる役柄については「半兵衛は早く欲も徳も無くして楽になりたいと思うキャラクターなので、それほど立派な武士でなくていいんです(笑)」と説明。さらに、「僕にも半兵衛のように思う時がありますし、それが人間の理想だと思います。どこか半兵衛が自分と重なるようにも感じています」と、共感していることを明かした。また、これまで本格的な殺陣の経験もなかったということで「刀を使った殺陣は少し不安もありました」と語るも、「やってみるといいものだなと思いました。不思議なもので気が付くとみんなが倒れていますし(笑)」と、殺陣の魅力に気付いた様子。共演者の岸部については、「『相棒』の時は官房長役で、僕より役職が上でしたが、今回の勝...more
カテゴリー:

水谷豊、岸部一徳と時代劇で「相棒」に!檀れいもお転婆娘役で出演 - 08月21日(月)05:05 

俳優の水谷豊が、BS朝日にて9月15日(金)に放送される「時代劇スペシャル『無用庵隠居修行』」(19:00~20:54)で主演を務めることがわかった。 直木賞作家・海老沢泰久原作の短編時代小説をド…
カテゴリー:

水谷豊、岸部一徳・檀れいとの共演作は「肩の凝らない時代劇」 - 08月21日(月)05:00 

水谷豊主演の時代劇「無用庵隠居修行」が9月15日(金)夜7時よりBS朝日で放送される。 【写真を見る】水谷と岸部が「殿と家来」という立場で軽妙なやり取りを繰り広げる/(C)BS朝日 本作は直木賞受賞作家・海老沢泰久による同名の短編時代小説が原作だ。水谷は、2009年から2014年にかけドラマスペシャルとして4作品が放送された主演作「だましゑ歌麿」シリーズ(テレビ朝日系)の吉川一義監督と本作で再タッグを結成。さっさと隠居をしたいという武士・半兵衛を演じる。 また、岸部一徳、檀れいといった水谷と共演歴のあるキャスト陣も出演。岸部は、半兵衛の世話を焼きつつ隠居をさせじと縁談を勧める用人・勝谷役を。檀は、そんな勝谷の応援を受けて半兵衛の所に押し掛けるお転婆娘・奈津を演じる。 水谷は、岸部とは「相棒」(テレビ朝日系)シリーズで長年共演。檀とは「相棒 season8」(2009~2010年)の第10話以来の共演となる。そんな3人によるコメディータッチで軽妙なやり取りが本作の魅力の一つだ。 さらに、剣の達人である半兵衛を演じる水谷の殺陣シーン、江戸を脅かす事件の謎解きや人間ドラマなど、さまざまな要素が組み込まれたエンタメ時代劇となっている。 ■ あらすじ 老中・松平定信(杉本哲太)により厳しい倹約令が発布された江戸。その過酷さに耐えかね、不平を言うものも少なくない中、巷では辻斬りが続発していた。...more
カテゴリー:

[水谷豊]主演時代劇9月放送 7年ぶり共演・檀れいは初“おてんば”役 - 08月21日(月)05:00 

 俳優の水谷豊さんが、BS朝日で9月に放送される時代劇「無用庵隠居修行」に主演することが21日、明らかになった。直木賞作家の海老沢泰久さんの短編時代小説「無用庵隠居修行」が原作で、水谷さんは隠居生活を望む徳川家の直参旗本・大番士の日向半兵衛 ……
カテゴリー:

水谷豊、時代劇の本格的な殺陣に快感「気が付くとみんなが倒れている」 - 08月21日(月)05:00 

俳優の水谷豊が、BS朝日の時代劇スペシャル『無用庵隠居修行』(9月15日19:00~20:54)で主演を務めることが21日、明らかになった。
カテゴリー:

【直虎】壮絶、政次の一生に「神回」の声 - 08月20日(日)22:11 

 20日にNHKで放送された大河ドラマ『おんな城主 直虎』(毎週日曜 後6:00 BSプレミアム/後8:00 総合)が、「近年の大河ドラマの中でも稀に見る神回。しかし壮絶すぎた」などと話題を呼んでいる。 【写真】ずっと不憫で切なかった政次の足跡  前回、武田信玄(松平健)と徳川家康(阿部サダヲ)による今川攻めが避けられない状況になる中、徳川と内通していた直虎(柴咲コウ)と政次(高橋一生)は、約束通り徳川勢の井伊谷への進軍を受け入れようとするが、その軍勢に向かって突然矢が放たれる。そして、この日の第33回「嫌われ政次の一生」では、徳川の先導役を務めていた近藤康用(橋本じゅん)の罠であったにも関わらず、徳川勢に弓を引いた罪が政次に押しつけられてしまう展開。  龍雲丸(柳楽優弥)が牢にとらわれている政次を救出に向かうが、政次は「俺一人の首ですますのが、最も血が流れぬ」とこれを拒否。井伊を乗っ取ろうとした罪人として裁かれる道を選ぶ。「それこそが小野の本懐だからな、井伊に嫌われ、井伊の仇となる。おそらく、私はこのために生まれてきたのだ」と。そして、バックで流れる時代劇らしからぬ、賛美歌のような音楽(音楽を担当するのは菅野よう子)。  政次から白い碁石を託された直虎は、かつて交わした誓い「我をうまく使え、我もそなたをうまく使う」を思い出し、次の一手の覚悟を決める。「政次が逝くというなら...more
カテゴリー:

もっと見る

「時代劇」の画像

もっと見る

「時代劇」の動画

Wikipedia

時代劇(じだいげき)は、日本の演劇映画テレビドラマなどで現代劇と大別されるジャンルとして、主に明治維新以前の時代の日本を舞台とした作品の総称である時代劇、コトバンク、2009年10月24日閲覧。時代劇映画、コトバンク、2009年10月24日閲覧。。

概要 時代劇の定義

時代劇というジャンルは、その作品の数から、主に平安時代から明治維新までを扱った作品が「時代劇」とも解釈されている。しかしあくまで解釈であって、厳密に定義があるわけではない。奈良時代以前の古代も含まれるという解釈も当然存在する「明治維新以前の江戸時代、あるいはそれ以前の時代」といっても、神代卑弥呼を扱った弥生時代など、遠い時代を遡ったテーマであると、衣装・大道具・小道具の様式やストーリーにおいて、一般的な「時代劇」の様式とは大きく異なる内容が含まれてくる。しかしCS放送の...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる