「昭文社」とは?

関連ニュース

祝!能登立国1300年!『まっぷる能登』発売 - 04月18日(水)10:04 

[株式会社昭文社]  株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)は、能登の立国1300年を記念して旅行ガイドブック『まっぷる能登』を2018年4月19日より全国の書店で発売することをお知らせ...
カテゴリー:

今や旅の目的地となった「道の駅」をたっぷり紹介!「道の駅ガイド」全国7エリア発売 - 04月11日(水)14:03 

[株式会社昭文社]  株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)は、道路休憩施設情報ガイドの新刊として、「道の駅ガイド」シリーズ全7点を2018年4月11日より全国の書店で発売いたします...
カテゴリー:

【GW2018】TEPIA先端技術館、プログラミング無料体験やものづくり教室 - 04月13日(金)19:15 

 TEPIA先端技術館が、2018年ゴールデンウイークイベントを開催する。イベント限定で特別なプログラミング操作体験ができるほか、日替わりでロボットプログラミング教室、3Dプリンタ教室なども実施。操作体験は参加無料。教室への参加は一部有料で、事前申込制。 2018年4月28日から5月6日は、ゴールデンウイークイベント限定のプログラミング操作体験を開催する。体験は、期間中を通して開催する「RoBoHonをイメージ通りに動かそう!」と、5月2日・3日の2日間開催する「Tapiaとプログラミングでコミュニケーション!」の2種類。参加費はいずれも無料。 また、小学生高学年や中高生を対象としたロボットプログラミング教室、Ichigojam教室、3Dプリンタ教室を、期間中日替わりで開催する。 小学5年生以上を対象としたロボットプログラミング教室「プログラミングでセンサつきのロボットを動かそう!」は、ロボットの基本構造とプログラミングの基礎を学ぶ。3Dプリンタ教室「コンピュータで描いたオブジェを形にしよう!」では、3Dモデリングソフトを使用して立体造形技術を学ぶ。 中学生・高校生を対象としたロボットプログラミング教室「昆虫型ロボットを作ってプログラミングに挑戦!」は、テキストプログラミング言語で昆虫型ロボットの制御に挑戦する。Ichigojam教室「君も今日からプログラマー 基礎編」では、手のひ...more
カテゴリー:

<いつもと違う、新しい発見がある>旅行ガイドブック「COLOR+(カラープラス)」が創刊! - 04月09日(月)14:12 

[株式会社昭文社]  株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)は、2018年4月16日※より、新しい国内旅行ガイドブックシリーズ「COLOR+(カラープラス)」を創刊、第一弾として全国各地の...
カテゴリー:

「昭文社」の画像

もっと見る

「昭文社」の動画

Wikipedia

株式会社昭文社(しょうぶんしゃ)は東京都千代田区麴町三丁目に本社を置く地図出版社である。道路地図や旅行ガイド(まっぷる)などで知られる。

概要

商品第1号である「大阪市区分地図篇」と「河内市精図」から評価が高く、特に道路地図スーパーマップルなど)と旅行ガイドブック(まっぷるなど)部門では圧倒的なシェアを誇るまでになる。他にも山と高原地図震災時帰宅支援マップなどがある。現在はSiMAPによる地図制作を進め、情報提供会社へと脱皮中である。

沿革
  • 1960年 人文社の外交販売員を経た...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる